借りぐらしのアリエッティ


2011.06.29 Wednesday

ジブリ作品。郊外の広大な古い屋敷で小人のアリエッティの一家が必要なものを「借りて」暮らしていた。そこに、療養で12歳の少年・翔がやってくる。
地味ながらもあたたかな小品だったと思う。
アリエッティの初めての「借り」にはその小ささから普段見る事のできない人間サイズの物に対する目線の楽しさがあったし、それにやっぱり描きこまれている背景は素晴らしいと思う。
ただ、ドールハウスやシルバニアファミリーのような小さい彼らの生活自体には楽しいものがあるんだけど…如何せんわかりやすいストーリー的なオチはない。この作品は、そういったこまごました物事を楽しむ作品なのかもしれない。
翔の「君たちは滅び行く種族なんだ。」というのは自分に向けての言葉でもあった。心臓が悪く手術を控えている身で療養するためにここに来た。その翔が画的に美しく描かれていたなーと観ながら私は思っておりました。儚げな美しさというのか、薄く笑った表情や1つ1つのしぐさが流動的できれいだった。「ぼくの心臓の一部だ 忘れないよずっと」なんて台詞を言っちゃう老成さも併せ持ってますけどね。純度の高い出会いだったんだろうなと。別離ながらもそれぞれに希望のあるラストでした。
ただオチはないので、概略のとおり、小人の少女と少年とのひと夏の交流というのかなんていうのか、そういう話だったんだと思います。
ただひとつ、お母さんの顔と声があってなかったなー。


【概略】
人間の世界から少しずつモノを借りてきて床下で生活する“借りぐらし”の小人の少女・アリエッティと人間の少年のひと夏の触れ合いを綴る。

アニメーション

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.03.30 Thursday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






★コメント一覧★
画はジブリらしく、美しいものを感じましたし、最初の「借り」もワクワクさせられました。

けど、そこからは、何かパッとした盛り上がりもなく、特別印象に残るものが無かったのが残念です。

作品を楽しむというより、アリエッティの可愛さを楽しんだって感じでございました。


  • maki
  • 2011/06/30 9:40 AM
ヒロ之さん こんにちは

アリエッティは可愛らしかったですが、
歴代ヒロインと比べるとちょっと影が薄いかなと感じちゃいますね
ドールハウスやシルバニアファミリーを集めてた人なんかは、あのこちゃこちゃした感じが楽しめたんじゃないかなって思います
画は美しく、面白い構図もあって、そこはジブリらしいなと思いました
物語的なオチがないので、確かに印象は薄いですね、もう少しアクション性があっても良かったかもしれませんね


  • KLY
  • 2011/08/07 10:36 PM
こんなちっぽけで小さなお話が好きです。なんだかとても大事にしたくなるんです^^
それにしても今回の『コクリコ坂から』の手島葵さんの曲といい、この作品の『Arrietty's Song』といい、主題歌がとても印象的で聞かせるなぁと。
あの音楽を聴くだけでアニメのシーンがリフレインして感動が甦ってくるような感じがします。


  • maki
  • 2011/08/08 9:20 AM
KLYさん こんにちは♪

こちゃこちゃしたものがとくに可愛らしくきれいに描かれていましたね
小人達の生活も、人間とほとんど変わらないのがまた面白いものです
主題歌は印象的で、とくに「Arrietty's Song」はとても心地いい曲でしたね
どこか郷風を感じるというか。


  • ダーツ
  • 2012/03/10 5:23 PM
心温まる優しい空気を吹かせてくれるジブリ作品ですよね。ちょっと前のゲド戦記は、暴力的だったので好きになれなかったですよ。タイトルが切ないですよね。借り暮らしのアリエッティって美しいフレーズですよね。アリエッティという名前は、初めて聞いたんですけど、今迄観た洋画の役名で無かったですね。そんなに珍しいんでしょうか? アリーの変化形かなって想って調べたら違いました。でも原作がイギリスなのでイギリス人の名前ですね。って事は、移民の映画ですね(笑) 何故日本に!? って、そういうところがジブリなんでしょう。ジブリの自由な感じのする世界観が好きですね。もののけ姫より、このような感じの内容が好きです。もうちょっと長くてもいいかな。2時間半あっていいですよね? ちなみに主題歌がむちゃくちゃ良いです。最初平原綾香が歌ってるんだと想いました(笑) むちゃくちゃ声似てますよね? フランス人の歌手だったのでアリエッティは、イギリス人じゃなくてフランス人なのかな? 此の一家は、移民ですから(笑) 勝手に暮らして住居侵入ですけど小人達なので可愛いです。食料をくすねてますが誰も窃盗なんて想いません(笑) 針とか洗濯鋏とかティッシュとか、こういう小道具のきかせ方が好きですね。此の原作は、昔ジブリが有名でなかった時に一度映画化させてほしいと頼んで断られたんですってね。でも、今は、むちゃくちゃOKでしょう(笑) 主役の少年日本人になってましたが、原作ではイギリス人なんですよね。今回は、ジブリの絵の中でもカッコよく書いてくれてたので合格でしょう!(^^)! アリエッティが、もうちょっと可愛くてもいいかなって気がしました。


  • maki
  • 2012/03/10 6:02 PM
ダーツさんこちらもありがとう

いや二時間半はきついでしょう^;
好みは人それぞれなのですが、私はもののけ姫なら二時間半越えてもいいですが、この作品では明確なテーマ性がないのできついと思います
前半の冒険性はワクワクさせてくれましたが、それ以降は「なぜ?」の連続で終わってしまいました
そういう作品なのでしょうが、借りぐらしをしている要素をもう少し詰めていってほしかったですね、そこが面白いところなのですから


  • 宵乃
  • 2014/07/20 4:32 PM
こんにちは!
地味な話でしたね〜。テーマが薄いというのはわたしも感じました。
宮崎さんが監督なら、冒険をもっと詰め込みつつ、借りぐらしと人間の共存を描けたと思います。
脚本が共同だったらしいけど、その時点で上手くいってなかったのでは…と疑ってみたり。

とりあえず、「借りは返すぜ」的なカッコよさが借りぐらしたちになかったのが残念です。
ほのかな恋心?っぽいところは良かったんですけどね〜。


  • maki
  • 2014/07/20 6:26 PM
宵乃さん こんばんは♪

地味も地味、地味もいいとこですよね
結局テーマがよくわかりませんでした
今でもよくわかってない
最初の借りのワクワク感は良かったものの、
その後の展開はなんだか達観した少年とか悲しくなるものばかりで、しかもあの台詞でしょう「滅び行く種族なんだ」って

一貫したテーマみたいなものを意識せずにジブリアニメを作ったらこうなりましたという感じかもしれません


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
飽きのこない「あっさり爽やか味」  
  • Akira's VOICE
  • 2011/06/29 11:12 AM
□作品オフィシャルサイト 「借りぐらしのアリエッティ」□監督 米林宏昌□脚本 宮崎 駿□原作 メアリー・ノートンT( 「床下の小人たち」)□キャスト(声の出演) 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林■鑑賞日 7月19日(月
  • 京の昼寝〜♪
  • 2011/06/29 12:04 PM
7月8日(木)@ヤクルトホールで鑑賞。 ラジオ日本イエスタデイ・ポップスの試写会。 ラジオ日本はその昔ラジオ関東といって、湯川恵子がアメリカントップフォーティーをオンエアーしていた。 実に入りの悪いラジオ局(笑)で、雑音交じりのD.J.を一所懸命に聞いて
  • あーうぃ だにぇっと
  • 2011/06/29 12:10 PM
公式サイト。原作はメアリー・ノートンの「床下の小人たち」、英題:The Borrower Arrietty。宮崎駿企画、米林宏昌監督。(声)志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2011/06/29 12:32 PM
久しぶりに大変にわかりやすいジブリ作品だ。小人は人間の家に借りぐらししているのに、人間は地球に借りぐらししていることに気づかない。閉塞感に覆われた時代に是非こういう映画を見て、自らの生き方を見直したい。お勧めだ。
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
  • 2011/06/29 3:21 PM
原作はメアリー・ノートンのファンタジー小説「床下の小人たち」。とある古い家の床下
  • 借りぐらしのアリエッティ: LOVE Cinemas 調布
  • 2011/06/29 5:23 PM
スタジオの名前自体がブランドと化しているアニメーションスタジオが日米にそれぞれあ
  • はらやんの映画徒然草
  • 2011/06/29 5:44 PM
「ポニョ」から早くも2年〜スタジオジブリ2年ぶりの新作は、メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を原案にした心温まるファンタジー。企画・脚本は宮崎駿。本作の監督 ...
  • パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
  • 2011/06/29 7:40 PM
スタジオジブリの待望の最新作です。メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を原案にした物語の舞台を1950年代の英国から日本へとアレンジして描いたファンタジー・ムービ ...
  • カノンな日々
  • 2011/06/29 8:02 PM
2010年7月18日(日) 21:25〜 TOHOシネマズスカラ座 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円(買っていない) 『借りぐらしのアリエッティ』公式サイト 高齢化の激しいスタジオ・ジブリ。美術館館長以来、長編に新しい監督登場。 スペクタクルな
  • ダイターンクラッシュ!!
  • 2011/06/29 9:26 PM
 ジブリのアニメが好きだと云う人がいるが、それは本当にジブリのアニメなのだろか?  ジブリのアニメが好きな人に具体的な作品名を聞くと、『となりのトトロ』や『天空の城ラピュタ』が挙がる。  しかし...
  • 映画のブログ
  • 2011/06/29 9:48 PM
スタジオジブリのヒロイン像原点回帰。それが今回の鈴木敏夫プロデューサーの狙いであるような気がしました。 『となりのトトロ』を思わせるような小さな世界で起こるシンプルな ...
  • こねたみっくす
  • 2011/06/29 9:51 PM
床下の小さき人たち。わすれもの。秘密の花園。
  • 悠雅的生活
  • 2011/06/29 10:12 PM
 人間に見られてはいけいない。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。実は仕事で利用者さんと一緒です。夏休みの日曜日ということもあって映画館は、ポケモン、アンパンまん、トイ・ストーリー3は完売状態。もちろん本作も完売状態寸前でした。まあそれにしてもこんなにこみこ
  • 銅版画制作の日々
  • 2011/06/29 10:21 PM
☆明日は、飲酒に厳しい定職ではなく、バイト(海の家みたいなところ)なので、今、大衆的イタリアンレストラン(簡単に言うと「サイゼリア」^^;)で赤ワインをしこたま飲んだので、酔っ払っている。  『借りぐらしのアリエッティ』(クリック!)について、もうち
  • 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
  • 2011/06/29 11:24 PM
ちょっとビックリした事に面白かった。 ジブリでこんなに素直に面白かったと言えるなんて、本当に久しぶりだ。 だって、いつものジブリはアニメートにばっかり力を注いで 話が ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2011/06/29 11:35 PM
【2010年・日本】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 1952年に発表されたメアリー・ノートン原作のファンタジー小説「床下の小人たち」を、日本を舞台に設定を変えてアニメ化。 とある古い家の床下に暮らす小人の少女アリエッティと人間の少年のひと夏の触れ合いを綴ったファ
  • ともやの映画大好きっ!
  • 2011/06/29 11:39 PM
世間では、チリの救出の話が感動的にわいてます。これ、そのうち映画にされちゃいそうね。宮崎駿監督作ではないですが、企画や脚本などに関わっておられます。ジブリ作品は、緑色 ...
  • 晴れたらいいね〜
  • 2011/06/30 12:56 AM
“とりあえず”ジブリなので『借りぐらしのアリエッティ』を観てきました。 ★★★ 美しい緑が映えまくる外、家の中の家具、小人の世界のギミックな構造と書き込まれた世界が素晴らく、音楽と相まっていつものジブリ以上に癒し系。 ベテラン役者揃いの声もいつも以上に
  • そーれりぽーと
  • 2011/06/30 1:00 AM
メアリー・ノートンの小説『床下の小人たち』を原作に、スタジオ・ジブリ の宮崎駿が脚本を書き、長らくジブリ作品に関わってきた米林宏昌を初監督に 抜擢し、舞台をイギリスから日本に設定移し、人間の少年と小人の少女・ アリエッティとのある夏の数日間の出会いと
  • だらだら無気力ブログ
  • 2011/06/30 1:02 AM
10年/日本/94分/ファンタジー・ドラマ/劇場公開 監督:米林宏昌 プロデューサー:鈴木敏夫 企画:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン『床下の小人たち』 脚本:宮崎駿 主題歌:セシル・コルベル『Arrietty's Song』 声の出演:志田未来、神木隆之介、大
  • 銀幕大帝α
  • 2011/06/30 1:31 AM
監督、米林宏昌。企画、宮崎駿。脚本、宮崎駿、丹羽圭子。プロデューサー、鈴木敏夫。
  • erabu
  • 2011/06/30 3:18 AM
 たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その家に病気療養しに来た少年・翔との交流を中心に展開されます。
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2011/06/30 4:53 AM
----これってジブリ の新作だよね。 監督の米林宏昌って初めて聞く名だけど…。 「そうだね。彼はジブリ最年少、37歳の監督。 『崖の上のポニョ』でフジモトの部屋から金の水魚に乗って 地上にやってくる一連のシーンを描き、 宮崎駿をうならせたらしい。 その宮崎駿は
  • ラムの大通り
  • 2011/06/30 12:10 PM
試写会で見ました。宮崎アニメ(脚本だけだけど)の新作ということで、ポニョよりも前
  • うろうろ日記
  • 2011/06/30 6:52 PM
丁寧な描き方には非常に好感
  • 迷宮映画館
  • 2011/06/30 7:29 PM
作品情報 タイトル:借りぐらしのアリエッティ 制作:2010年・日本 監督:米林宏昌 出演:志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也、三浦友和、樹木希林 あらすじ:古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借
  • ★★むらの映画鑑賞メモ★★
  • 2011/07/01 7:50 AM
謎めいたスリリングな展開にドキドキ! 子供たちの友情や淡い恋に・・ドキドキ♪しましたわ--(笑)
  • ★ Shaberiba 
  • 2011/07/01 12:58 PM
【監督】米林宏昌 【声の出演】志田未来/神木隆之介/大竹しのぶ/竹下景子/藤原竜也/三浦友和/樹木希林 【公開日】2010/7.17 【製作】日本 【ストーリー】 とある郊外に荒れた庭のある広大...
  • シネマをぶった斬りっ!!
  • 2011/07/06 10:02 AM
【ストーリー】 イギリスの女流作家メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を、スタジオジブリが映画化。監督は「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニ ...
  • 気ままな映画生活
  • 2011/12/17 11:14 PM
4月21日 借りぐらしのアリエッティ 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11229412326/88d4dd76
  • スポーツ瓦版
  • 2012/04/22 10:40 PM
テンプレのメニューがインターネットエクスプローラーで開けないという事で、数時間あれこれやった挙句、まさかと思ってページをローカル保存してIE11で見てみたら展開できてるし…。そのページと実際のブログを比較すると、何故かブログの方が少し小さく表示されてるん
  • 忘却エンドロール
  • 2014/07/21 7:15 AM


search this site.

New entries

categories

Memo

03/24
ホライゾンゼロドーンを絶賛プレイ中。DVDおろそか^; 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「テロ,ライブ」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ハッピーボイス・キラー」「ファンタスティック・フォー」「マイ・インターン」「コンテンダー」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「クライム・ヒート」「ゾンビーワールドへようこそ」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「これが私の人生設計」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「エレクトラウーマン&ダイナガール」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「フィフス・ウェイブ」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「BILLABONG ビラボン」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」「グースバンプス モンスターと秘密の書」「セルフレス/覚醒した記憶」「青空エール」「スター・トレック BEYOND」「インフェルノ」「特捜部Q Pからのメッセージ」「ミリオンダラー・ホテル」「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」「グッド・ネイバー」「屍憶 -SHIOKU-」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「ハングリー・ハーツ」「ジェイソン・ボーン」「世界の果てまでヒャッハー!」「レジデント」「ラスト・ウィッチ・ハンター」「ザ・ギフト」「5時から7時の恋人カンケイ」「ミッドナイト・スペシャル」「ジョイ」「ハッピーログイン」「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」「後妻業の女」「真田十勇士」「ドント・ブリーズ」「バニーマン/殺戮のカーニバル」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)

★ 現在観ている海外ドラマ:
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 映画 ビリギャル
    Keithorith
  • 映画 ビリギャル
    Edgarnouse
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    maki
  • GANTZ:O
    maki
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    ヒロ之
  • GANTZ:O
    ヒロ之
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    maki
  • ネイバーズ 2
    maki
  • ネイバーズ 2
    morkohsonimap
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    morkohsonimap

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR