悪魔を見た


2011.08.09 Tuesday

イ・ビョンホンさん主演。
猟奇殺人鬼に婚約者を殺された国家情報院捜査官の残虐な復讐劇です。主役のイ・ビョンホンよりも、猟奇殺人者を演じたチェ・ミンシクさんが凄く良かった様に思う。
エログロ描写が多分にあって、R-18だそうですが、最後まで飽きることなく引き込まれました。
もし自分の家族や大切な人が犯行にかけられたら、単に相手を1度殺すだけじゃ気が晴れないという心境、とてもわかります。イ・ビョンホン演じるスヒョンはまさにそこのところを実行しちゃうわけです、捕らえては拷問を繰り返し、また解放。その間、性懲りも無く犯行を繰り返すギョンチョルの生々しい憎たらしさが、またなんともいえない。
ギョンチョルは手首を折られようが、アキレス腱を切られようが全くこりない。その代償として婚約者の家族が襲われてしまう。悲劇の連鎖ですよね。
ギョンチョルのスヒョンに対しての反撃のアイデアとしては面白いものがあった。飲まされたGPSカプセルを排泄し(まさか映画で下痢便を見せられるとは思わなかったけど)、婚約者家族を襲って自首するというもの。これでスヒョンの手は伸びない…はずだったのだけれど、スヒョンはギョンチョルを自首一歩手前で拉致してしまうんですね。
この勝負は最後の最後まで屈服させられなかったぶん、ギョンチョルの勝ちなんでしょう。苦痛も恐怖を知らず、後悔の念さえもない。全てが終わった後のスヒョンの表情がまたなんともいえないのです。
作品としては良く出来ていて、なかなか面白いと思います。ただ、残虐行為の描写もたくさんありますが、「殺人の追憶」や「チェイサー」のような、生々しい温度や湿度が感じ取れなかった気がする。これは何故だろうか。


【概略】
雪の夜道でひとりの女性が忽然と姿を消し、ほどなくして無残な姿で発見される。彼女と1ヵ月前に婚約した国家情報院捜査官のスヒョンは、犯人に復讐を誓い…。

サスペンス

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.02.19 Sunday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






★コメント一覧★
こんにちは
>「殺人の追憶」や「チェイサー」のような、生々しい温度や湿度が感じ取れなかった気がする。これは何故だろうか。

思うに、イ・ビョンホンの責任でないでしょうか。結構、無表情演技な気がします。日本で言うと大沢たかおみたいな。
ファンでしたら、ご免なさい!!

後は、チェ・ミンシクのやり過ぎ感。


  • maki
  • 2011/08/09 5:35 PM
バラサ☆バラサさん こんにちは♪

イ・ビョンホンの立ち位置としては、あの表現でよかったと思いますよ
終始無表情で接して、感情を表すのは最初と最後のみ。これが対照的で良かった点でもあると思います
チェ・ミンシクさんは熱演してましたね〜最後まで憎たらしかったです

>日本で言うと大沢たかおみたいな。
これ、ちょっと笑いました。顔の作りが無表情ぽい感じですよね、わかります

生々しい欲望は感じたものの、その湿度や温度が感じられなかったのは、熱気や熱意そのものがなかったせいなのかもしれませんね
ギョンチョルもスヒョンも、当たり前のことを当たり前のように実行していたのだと。


私が思うには『殺人の追憶』と『チェイサー』は実際の事件がモチーフだからではないでしょうか。この二つに社会的視点が含まれてます。この『悪魔を見た』はたんに娯楽的なサイコスリラーなので違いはあって当然なのかも?


  • maki
  • 2011/08/09 6:21 PM
かのんさん こんにちは

>娯楽的なサイコスリラーなので
ああ、そうかもしれません
確かに殺人の追憶もチェイサーも実際の事件をもとにつくられていますよね
その点、衝撃度合も違うでしょうし、生々しい暴力描写がないのかもしれない

この作品でもボコボコにされたりアキレス腱をきられたりしますが、目を覆うほどの暴力描写はなかったように思えます
むしろ性欲のほうの気持ち悪さが印象に残る。


  • KLY
  • 2011/08/10 12:09 AM
私は単純にイ・ビョンホンがカッコ良すぎるからだと思ってます。余りにスマートなハンサムさんなんで、ドロドロした部分に馴染まないところがあるんじゃないかと。そこに持ってきてチェ・ミンシクさんが余りにも人間臭いんで、そこの噛み合わせが今一つかなって思いました。


TB&コメントありがとうございました★

下痢便はないですよね〜^^;
あそこまでリアルに見せなくても(笑)。

中々のスリルある展開で目が離せませんでした。
チェ・ミンシクの熱演に尽きるでしょうね。
ホント、変態にしか見えませんでしたから。

ヒーローもどきのビョンホンの現れる遅さにイライラしつつも、痛める姿にスカッとするものが得られましたし、ラストでの復讐方法も予想外で驚きを抱かされました!


  • maki
  • 2011/08/10 9:27 AM
KLYさん こんにちは♪

なるほど、イ・ビョンホンがきれいすぎですか〜確かにヒゲもきれいにそり、スマートな印象がありましたよね
チェ・ミンシクさんはその反対に脂ギッシュな印象…欲望のままに動いていましたもんね
色々な意見があって面白いです
コメントありがとうございました★


  • maki
  • 2011/08/10 9:35 AM
ヒロ之さん こちらもありがとう

劇場で見た人はびっくりしたんじゃないでしょうか、下痢便を見たのはさすがにはじめてかも(笑)
チェ・ミンシクさんは怪演してましたね〜
ただ殺人よりも性欲のほうが印象に強くて、気持ち悪いですね(可愛いナースさん可哀相;)
結局、自分でいっていたように苦痛も恐怖をなく、後悔さえなかった
もし、本心からの後悔の言葉があったとしたら、どうだっただろうか。断首台ギミックは発動しただろうか
イ・ビョンホンさんのラストの表情は、さすが巧いと思いましたね


復讐劇は好きなんですがなかなかの衝撃的な作品でした。
チェ・ミンシクさんいいですよねー。
憎たらしいほどの熱演は素晴らしかったです。


  • maki
  • 2011/08/11 4:20 PM
yukarinさん こんにちは♪

とにかくチェ・ミンシクさんに尽きますね
有名どころの「オールド・ボーイ」を観てないので、ミンシクさんのよさはまだこの一作でしかわからないんですよ〜
そのうち借りてみようかな


  • kino
  • 2011/09/21 11:58 PM
これは、ホラー系、復讐を題材にしたサイコスリラーだと思います。
無表情なイ・ビョンホンの深層を表現していくのが、チェ・ミンシクの悪魔の所行で、観客も、泥沼の中に引きづりこまれていきますからね。図式が単純な分、観て感じとっていくようなものでもあると思います。

>全てが終わった後のスヒョンの表情がまたなんともいえないのです。
悲しみと憎しみに引き裂かれてしまったようなラストシーンはなんともいえなかったですね。


  • maki
  • 2011/09/22 5:43 PM
kinoさん こんばんは♪

終始無表情のイ・ビョンホンと、人間の汚らしい部分をみせつけてくれるチェ・ミンシクさんとの追襲劇、見事でしたね
何度も繰り返す、捕まってはボコボコにされても懲りずに悪行に走るミンシクさんのいやらしさが浮き彫りにされていくのがまたなんともいえない。
ラストシーンは虚脱しました。哀しみと憎しみと、晴れぬ思いにあの表情は素晴らしく良かったと思います


  • YAN
  • 2011/10/08 4:12 PM
makiさん、こんにちは!
お邪魔しようと思っていたタイミングでした♪

>目を覆うほどの暴力描写はなかったように思えます
って、makiさん、強いなあ〜
アキレス腱のシーンはダメでしたね。半殺しとか酷かったし。
「オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」にもエロシーンありますよ。
お約束みたいなものかな(^^;

終始2人の残酷な対決を見せていくサイコスリラーでしたね。
「チェイサー」などは、どなたかも書かれていたけど、
視点が社会性を帯びて広いし、人間をもっとえぐってましたよね。

こちらはこちらで、引き込まれるものがあって、面白かったです。


  • maki
  • 2011/10/09 9:42 AM
YANさん こんにちは♪

ミンシクさんが素晴らしいので、イ・ビョンホンさんもそれに引っ張られていく感じがしましたね
感情がなくどんなに痛めつけても懲りない相手に、復讐し終えても、永遠に哀しみを背負っていかなければならない苦しみがあるのがなんとも…
オールド・ボーイは見たことがないので、そのうち観てみようかと思います^^


いや〜、凄い映画でしたね〜。
『冷たい熱帯魚』といい、最近のアジア系の精神的にくる映画が優れてますね。

生々しさ感じられないのは、対決する2人があまりにも有名俳優過ぎるからでは?有名すぎて現実離れしているからでしょう。
全く知らないような、2流の俳優が演じていたら、きっと違っていたかもですね。


  • maki
  • 2011/11/06 7:03 PM
とらさん こんばんは♪

そうかもしれませんね、とくにイ・ビョンホンさんはメジャーすぎますから、自然にライトなイメージがついているのかもしれません
全く知らない俳優さんだったら(しかも演技達者)インパクトももっと強烈だったかも

最近の韓国の作品て、物凄いパワーを感じられます。ハリウッドに全くひけをとらない、少々やりすぎたかも?的なところにしびれちゃいます


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
ある意味怪物版「ノルウェイの森」 公式サイト。英題:I SAW THE DEVIL。韓国映画。キム・ジウン監督、イ・ビョンホン、チェ・ミンシク、オ・サナ、チョン・グクァン、チョン・ホジン、 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2011/08/09 10:25 AM
『グッド・バッド・ウィアード』のキム・ジウン監督が送るサイコ・サスペンス。婚約者を殺された男がその犯人を執拗に追い詰めつつも簡単には殺さず、痛めつけながらもジワジワと追い詰めてゆく凄まじい復讐の様子をを描く。主演は『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』の
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2011/08/09 11:54 AM
イ・ビョンホンとチェ・ミンシク共演の強烈な韓国映画観てきました。婚約者を殺された男が、犯人に復讐するストーリーチェ・ミンシク・・・期待通りのモンスターぶりでウキウキしてきます。あ、もうこの辺りから、観方正しくないのかも^^;ボコボコにされても、血まみ
  • 黒猫のうたた寝
  • 2011/08/09 12:05 PM
2月27日(日)@丸の内ルーブル。 東京マラソンの交通規制で、有楽町にたどり着くのが大変だった。 飯田橋を過ぎ、九段下の方に行きたかったのだが道を渡れない。 おまわりに質問すると、曙橋なら渡れるとのたまわれる。 いったいどこまで戻れというのだ! 歩道
  • あーうぃ だにぇっと
  • 2011/08/09 12:43 PM
2011年3月6日(日) 15:30〜 丸の内ルーブル 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで109共通鑑賞券を購入) パンフレット:800円(買っていない) 『悪魔を見た』公式サイト バイオレンスで情け容赦ない作品を作らせれば世界一の韓国が、またもや期待通りの嫌
  • ダイターンクラッシュ!!
  • 2011/08/09 2:52 PM
 I SAW THE DEVIL  国家情報員捜査官スヒョン(イ・ビョンホン)は、ある雪の夜、婚約者を惨殺され る。彼は絶望の最中で、犯人に復讐を誓うのだった。  イ・ビョンホン×チェ・ミンシク、韓...
  • 真紅のthinkingdays
  • 2011/08/09 5:53 PM
『甘い人生』『グッド・バッド・ウィアード』のキム・ジウン監督が三たびイ・ビョンホンとタッグを組んで挑んだのは復讐をテーマにしたサイコ・スリラー作品。しかも主人公を演じ ...
  • カノンな日々
  • 2011/08/09 5:58 PM
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 3月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 13:00の回を鑑賞。
  • みはいる・BのB
  • 2011/08/09 8:40 PM
悪魔を見た スペシャル・エディション [DVD]復讐ものは韓国映画の十八番。とはいえ、これほど強烈な作品は久しぶりだ。ここにはもはや善も悪もない。国家情報院捜査官のスヒョンは、 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2011/08/09 10:10 PM
ランキングクリックしてね ←please click 「甘い人生」「グッド・バッド・ウィアード」などの韓国の異才、キム・ジウン監督 ×イ・ビョンホン×チェ・ミンシクの壮絶血みどろ復讐劇! イ・ビョンホンのファンも多数来ていたであろう初
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2011/08/09 10:38 PM
地震の直後に上映が始まったのがこの映画だ。人間も非常に恐ろしい存在になりうるけど、自然の猛威には敵わない。自然の猛威はその場所にいる人全員に降りかかるけど、人間の恐怖はそれぞれの内面に宿る。あまりにも衝撃的なことが起きたのでそんなことを思った。
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
  • 2011/08/09 11:50 PM
I SAW THE DEVIL/10年/韓国/144分/バイオレンス・サスペンス/R18+/劇場公開 監督:キム・ジウン 出演:イ・ビョンホン、チェ・ミンシク <ストーリー> 雪の夜道でひとりの女性が忽然と姿を消し、ほどなくして無残な姿で発見される。彼女と1ヵ月前に婚約し
  • 銀幕大帝α
  • 2011/08/10 12:15 AM
ある夜、雪の夜道で車がパンクし、レッカー車の到着を待っていた若い女性が、黄色いスクールバスに乗った男に連れ去られる。地元警察は大規模な捜索を開始。まもなく川底から切断された頭部を発見する。このバラバラ殺人事件の被害者は、引退した重犯罪課の刑事チャン(
  • やっぱり最終的には自分じゃないの
  • 2011/08/10 8:20 AM
婚約者を殺された男が、猟奇連続殺人鬼を執拗に追い詰めていく姿を描くサイコ・サスペンス。監督は「グッド・バッド・ウィアード」のキム・ジウン。出演は「アイリス THE LAST」のイ ...
  • パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
  • 2011/08/10 10:32 AM
「甘い人生」「グッド・バッド・ウィアード」の俊英キム・ジウン監督が、 その壮絶な残酷描写で世界に衝撃をもたらした戦慄の復讐バイオレンス。 主演は韓国を代表する2大スター、「甘い人生」のイ・ビョンホンと 「オールド・ボーイ」のチェ・ミンシク。 愛する婚約
  • だらだら無気力ブログ
  • 2011/08/10 12:19 PM
【悪魔を見た】 ★★★★ 映画(祭)(12) ストーリー ある夜、国家情報員捜査官スヒョン(イ・ビョンホン)の婚約者ジュヨン(オ・サナ)が何
  • りらの感想日記♪
  • 2011/08/10 8:21 PM
 絶望の果てに、あなたは何を見るのか── どえらい作品がまた韓国から!園子温監督「冷たい熱帯魚」を超える?ような作品かも、、、。それにしても韓国映画の凄さははかりしれないものがありますね。 今回はこのお2人です。イ・ビョンホン、シアターにはおばさんた
  • 銅版画制作の日々
  • 2011/08/10 10:29 PM
「悪魔を見た」 「冷たい熱帯魚」 
  • Akira's VOICE
  • 2011/08/17 11:33 AM
イ・ビョンホン、チェ・ミンシク主演のサイコサスペンス映画 「悪魔を見た」観てきました。 ストーリーとしましては、チェ・ミンシク演じるシリアルキラーによって 妻を惨殺された、イ・ビョンホン演じ...
  • うまい棒めんたい味の如く映画を語る
  • 2011/08/29 8:09 AM
怪物と闘う者は自らが怪物と化さぬよう心せよ。 お前が深淵を覗き込む時、深淵もまたお前を覗き込んでいるのだ。 (フリードリヒ・ニーチェ『善悪の彼岸』より) 解説:血も涙もない凶行を繰り返す猟...
  • KINO NO NOTE
  • 2011/09/21 11:59 PM
グロ度、最強! ここまで残忍なバイオレンス復讐劇は見た事ないかも(><) I SAW THE DEVIL 監督:キム・ジウン 製作:2010年 韓国 出演:*イ・ビョンホン *チェ・ミンシク *オ・...
  • RockingChairで映画鑑賞
  • 2011/10/08 4:15 PM
期待して見たけど、少々がっかり・・・3つ★
  • ポコアポコヤ 映画倉庫
  • 2011/10/27 4:19 PM
『悪魔を見た』  I SAW THE DEVIL 【製作年度】2010年 【製作国】韓国 【監督】キム・ジウン 【出演】チェ・ミンシク/イ・ビョンホン/オ・サナ/チョン・ホジン/キム・ユンソ/チェ・ムソン/キ...
  • こわいものみたさ
  • 2011/11/06 4:49 PM
監督:キム・ジウン出演:イ・ビョンホン、チェ・ミンシク韓国映画 2010年 ・・・・・・ 6点
  • 映画部族 a tribe called movie
  • 2012/03/10 5:29 PM
I SAW THE DEVIL 2010年:韓国 監督:キム・ジウン 出演:チェ・ミンシク、イ・ビョンホン、オ・サナ、チョン・ホジン、キム・ユンソ、チェ・ムソン、キム・インソ、チョン・グクァン ...
  • mama
  • 2012/11/29 4:49 PM
 丸の内ルーブルで悪魔を見たを観てきました。この劇場は観客席の上に大きなシャンデリアがあって、映画がはじまる前に音楽と共にそのシャンデリアが天井裏にあがっていくんです。中学の頃から、それが大好きで、あの音楽とシャンデリアが動くのを見ると、すごく
  • よしなしごと
  • 2012/12/01 1:00 AM


search this site.

New entries

categories

Memo

02/18
就業4日目で倒れるとか。。。。まあ世間の仕事の辛さとかもよくわかった気がします。私にはまだ無理なんだなあ。 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「テロ,ライブ」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「最後まで行く」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「悪のクロニクル」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「龍三と七人の子分たち」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「白髪妖魔伝」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「提督の艦隊」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ホーム・スイート・ヘル/キレたわたしの完全犯罪」「ハッピーボイス・キラー」「ファンタスティック・フォー」「悪魔は闇に蠢く」「マイ・インターン」「コンテンダー」「グォさんの仮装大賞」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「男ゴコロはマンガ模様」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「ヴァイキング・サーガ」「クライム・ヒート」「ゾンビーワールドへようこそ」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「これが私の人生設計」「鬼はさまよう」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「あいつだ」「超次元ソニックマン」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「のぞきめ」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「デッド・ウォーカー」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「インサイダーズ 内部者たち」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「エレクトラウーマン&ダイナガール」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「アメリカン・レポーター」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「フィフス・ウェイブ」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「花、香る歌」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「極悪の流儀」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「アウトバーン」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「リバイバル 妻は二度殺される」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「アブノーマル・ウォッチャー」「BILLABONG ビラボン」「超高速!参勤交代 リターンズ」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「ネイバーズ 2」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
さよなら子供たち

★ 現在観ている海外ドラマ:
BONES -骨は語る- シーズン10
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 映画 ビリギャル
    lubluodFoumb
  • Mommy/マミー
    maki
  • ダーク・プレイス
    maki
  • Mommy/マミー
    りお
  • ダーク・プレイス
    りお
  • ダーク・ハーフ
    maki
  • 侵入者 消された叫び声
    maki
  • 侵入者 消された叫び声
    ヒロ之
  • ダーク・ハーフ
    ヒロ之
  • Mommy/マミー
    maki

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR