愛と誠


2012.11.03 Saturday


歯医者さんに揃えてあって全部読んでた「愛と誠」。子供心にも物凄い劇画純愛漫画だと思ったものでした。それがミュージカル風に生まれ変わるとこうなるんですかねぇ。色々違和感ありました!!
これは思いっきり好みの分かれる作品になってそうです。それでも三池崇史節、私は実は結構楽しめました、違和感は残るけどね。昭和歌謡の世代ではないので目新し感もあったのかもしれない。
ただ「りっぱだわ。メガネをかけていて青白くとも男らしい男だわ!」…とは思えなかった「君のためなら死ねる!」な岩清水君…スリッパで叩かれまくる姿が可笑しかった。ガムコ!いたよねえええ。安藤サクラさん、いい配役だわ。それにしても高原由紀はどうしてこんなキャラに?大野いとさんじゃ役不足だなあ。
男女乱闘ってのも昨今珍しいですよね。長い丈の制服スカートなんかも。

大真面目に作っているのにどこか笑えてしまう雰囲気が漂っているのも、なんとなく原作を彷彿させるというか。誠と愛の二人の、こっ恥ずかしい怒涛の恋愛を熱血青春ミュージカルとした手腕には「これもありか」と思わせられるような妙な説得力もあったりなんかしちゃって、アニメーションすら使ったエンタメ大作だと思います。つい合いの手をいれてしまいたくなるような作品とでもいうべきか?(笑)
ただ、押さえるべきとこは押さえてあるんですが、これは愛と誠というより誠単体が主役の映画になってしまっていて、愛に対する愛情というのか、要するに恋愛成就にいたる過程に説得力があまりなかったようにも思う。ラストに向かって強引に決着がついてしまった感がもやもやっと残ります。
でも演出は派手で面白く、リアリティを追及しないことでファンタジー性さえも生まれている。これはこれでいいんじゃないかなぁ〜。なんだか得体の知れないパワーなんかを感じちゃった。全体的にダンスが気持ち悪いところもツボに。
勘違いと空回りの一途さで誠を慕う愛役の武井咲さんが可愛らしかった。


【概略】
ブルジョア一家の令嬢・早乙女愛は幼少期、雪山で見知らぬ少年に助けられる。それから11年後の72年、ふたりは運命の再会を果たす。

ラブロマンス

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.02.26 Sunday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






★コメント一覧★
こんばんは♪
これって大まじめだから笑えるんですよね。
でも原作通りにやってたら古くさくなってしまうだろうから、ミュージカルとは思い切ったなと思いますね。
武井咲ちゃんはハマり役だったと思います。


  • maki
  • 2012/11/03 10:21 PM
yukarinさん こんばんは♪

その大真面目なところがまたいいんですけどね。わかっててやってるところがいい感じで。
原作どおりなら過去の3部作ドラマで十分ですもんね。というより2時間で収まるわけがない。
武井咲さんは可愛らしかったですね〜。
あ〜い〜♪…をもう一度〜♪


  • ふじき78
  • 2012/11/03 11:36 PM
曲的には「狼少年ケン」ですね。あれで原作権太のの巨体イメージが大きな問題じゃない事が分かったって言う。


  • maki
  • 2012/11/04 9:26 AM
ふじき78さん こんにちは♪

ケンのインパクト凄かったですよね
ワーオ!って
魁!男塾でもそうでしたが、伊原さんの老け顔高校生役似合いますよね〜

キャラ的にはガムコを推します


makiさんこんばんわ♪

自分は鑑賞後にコンビニに置いてあった500円本で原作をパラパラ見てみたのですが、予習とかしないで正解だったかなぁとも思っちゃいました^^;
ミュージカル仕立てにした内容は到って真面目に作ってもいると同時に悪ノリも多分に含まれているので、どういう観方をするかによってホント好みが分かれそうな感じがしますよね。自分みたいに三池監督目当てとかで鑑賞すると大火傷するかも?(汗

でもキャラは皆一様に個性が爆発してましたし、ミュージカルパートも伊原さんの狼少年ケンなど、エンタメとしては凄く面白かった部分もあるので、自分も損は無かったですね♪
個人的にはスリッパで叩かれまくってた岩清水クンがツボにハマッておりました^^


面白かったです。
なんにせよ武井咲ちゃんが自分的には可愛すぎて、それだけでもう十分満足ではあるんですが。
キャステングが上手い三池さんなんで、その辺の心配もなく、どっぷりと昭和の世界に浸れました。
セットも上手く作って雰囲気を出していて凄いです。
三池監督、侮れません。


  • maki
  • 2012/11/05 9:03 AM
メビウスさん こんにちは♪

楽しまれたそうでそれはなによりです☆
原作を先にしってると、あれっ?てな部分と
違和感がどうしてもありますから、後から原作をさらうのが正解かもしれませんね、この作品に関しては。
キャラものに関して三池監督は得意とするところでありますから、不安と安心とが両方存在していた本作ですが、蓋をあけて見れば…楽しかったというのが本音です
昭和歌謡というところがまた良かった気がします。誰にでもとっつきやすいし一緒に歌えそうな感じがなんともいえない。
歌パートではケンの迫力、由紀の気味悪いトイレでの踊り(ホラーか?)愛…をもう一度〜♪が良かったです


  • maki
  • 2012/11/05 9:12 AM
ヒロ之さん こちらもありがとう

三池監督ってキャラもの得意だよなーという認識がありまして、これもその作品群のひとつだと思ってます
セットはいかにもセットセットしてましたが、逆にそこがファンタジックでよかったですよね
冒頭のブッキーの喧嘩しながらの歌の背景が思いっきりセットだったので最初噴出してしまったのですが、「そうか、このノリで行くのかッ」とそこでもう納得出来ちゃったというか。
武井咲さんは可愛らしかったですよね。原作の愛の清純天使とまではいきませんが、天然なところがほんとにとっても可愛かったです


この作り方、私には、ツボでした〜♪。
初っぱな、昔懐かしアニメのオープニングばりに踊り歌い始めた不良達とぶっき〜で、一気に引き込まれ、続く登場人物達の濃い〜キャラクターといい感じ(笑)の歌とダンス…。
ジタバタする程、ごきげん♪で鑑賞しました。

ナイス!三池監督です。



  • maki
  • 2012/11/05 10:53 AM
みぃみさん こんにちは♪

黒い瞳のゆ・う・わ・く〜♪ですねっ
冒頭からノリノリの展開に「なるほど、こういうノリでいくのか」と納得させられつつ、大真面目な展開とツッコミに笑わされつつ…そこが面白おかしいところですよね
ただ主役二人が一曲だけってのも勿体無いなあと思います
私も大真面目にドラマ化するよりも、奇抜なこの展開のほうが今じゃ古臭い純愛漫画にはマッチしてたと思います
ただダンスは気持ち悪いなあと思ってましたが(だがそこがいい)
ガムコ、ガムコが可愛いよ〜


makiさん、ガムちゃんお気にいり〜。
イイキャラでしたねぇ。
原作を読んでたりすっと、高原由紀のキャラが一番違和感なんですよね。理知的なさ、クールビューティっていうのかな、そういうイメージだったもん。
「悲しい女」というキャラだったら、あれもありですな。権太も知的障害の人からオッサン病だし…(爆)
原作のエッセンスを三池ケミストリーすっとこうなるのかなっと。結構、核心はついてたと思います。
私も、誠が愛にどういう気持ちになったのかっていうのは、ちょっとわかりにくかったのが残念だったかな。
歌える歌ばっかだったんで満足ですが、フルはいらなかったなー、それよか、他の昭和歌謡ももっと欲しかったような。武井笑ちゃん、はまってた。斉藤工の岩清水くんのすべり具合が妙に好きでした。
アニメ効果も巧かった。


  • maki
  • 2012/11/07 9:57 AM
ちゃぴちゃぴさん こちらもありがとう

そうそう原作を読んでたりすると高原由紀に関しては違和感ありまくりなんですよね。
私、愛より由紀のほうが素敵だと思ってたのがあったんで、余計に。
ただ「悲しい女」という役柄で棒気味の大野いとさんは、確かにあれもありかもね。棒=感情面が淡々としているという風にもとれますからね。しかし彼女のトイレダンスは不気味でした(笑)上から覗くのやめぃッて思っちゃいました〜
権太は知的障害からおっさん病ですが、伊原さんですから格好良かったですよね。権太が!かっこいいとか!(笑)でも狼少年ケンのテーマなんだよな。アレすっごいインパクト。
全部ぶち壊して再構築していくと、三池ランドが出来ちゃうんですかね、お見事な作りでした。面白かったと思うんですけどね〜
昭和歌謡に慣れてない私でも合いの手いれちゃいそうな歌とかもありましたし、私はフルのほうがいいかな。もっと歌謡曲を!というのは私も同じなんだけどね。


もろに世代ですからねえ。
なんでしょ、妙な思い入れがあるのと、バカにする間もないくらいにはまったんです、あの頃。
なもんで、ほんとのところは作ってほしくなかったなあと言うのが実際です。
三池監督の遊び心と、冒険心と、信念は分かるんですがね。
あの時のままのイメージで、そっとしておいてほしかったっていう感じですかね。わがままですが。
映画はそれなりに楽しみましたが、ブッキーはちょっと違ったかな。


  • maki
  • 2012/11/08 9:06 PM
sakuraiさん こんばんは♪

思い入れのある作品なら、やっぱりそういう意見もあるでしょうねぇ
かくいう私も最初映画化を聞いたとき「無理だろ?」と思いましたもん、しかもブッキー。
ただ映画は映画として全然違う世界観でキャラクターだったので、楽しめたんですよね
「愛と誠」のあの世界観をぶち壊しすぎてるところが逆に良かったのかも知れないですね


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
梶原一騎さん原作の純愛マンガの三池崇史監督による映画化作品です。 「愛と誠」は今
  • はらやんの映画徒然草
  • 2012/11/03 9:31 AM
 奇才アレハンドロ・ホドロフスキーはDVD-BOX収録のインタビューにて、注目する映画監督を尋ねられ、三池崇史監督の名を挙げている。  そのホドロフスキーの代表作『エル・トポ』は、「もしフェリーニが西...
  • 映画のブログ
  • 2012/11/03 9:45 AM
幼稚園の頃、今の園児たちが『家政婦のミタ』に夢中になったように私はこの『愛と誠』に夢中になった覚えがあります。といってもドラマの内容なんてほとんど覚えてるわけもなく、 ...
  • カノンな日々
  • 2012/11/03 9:52 AM
裏のヒットスタジオ 公式サイト。三池崇史監督、パパイヤ鈴木振付、妻夫木聡、武井咲、斉藤工、大野いと、安藤サクラ、市村正親、一青窈、余貴美子、伊原剛志、前田健、加藤清史 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2012/11/03 9:58 AM
----あれれ。今日は『裏切りのサーカス』じゃなかったの? ツイッターでは要望もいただいたって聞いたけど…。 「う〜ん。そのつもりだったんだけど、 今日観た『愛と誠』があまりにもオモシロくって。 これは、その興奮冷めやらぬうちに早くと…」 ----へぇ〜っ。意外
  • ラムの大通り
  • 2012/11/03 1:55 PM
ぶっとび恋愛物語… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206160002/ 映画 愛と誠 オリジナル・サウンドトラックサントラ 安藤サクラ 一青窈+『愛と誠』の合...
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2012/11/03 2:47 PM
今日こそ『ホタルノヒカリ』観ようって思って映画館行ったはずなのに、 なんか急に、やっぱこっちみようって気が変わった。 三池監督作品、実は初めてなのです。 食わず嫌いだったかも(*^。^*)意外と...
  • よくばりアンテナ
  • 2012/11/03 3:40 PM
三池崇史流ミュージカル邦画!と聞いて『愛と誠』を観てきました。 ※原作は知りません。 ★★ 最初のワクワク感、時間が経つほどに飽きてくる。 わざとくだらないようくだらないように作ってあるのは、三池崇史監督のおフザケ映画によくあるパターンなのでキライじゃ
  • そーれりぽーと
  • 2012/11/03 4:43 PM
「愛と誠」は1974年に公開された「愛と誠」をリメークした作品で、舞台は1970年代で境遇の違う不良にお嬢様が恋をした事から2人は次第に運命に引き込まれていき、壮絶な ...
  • オールマイティにコメンテート
  • 2012/11/03 4:45 PM
『愛と誠』 を試写会で鑑賞しました。 公開前から物議を醸し出している本作ですが、これは騒ぐわ 賛否両論あっても仕方ないですね どちらかというと、私は好きな方です 【ストーリー】  過去への復讐(ふくしゅう)を誓い、東京へやってきた不良の誠(妻夫木聡)。
  • 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
  • 2012/11/03 7:11 PM
愛と誠 コレクターズ・エディション 期間限定生産(2枚組) [Blu-ray]クチコミを見る昭和歌謡に彩られたミュージカル仕立ての「愛と誠」に唖然。ひさびさにお目にかかった正真正銘の珍作 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2012/11/03 7:47 PM
三池崇史監督の手に掛かれば青春ヴァイオレンスとミュージカルを足すとコメディになってしまうのか! これぞ愛と誠のファンタジア。歌って、踊って、喧嘩して、殴られて、愛を語 ...
  • こねたみっくす
  • 2012/11/03 9:01 PM
☆実は、今日は、彼女もバイトも本職もない、完全なるオフの日であった。  運が良いのか悪いのか分からないが、台風襲来の日だったし、朝から映画を一本見て、外食し戻ってきたら、小学6年生の姪っ子が帰宅していた。  この子は、ヤンキー物が大好きなので、再観を
  • 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
  • 2012/11/03 9:21 PM
2012/06/16公開 日本 PG12 134分監督:三池崇史出演:妻夫木聡、武井咲、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親 天使が悪魔に恋をした 過去への復讐を誓い、東京へやってきた不良の誠。一方、東京で指折りの名家
  • 新・映画鑑賞★日記・・・
  • 2012/11/03 10:02 PM
 素晴らしい!これぞ東映の三角マークにふさわしい映画だ!  おそらく賛否は分れる映画だと思いますが、僕は好きですね。梶原一騎の原作を読んだこともないし、過去に松竹で ...
  • 映画大陸
  • 2012/11/03 10:41 PM
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】昭和のベタなお話しだなー。と思いまし
  • うろうろ日記
  • 2012/11/03 11:23 PM
五つ星評価で【★★★凄いけど認めるべきか否か】 割と珍しいのかもしれないが、原作マンガを全部読んでる。 理由は貰い物のマンガが家にあったからだ。 マンガ暑っ苦しいけど ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2012/11/03 11:23 PM
富豪のひとり娘で天使のように純真無垢なお嬢様・早乙女愛(武井咲)は、復讐を誓い単身上京した、額に一文字の傷がある不良の誠(妻夫木聡)の鋭い眼差しを一目見たときから恋に落ちる。身の上も性格も何もかも違う二人。境遇の違いをまざまざと感じさせるような出来事
  • beatitude
  • 2012/11/04 12:21 AM
財閥の令嬢・早乙女愛は幼い頃、雪山で見知らぬ少年・太賀誠に助けられたことをずっと忘れていなかった。 …11年後の1972年、新宿の地下街で二人は再会。 誠は不良になっていて、殴り合いの事件を起こし少年院送りになってしまう。 愛は誠を更生させるため、両親に頼
  • 象のロケット
  • 2012/11/04 7:45 AM
蘇る昭和の純愛神話。 梶原一騎原作、ながやす巧作画による1970年代の純愛劇画、「愛と誠」のまさかのリメイクである。 74年から76年にかけて三部作として映画化されたほか、テレビドラマとしても映像化さ...
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2012/11/04 3:26 PM
愛と誠 監督: 三池崇史    出演: 妻夫木聡、武井咲、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親 公開: 2012年6月       原作は梶原一騎作、ながやす巧作画の少年漫画。 1973年から1976年まで連載され
  • 映画@見取り八段
  • 2012/11/04 4:01 PM
2012年6月30日(土) 16:40〜 TOHOシネマズ川崎プレミアムスクリーン 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) 『愛と誠』公式サイト 往年のアナクロな純愛(?)不良漫画が原作。原作者は梶原先生だ! 今時こんな題材真面目に撮れないだろうということ
  • ダイターンクラッシュ!!
  • 2012/11/04 5:35 PM
【監督】三池崇史 【出演】妻夫木聡/武井咲/斉藤工/大野いと/安藤サクラ/前田健/伊原剛志/市村正親/一青窈 【公開日】2012年 6月16日 【製作】日本 【ストーリー】 富豪のひとり娘で天使の...
  • シネマをぶった斬りっ!!
  • 2012/11/04 10:43 PM
12年/日本/134分/青春ロマンス/PG12/劇場公開(2012/06/16) −監督− 三池崇史 『逆転裁判』 −原作− 梶原一騎『愛と誠』 −振付− パパイヤ鈴木 −主題歌− 一青窈『愛と誠のファンタジア』 −エンディングテーマ− かりゆし58『笑っててくれよ』 −出
  • 銀幕大帝α
  • 2012/11/05 12:23 AM
'12.06.08 『愛と誠』試写会@よみうりホール まだ〜むのお誘い♪ twitterなどでの評判も良かったし、楽しみに行ってきたー! *ネタバレありです! 「幼い頃、自分を助けてくれた太賀誠と偶然再会した早乙女愛は、ケンカばかりしている彼に正しい道を歩ませようと、父
  • ・*・ etoile ・*・
  • 2012/11/05 1:21 AM
平成24年6月24日(日)。 映画:「愛と誠」。 監  督: 三池崇史 原  作: 梶原一騎 / ながやす巧 脚  本: 宅間孝行 音  楽: 小林武史 振  付: パパイヤ鈴木 キャスト: 妻夫木聡 (太賀誠)・ 武井咲 (早乙女愛)・ 斎藤工 (岩清水弘) 大
  • ☆みぃみの日々徒然日記☆
  • 2012/11/05 10:51 AM
これ、おもしろいよ しかし、一青 窈の歌と踊りは全く要らない ノーセンキュー 以前に宣言した通り、 >なんだかんだでこれから >テルマエも愛と誠も観に行くと思う >塀の中の懲りないわた...
  • as soon as
  • 2012/11/06 9:42 AM
映画 愛と誠 オリジナル・サウンドトラックサントラフォーライフミュージックエンタテインメント 『愛と誠』 2012年(日)監督三池崇史  総合文学ウェブ情報誌『文学金魚』の 連載批評「映画の表現型」に僕の『愛と誠』の映画批評が掲載されています! ⇒『愛と
  • 映画批評ってどんなモンダイ!
  • 2012/11/07 10:19 AM
わかってて、地雷を踏んでみました・・。
  • 迷宮映画館
  • 2012/11/08 7:51 PM
インドなんか行かなくても三池崇史はしっかり仕事してるでしょ。 俺が「ロボット」の感想で「三池崇史も、インド行きゃあ、やりたい放題できるんじゃないか」って口走ったのをまだ根に持っているのか。 根に持っているんじゃなくて、日本にいたって工夫次第じゃ、こう
  • 【映画がはねたら、都バスに乗って】
  • 2012/11/12 10:42 PM
《愛と誠》 2012年 日本映画 梶原 一騎原作の作品をミュージカル風にアレンジ
  • Diarydiary!
  • 2012/11/18 8:10 PM
<愛と誠 を観ました> 製作:2012年日本 人気ブログランキングへ 正直、あまり興味が無かったんですが監督が三池崇史氏と言うこともあり、やっとDVDで鑑賞しました。 結論から言うと、ミュージカルは好きな方なんだけど、あまり乗れなかったというのが正直な
  • ★紅茶屋ロンド★
  • 2012/12/31 5:23 PM
愛とは誠実をまとった闘いである   1972年の新宿。ブルジョア家庭の令嬢・早乙女愛は、幼い頃に雪山で助けられた“白馬の騎士”太賀誠と運命の再会を果たす。  すっかり札付きの不良になっていた誠は上京早々、不良グループと乱闘を繰り広げ、少年院送りに。そこで
  • CINECHANが観た映画について
  • 2013/03/28 1:39 AM


search this site.

New entries

categories

Memo

02/22
一応、前の事業所に戻りました。6月初めまで勉強中心に頑張るぞお。ゲームもだけど、DVDもみなきゃなんだけどなかなかその時間がない点が微妙だ。 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「テロ,ライブ」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「最後まで行く」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「悪のクロニクル」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「龍三と七人の子分たち」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「白髪妖魔伝」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「提督の艦隊」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ホーム・スイート・ヘル/キレたわたしの完全犯罪」「ハッピーボイス・キラー」「ファンタスティック・フォー」「悪魔は闇に蠢く」「マイ・インターン」「コンテンダー」「グォさんの仮装大賞」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「ヴァイキング・サーガ」「クライム・ヒート」「ゾンビーワールドへようこそ」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「これが私の人生設計」「鬼はさまよう」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「あいつだ」「超次元ソニックマン」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「デッド・ウォーカー」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「インサイダーズ 内部者たち」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「エレクトラウーマン&ダイナガール」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「アメリカン・レポーター」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「フィフス・ウェイブ」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「花、香る歌」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「極悪の流儀」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「アウトバーン」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「リバイバル 妻は二度殺される」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「アブノーマル・ウォッチャー」「BILLABONG ビラボン」「超高速!参勤交代 リターンズ」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「ネイバーズ 2」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」「グースバンプス モンスターと秘密の書」「ハートビート」「セルフレス/覚醒した記憶」「ルドルフとイッパイアッテナ」「青空エール」「スター・トレック BEYOND」「インフェルノ」「インサニティ」「特捜部Q Pからのメッセージ」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
さよなら子供たち

★ 現在観ている海外ドラマ:
BONES -骨は語る- シーズン10
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR