プリンセス トヨトミ


2011.11.23 Wednesday


プリンセス豊臣?豊臣の遺児という設定はワクワクさせられるものだけど、出来ればタイトルでは隠して欲しかったな。でもプリンセスが中心の話ではないんですよね。
会計検査院による査察をきっかけに、約400年間守られてきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動に発展していく…というストーリー。
歴史人物の名前をもじった名前が使われている所はニヤニヤするところですが、秘密が明らかになった時の驚きが全然感じられなかったのは残念です。中井貴一さん演じる真田幸一が説明する真実とは、豊臣の末裔の王女が生きている事、ここが大阪国であること。「可哀相やの〜」という理由で子孫を守ることを決める大阪の民達、いつしか末裔の存在が精神的シンボルになり、ただそれが誰かはわからない。なんてロマンのある話だろう!
大阪民たちの気概が一致団結すると言う所は面白い展開ですが、奇想天外でビックリしました。王女自身も自分が何者なのかは知らされていない。東日本と西日本の気質の違いなのかな〜。私なんて北海道だから全然あてはまりませんけど^; 歴史のある街に住んでる人ってほんと羨ましい。
エレベーターでの大阪のおばちゃんたちのかしましさには笑ってしまいました。実際にあんな感じなのかなー?
財団法人「OJO」からこんな展開になるなんておもってもみなかった。エキストラの数は物凄い人数で、拉致は誤解だったのだけれど真田と松平との会談はなかなか感じ入る所もあり(豊臣VS徳川でもある)、これは父から子へ大阪国の真実を伝える父息子、疎遠になった父息子の物語でもありました。
綾瀬はるかさんなんてとにかく食べてるだけ(笑)いいな〜本場大阪のお好み焼きとたこ焼きが食べたい!と思わせられちゃいました。


【概略】
東京から大阪を訪れた調査機関・会計検査院の面々が、400年間“あるもの”を守り続けてきた人々と攻防を繰り広げる。

ミステリー・サスペンス

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.03.23 Thursday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






★コメント一覧★
  • KLY
  • 2011/11/24 2:04 AM
原作ものなんでとやかく言っても仕方ないですけど、歴史モノだったらもっと楽しめたかなぁ。原作はこのあと読みましたが、当然ながら映画より面白かったです。内容の濃さが違うから仕方ありませんけど…。


  • maki
  • 2011/11/24 8:37 AM
KLYさん こんにちは♪

やはり原作のほうが内容が濃いのですね〜そりゃそうか。
3人のうち部下二人の性別が反対だったとも聞きました。女子の場合はどうするのかなんかもきちんと説明されているのでしょうね
真田と松平の会見はなかなか面白い展開でしたが、どこかしら盛り上がりに欠けるのが残念でしたね〜
まあ名前だけでニヤニヤできちゃいますけど(笑)


こんにちは♪
設定は面白いなと思ったのですが、肝心のプリンセスが何かやるのかと思ってたので何もなくて残念でした^^;
たぶん原作のほうが楽しめるんでしょうね。


  • maki
  • 2011/11/24 1:45 PM
yukarinさん こんにちは♪

タイトルにプリンセスが入ってるから、どうしてもプリンセスの話になってると思いがちですよね、私もそうでしたし^;
原作だともっと色濃い話になってそうで面白そうですよね


TB、ありがとう!
まさか映画になるなんて!と本を読んでたもんで、なんだか拍子抜けでした。
本は、題名を考えればそっか!と思うのですが、ぜんぜんあの有名な家の末裔・・って匂わないんですよ。
うまい作りだったのですが、映画は遠く及びませんでした。
機会がありましたら、本をお勧めします。


  • maki
  • 2011/11/24 4:05 PM
sakuraiさん こんにちは♪

そうなんですね、やっぱり原作の方が面白いのですね〜
題名からプリンセス豊臣とある意味でネタバレしてるものの、本質がそこにないからでしょうか
映画は映画で楽しめましたので、機会がありましたら原作も読んでみようと思います^^


こんにちは。

各シーン、シーンは面白かったし父子の話もよかったのですが、もう少し盛り上げてほしかったと思います。
王女の存在意義もなんだか…それより狙撃犯捕まえてー。(^^;
大阪特有のボケ、ツッコミより、どっちかというと綾瀬はるかさんの方が面白いって。

原作だともう少し面白いみたいですね。

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせていただきました。


  • maki
  • 2011/12/26 6:56 PM
白くじらさん こんばんは♪

クライマックスが松平と真田との対談であるとは思うのですが、確かにもう少し盛り上げて欲しかったですね
役者さんには文句はないのですが、演出が少々物足りなかったのではないでしょうか

綾瀬さんのキャラは良かったですね、本人も美味しいもの食べてるだけでラッキー♪って思ってたりして(笑)


  • Quest
  • 2012/03/12 7:01 PM
こんにちは

もっとコメディ部分を増やして、大阪観光巡り的な感じがあれば良かったのかなぁと思いました。

綾瀬はるかがお好み焼きメニューを一周させる鬼気迫る演出(笑)が面白かったですね。


  • maki
  • 2012/03/12 7:37 PM
Questさん こんばんは♪

私も含め歴史好きにはちょっとウキウキする作品ですよね
ただ、やはり盛り上がりに欠ける部分がどうしてもでてきてしまいます
原作ではきっとそのあたりもちゃんとなされてるのでしょうが、あまりにも説明的過ぎにでもなっちゃうのかな?

綾瀬さんがお好み制覇するシーンは私もコミカルで笑っちゃいました
コメディ部分を増やすのは面白いアイデアかもしれませんね


  • 宵乃
  • 2012/05/14 11:49 AM
綾瀬はるかさんが面白可愛かったですね!
原作は知りませんが、映画は前半どうなるのかぜんぜん予想できなくて引き込まれました。後半はちょっと失速しちゃいましたけど・・・。
子孫を守るつもり満々なのに、子供のいじめは普通に横行してるのが中途半端な気がします。
でも、このタイトルのせいでまったく期待してなかった分、意外と楽しめた作品でした。


  • maki
  • 2012/05/14 12:52 PM
宵乃さん こんにちは♪

綾瀬さんいいですよねぇ〜
女性の私からみても面白可愛らしかったです
タイトルがタイトルなんで、どう歴史に絡んでくるのかと思ってたら、プリンセスっていうかなんていうか。
国家なの?王女なの?と、王女の存在意義がちょっとおざなりではあるのですが、真田と松平の会見など歴史スキーにはときめいちゃう場面なんかもあって、意外と楽しめましたね!
実際には数人しか誰が遺児なのかを知ってる人はいないわけで、そうなるともしかすると昔いじめたアイツが遺児だった、なぁんて事もあったりするんでしょうかね(笑)


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
↑この画像がね、原作の表紙とそっくりで、原作が好きなんだな〜と、愛情感じます(^^) ちなみに原作本はこちら↓そして記事も書いてます。 プリンセス・トヨトミ (文春文庫)(2011/04/08)万城目 学商品詳細...
  • よくばりアンテナ
  • 2011/11/23 10:44 AM
面白味が伝わらん・・・。
  • Akira's VOICE
  • 2011/11/23 10:47 AM
 世の中には、その実態があまり知られていない職業、あるいは誤解されている職業が少なくない。会計検査院の仕事も、そんな一つかもしれない。  『プリンセス トヨトミ』のように会計検査院の調査官が主...
  • 映画のブログ
  • 2011/11/23 12:15 PM
大阪国が独立宣言・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105280003/ プリンセス・トヨトミ (文春文庫) posted with amazlet at 11.05.24 万城目 学 文藝春秋 (2011-04-08) 売り上げランキン
  • 日々“是”精進! ver.A
  • 2011/11/23 1:28 PM
人気作家・万城目学さんの同名小説を原作に『HERO』の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリーです。伊坂幸太郎さんの小説と一緒で万城目学さんの作品もまだ一度も読んだことがない ...
  • カノンな日々
  • 2011/11/23 3:17 PM
 会計検査院の調査官、松平(堤真一)、鳥居(綾瀬はるか)、旭ゲンズブール(岡 田将生)の3人は、新幹線で大阪に向かう。OJOという名の財団法人を調査中、松 平はある違和感に囚われる。  万城目学...
  • 真紅のthinkingdays
  • 2011/11/23 3:22 PM
「プリンセス トヨトミ」は万城目学の長編作品プリンセストヨトミを映画化した作品で、会計検査院の調査官3人が調査のために大阪の財団法人の実地検査を実施するが、そこで大阪に ...
  • オールマイティにコメンテート
  • 2011/11/23 3:50 PM
「鴨川ホルモー」の人気作家・万城目学が大阪を舞台に描いた同名ベスト セラーを豪華キャストで映画化した奇想天外エンタテインメント・ムービー。 大阪を訪れた会計検査院の3人の調査官が、ひょんなことからこの地で 脈々と守り継がれてきた驚くべき秘密を目の当た
  • だらだら無気力ブログ
  • 2011/11/23 4:00 PM
万城目学さんの作品は「鴨川ホルモー」を映画で観て、さらに原作を読みました。 本作
  • はらやんの映画徒然草
  • 2011/11/23 4:06 PM
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 5月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 16:10の回を鑑賞。
  • みはいる・BのB
  • 2011/11/23 7:13 PM
プリンセス トヨトミ DVDスタンダード・エディション荒唐無稽で壮大なホラ話系エンタテインメントだが、父と子の絆が謎解きの鍵。中井貴一の存在感が際立っている。国家予算が正 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2011/11/23 7:27 PM
大阪国八百長説 公式サイト。万城目学原作、鈴木雅之監督、堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一、笹野高史、江守徹、菊池桃子、平田満、玉 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2011/11/23 7:33 PM
万城目学の同名小説を、堤真一・綾瀬はるか・岡田将生主演で映画化された作品だ。携帯電話を忘れたことから大阪国の存在が明らかになるけど、もう少し物語の展開にひねりが欲しかった。実際に奇想天外な知事がいるのだからもっと冒険してもいいと思った。
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
  • 2011/11/23 8:03 PM
《プリンセストヨトミ》 2011年 日本映画 会計検査院調査官の鬼の松平、財団法
  • Diarydiary!
  • 2011/11/23 8:17 PM
評価:★★☆【2,5点】(10) 天然度数Maxの綾瀬さんが見られただけでOKとしておこう。
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2011/11/23 8:31 PM
万城目学原作の長編小説の映画化。『その日大阪が全停止した。』がキャッチコピー。3.11以降の実際の日本で、いま大阪が全停止されると非常に困ってしまうわけですが、そういう意味でも興味を引かれてしまったのと、中井貴一が真田幸一を演じるに際して、大阪府知事
  • 勝手に映画評
  • 2011/11/23 9:03 PM
人情の街・大阪。歴史と着倒れの街・京都や海港と履き倒れの街・神戸とは違い、形がないものや残らないものを大切にする食い倒れの街・大阪。 そんな大阪に桂三度さんが大統領の ...
  • こねたみっくす
  • 2011/11/23 9:50 PM
監督、鈴木雅之。脚本、相沢友子。原作、万城目学。2011年日本。ファンタジー映画
  • erabu
  • 2011/11/23 10:10 PM
大阪には豊臣秀吉の子孫がいた!! 原作は万城目学の同名小説。 かなり前に読んでいて 記憶はうすれています。 監督は 鈴木雅之。 国の会計検査院に所属する3人の調査員。 松平(堤真一)鳥居(綾瀬はるか) 旭ゲンズブール(岡田将生)。 大阪に訪れた彼らは 財
  • 花ごよみ
  • 2011/11/23 10:31 PM
2011年5月29日(日) 18:50〜 TOHOシネマズ有楽座 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『プリンセス トヨトミ』公式サイト 「世にも奇妙な物語」長編版といったレベル。 万城目学の原作小説は、もっと面白いと思うのだが。い
  • ダイターンクラッシュ!!
  • 2011/11/23 10:58 PM
【=27 -8-】 TOHOシネマズのシネマイレージで6000マイルが貯まったので、2回目の1か月フリーパスポートをゲット。 先月はゴルフの突貫工事に忙しく、ちっとも映画を観ていなかったので、観たい映画はたくさん溜まっている、見まくってやる! というわけでフリー鑑賞1
  • 労組書記長社労士のブログ
  • 2011/11/24 8:55 AM
平成23年6月1日(水)。 映画:「プリンセス・トヨトミ」。 【監  督】 鈴木雅之 【原  作】 万城目学 【キャスト】堤真一 (松平元)・綾瀬はるか (鳥居忠子)・岡田将生 (旭ゲーンズブール)       沢木ルカ (橋場茶子)・森永悠希 (真田
  • ☆みぃみの日々徒然日記☆
  • 2011/11/24 11:09 AM
2011/05/28公開 日本 119分監督:鈴木雅之出演:堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、笹野高史、和久井映見、中井貴一 大阪全停止。その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった。 会計検査院の調査官である松平元、鳥居忠子、旭ゲーンズブールの3人が、
  • 新・映画鑑賞★日記・・・
  • 2011/11/24 12:41 PM
本はあれほど面白くて、荒唐無稽で、ありえねえ・・・だったんですがね〜。
  • 迷宮映画館
  • 2011/11/24 2:27 PM
「鴨川ホルモー」の万城目学による同名小説を、「HERO」の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリー。東京から大阪にやって来た3人の会計検査院調査官が遭遇する大騒動を描く。出演 ...
  • パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
  • 2011/11/24 5:32 PM
 『プリンセス トヨトミ』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見てきました。 (1)映画を見る前には万城目学氏の原作(文春文庫)を読まずにいて、予告編の感じだけから、実際の映画では大阪が東京支配に反旗をひるがえして反乱を起こすような、とても壮大な物語を見せてくる
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2011/11/24 7:22 PM
万城目学の同名小説を映画化。 会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、 大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語。 予告観ただけで楽しみにしてい...
  • 単館系
  • 2011/11/24 10:09 PM
 映画ブログのくせして、映画の記事を書くのは久々。久々の記事はこちら、プリンセス トヨトミです。
  • よしなしごと
  • 2011/11/25 12:33 AM
大阪の男とは公式サイト http://www.princess-toyotomi.com万城目学の同名小説の映画化2011年7月8日金曜日、大阪が全停止した。4日前の月曜日、東京から会計検査院の松平元
  • 風に吹かれて
  • 2011/11/25 4:04 PM
★★★  大阪夏の陣で滅亡したと伝えられている豊臣家の末裔が、今も大阪市内で生き永らえているらしい。そして明治維新の政府が、大阪国の存在を認め、その組織に対して国家予算の配分を約束したという。 会計検査院とは、政府とは独立した組織であり、行政組織や公
  • ケントのたそがれ劇場
  • 2011/11/25 4:06 PM
プリンセス トヨトミ ★★★☆☆(★3つ) 大阪全停止。 その鍵を握るのは、 トヨトミの末裔だった。 気になっていた映画ですが、DVDが出たので早速鑑賞です。 トヨトミの末裔が生きていたら?っていうファンタジーなんですが・・・ すっごい盛り上げてて、しり
  • 食はすべての源なり。
  • 2011/11/26 2:36 PM
大阪市内大フィーチャー! 大阪市内のあちこちで撮影しまくった映画って意外と無いんよね。 という訳で特に期待せず、いつもぶらついてる街がいつの間にか撮影されてた映画を観ようという感覚で『プリンセス トヨトミ』を観てきました。 ★★ なんじゃこりゃ。 出てる
  • そーれりぽーと
  • 2011/11/27 1:47 AM
□作品オフィシャルサイト 「プリンセス トヨトミ」□監督 鈴木雅之 □脚本 相沢友子□原作 万城目 学 □キャスト 堤 真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一■鑑賞日 5月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★
  • 京の昼寝〜♪
  • 2011/11/28 9:12 AM
映画が公開になると去年知って、即座に原作読んでしまいました。ちなみに読書後の感想はこちらそこで映画のキャスティング確認したら・・・ミラクル鳥居と旭ゲンズブールの性別が逆転してるじゃないですか^^;えーーーーどう、まとめるんだ?って公開待ち望んでいたわ
  • 黒猫のうたた寝
  • 2011/12/03 1:12 AM
父が子に伝えたいことは…。 2011年(PRINCESS TOYOTOMI)製作国:日本監督:鈴木雅之原作:万城目学『プリンセス・トヨトミ』製作:亀山千広製作総指揮:脚本:相沢友子撮影:佐光朗音楽:佐橋俊彦amazon.co.jpで詳細を見る。 2011年、内閣からも独立している会計検査院
  • MOVIE-DIC
  • 2011/12/26 6:15 PM
この作品を”和製『ダ・ヴィンチ・コード』”などと紹介していたのはどこの誰だ? ちょっと期待しちゃったじゃないか・・・。 東京から大阪へ3人の会計検査院調査官がやってきた。彼らは実地調査を進めるうちに、財団法人「OJO(大阪城趾整備機構)」に不審な点
  • 【徒然なるままに・・・】
  • 2012/01/11 11:59 PM
監督 鈴木雅之 堤真一 (松平元)綾瀬はるか (鳥居忠子)岡田将生 (旭ゲーンズブール)沢木ルカ (橋場茶子)森永悠希 (真田大輔) 国家予算が正しく使われているかを調べる会計検査院の調査官3人が、東京から大阪にやってきた。大阪府庁など、実地調査を順調
  • 虎犇秘宝館
  • 2012/01/24 6:46 AM
監督:鈴木雅之出演:堤真一、綾瀬はるか、岡田将生日本映画 2011年 ・・・・・・ 5点
  • 映画部族 a tribe called movie
  • 2012/03/12 7:02 PM
あらすじ会計検査院の調査官である松平元、鳥居忠子旭ゲーンズブールの3人は、府庁など団体の実地調査のため東京から大阪にやってきたが・・・。解説地上波放送を前に、WOWOW...
  • 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
  • 2012/05/18 10:59 PM
あらすじ会計検査院の調査官である松平元、鳥居忠子旭ゲーンズブールの3人は、府庁な
  • 虎団Jr. 虎ックバック専用機
  • 2012/05/18 10:59 PM
プリンセス トヨトミ 監督 鈴木雅之 出演 堤真一 綾瀬はるか 岡田将生     沢木ルカ 森永悠希     笹野高史 和久井映見 中井貴一 日本 2011
  • Blossom
  • 2012/06/07 9:19 PM
6月28日 プリンセス・トヨトミ(感想230作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当 ...
  • スポーツ瓦版
  • 2012/06/28 2:09 PM
 今日紹介するのは、この作品です。 【題名】 プリンセス トヨトミ 【鑑賞手段】 DVD 【おすすめ度】 だめだめ! 【あらすじ】  会計検査院の松平元(堤真一)、鳥居忠
  • こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
  • 2012/07/11 12:44 PM


search this site.

New entries

categories

Memo

03/06
疲れたー。 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「テロ,ライブ」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ハッピーボイス・キラー」「ファンタスティック・フォー」「マイ・インターン」「コンテンダー」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「クライム・ヒート」「ゾンビーワールドへようこそ」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「これが私の人生設計」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「エレクトラウーマン&ダイナガール」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「フィフス・ウェイブ」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「BILLABONG ビラボン」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」「グースバンプス モンスターと秘密の書」「セルフレス/覚醒した記憶」「青空エール」「スター・トレック BEYOND」「インフェルノ」「インサニティ」「特捜部Q Pからのメッセージ」「ミリオンダラー・ホテル」「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」「グッド・ネイバー」「屍憶 -SHIOKU-」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「ハングリー・ハーツ」「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」「ジェイソン・ボーン」「世界の果てまでヒャッハー!」「レジデント」「ラスト・ウィッチ・ハンター」「ザ・ギフト」「5時から7時の恋人カンケイ」「ミッドナイト・スペシャル」「ジョイ」「ハッピーログイン」「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」「後妻業の女」「真田十勇士」「バイオハザード:ザ・ファイナル」「GANTZ:O」「ドント・ブリーズ」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)

★ 現在観ている海外ドラマ:
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 映画 ビリギャル
    WilliamGaits
  • 映画 ビリギャル
    Nataliazeple
  • シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)
    メビウス
  • シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)
    maki
  • シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)
    ふじき78
  • グッドナイト・マミー
    maki
  • グッドナイト・マミー
    たお
  • コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版
    maki
  • コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版
    maki
  • コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版
    ふじき78

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR