ヒア アフター


2011.10.12 Wednesday


クリント・イーストウッド監督作品。大津波シーンが東日本大震災と重なりますね、途中で劇場非公開になるのも納得です。
でもこれは災害の物語ではなくて、希望と再生の物語でした。
サンフランシスコの霊媒体質の青年、ロンドンで暮らす双子の兄を亡くした少年、大津波を体験したフランスの女性テレビ記者の3人のストーリー。それは偶然のようでいて必然的な出会いだったと思います。
もっとスピリチュアルで感動的な話なのかと思っていた分少々肩透かしを食らいましたが、しっかりとまとまったジワジワと浸透してくるような作品になっていました。ただし地味です。
冒頭の大津波シーンは実際こうであろうと思われる感じが良くできていて余計に辛くなっちゃうのですが、その臨死体験をしたからこそマリーには死後のイメージが見えた。
霊媒体質のジョージはその能力を自ら封印して暮らしているが、その能力のせいで心が通い始めた相手とも離れてしまう。
里子に出されたマーカスはもう一度兄に会いたいと霊能力者を訪ね歩く…爆弾事件も兄が助けてくれたのではと思い…。
それぞれの苦悩を描きながらそれがロンドンのブックフェアで最後に交差するのも素晴らしかった。
あまり「来世」など余計な部分を入れずにサラリとした感触の作品でした。


【概略】
マリーはバカンス中、津波に襲われるが一命を取り留める。しかしそれ以来、死の淵で見た光景が忘れられず…。

ヒューマン

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.03.30 Thursday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






★コメント一覧★
津波のシーンはリアルすぎましたね。
実際まさにあのとおりでもう観られないだろうなぁ。
おはなしは地味で感動ものというものではなかったですが後でじわじわくるような作品でしたね。


  • maki
  • 2011/10/12 1:20 PM
あら入れ違い…
yukarinさん こんにちは♪

津波のシーンは心が痛くなってしまいますね
迫力ある映像が実際の映像と重なりました
実際、あんな感じで波に飲まれていったのでしょうね
私も、地味でパッとはしませんが、良作だと思います


  • KLY
  • 2011/10/12 5:19 PM
流石にあの大津波は3.11のタイミングとしては不味かったですね。過剰な自粛が多かったけど、この作品に関してはやむなしかと思いました。
個人的には少年のエピソードには感じ入る所が多かったのだけど、最終的にイギリスでであうというそこありきで話が進んで行く所にどうしても馴染めませんでした。スピリチュアル系がどうにも受け付けないってのもあるんですが…


  • maki
  • 2011/10/12 7:25 PM
KLYさん こんばんは♪

大津波のシーンは迫力ありましたからねーあれは確かに時事的に問題ありだったかもしれませんね
私も少年のエピーソードが一番好きですね
純粋に兄にもう一度会いたいという気持ち、いいですね。ジョージと出会えて話が出来たのも良かったです
スピリチュアル系は苦手ですか〜じゃあ、「ラブリー・ボーン」とかもダメだったのかな?
霊界に繋がる事を中心とした話ではないので、この作品はそこまでスピリチュアル臭はしなかったと思うのですが…


こんばんは。

スピルバーグと組んだ事で、イーストウッド作としては、また違った作風になったように思えます。

淡々と話が進むので地味な印象は受けますが、それでも3人が導かれる様に一つの街に集って行く流れには引き込まれるものがありましたし、最後は出会うべき者が出会ったという温かい空気が漂っていたので、ほんわりと感動する事が出来ました。

良い映画だと思いますよ。


  • maki
  • 2011/10/13 9:08 AM
ヒロ之さん こんにちは♪

そうですね、地味ですが良い作品だったと思います
ただ、心に残るのがあの津波のシーンになってしまうところが残念なのですが…

やはり偶然ではなく必然であったという3人の出会いのシークエンスは素晴らしかったですよね
マリーとの間にみたキスのシーンは、未来だということでしょうね
ディケンズが好きだと言っていたので、「クリスマスキャロル」風にいえば未来の精霊に出会ったとでもいうところでしょうか


  • YAN
  • 2011/10/19 3:05 PM
makiさん、こんにちは!
私も、この作品には、さほどスピリチュアルなものを
感じずに、makiさんが書いているような「希望と再生」の
人間ドラマだと思いました。

死に触れた者の様々な苦悩とその再生の様子が
静かに優しく描かれていて、良作でしたね。

ヒアアフターという言葉、字幕で「来世」と訳されていたけど、
死後の世界としたほうが、理解しやすいと思いません?
日本人にとって来世って別の人生を生きるみたいなイメージだもの。


  • maki
  • 2011/10/19 5:32 PM
YANさん こんばんは♪

そうですね、来世というよりは死後の世界、次の世界、という意味合いのほうが正しいかもしれませんね
来世だと、次の人生をもう迎えているような印象ですもんね

津波のシーン以外は地味なのですが、死に直面した面々がそれぞれ受け入れていくような作品で、なにかしらラストを迎えた時はホッとしたものを感じましたねー^^


イーストウッドが“死”をどう見つめるのか興味津々だったんですが、意外にもというか案の定生者のクズな所を見つめていたなぁって印象で。


  • maki
  • 2011/11/29 6:02 PM
たおさん こんにちは♪

死生観というのは人によって違うし、やはりそういう部分を描くのは難しいんじゃないかなと思ったらやっぱりそうでした。
イーストウッド監督が自らの「死」を意識して描いた作品ではありませんでしたね、これは生者の物語でした
ただ現世に取り残された人物達の魂の救済にはなっていたと思います

でも面白いかと言われると微妙な作品なんですよねー


  • 宵乃
  • 2013/09/17 2:12 PM
話題になってた気がしてオンエアを観たんですが、いきなり津波のシーンがあってギョッとしてしまいました。
そういえば、ちょうど3.11のタイミングで騒がれてましたね。観たのが当時だったら、もっと恐ろしかったかも!

でも、あとの流れは地味ながら心に染みました。
マット・デイモンが目隠しして食材を当てるシーンではキュンとしてしまいました。
マリーが不倫オンナだったせいで、彼女のパートは感情移入できなかったのが残念…。

希望を持てるラストでよかったです♪


  • maki
  • 2013/09/17 6:23 PM
宵乃さん こんばんは♪

これ、公開途中で非公開に変わった作品なんですよね、自粛したのでしょう
そのくらい津波シーンは被るものがありました

地味ではあるんですけれど、心に沁みていくようなお話が心あたたまりました
少年のエピソードがいいですよね


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
静かで前向きな物語。   
  • Akira's VOICE
  • 2011/10/12 11:31 AM
1月21日@よみうりホールで鑑賞。 クリントの新作ということで珍しく男性も多い試写会。 我々の横に座った鈍感そうなおばさん二人組は会場内の混雑をものともせずに隣の座席に荷物を置いて不法占拠(笑)していた。 開演間際に係りの人に声かけられてようやく荷物
  • あーうぃ だにぇっと
  • 2011/10/12 11:51 AM
<ヒア アフター を観て来ました> 原題:Hereafter 製作:2010年アメリカ ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 試写会にて鑑賞してきました。すごく見たかった作品だったので、嬉しいです。 現在80歳になる、クリント・イーストウッド監督の最新作です。
  • ★紅茶屋ロンド★
  • 2011/10/12 12:00 PM
丹波哲郎化したクリント・イーストウッド 公式サイト。原題:HEREAFTER(来世)。スティーブン・スピルバーグ製作、クリント・イーストウッド監督、マット・デイモン、セシル・ドゥ・フ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2011/10/12 12:17 PM
 私は世事にうといので、小田嶋隆氏のコラムではじめて「パワースポット」なるものがはやっていたことを知った。2010年のことである。  パワースポット――敢えて訳せば「力のある観光地」となるだろうか。パ...
  • 映画のブログ
  • 2011/10/12 12:29 PM
死を忘れるのではなく、受け入れて生きていく。 クリント・イーストウッドやスティーブン・スピルバーグの死生観の下、この映画を通して彼らが言いたいことは何となく分かるので ...
  • こねたみっくす
  • 2011/10/12 12:48 PM
【HEREAFTER】 2011/02/19公開 アメリカ 129分監督:クリント・イーストウッド出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・ ...
  • 映画鑑賞★日記・・・
  • 2011/10/12 12:49 PM
クリント・イーストウッド監督、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮という巨匠2人
  • ヒア アフター: LOVE Cinemas 調布
  • 2011/10/12 2:28 PM
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグン×監督クリント・イーストウッド、“硫黄島二部作”のコンビが送り出す感動のヒューマンドラマ。津波で生死の境を彷徨った女性、霊能力者 ...
  • パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
  • 2011/10/12 4:32 PM
人間は死んだ後どうなるのか、それはもはや宗教の世界の問題になってくる。その問題に真正面から取り組んだのがすばらしい。2時間を越える上映時間に無駄なシーンはない。イースウッド監督の手腕はますます冴え渡り、映像としての芸術作品になっている。人間は死んだ後
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
  • 2011/10/12 5:09 PM
□作品オフィシャルサイト 「ヒア アフター」 □監督 クリント・イーストウッド □脚本 ピーター・モーガン □キャスト マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ブライス・ダラス・ハワード、ジェイ・モーア■鑑賞日 3月13日(
  • 京の昼寝〜♪
  • 2011/10/12 5:19 PM
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、監督クリント・イーストウッド、主演マット・デイモンというこの三人のネームバリューだけでも凄い映画という期待感が高まってしまうこの ...
  • カノンな日々
  • 2011/10/12 6:22 PM
監督:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジョージ・マクラレン   死に触れて、前を向く。 「アメリカ人のジョージは死者の声を聞くことが出来る霊能者、過去には有名人だったが疲れ果てた彼はその仕事をやめて工場で
  • 日々のつぶやき
  • 2011/10/12 6:28 PM
ヒア アフター ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]◆プチレビュー◆死と隣接した3人の男女が巡り会う物語。これまでのイーストウッド作品とは少し違う手触 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2011/10/12 7:28 PM
 HEREAFTER  フランス人ジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、大津波に襲わ れた際に見た「ビジョン」が忘れられない。霊能者のジョージ(マット・デイモン) は、自らの才能...
  • 真紅のthinkingdays
  • 2011/10/12 7:41 PM
【ヒア アフター】 ★★★☆ 映画(10)ストーリー パリのジャーナリスト、マリー(セシル・ドゥ・フランス)は、恋人と東南アジアでのバカンス
  • りらの感想日記♪
  • 2011/10/12 7:58 PM
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 2月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:10の回を鑑賞。
  • みはいる・BのB
  • 2011/10/12 7:59 PM
まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではなかった。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っていたが。 ところが、最近の「チェンジリング」でフまずァースト・ダウ
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2011/10/12 8:04 PM
クリント・イーストウッド最新作! 「今回も絶対泣かせてくれそう!え、でもスピルバーグ製作?ケネディー&マーシャル系ならまだマシかな?」 いつからスピルバーグの名前を聞くと及び腰になるようになってしまったんでしょうかw 予告編を観る限りそれでもきっと感動
  • そーれりぽーと
  • 2011/10/12 8:44 PM
★ネタバレ注意★  クリント・イーストウッド監督が、『インビクタス』に続き、マット・デイモン主演で撮った映画です。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグ。 【マリー・ルレ(セシル・ドゥ・フランス)】パリ在住のジャーナリスト。バカンスで訪れた東南
  • キノ2
  • 2011/10/12 9:19 PM
評価:★★★★【4点】(14) 「ここでは何でもできる。宙に浮いてる感じが、かなりイケてる」
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2011/10/12 9:42 PM
全ての人間が絶対に避けられない瞬間、それは“死”である。 死はすべての終わりなのか、それとも新しい何かの始まりなのか。 巨匠クリント・イーストウッドが齢80歳にして新たに挑んだのは、彼自身にも確実に...
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2011/10/12 9:53 PM
2011年2月19日(土) 21:25〜 TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『ヒア アフター』公式サイト 年に一回は作品を発表しているイーストウッド先生の新作。 前作は先生にしては珍しく直球だったが、今回は如何に。 何とマ
  • ダイターンクラッシュ!!
  • 2011/10/12 9:56 PM
「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなるクリント・イーストウッド監督と スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈るスピリチュアル・ヒューマン ・ドラマ。 死後の世界をテーマに、それぞれのかたちで死と向き合った三者の人生が 運命にいざなわれるがごとく絡み合
  • だらだら無気力ブログ
  • 2011/10/12 10:03 PM
齢80を超えて、まだまだ健在のクリント・イーストウッド監督作品。臨死体験という、非常に深いテーマを扱っています。 物語の冒頭、いきなり津波のシーンから始まります。2004年のスマトラ沖地震に依る大津波を彷彿させますが、定かではありません。その後、物語中盤で
  • 勝手に映画評
  • 2011/10/12 10:14 PM
結論からいうと、とても誠実な良作だと思います。 人間は死んだ後どこへ行くのかという問いは、 個人の死生観や宗教観と直結するデリケートな 問題ですが、クリント・イース ...
  • 23:30の雑記帳
  • 2011/10/12 10:22 PM
野球帽。チャリングクロス駅。ディケンズの朗読。
  • 悠雅的生活
  • 2011/10/12 10:32 PM
ヒア アフター ★★★★☆(★4つ) いや〜。よかったです。ほんと、良い意味で裏切られました。 観たくて、観たくて、試写会にさんざん応募したのですが、ことごとくハズレナイトショーで鑑賞。 そのくせ、あまり事前情報なく鑑賞して、裏切られた(笑) 鑑賞後にHP
  • 食はすべての源なり。
  • 2011/10/12 10:49 PM
  MOVX京都にて鑑賞。「毎日かあさん」、鑑賞後に続けて観ました。「インビクタス〜」が私的には今一つだったので、イーストウッド監督作品、ちょっと不安だったのですが、、、。 物凄い感動とまではいきませんでしたが、それほど悪くもありませんでした。全体を通し
  • 銅版画制作の日々
  • 2011/10/12 11:16 PM
フランス人ジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、バカンス先の東南アジアで津波に襲われ、九死に一生を得る。 霊能力者として活躍したアメリカ人のジョージ(マット・デイモン)は、今はそ...
  • 心のままに映画の風景
  • 2011/10/12 11:26 PM
11-20.ヒアアフター■原題:Hereafter■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:アンゼたかし■鑑賞日:3月13日、渋谷シネパレス■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド□脚本・製作総
  • kintyre's Diary 新館
  • 2011/10/12 11:51 PM
映画「ヒア アフター」を鑑賞しました。
  • FREE TIME
  • 2011/10/13 12:43 AM
HEREAFTER/10年/米/129分/ファンタジー・ロマンス・ドラマ/劇場公開 監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル 音楽:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモ
  • 銀幕大帝α
  • 2011/10/13 1:13 AM
『 ヒア アフター 』 (2010)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、フランキー・マクラレン、ジ...
  • さも観たかのような映画レビュー
  • 2011/10/13 2:40 AM
2月20日に観て、いまごろ感想文を書いているが、津波のシーンがあったために、東日本大震災のあと公開中止になったような?
  • 或る日の出来事
  • 2011/10/13 9:06 AM
津波に圧倒、ラスマニノフのピアノが効いてる。
  • 迷宮映画館
  • 2011/10/13 1:22 PM
■ 試写会にて鑑賞ヒア アフター/HEREAFTER 2010年/アメリカ/129分 監督: クリント・イーストウッド 出演: マット・デイモン/セシル・ドゥ・フランス/フランキー・マクラレン/ジョージ・マクラレン...
  • 映画三昧、活字中毒
  • 2011/10/13 8:39 PM
『ヒア アフター 』---HEREAFTER---2010年(アメリカ)監督:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン 、ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード パリのジャーナリス
  • こんな映画見ました〜
  • 2011/10/13 10:08 PM
2010年・米/配給:ワーナー原題:HEREAFTER監督:クリント・イーストウッド製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、ピーター・モーガン、ティム・ムーア製作:キャスリーン・
  • お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法
  • 2011/10/14 12:13 AM
気持ち悪いくらいリアルな冒頭 【Story】 恋人と訪れていた東南アジアで津波に遭遇し、臨死体験をしたジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は生死を彷徨っている際に見た不思議な世界を...
  • Memoirs_of_dai
  • 2011/10/14 12:55 AM
死後の世界を取り上げているけど、それが中心じゃなくて、 苦しみながらも前を向いて進もうとする者達の物語でした。 今、辛い思いをしている人々の背中をそっと押してくれるような、 癒しの映画です。 ...
  • RockingChairで映画鑑賞
  • 2011/10/19 3:07 PM
「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」「マディソン郡の橋」などの作品で知られる米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが死後の世界を題材にメガホンを執ったヒューマン・ドラマ「ヒアアフター」(2010年、米、129分、スティーヴン・スピルバーグ製
  • シネマ・ワンダーランド
  • 2011/10/23 4:06 PM
監督 クリント・イーストウッド 主演 マット・デイモン 2010年 アメリカ映画 129分 ドラマ 採点★★★ “死後の世界”ってのには、常々「あったらいいよなぁ」と思っている私。頭ごなしに否定する気はなし。ただまぁ、「宗教や文化の垣根を越えて、多くの人が似
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2011/11/29 12:55 PM
ヒア アフター'10:米◆原題:HEREAFTER◆監督:クリント・イーストウッド「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:マット・デイモン、セシル・ド・フランス、フランキー・ ...
  • C'est joli〜ここちいい毎日を〜
  • 2011/12/05 9:06 PM
JUGEMテーマ:洋画  ※ 震災を想起させるシーンが流れます。あらかじめご了承ください。クリント・イーストウッド監督、主演マット・デーモンの組み合わせである。 インビクタスに続き、二作目。 今回は霊能力者のお話。 こういった話はファンタジーになりが
  • 映画鑑賞&洋ドラマ& スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記
  • 2011/12/13 8:35 AM
JUGEMテーマ:映画 制作年:2010年  制作国:イギリス・オーストラリア  上映メディア:劇場公開  上映時間:129分  原題:HEREAFTER  配給:ワーナー・ホーム・ビデオ  監督:クリント・イーストウッド  主演:マット・デイモン      セ
  • La.La.La
  • 2012/02/02 4:30 PM
監督:クリント・イーストウッド出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランスアメリカ映画 2010年 ・・・・・・ 6点
  • 映画部族 a tribe called movie
  • 2012/03/11 1:28 PM
映画タイトルの後に付ける“…”以降のサブタイトルは良いのが(震災の事と一緒に書くにはちょびっと不謹慎なものだけしか)思いつかなかったので割愛とします 本当は数日前に書くべきだった話から… 東日本大震災から一年が過ぎました…この一年間のことについて、
  • ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
  • 2012/03/17 5:07 PM
ヒア アフター ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray](2011/10/05)マット・デイモン、セシル・ド・フランス 他商品詳細を見る 【HEREAFTER】 制作国:アメリカ 制作年:2010年 ...
  • miaのmovie★DIARY
  • 2012/06/01 6:46 PM
原題:HEREAFTER 製作:アメリカ’2010 監督:クリント・イーストウッド ジャンル:ドラマ/ロマンス臨死体験後、死後の世界に興味をもったマリー。霊能者として有能であるために孤独を抱え、能力を使う事...
  • 忘却エンドロール
  • 2013/09/17 2:00 PM


search this site.

New entries

categories

Memo

03/24
ホライゾンゼロドーンを絶賛プレイ中。DVDおろそか^; 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「テロ,ライブ」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ハッピーボイス・キラー」「ファンタスティック・フォー」「マイ・インターン」「コンテンダー」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「クライム・ヒート」「ゾンビーワールドへようこそ」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「これが私の人生設計」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「エレクトラウーマン&ダイナガール」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「フィフス・ウェイブ」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「BILLABONG ビラボン」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」「グースバンプス モンスターと秘密の書」「セルフレス/覚醒した記憶」「青空エール」「スター・トレック BEYOND」「インフェルノ」「特捜部Q Pからのメッセージ」「ミリオンダラー・ホテル」「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」「グッド・ネイバー」「屍憶 -SHIOKU-」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「ハングリー・ハーツ」「ジェイソン・ボーン」「世界の果てまでヒャッハー!」「レジデント」「ラスト・ウィッチ・ハンター」「ザ・ギフト」「5時から7時の恋人カンケイ」「ミッドナイト・スペシャル」「ジョイ」「ハッピーログイン」「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」「後妻業の女」「真田十勇士」「ドント・ブリーズ」「バニーマン/殺戮のカーニバル」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)

★ 現在観ている海外ドラマ:
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 映画 ビリギャル
    Keithorith
  • 映画 ビリギャル
    Edgarnouse
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    maki
  • GANTZ:O
    maki
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    ヒロ之
  • GANTZ:O
    ヒロ之
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    maki
  • ネイバーズ 2
    maki
  • ネイバーズ 2
    morkohsonimap
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    morkohsonimap

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR