猿の惑星:創世記(ジェネシス)


2012.02.26 Sunday


猿のシーザーの表現が素晴らしかった!CGやVFX技術なんかの技術的な細かい仕様もあるのでしょうが、とにかくシーザーの猿らしい表現、知性を持った猿という難しい役柄をアンディー・サーキスさんは巧みにこなされていると感じました。
正直「猿の惑星」の話なんてもう忘れちゃってるもんで(借りようと思ってたら見つからなかった)改めて第1作となる作品とのことなので、それはそれで良かったのかも知れない。
あとゴリラ!ゴリラが男前!
人間側からすれば、サル達が怖いのなんのって。人間が猿に支配されるという斬新な発想はこの作品でも違和感なかったですね。ラストは爽やかに終わりますが、「感染」後の世界観を予想だにできることで恐ろしいラストでもあります。なぜ人類文明が滅びたかがわかりやすく明らかとなる前日譚になっています。
しかしこれ、シーザーに感情移入してみてしまう作品になってますね。というか、そういう演出になってるの。保護施設での(トム・フェルトンさんはこういう役ぴったり)虐めや虐待行為など、まるでシーザーがチンパンジーでありながらも人間としての視点を持っているような感じなのです。そのためシーザーに感情移入しまくりっ、人間に対する絶望や自我の確立などもあって、彼は奮起します。なんていうイケメン(に見えてくる不思議)。
初めて話す「NO!!!!」も迫力満点でした。何かが吹っ切れたシーンでしょうね。
橋上での攻防も素晴らしい。本物混じってるんじゃないのかってくらいCGの出来がいいです。そしてゴリラが男前…。


【概略】
現代のサンフランシスコ。製薬会社ジェネシス社の研究所に勤める若き神経科学者、ウィルが実験のためアルツハイマー病の新薬を投与した一匹のチンパンジーが驚くべき知能を示した。ところが、そのチンパンジーは突如暴れ出した挙句、射殺されプロジェクトは中止されてしまう。ウィルは生まれたばかりの赤ん坊を自宅に連れ帰り、“シーザー”と名付けて育てることに。

SF

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.02.19 Sunday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






★コメント一覧★
  • KLY
  • 2012/02/26 11:12 AM
「NO!!!!」
の時点ではもう溜めに溜めた感情の爆発でしたけども、私たち観客も彼に感情移入してるだけに、哀しい気持ちがとても解りました。
それにしてもアンディの素晴らしい演技。恐らく演技賞の受賞関係は例えば主演やら助演やらとは無縁なんでしょうが、こういう演じ方もあることをそろそろ考える時期なのかも。


  • maki
  • 2012/02/26 11:28 AM
KLYさん こんにちは♪

やっぱりや主役とはいえ賞とは無縁になっちゃうのかな、キング・コングなんかでも素晴らしい演技でしたよね
今回のシーザーは磨きがかかって実に猿らしい仕草、表情(でも知性を感じるという矛盾)で引きこまれてしまいました
ほんと、人間視点のようにみてしまい、完全にシーザー側に観客は追いやられてましたよね、そのへんの無理のなさも素晴らしい演出だったと思います


  • kintyre
  • 2012/02/26 11:49 AM
こんにちは。

猿惑シリーズは以前WOWOWに加入していたころに全て観たのですが、今回こういう形で新たなシリーズとして復活するとは予想外で驚きました。
当時の特殊メイクも凄かったですが、今回の動物たちの動きも斬新で金門橋でのバトルシーンはまるでそこでロケしたような感じが発揮されていました。

エンドロールでの意味深な感染源からの広がりが次作への期待感を増幅させていましたね。


  • maki
  • 2012/02/26 11:50 AM
KINTYREさん こんにちは♪

昔の猿惑シリーズはもう頭の隅においやられちゃっておぼろげなのですが、新シリーズとの事なので、これからの展開にも期待できますね、今作がこれほどの出来なのですから!

橋での猿達の動きや表情なんか素晴らしかったですよね
ほんとに全部CGなのか?と思ってしまうくらい
またシーザーの切ない部分や決意を秘めた眼差し、NO!!の意味合いなど、色々思うところもたくさんありましたね


これは、面白かったですね。
猿に、見事に感情移入させられました。すごいよ、うん。イケメン、男前もいるという…(爆)
上映時間が、106分という割にはスゴく濃く感じて、ダラダラ長い映画もある中で、そういう巧さも感じました。
ちょっとしたオマージュも散らばってるところが、ミソですね。そこらあたりのチェックもかねて、再見しなくっちゃ!


こんにちは^^

CGの猿たちにこれ程までに魅せられるとは予想にもしていませんでした。
兎に角、この作り込みの素晴らしさには脱帽するしかありません。

ハリポタのドラコの彼に苛められた事で人間不信に陥り、猿組織を結成して反旗を掲げていく様には凄く感情移入出来ましたし、彼らが暴動開始した地点からはもう「人間なんてやっちまえ!」と変な感情が湧き起こっちゃいました(笑)。

アンディ・サーキスには何かしらの賞を上げて欲しいですよ。
彼の演技は本当に素晴らし過ぎます。


  • maki
  • 2012/02/26 2:44 PM
ちゃぴちゃぴさん こんにちは♪

感情移入させられるだけの演出がまた凄いという事ですよね、無理がありませんでしたもの
イケメン、男前もいましたねぇ(笑)
そうそう、上映時間の割りに内容が濃くて、テンポもかなり良かったんじゃないでしょうか(これは言級してませんでしたね)
オマージュが全然気づかなかったんですよね
やっぱり昔の前シリーズが見たいなぁ


  • maki
  • 2012/02/26 2:49 PM
ヒロ之さん こんにちは♪

CGとは思えない猿たちの表現でしたよね
それ本物じゃないのとついぞ思ってしまいました、特に橋上のシーンは凄いですよ!

シーザーの切ない心やちょっとした仕草からわかる感情など、アンディ・サーキスさんの見事な表現力、演技力には脱帽ですね
ほんと、なにかしらの賞をあげてほしいくらいです

ドラコにしかみえない(笑)トム・フェルトンさん、悪役演技が板についてましたね
ハリポタの威力って凄い…


こんにちは。

ぼくは中学の頃、リアルタイムで
『猿の惑星』を観たこともあり、
いまも強烈に覚えています。

makiさんご指摘の「NO!!!!」も実は
あの第一作で」チャールトン・ヘストンが言葉を初めて発し、
猿たちが驚くシーンへの反歌です。

ぜひ、再びご覧になられることをおススメします。


>ゴリラが男前!
そうでしたね〜。もののわかったゴリさんでした。
内容を突き詰めて考えて行くと、いろいろ突っ込みたくなるのですが、ここはおあ猿さんたちに免じて封印。
とにかく凄い造形でした。
もともとの話から、解き放たれて作ったのが成功だったと思いますわ。


TB ありがとうございます。

旧作とかを考えなくても1本の映画として
非常に面白く見れましたね

そして CG進化の凄さ!!


  • maki
  • 2012/02/26 5:37 PM
えいさん こんにちは♪

そうなんです、前シリーズを見たいのですが、近所のゲオには置いてなく、オンラインレンタルも借りられててない様…見たいんだけど見れないというジレンマ(笑)
ええ、でもそのうちぜひ一作目を見たいと思います!


  • maki
  • 2012/02/26 5:41 PM
sakuraiさん こんにちは♪

CGの進化もここまでいくかというところですね
毛一本一本まで細かく描写されてたと思います
もともとのお話が良く出来てるからこその作品でもありますね、突っ込みは封印しておいてください(笑)
弟が試写のときに「いやーゴリラが男前だったわ^−^」といっていたのですが、ようやく意味が飲み込めた感じです、あれは確かに男前!


  • maki
  • 2012/02/26 5:44 PM
リバーさん こんにちは♪

CG進化は目覚ましいですね
橋攻防のシーンで、あれが全部CGなのかと思うと…ほんとビックリです
シーザー一匹くらいなら出来そうですが、全部ですもんね〜どうやら本物の動物を使わなかった事で愛護団体から表彰されたそう?
前シリーズを意識しなくても、そのまま面白く見れるのもいいところですよね♪続編が気になります〜


makiさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

正直自分もオリジナルの方はあの有名なオチくらいしかもう記憶に残っていなかったのである意味初見に近い鑑賞だったのですが、それでも凄く見入ってしまいましたね♪随所のオマージュこそ殆ど分かりませんでしたけど、それを補って余りある迫力と驚愕映像で上手くカバーといった所でしょうか?
CGの猿たちも不気味なくらいリアルで、ホントどこかに本物が混じってたという遊び心があっても不思議に思えませんねw

ちなみに自分はシーザーがやっぱりイケメンでしたね^^;


  • mig
  • 2012/02/26 7:53 PM
こんばんは★
リメイクでもなく、ゼロ的なストーリーでこんなにうまくなってるなんて。
現在ならではの技術ですよね。
キャストもアンディサーキスも良かった♪


  • maki
  • 2012/02/26 9:14 PM
メビウスさん こんばんは♪

私も随所のオマージュは殆ど分かりませんでしたが、CGやVFX技術の進歩、演じるアンディ・サーキスさんの演技で、新たなゼロエピソードとして非常に楽しめました♪
ほんとCGとは思えない猿達!そのうち人間もCGで描かれるようになるのでしょうか

シーザーはイケメンにしか見えませんでしたね!ゴリラは男前です…


  • maki
  • 2012/02/26 9:18 PM
migさん こんばんは♪

アンディ・サーキスさん素晴らしい表現力・演技力ですよね
なにかしらで評価されてもいいと思います
リメイクでは2001年にティムバでありましたが、今の技術だと猿たちは中途半端な人化ではなく本当に猿たちになりそうですよね!
そういう猿惑もみてみたいなって思いました


  • ふじき78
  • 2012/02/26 9:57 PM
今日「127時間」を見直してきたばっかで、あのフランコはかっこいいんですよね。このフランコはかっこよくないのに。

だから、シーザーやゴリラや他の猿もみんな一緒にキャニオンで腕を挟まれたらかっこいいフランコとタメはれてよかったのかもな、とか思いました。そこからどうやって『猿の惑星』に持っていくかは難しいですけど。


  • maki
  • 2012/02/27 8:31 AM
ふじき78さん こんにちは

皆一緒に腕を挟まれてたら ウキーウキー煩かった気がします(笑)そして発見されそう


  • latifa
  • 2012/02/28 12:36 PM
makiさん、こんにちは!
私は猿シリーズは、この映画が生まれて初めてで、有名な昔のシリーズについて、全く予備知識が無かったんです。
makiさんはかつての作品は、もう忘れてはおられるものの、ご覧になられていたのねー。

> ゴリラが男前…。
うふふ☆
そうでしたよねー。

感情移入してつい見ちゃいました。
またTVでこれ、2年後くらいに放映してくれないかな〜 また見たいです。


  • maki
  • 2012/02/28 1:13 PM
latifaさん こんにちは♪

猿惑シリーズは、前シリーズの1作目と、2001年のティムバのを見てますね
もうどちらも忘れかけてますけど@@;

ゴリラ男前でしたよね〜!あそこで自己犠牲とは思いませんでした
猿側に感情移入する演出に無理がないので、いつの間にか猿側にしっかり感情移入しちゃいましたね☆

前シリーズの1作目もまた見たいなあと思っています


こんにちは♪
1作目のDVDはレンタルしてないんでしょうかね。
これ観たあとにテレビで放送してて観ました。

こちらは人間よりも猿側に感情移入しちゃいますのよね。そうそう男前だし^^


  • maki
  • 2012/02/28 3:34 PM
yukarinさん こんにちは♪

1作目のDVDは残念ながら近所のゲオにはなかったです、ティムバ版しか…
オンラインレンタルだとありそうなので、そちらでレンタルしてみます♪
TVで放映してたんですか、いいなぁ

ゴリラは男前でしたよね〜
弟が試写で「ゴリラが男前だったわw」と言っていた意味が実によくわかりました(笑)


makiさん、こんにちは!

そうそうゴリラは男前でした!
顔立ちだけじゃなくて、心意気が良かったです。
ラスト、ああなってシーザーが寄り添うシーンには思わず泣けました。

そのゴリラを味方につけたシーザーの頭の良さ!
思慮深い表情がほんとにイケメンに見えてきましたね〜(≧ε≦)
あの「NO!!」は感動的でした。
彼が人間に失望し決別する過程が良く分かって、
「猿の惑星」に上手く繋がってましたね。面白かったです。


  • maki
  • 2012/03/10 6:47 PM
YANさん こんばんは♪

そうなの、ゴリラが男前なの;
わたしゃあのシーンだけで目が潤んでしまいましたよ(笑)

最初はそうでもなかったのだけど、気づくと物凄く人間的な表情(ええ。イケメンです)を浮かべてるのですよね、顔はチンパンジーなのに。
そこの対比が無理なくしっかりと作られているので、自然と猿たちを応援してしまう気持ちにさせられてしまいましたね
色々な意味での「NO!」だったのでしょうね

そういえば、てっきりその「NO!」が「猿の惑星」とリンクしてると思ってたのですが、みてみたらNO!と言ってるシーンがなかったので違ったようです
思い違いかなぁ…?


  • ダーツ
  • 2012/03/23 1:12 AM
3が失敗したのに4は、成功ですね!(^^)! 何故4でグンッと面白くなってるんでしょう? 最近の大作映画は、余計な事しないで、ただたんに面白く制作してくれて嬉しいです!(^^)! 3の宇宙なんとかは、しんどかった気がしますから、こちらの方が好みですね。ハリポタの4人目も出演してましたね(笑) あの3人が主役なので4人目って意味です(笑) 確かにどことなく意地悪気な雰囲気があるのでアクの強い俳優です、将来が楽しみですね!(^^)! ハリポタでは良い人になってましたが、こちらでは死にました(・へ・) 猿の惑星って多少残酷ですね。猿って優しい動物だと想ってたけどジャングルが大好きな野生の動物ですもんね( 一一) 若者達が猿を虐待して仕返しされるアイディアは、確かに猿映画(笑)では、使うべきですね。でも猿の惑星は、一番最初の元々此処がアメリカだったっていう切ない悲しみに満ちた作品として有名なので典型的な動物映画ではないというイメージがどうしてもありますね。私は、4の方が好きです!(^^)! 3や4でも謎めいた終り方でしたね。動物映画で、そんなに謎めいた終り方が好きなんですね。猿=残酷かなぁ? でも、かなり面白かったです!(^^)!


  • maki
  • 2012/03/23 9:27 AM
ダーツさんこんにちは

私は1作目の猿惑以降はリメイクの猿惑くらいしかみてないので、3や4はよくわからないのですが…これは面白かったですね
ただ1作目とはつながらないので(ウイルス感染死してるあたり)、新たな猿惑の誕生というところでしょうか
虐待シーンなどは、1作目と同じやり方でシンクロしてましたね(トム・フェルトンさんが亡くなってしまうのは、あれは事故ですけど)


  • ダーツ
  • 2012/03/23 4:35 PM
猿の惑星は、創世記ジェネシスが4作目だと想ってました(>_<) 違いますね、訂正です............


  • maki
  • 2012/03/23 5:08 PM
ダーツさん こんばんは

猿の惑星、続・猿の惑星、新 猿の惑星 、猿の惑星 征服、最後の猿の惑星と
リメイク版のPLANET OF THE APES/猿の惑星ですね
確かに4作目ではありませんね


makiさん、こんばんは!

シーザーの男前具合は素晴らしかったですね!
お猿さんなのに、知性を感じさせる感覚はこの作品のキモになっていたように思います。

ゴリラ・・・ヘリに突撃して勇ましく散っていったゴリラさん・・・。まさしく男前で愛すべきキャラクターでした。


  • maki
  • 2012/04/26 8:41 AM
Questさん こんにちは♪

シーザーはイケ猿、ゴリラは男前でした〜
まさかあそこであんな犠牲するとは思ってなかったので、びっくり

リーダーシップのある知性ある猿が上手く表現されていたと思います
アイデンティティの確立が、自分の存在に疑問をなげかける…知性あるこそだからだと思います
ラストは少々呆気なかったといえば呆気なかったですが(フランコの納得が早すぎたというか)それもシーザーのことを考えてのことなんでしょうね


こんばんわ、makiさん!

シーザーに持ってかれましたね〜。
でも、そういう作りだったので逆に良かったなぁと。
ドラマ性が高いお話しでした。

ゴリラもカッコいい〜♪

初っ端の古いヤツ観たくなりました!
特殊メイクだけど、猿にしか見えなかったですよねー。


  • maki
  • 2013/01/21 8:38 AM
猫人さん こんにちは♪

私これみたあと、古いやつ借りにいきましたよー
いや面白かったです
薄い記憶の中でもラストのシーンは覚えてるものですが、これがあれになるのかあ…とちょっと感慨深くなったりも。
ただ伏線とかは直接つながったりはしてなかったので、もし繋がってたらもっと面白くはなってたかもしれませんね


  • 宵乃
  • 2014/10/02 7:49 PM
こんばんわ!
ゴリラはほんと男前でしたよね〜。
猿の世界にも仁義があって、彼の死にはうるっと来てしまいました。
観たタイミングが悪くて、チンパンジーには感情移入できませんでしたが、人間が起こす革命と変わらないなぁと思ったり。
CGは少し離れたところから人間ではありえない動きをする時がちょっと…だったものの、近づくとまるで生きているみたいでしたね。表情が素晴らしかったです。


  • maki
  • 2014/10/03 8:43 AM
宵乃さん こんにちは♪

ほんと、ゴリラは今でも覚えている男前っぷり。
仲間意識というか同じ猿科として自己犠牲の精神があったとはびっくりです
そもそもは猿が人間のように行動するのがオリジナルですから、「人間と変わらない」のも確かで、人も同じ猿から生まれたと考えると、少しの知恵がつけば、猿も同じ進化をとげるのでしょうね
後半ラストの橋での、細かい猿たちの動き(CG)は良く出来ていたと思います


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
11-68.猿の惑星:創世記(ジェネシス)■原題:Rise Of The Planet Of The Apes■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:10月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円□監督:ルパート・ワイアッ
  • kintyre's Diary 新館
  • 2012/02/26 10:37 AM
猿たちにエール!!!  
  • Akira's VOICE
  • 2012/02/26 10:50 AM
★★★★  あの衝撃的な「自由の女神像」のラストシーンで話題となった『猿の惑星』の前日譚をひもといた話題作である。43年前に『猿の惑星』が上映されたときは、本物そっくりの猿のメーキャップに驚いたものだ。  ところが本作では特殊メークは使わず、モーション
  • ケントのたそがれ劇場
  • 2012/02/26 10:56 AM
猿に支配された世界が出来るまでの創世記、『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』を観てきました。 ★★★★ キチッと枠にはめて説明が付かないとイラッとなされるハリウッド、旧シリーズで残った「卵が先か鶏が先か」的なジレンマは無かった事にして、創世の物語(旧シ
  • そーれりぽーと
  • 2012/02/26 11:04 AM
1968年に公開されたチャールトン・ヘストン主演の『猿の惑星』。その前日譚となるのが本作だ。出演は『127時間』のジェームズ・フランコ、『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピント、そして事実上の主人公猿のシーザーを「LOTR」のゴラムなどパフォーマン
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2012/02/26 11:08 AM
公開を待ち望んでいた本作。期待以上の面白さにぐいぐい引き込まれた。何が面白いって旧シリーズとの新解釈なりの絶妙なリンクだ。
  • SOARのパストラーレ♪
  • 2012/02/26 11:14 AM
壮大な「猿の惑星」サーガ、そのプリークエルとなる最新作。 この際シリーズをもう一回お浚いしてみようかなと思っていたのですが、1作目の『猿の惑星』を見終わった処で、むしろ白紙に近い状態で見た方が良いかなと思いなおし、結局先に映画館へ。 とりあえず、オ
  • 【徒然なるままに・・・】
  • 2012/02/26 11:14 AM
アメリカ、サンフランシスコ。 科学者のウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)は、アルツハイマー病の新薬を実験投与したメスのチンパンジーに、驚異的な知能発達があることを確認した。 しかし、...
  • 心のままに映画の風景
  • 2012/02/26 11:51 AM
ランキングクリックしてね &larr;please click 今月いちばん楽しみにしてた作品。期待以上に面白かった〜 人間が猿に支配されるという斬新な発想と前代未聞の世界観、当時はそりゃあびっくりオチのラスト・シーンが有名な1968年の名作『猿の惑星』。
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2012/02/26 11:56 AM
SF史上に残る、あの名作の「あとづけ」続編映画なのだけれど、そうは感じさせない構成力。 「老い」とは 「親子の絆」とは 「人格」とは 「愛情」とは 「人権」とは 「尊厳」とは なあんていうようなフレーズが、観賞後に するすると出てくるドラマに仕上がった。
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2012/02/26 12:00 PM
猿たちの、革命・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110070003/ パトリック・ドイル/オリジナル・サウンドトラック 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 posted with amazlet at 11.10.06
  • 日々“是”精進! ver.A
  • 2012/02/26 12:21 PM
サルに人類の存在が脅かされる壮大な話かと思ったら、思ったより小じんまりした、ひとつの町の中の話だった。 まだまだ、ジェネシス、創世記だからね。本番はこれからよ。 でも、人類とサルが存在を賭けて対決するのかと思ったら、人類が滅亡するのはサルのせいじゃな
  • 【映画がはねたら、都バスに乗って】
  • 2012/02/26 1:14 PM
オリジナルの「猿の惑星」はあまりにも有名なので解説する必要はないでしょうね。 あ
  • はらやんの映画徒然草
  • 2012/02/26 1:31 PM
 様々なメディアに影響をもたらした、SF映画の金字塔的作品。その前日譚を、ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ主演で映画化。  過去の名作がモチーフなだけに、取っつきにくい内容かと思いきや、意外にもSF初心者にも分かりやすい、いい意味で
  • 新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜
  • 2012/02/26 1:35 PM
今日は、プロレスを開催する場所のディファ有明で『猿の惑星 〜創世記〜』 を試写会で鑑賞です。 パイプ椅子だったせいで、尻や足が疲れて痛い 【ストーリー】  現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿のシーザーは人類に裏切られ、自分の仲間である猿を率い、
  • 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
  • 2012/02/26 1:38 PM
エモーション・キャプチャーの猿 公式サイト http://movies2.foxjapan.com/saruwakuサンフランシスコの製薬会社の研究所に務める、若き神経科学者のウィル(ジェームズ・フラ
  • 風に吹かれて
  • 2012/02/26 2:00 PM
猿の惑星は、何本かをTVのロードショーで観ています。う〜ん、ごっちゃごっちゃになってると思う。今、公開中のこの猿の惑星は、ep.0にはなるけれど、新シリーズとしての位置づけで ...
  • 晴れたらいいね〜
  • 2012/02/26 2:06 PM
RISE OF THE PLANET OF THE APES/11年/米/106分/SFアクション・サスペンス/劇場公開 監督:ルパート・ワイアット 出演: ◆ジェームズ・フランコ…ウィル・ロッドマン 過去出演作:『127時間』 ◆フリーダ・ピント…キャロライン 過去出演作:『スラムドッ
  • 銀幕大帝α
  • 2012/02/26 2:06 PM
 【ネタバレ注意】  『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の記事に、Max-Tさんより『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』に関するコメントをいただいた。  コメント欄に返事を書いてい...
  • 映画のブログ
  • 2012/02/26 2:17 PM
始めに“No”ありき 公式サイト。原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES。ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピントー、アンディ・サーキス、ジョン・リスゴー、ト ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2012/02/26 2:23 PM
面白かった〜〜〜〜!!! ほんっと良くできてるし、前のめりな姿勢で見ちゃいましたよ! あの名作『猿の惑星('68)』のシリーズなのね、と事前にたいして予習もせず、 観てきたのですが、 あの名...
  • よくばりアンテナ
  • 2012/02/26 2:23 PM
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」はアルツハイマーの研究をしていた研究者がチンパンジーを使って実験をおこなっていた。その過程でチンパンジーにアルツハイマーの新薬を発見 ...
  • オールマイティにコメンテート
  • 2012/02/26 2:35 PM
サンフランシスコの製薬会社ジェネシスの研究所に勤める若き神経科学者ウィルがアルツハイマー病の新薬を投与した猿(チンパンジー)が驚くべき知能を示した。 しかしその猿は突然暴れ出したために射殺され、新薬プロジェクトも中止になってしまう。 アルツハイマー病
  • 象のロケット
  • 2012/02/26 3:16 PM
(原題:Rise of The Planet of the Apes) ----これ観たの昨日だよね。 スゴく興奮して帰ってきてたけど、 でもリメイクでしょ? 何年か前にもティム・バートンが監督したんじゃなかったっけ。 確かリ・イマジネーションとか言って…。 「いやあ。 こう言ってはバー
  • ラムの大通り
  • 2012/02/26 3:56 PM
これまで何度か映画化やTVドラマ化が成された『猿の惑星』シリーズ。なぜ猿が人類を駆逐して地球に君臨したのか?と言う、事の始まりを描いた作品。これまでの『猿の惑星』シリーズでも事の始まりを描いた作品はありましたが、この作品では設定を見なおして、より自然に
  • 勝手に映画評
  • 2012/02/26 4:12 PM
これは 人類への 警鐘 原題 RISE OF THE PLANET OF THE APES 製作年度 2011年 上映時間 106分 脚本・制作 リック・ジャッファ/アマンダ・シルヴァー 監督 ルパート・ワイアット 音楽 パトリック・ドイル 出演 ジェームズ・フランコ/フリーダ・ピント/ジョン・リスゴー
  • to Heart
  • 2012/02/26 4:33 PM
フランコ君を堪能はしたんですが・・・・
  • 迷宮映画館
  • 2012/02/26 5:04 PM
20日のこと、映画「猿の惑星 創世記」を鑑賞しました。 オリジナルの1作目 「猿の惑星」の前日談ともいえる内容で なぜ 猿に支配されてしまったのかという・・・ とはいえ シリーズ関係なく 1つの作品として 良く出来ていて 面白かったですね エンタテインメント
  • 笑う学生の生活
  • 2012/02/26 5:05 PM
Noooooo!!!ニューヨークに行かずに終わるなんてNoooooo!!!早く続編を見せてくれ〜! あの『猿の惑星』エピソード0はハナから続編製作ありきで作られたことが丸分かり。あれだけLAで盛り ...
  • こねたみっくす
  • 2012/02/26 5:22 PM
(原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES) 【2011年・アメリカ】試写&劇場で鑑賞(★★★★★) 1968年に公開された『猿の惑星』の前日譚を改めて描き直し。 一匹の猿の驚異的な進化から始まり、地球の支配者が人間から猿へと取り代わっていく様を描くSFアクション
  • ともやの映画大好きっ!
  • 2012/02/26 5:48 PM
お隣さんは何も悪くないのに・・・。お隣さんがかわいそう過ぎる。
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2012/02/26 6:06 PM
【出演】  ジェームス・フランコ  フリーダ・ピント  アンディ・サーキス 【ストーリー】 アルツハイマーの薬を研究しているウィルは、チンパンジーに新薬を投与する。目覚ましい知能の伸びを見せたメスのチンパンジーがいたが、彼女は暴れだし、射殺されてしまう。
  • 西京極 紫の館
  • 2012/02/26 6:10 PM
1968年に作られた、タイムパラドックスSFの金字塔「猿の惑星」のユニークなビギニング。 オリジナルで、チャールトン・ヘストン演じる主人公のテイラーが、砂に埋れた自由の女神を目撃する瞬間は、おそらく映...
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2012/02/26 6:51 PM
【監督】ルパート・ワイアット 【出演】ジェームズ・フランコ/フリーダ・ピント/ジョン・リスゴー/ブライアン・コックス/トム・フェルトン/アンディ・サーキス 【公開日】2011/10.7 【製作】ア...
  • シネマをぶった斬りっ!!
  • 2012/02/26 7:41 PM
現代の最新医療の成果をふまえた設定が現実的で、無駄なシーンが全くない濃密な内容の傑作が誕生した。進化の過程で猿が人間より優れた結果を生んだのは偶然だと思っていたが、このように科学的裏づけで脚本が書かれて登場する人間だけでなく猿も感情豊かに描かれている
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
  • 2012/02/26 8:01 PM
★ネタバレ注意★  映画冒頭、ジャングルを逃げ惑うチンパンジーのシーンから、瞬時に猿に感情移入してしまって以降完璧猿目線、観てる間中ずっーと胸が痛くてたまりませんでした。  猿が、熱い(>_
  • キノ2
  • 2012/02/26 8:16 PM
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 10月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:55の回を鑑賞。
  • みはいる・BのB
  • 2012/02/26 8:34 PM
ストーリーも映像も、しっかりしていて楽しめた。映画館で観られて良かった。
  • 或る日の出来事
  • 2012/02/26 9:03 PM
今見てきたばかりで、かなり興奮してます 106分たるむことなく、一気に見ることができました こんな面白い作品とは思ってもいなかった ヒットしてますよねぇ80%の客の入り 客層も様々って時間的にお子様はいませんでしたが 広い観客層を集めているようです 40
  • 538ねん。
  • 2012/02/26 9:13 PM
猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]クチコミを見る◆プチレビュー◆「猿の惑星:創世記(ジェネシ ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2012/02/26 9:28 PM
五つ星評価で【☆☆☆☆凄く大衆娯楽してよいと思う】 猿よし 以上、としたい所だが、それも何だか申し訳ないので、 雑然と頭に浮かぶことを適当に羅列してみる。 ・人間の ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2012/02/26 9:58 PM
大好きなSF映画の金字塔である名作『猿の惑星』シリーズ。第一作を最初に見たのはたしか幼少の頃です。でもあの衝撃的なラストのちゃんとした意味がわかったのはもっと後のことで ...
  • カノンな日々
  • 2012/02/26 10:11 PM
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」□監督 ルパート・ワイアット□脚本 リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー □キャスト ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、       トム
  • 京の昼寝〜♪
  • 2012/02/26 10:49 PM
 公開初日の夜の回。客入りは2〜3割くらい、客年齢は高い。     【送料無料】猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組 ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイ...価格:3,100円(税込、送料別)   映画の話  現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿の
  • 新・辛口映画館
  • 2012/02/26 11:06 PM
猿の惑星 エピソード・ゼロ 【Story】 製薬会社に勤める科学者のウィル(ジェームズ・フランコ)は、ある日実験用の猿が驚くべき知能を見せたことに気付く…。 評価 ★★★★☆(4.3P) 【感想】 自...
  • Memoirs_of_dai
  • 2012/02/26 11:10 PM
Data原題RISE OF THE PLANET OF THE APES監督ルパート・ワイアット出演ジェームズ・フランコ フリーダ・ピント ジョン・リスゴー ブライアン・コックス アンディ・サーキス公開2011年 10月
  • 映画 K'z films 2
  • 2012/02/26 11:29 PM
[猿の惑星] ブログ村キーワード  伝説の名作SF映画「猿の惑星」の前日譚とも言うべき、物語。「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」(20世紀フォックス映画)。『如何にして人類は、猿に支配されるようになったのか?』という謎の起源を描きます。ま、「エピソード・0
  • シネマ親父の“日々是妄言”
  • 2012/02/27 12:26 AM
'11.10.08 『猿の惑星 創世記』@ チェブラーシカ目当てで吉祥寺アニメワンダーランドへ向かう途中、同じく吉祥寺に向かうtomocoさんとtwitterで盛り上がって見に行くことに! 駅前のはらドーナツ前で待ち合わせて行ってきたー! *ネタバレありです! 「製薬会社で
  • ・*・ etoile ・*・
  • 2012/02/27 12:48 AM
ブログネタ:予定が一日ぽっかり空いたとき何する? 参加中 先月はほとんどレビューを書かなかったので 今月こそは! というわけで行って来ました、映画館。 この映画は、最初、また新たな猿の惑星の話かと思い、 それはもう結構と思って、 観る気はなかった
  • 映画、言いたい放題!
  • 2012/02/27 2:27 AM
 うちの親父はSFは嫌いなんだけど大のチャールトン・ヘストンファン。そんな親父がテレビで見ていた猿の惑星を一緒に見ていました。子供心ながら、ラストの衝撃は忘れられません。そんなわけでティム・バートンの猿の惑星 ― Planet Of The Apesも楽しみにしてい
  • よしなしごと
  • 2012/02/27 3:00 AM
 RISE OF THE PLANET OF THE APES  アメリカ・サンフランシスコ。製薬会社の研究員ウィル(ジェームズ・フランコ) は、アルツハイマーの特効薬を開発していた。その薬を投与されたチンパンジ...
  • 真紅のthinkingdays
  • 2012/02/27 9:56 AM
■ ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞猿の惑星:創世記(ジェネシス)/RISE OF THE PLANET OF THE APES 2011年/アメリカ/106分 監督: ルパート・ワイアット 出演: ジェームズ・フランコ/フリーダ・ピン...
  • 映画三昧、活字中毒
  • 2012/02/27 10:09 AM
【=52 -9-】 子どもん頃に見た「猿の惑星」は実はたいへんなトラウマになっている。 子供心に本当に衝撃を受けた、動物園で見るお猿さんに対する感情が「畏怖」になった、あのときから。 そんな衝撃の映画の、ビギニング編、予告編を初めて見たときから、ビビリながら
  • 労組書記長社労士のブログ
  • 2012/02/27 12:05 PM
RISE OF THE PLANET OF THE APES アメリカ 監督:ルパート・ワイアット 出演: ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、トム・フェルトン、アンディ・サーキス、他 昔、テレビの深夜(正月が多かった気がする)によく放送
  • 肩ログ
  • 2012/02/27 6:08 PM
☆これ、オリジナルのように語られているけど、「猿の惑星・征服」のリメイクですな^^  主人公の名前も同じだし。  で、話も今となっては定番だが、最新の技術で見せられると、  序盤の、物語的に起伏のない、知能が芽生えた類人猿・シーザーの、ロッドマン博士
  • 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
  • 2012/02/27 7:27 PM
 これは人類への警鐘! 評価:&rarr;90点 MOVX京都にて初日に鑑賞しました。本作は今までのシリーズのリメイクではなく、新作であり、オリジナルストーリーです。 見ごたえありました。お猿さんたちの表情や動きもなかなかのもので、ぎこちなさも無く、素晴ら
  • 銅版画制作の日々
  • 2012/02/27 8:44 PM
 映画史に残る傑作SF『猿の惑星』シリーズ。そのサーガの起源となる物語。 Rise of the Planet of the ApesPatrick Doyle Varese Sarabande 2011-08-16売り上げランキング : 6318Amazonで詳しく見る by G-T...
  • 闘争と逃走の道程
  • 2012/02/27 10:50 PM
人間が高度な猿に支配される世界観を描いた「猿の惑星」の起源に迫るSFドラマ。なぜ人類文明は崩壊し、猿が地球の支配者になったのかという謎を解き明かす。出演は「127時間」のジ ...
  • パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
  • 2012/02/27 10:59 PM
もはや今年のベスト入り決定!
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2012/02/27 11:43 PM
2011年10月7日(金) 20:30〜 TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。19本目。 かの有名な「猿の惑星」の前日譚。いわば猿の革命
  • ダイターンクラッシュ!!
  • 2012/02/28 1:55 AM
4つ☆半。5つ☆あげても良いくらい私は楽しめました。
  • ポコアポコヤ 映画倉庫
  • 2012/02/28 12:33 PM
【RISE OF THE PLANET OF THE APES】 2011/10/07公開 アメリカ 106分監督:ルパート・ワイアット出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、トム・フェルトン、アンディ・サーキス これは 人類への 警鐘 あの『猿の惑
  • 新・映画鑑賞★日記・・・
  • 2012/02/28 2:04 PM
クリック、クリック〜 RISE OF THE PLANET OF THE APES これは 人類への 警鐘 上映時間 106分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2011/10/07 ジャンル SF/アクション/サスペンス 映倫 G  【解説】  ピエール・ブール原作のSF
  • Cinema Collection 2
  • 2012/02/28 4:08 PM
<猿の惑星:創世記 を観て来ました> 原題:Rise of the Planet of the Apes 制作:2011年アメリカ 公開前に、あまり評判のいい話を聞かなくて、そんなの自分で見なきゃ判断できないのは分かっているけどやっぱり気になってしまう小さい人間です、こんにちは
  • ★紅茶屋ロンド★
  • 2012/02/28 9:45 PM
高度な知能を持つ猿とそれを取り巻く人間の物語です。
  • 水曜日のシネマ日記
  • 2012/02/28 10:33 PM
2011年・アメリカ/配給:20世紀フォックス 原題: Rise of the Planet of the Apes 監督: ルパート・ワイアット 脚本: リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー 製作
  • お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法
  • 2012/02/28 11:54 PM
他の映画の前にやっていたトレイラーを見て面白そうと思っていたものでした。で、面白
  • シネマクマヤコン
  • 2012/03/04 1:09 AM
猿の惑星:創世記(ジェネシス)(原題: RISE OF THE PLANET OF THE APES) 382本目 2011-42 上映時間 1時間46分 監督 ルパート・ワイアット 出演 ジェームズ・フランコ(ウィル・ロッドマン)  ...
  • メルブロ
  • 2012/03/04 11:27 PM
監督 ルパート・ワイアット 主演 ジェームズ・フランコ 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★ 相変わらず次々と作られておりますねぇ、“ビギニング”物。確かに物の始まりってのを考えるのは楽しいもんで、私もボーっと鉛筆眺めながら「コレ、木だったん
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2012/03/05 12:13 PM
Twitterで多くの方がツイートしているなかでサイトにある 予告は見ないで観に行ったほうがいいという話だったので サイトは開かず録画してある猿の惑星を軽くチェック後劇場へ。 なんでもパート1のあの世...
  • 単館系
  • 2012/03/05 10:44 PM
あの名作「猿の惑星」シリーズのエピソード1的物語『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』。 猿が知性を身に着け、人類が滅亡へのカウントダウンに入るまでの出来事を描いています。 その一連の出来事の根底にあるのは、家族への“愛”。 家族への“愛”=人間の“エ
  • Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
  • 2012/03/06 6:30 AM
猿の惑星:創世記(ジェネシス)'11:米◆原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES◆監督:ルパート・ワイアット◆出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・ ...
  • C'est joli〜ここちいい毎日を〜
  • 2012/03/06 1:16 PM
《猿の惑星:創世記(ジェネシス)》 2011年 アメリカ映画 − 原題 − RI
  • Diarydiary!
  • 2012/03/07 9:30 PM
JUGEMテーマ:映画 制作年:2011年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:105分  原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES  配給:20世紀フォックス  監督:ルパート・ワイアット  主演:ジェームズ・フランコ      フリ
  • La.La.La
  • 2012/03/07 10:43 PM
ドラマ性あるストーリーと迫力あるアクション映像で、 とても見応えがありました! 面白かったので、字幕と吹替えと2度続けて観ちゃった。 RISE OF THE PLANET OF THE APES 監督:ルパート・ワイア...
  • RockingChairで映画鑑賞
  • 2012/03/10 6:35 PM
アルツハイマー型認知症の治療薬の発見が人間の未来を変えることになる。画期的な発見のはずだった。患者に投与すれば、認知症が改善され昔の健康な頃に戻ることができる。すべてがうまくいくはずだったのに・・・これは人間の奢りに対する天罰なのだろうか。。。身体の
  • 黒猫のうたた寝
  • 2012/03/14 10:20 PM
1968年に公開された「猿の惑星」のビキニングを描いた作品です。 オリジナル版で、砂に埋もれた自由の女神を発見してしまうラストシーンは 衝撃的なものでした。 なぜ人類が滅びたのか? なぜ猿たちが、高度な知能を持つようになったのか? 全ての答が、解き明かさ
  • 愛猫レオンとシネマな毎日
  • 2012/03/14 10:25 PM
37点 2011年のアメリカ映画で、 監督はルパート・ワイアット、主演はジェームズ・フランコです。 ジェームズ・フランコは「スパイダーマン」シリーズで主人公の友人役をしている人ですね。 アルツハイ...
  • 我が頭に巣くう映画達
  • 2012/03/18 4:16 PM
猿の惑星/創世記〈ジェネシス〉 〜RISE OF THE APES〜 監督: ルパート・ワイアット    出演: ジェームズ・フランコ、アンディ・サーキス、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、トム・フェルト...
  • 映画@見取り八段
  • 2012/04/12 12:58 AM
監督:ルパート・ワイアット出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピントアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 7点
  • 映画部族 a tribe called movie
  • 2012/04/26 1:42 AM
本日、2012年9月16日(日曜日)早朝なのに二度目の投稿。 数日前「ダークナイト ライジング」の記事をアップした際の前文で… 『ここ数日、実家の目の前(本当に目の前)で、映画の撮影をしているらしい』 『どうもホラー映画のようです。』 という事を書きましたが、
  • ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
  • 2012/09/16 7:55 AM
これは人類への警鐘 現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿のシーザーは人類に裏切られ、 自分の仲間である猿を率い、自由のために人類との戦いに向けて立ち上がることに… 公開当時に劇場で...
  • Recommend Movies
  • 2013/01/21 2:39 AM
えぇ〜、FC2の運営が違法動画うんぬんでしょっぴかれたとかなんとか…。 違法動画根絶はいいけど、もうFC2ブログも続けられないんでしょうか? とりあえず、今のうちにバックアップとって引越し先を探した方がいいのかなぁ。…引越し先どうしよう。9/29「シノー
  • 忘却エンドロール
  • 2014/10/03 8:04 PM
人気SFシリーズの第1作「猿の惑星」(1968)のプリクエル(前章)なのだそう。 新薬を用いて、驚異的に知能が発達した猿。でも、親猿は犠牲になったことから、その子を、シーザーと名付け、科学者・ウィルが、ペットとして飼い始めて5年目。 服を着て、すっかり
  • のほほん便り
  • 2016/06/08 1:07 PM


search this site.

New entries

categories

Memo

02/18
就業4日目で倒れるとか。。。。まあ世間の仕事の辛さとかもよくわかった気がします。私にはまだ無理なんだなあ。 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「テロ,ライブ」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「最後まで行く」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「悪のクロニクル」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「龍三と七人の子分たち」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「白髪妖魔伝」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「提督の艦隊」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ホーム・スイート・ヘル/キレたわたしの完全犯罪」「ハッピーボイス・キラー」「ファンタスティック・フォー」「悪魔は闇に蠢く」「マイ・インターン」「コンテンダー」「グォさんの仮装大賞」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「男ゴコロはマンガ模様」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「ヴァイキング・サーガ」「クライム・ヒート」「ゾンビーワールドへようこそ」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「これが私の人生設計」「鬼はさまよう」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「あいつだ」「超次元ソニックマン」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「のぞきめ」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「デッド・ウォーカー」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「インサイダーズ 内部者たち」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「エレクトラウーマン&ダイナガール」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「アメリカン・レポーター」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「フィフス・ウェイブ」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「花、香る歌」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「極悪の流儀」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「アウトバーン」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「リバイバル 妻は二度殺される」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「アブノーマル・ウォッチャー」「BILLABONG ビラボン」「超高速!参勤交代 リターンズ」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「ネイバーズ 2」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
さよなら子供たち

★ 現在観ている海外ドラマ:
BONES -骨は語る- シーズン10
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 映画 ビリギャル
    lubluodFoumb
  • Mommy/マミー
    maki
  • ダーク・プレイス
    maki
  • Mommy/マミー
    りお
  • ダーク・プレイス
    りお
  • ダーク・ハーフ
    maki
  • 侵入者 消された叫び声
    maki
  • 侵入者 消された叫び声
    ヒロ之
  • ダーク・ハーフ
    ヒロ之
  • Mommy/マミー
    maki

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR