幸せへのキセキ


2012.11.21 Wednesday


素敵な作品でした。妻を亡くしたベンジャミン・ミーが新しい人生を始めようと郊外に家を買ったら、閉鎖中の動物園がついてきた!という一見ユーモアミングなお話。そして家族とともに動物園を再建する中で、家族との絆を取り戻すという話ですが、驚いたことに何と実話に基づいた話だそうで。
飼育員たち、再オープンを待ち望む地元の人々、そして家族みんなのサポートを得て動物園再建を目指すのですが、そこはそれ当初は上手くいくはずもない。
何気ない場面で映し出されるマット・デイモンの顔。この人、いつの間にこんなに巧くなったんだ。転機のように、展開が変わっていく。いい方へ押し出されていく。
また、母親を亡くした反抗期である息子との対話を避けてきたベンジャミンが、本音でぶつかって、年老いたベンガルトラのスパーの死の際の悲しみを共有する事によって、より絆が深まっていくといった、ベタだけど素直に納得出来る描写があった。悲しみを父と息子が共有出来たときに心が通い合って、母親(妻)の死を受け止める事が出来たのかも。私は数年前に亡くした大切に飼っていたウサギのプーを思い出した。最期を看取ったのは私だったから。
困難でも、その先にある未来が明るい光を照らしてくれます。やわらかく、あたたかく、優しく。出会ったときの奥さんの柔らかな表情のように。
スカちゃんの美人なのに動物園の飼育チーフというカッコイイところもなかなか似合っていて良かった。
子役のマギー・エリザベスちゃんが凄く愛らしかったですが、それ以上に父性を感じさせるマット・デイモンの演技が素晴らしかったと思います。ただ動物園の全貌がオープンになるまでよくわからなかったのは残念かな。
たった20秒の勇気、これもいい言葉でしたね。


【概略】
最愛の妻を亡くしたベンジャミンは、新しい人生を始めようと郊外に家を買うが、そこには閉鎖中の動物園が付いていて…。

ヒューマン・ドラマ

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.04.24 Monday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






★コメント一覧★
こんにちは♪
私は残念ながら別の番組で全く違う話を観てしまったのでそこまで感動はできませんでした(泣)
知らなかったら素敵なお話だなーと観られたと思います、残念。


  • maki
  • 2012/11/21 1:28 PM
yukarinさん こんにちは♪

感動と言うか、いい話だなーという感じですね。涙腺崩壊とかのそこまでの感動作ではなかったと思います。
家族の愛情と、動物園の再建とが同時進行で進む話ですが、それも違和感なく出来ていたと思います。
日々の動物にかかるお金はどこから出てたんだ?とは思いますが(笑)
アンビリバボーとか新聞で取り上げられてた話らしいですね!


こんばんわ。
いい映画でした。
マット・デイモン、えぇ俳優さんになりましたよね(T△T)
そうそう、号泣ものじゃなかったのがよかったです。
あ、でも最後は涙がちょっぴりこぼれましたが・・・・。
スカヨハはいつものフェロモン系じゃ無く、演技力で勝負してました。益々ファンになりました。

うちも、実家には常にニャンコが居たので最期は辛かったです。
ぷーちゃん、makiさんに可愛がられて幸せな人生(兎生?)だったでしょうね♪



  • maki
  • 2012/11/21 7:56 PM
mia☆miaさん こんばんは♪

号泣系ではなかったですよね。いい話で素敵でした。
家族がただ亡き妻・母を思う気持ちだとかはジーンときちゃいましたし、妻の隠し財産にはびっくりしました。
夫の財産から自分のための貯金とは考えても、夫の冒険のための資金に、なんて、どれだけこの夫婦が愛し合っていたのかがよくわかりますよね。

プーは忘れ難いですね。初めてのペットでもあるまいに、独りで死に際に直面して、後悔と連れてかれる恐怖と、プーが怖いと思った自分に対する恐怖と、そういう色々な思いが合わさって、いまだ乗り越えられずにいます。病気になったのも、おそらくプーのショックが原因ですしね。
でもとっても可愛がってて、いつも一緒で、老後も一緒にいたかったです…


makiさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

自分は先月辺りに『最強のふたり』という作品を観たのですが、本作も含めて最近びっくりする実話作品が多いなぁ〜なんて事もふと思っちゃいましたねぇ^^;
映画は映画で多少の美化や大袈裟感もありはしますけど、やはり映画である以上面白さも無ければ駄目でしょうから、脚色のさじ加減は難しくなるんでしょうね〜?事前に知らずに鑑賞して良かった良かった^^;

そいえばmakiさんの飼っていたウサギさんで思い出しましたが、自分も大分前に愛犬がいて、同じく最期を看取ったのも自分でございました。逝った後でもしばらく頭をなでなでしてたの思い出しちゃいましたわぁTT


いい映画でした!
題材が、まず良かったですね。
みんな好演ですが、エル・ファニングちゃんが出ているのも、いいです。


  • maki
  • 2012/11/22 2:17 PM
メビウスさん こんにちは♪

事実は小説よりも奇なりって言葉もあるくらいですし、ドラマチックな人生を送っている方も、世界にはたくさんいらっしゃるんでしょうね〜。「最強の二人」も評判いいですね、DVD化するの楽しみです☆
映画は映画として楽しめればOKだと私は思いますが、事実とは設定からして色々と改変されていたようですね。

頭ナデナデですか、愛犬ちゃんも愛されて幸せだったのでしょうね。私はすがりついて泣き叫んでしまいました。もうだめなんだろうなあ、ってわかっていても、話し相手でもあって、老人と老猫のようにいつまでも一緒にいたかったのです。


  • maki
  • 2012/11/22 2:20 PM
ボーさん こんにちは♪

いい映画でしたね、あたたかな気持ちになれる作品でした。
ちょっと不思議ちゃんのエル・ファニングちゃんが、田舎の少女を演じてましたが、イケメンになる予想の息子役の少年とへたにチューしないでよかったです。ギュって抱き合うだけでも気持ちは伝わりますもんね。


私は、マットは昔から演技派として評価してたんで、いつの間に・・じゃあなくデビューのころから、うまいなあと思ってました。
とってもいいお話だったんですが、もとになった話を知ってたのと、最後の恋愛モードにしちゃったのが、無理があったかなあ。
もっと第三者的なドキュメンタリーっぽいのでもよかったかもと思いました。


  • maki
  • 2012/11/22 3:52 PM
sakuraiさん こんにちは♪

基になったお話を知っていたか否かでも評価がわかれるらしい作品のようですね
恋愛モード…スカちゃんとの来年もう一度キス〜の部分でしょうか。個人的にはもっと恋愛がらみになるかと思ってたので、あのくらいだった事にほっとしております
ベンジャミンにはいつまでも亡き妻を偲んでいて欲しいので…勿論幸せにはなってほしいですけれど、まだ早いと思うんですよね
ラストの妻との出会いを語るシーンは良かったなあと思います。
でも、ドキュメントっぽい作りでも面白いかもしれませんね


これは、観てよかったなと思った映画でした。
どうも、こういう題名は胡散臭いと思っちゃうんで、評判はいいけどさっていうのは心の片隅にありました。同じく「最強のふたり」もそう。(これはきっと気に入りますよ)

実話に基づくっていうのは、たまげました。開園でその動物園の実体がやっとわかるんだけど、でかいですよぉ。買うときに面積を確か言ってたと思うけど、ようわからんしねぇ(笑)
まっとでいもんは、サル顔で散々なことを言ったりしてるけれど、ボーンシリーズでの精悍さと他の映画との違いなんかで、私も下手な俳優とは思ってなかったです。
スカさんの色気封印も、いい方に感じました。
夜の猛獣の声は、怖いなぁと思う…。


  • maki
  • 2012/11/25 8:56 AM
ちゃぴちゃぴさん こんにちは♪

「幸せのー」がつくからね(笑)
私もマットは下手とは思ってなかったけど、ボーンシリーズなどのアクションのイメージがあるので、こういった繊細な父親役がぴったり来るとは思ってなかったので、驚きでした
開園までは、ライオンとかトラとか、その場その場のシーンでの動物しかでてこなかったので、以外にちっさいのでは?とか思ってたんですが、ようやく全体像が見えた開園時で、規模は普通の動物園と変わらん感じでしたよね!お金の工面は大変だったろうなぁ。
スカちゃんはやっぱりぷっくり唇がセクシーだけれども、どっちかっていうと強気な女性が前面にでていてかっこよかったですね〜。素美人の飼育員、素敵。
ベンジャミンの家の位置がどのへん?てのはありましたけど、やっぱり夜の猛獣たちの声は聞こえてくるんでしょうか


  • YAN
  • 2012/11/27 6:03 PM
makiさん、こんにちは!
上の画像にお兄ちゃんがいないのが不思議〜
反抗していてもけっこうなイケメンでしたよね(^^;

父と息子は同じように悲しみから立ち直れなくて、
なかなか本音でぶつかり合えなかったんでしょうね。
トラの死で、悲しみを共有して、大切な人の死も受け入れる、
makiさんの書いている通りだと思います。

ほんと、全体的にベタでストレートなんだけど、
心温まる良い作品でしたね。
俳優・女優・子役、みんな良かったな〜



  • maki
  • 2012/11/27 6:15 PM
YANさん こんばんは♪

入れ違いでした、いまコメント残してきたところ。息子役の少年は将来イケメン候補ですよね、昔のエドワード・ファーロング似でした。いまのうちに唾つけとこ(笑)

おませな一番下の娘が一番大人だったのかもしれませんね。母親の死を受け入れてた。「男の子ってこれだから」な〜んて言われちゃうかも。父親と息子が一番避けていた問題を、お互いが同じ悲しみを共有する事によって乗り越えられたってのはあると思います。
だからこそ、ラストでベンジャミンは妻との出会いを子供たちに話すことが出来た、それはやはり「素晴らしい思い出」として心の変換が出来たのかなーって思いますよね
ほんとストレートな感動作なんだけど、嫌味がなくってあたたかくて良い作品だと思います


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
短い劇場予告編を観ているだけでも若干ですが涙腺が緩みかけてしまい公開を待ち遠しく思っていました。イギリスのコラムニストであるベンジャミン・ミーの実話を基に『あの頃ペニ ...
  • カノンな日々
  • 2012/11/21 9:52 AM
『幸せへのキセキ』 を試写会で鑑賞です。 20世紀FOXの試写室に初めて行きましたが、分かりづらい場所ですね。 地図も不親切で大通り沿いと間違えてしまいます。 奥まったところにありますので、初めて行かれる方は少々余裕を持って 行ってください。 あまり段差が無
  • 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
  • 2012/11/21 9:53 AM
実は人間が調教された話 公式サイト。原題:We Bought a Zoo。キャメロン・クロウ監督、マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、マギー・エリザベ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2012/11/21 10:06 AM
映画 「幸せへのキセキ」
  • ようこそMr.G
  • 2012/11/21 10:42 AM
ランキングクリックしてね ←please click 家を買ったら、なんと閉鎖された動物園がついてきた パパと2人の子どもたちが、愛する人の死から立ち直り、新しい人生を開く 監督は、「初体験リッジモンド・ハイ」や、トムちんの「ザ・エージェント」
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2012/11/21 10:55 AM
幸せへのキセキ@よみうりホール
  • あーうぃ だにぇっと
  • 2012/11/21 12:01 PM
'12.05.22 『幸せへのキセキ』試写会@一ツ橋ホール yaplogで当選。いつもありがとうございます! 予告見てすごく気になってた。楽しみに行ってきたー♪ *ネタバレありです! 「半年前に妻を亡くしてから、何もかも上手く行かないベンジャミン一家。心機一転新居探し
  • ・*・ etoile ・*・
  • 2012/11/21 12:04 PM
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】家族が再生するお話でしょ?と思ってい
  • うろうろ日記
  • 2012/11/21 12:07 PM
閉鎖した動物園付きの家を買った家族の物語です。
  • 水曜日のシネマ日記
  • 2012/11/21 12:32 PM
【WE BOUGHT A ZOO】 2012/06/08公開 アメリカ 124分監督:キャメロン・クロウ出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニング、ジョン・マイケル・ヒギンズ、コリン・フォード、マギー
  • 新・映画鑑賞★日記・・・
  • 2012/11/21 12:58 PM
“20秒の勇気”を、持とう… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206080003/ 幸せへのキセキサントラ SMJ 2012-05-30売り上げランキング : 21768Amazonで詳...
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2012/11/21 2:01 PM
★★★★★最愛の妻を亡くした悲しみを乗り越えるため、新たな人生をスタートさせようと動物公園の再建に取り組む家族の物語。 “自分の気持ちに素直になる”ことで、最愛の人を亡くした悲しみを思い出に変え、壊れかけた家族との関係を取り戻します。この物語に強く共
  • 映画とライトノベルな日常自販機
  • 2012/11/21 2:27 PM
主役マット・デイモン。 彼の家族(子供×2)は、亡くなった妻の面影がこびりつく市内からの引っ越しを試みる。 ところが、その家に付属していたのは、なんと「動物園」 ということで、原題のWe Bought a Zoo、となる。 ネットで調べると、けっこう賛否が別れて
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2012/11/21 6:29 PM
We Bought a Zoo [DVD]()不明商品詳細を見る 【WE BOUGHT A ZOO】 製作年: 2012年  製作国: アメリカ 半年前に愛する妻を失ったベンジャミン(マット・デイモン)は仕事を辞め、 悲しみの渦中にい...
  • miaのmovie★DIARY
  • 2012/11/21 6:59 PM
原題 WE BOUGHT A ZOO 製作年度 2011年 原作 ベンジャミン・ミー『幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語』(興陽館刊) 上映時間: 124分 脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ 、キャメロン・クロウ 監督 キャメロン・クロウ マット・デイモン/スカーレット・
  • to Heart
  • 2012/11/21 7:42 PM
<幸せへのキセキ を観て来ました> 原題:We Bought a Zoo 製作:2011年アメリカ 人気ブログランキングへ ヤプログさんのご招待で試写会にて鑑賞です。 実は…私個人的にマット・デイモンがそんなに好きじゃない。 好き嫌いというか、”どうでもいい存在”な
  • ★紅茶屋ロンド★
  • 2012/11/21 8:48 PM
幸せへのキセキ 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定〕 [Blu-ray]クチコミを見る家を買ったら動物園のおまけ付き!の驚きと感動の実話「幸せへのキセキ」。淡々とし ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2012/11/21 8:59 PM
“Why Not?”。自動巻尺。20秒の勇気。
  • 悠雅的生活
  • 2012/11/21 9:09 PM
末娘のしぐさの一つ一つが可愛らしい。
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2012/11/21 9:18 PM
邦題の「幸せへのキセキ」、最初聞いた時は「幸せのキセキ(奇跡)」の方が日本語とし
  • はらやんの映画徒然草
  • 2012/11/21 9:34 PM
 『幸せへのキセキ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編から、久しぶりでスカーレット・ヨハンソンに会えるとわかり、それならばと映画館に出かけたところ、加えてエル・ファニングまでも登場したのには驚きました(注1)。  物語は、半年前に病気で妻を亡く
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2012/11/21 9:35 PM
ちょっとオシャレで笑いも交えたヒューマンドラマが得意な印象の脚本家が手がけた『幸せへのキセキ』を観てきました。 ★★★★ 奥さんを亡くした一家が気分を変える為に引っ越した先は、併設する動物園を維持しなければいけない条件付きという有り得ない設定、それが
  • そーれりぽーと
  • 2012/11/21 9:46 PM
(原題:We Bought a Zoo) ※注:この映画の「キー」についても喋っています。 少し、見どころのネタバレになっていますので、 鑑賞ご予定の方は、それから読まれた方がいいかもしれません。 ----最近、この“幸せ”をタイトルに持ってくる映画って多いよね。 「う
  • ラムの大通り
  • 2012/11/21 11:02 PM
評価:★★★★【4点】(10) 『幸せへのキセキ』このキセキって奇跡か軌跡か。
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2012/11/21 11:07 PM
 おもしろそうだけど、この時期ちょっとアクションとか派手目の映画が見たい症候群になっていたのでスルーしようかと思っていたのですが、ツイッターでみんなにオススメだからぜひ!と言われて観に行くことにしました。そんなわけで今回の映画記事は幸せへのキセ
  • よしなしごと
  • 2012/11/21 11:46 PM
五つ星評価で【★★★エルちゃんかーいー】 ジェイソン・ボーンのマッド・デイモンと ブラック・ウィドーのスカーレット・ヨハンソンが 廃動物園を舞台に、蛇、熊、虎などを武 ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2012/11/22 12:04 AM
 マット・デイモンも、スカ・ヨハも別に好きな俳優ではないし、ベタな邦題だし・・・。ということで全く関心の無かった『幸せへのキセキ』。しかし、新聞の映画評で心が動き、新宿バルト9へ。  ちなみに、原題は『WE BOUGHT A ZOO』(私たちは動物園を買った)と身も
  • 健康への長い道
  • 2012/11/22 12:23 AM
“20秒の勇気”と“Why not?” 【Story】 半年前に愛する妻を失ったベンジャミン(マット・デイモン)は仕事を辞め、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に郊外へ引っ越す。そこは閉鎖中の動物園で...
  • Memoirs_of_dai
  • 2012/11/22 12:58 AM
【監督】キャメロン・クロウ 【出演】マット・デイモン/スカーレット・ヨハンソン/トーマス・ヘイデン・チャーチ/エル・ファニング/パトリック・フュジット/コリン・フォード/アギー・エリザベス・ジョー...
  • シネマをぶった斬りっ!!
  • 2012/11/22 3:10 AM
原題: WE BOUGHT A ZOO 監督: キャメロン・クロウ 出演: マット・デイモン 、スカーレット・ヨハンソン 、トーマス・ヘイデン・チャーチ 、エル・ファニング 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。 [2012年6月8日公開]   予告などでもハート
  • Nice One!! @goo
  • 2012/11/22 4:53 AM
“Why not?” がキーワード!?
  • 或る日の出来事
  • 2012/11/22 7:58 AM
  先日、軽くですが「魔女の一撃」を受けてしまいました。 じっと横になっていないといけない〜って程ではなかったのですが
  • ほし★とママのめたぼうな日々♪
  • 2012/11/22 8:36 AM
動物園を買うという冒険をしました公式サイト http://www.foxmovies.jp/sk実話の映画化原作: 幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語 (ベンジャミン・ミー著/興陽館)監督: キ
  • 風に吹かれて
  • 2012/11/22 11:15 AM
素直に素敵なお話でした。
  • 迷宮映画館
  • 2012/11/22 3:10 PM
見ました。 命懸けの特派員ベンジャミン・ミー(マット・デイモン)は半年前に最愛の妻を亡くし失意の中にいた。しかも、二人の子供ディラン(コリン・フォード)は反抗的でロージー(マギー・エリザベス・ジョーンズ)は幼かった。街中は妻との思い出に溢れ居たたまれ
  • Sato\'s Collection
  • 2012/11/22 6:37 PM
見ました。 命懸けの特派員ベンジャミン・ミー(マット・デイモン)は半年前に最愛の妻を亡くし失意の中にいた。しかも、二人の子供ディラン(コリン・フォード)は反抗的でロージー(マギー・エリザベス・ジョーンズ)は幼かった。街中は妻との思い出に溢れ居たたまれ
  • Sato\'s Collection
  • 2012/11/22 6:41 PM
動物園を買ってもいいじゃなイカ。だって冒険したいんだもん。 映画そのものがサントラのキャメロン・クロウ監督最新作は、妻の死から心機一転とばかりに動物園付きの家を買って ...
  • こねたみっくす
  • 2012/11/22 8:34 PM
 WE BOUGHT A ZOO  冒険ライターのベンジャミン(マット・デイモン)は、半年前に最愛の妻を亡 くし、意気消沈していた。反抗期の息子と幼い娘を抱えた彼は、環境を変え るべく引っ越しを考...
  • 真紅のthinkingdays
  • 2012/11/22 10:06 PM
『幸せの行方...』---ALL GOOD THINGS---2010年(アメリカ)監督:アンドリュー・ジャレッキー出演:ライアン・ゴズリング、キルステン・ダンスト、フランク・ランジェラ、クリステン・ウィグ 実在の未解決事件をモチーフに、「ブルーバレンタイン」のライ
  • こんな映画見ました〜
  • 2012/11/22 10:44 PM
こういう邦題は、私のようなひねくれもんからすっと、見る気半減なのです。「うちら動物園こうてん」でええやん(関西弁かいな)。どうも幸せのなんちゃらとかなんとかの幸せたら ...
  • 晴れたらいいね〜
  • 2012/11/23 12:22 AM
半年前に最愛の妻を亡くし、14歳の息子、7歳の娘と暮らすベンジャミンは、心機一転しようと引っ越しを決意。 広大な丘の上に理想の邸宅を見つけるが、なんとそこは閉鎖中の動物園を引き継ぐと言う条件付きの物件だった! 会計士の兄や息子の反対を押し切って、ベンジ
  • 象のロケット
  • 2012/11/23 9:36 AM
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 6月9日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:05の回を鑑賞。
  • みはいる・BのB
  • 2012/11/23 12:22 PM
★★★★  最近実話を映画化した作品が多い。そしてこの類の映画に「外れなし」なのも確かだ。本作はど素人の動物園経営、確執した息子と父親の愛情、などなど・・・いかにもアメリカンムード一杯のベタな映画であるが、主人公が誠実派のマット・デイモンであることと
  • ケントのたそがれ劇場
  • 2012/11/23 6:08 PM
実話に基づいた映画。いやぁ、アメリカって何でもアリなんですね。家に動物園が付いてくるとは。 主人公のベンジャミンは、マット・デイモン。いいパパと言う、これまであまり見たことの無いマット・デイモンもいいですね。そして、有能なチーフ飼育員はスカーレット・
  • 勝手に映画評
  • 2012/11/23 6:49 PM
半年前に愛する妻を失ったベンジャミン・ミー(マット・デイモン)は、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に、新しい人生を切り開こうと郊外へ引っ越した。 購入した理想の邸宅には、閉鎖中の動物...
  • 心のままに映画の風景
  • 2012/11/23 11:42 PM
クマ牧場でも管理が大変なのに、とりあえず動物園をGETできて幸せも取り戻した家族は、このまま幸せを維持できるのかな・・・・・・?
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2012/11/24 12:09 AM
2012年6月12日(火) 20:30〜 TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) 『幸せへのキセキ』公式サイト また、「幸せ〜」の陳腐で安易なタイトル。 原題は’We Bought a Zoo'であり、そのまま「私たちは動物園を買った」でもいいと思うぞ。 母親を亡
  • ダイターンクラッシュ!!
  • 2012/11/24 3:07 PM
幸せへのキセキ(原題: WE BOUGHT A ZOO) 407本目 2012-19 上映時間 2時間4分 監督 キャメロン・クロウ 出演 マット・デイモン(ベンジャミン・ミー) 、 スカーレット・ヨハンソン( ...
  • メルブロ
  • 2012/11/25 12:07 AM
Data 原題 WE BOUGHT A ZOO 監督 キャメロン・クロウ 出演 マット・デイモン  スカーレット・ヨハンソン  トーマス・ヘイデン・チャーチ  パトリック・フュジット  エル・ファニング 公開 2012年 6月
  • 映画 K'z films 2
  • 2012/11/25 2:07 PM
□作品オフィシャルサイト 「幸せへのキセキ」 □監督・脚本 キャメロン・クロウ □脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ□原作 ベンジャミン・ミー「幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語」(興陽館刊)□キャスト マット・デイモン、スカーレット・ヨ
  • 京の昼寝〜♪
  • 2012/11/26 12:15 PM
20秒の勇気と冒険心と素直さがあれば・・・ 動物園と家族の再建を描く、 ストレートな 温かくて良いお話。 WE BOUGHT A ZOO 監督:キャメロン・クロウ 製作:2011年 アメリカ 出演:*...
  • RockingChairで映画鑑賞
  • 2012/11/27 6:04 PM
監督 キャメロン・クロウ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ映画 124分 ドラマ 採点★★★ わざわざ動物園まで足を運んで見るスター動物たちも可愛いんですけど、ふと道端で出会う動物たちも滅法可愛いですよねぇ。外で出会う猫なんて、ホント可愛い。懐っ
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2012/12/04 8:47 AM
妻を亡くした悲しみにくれていた一家が、引っ越し先である閉鎖中の動物園を周囲の人々や亡き妻からのプレゼントに支えられながら再生させていくとともに立ち直っていく過程と奇跡を描いた感動作。イギリス人コラムニストの実話を「あの頃ペニー・レインと」「ザ・エージ
  • パピとママ映画のblog
  • 2012/12/16 7:16 PM
本作は、イギリスのコラムリスト、ベンジャミン・ミーの自伝を基に 映画化された本当にあったお話。 最愛の妻を亡くした主人公が、移り住んだのは、動物園付きの郊外の家。 動物たちの命を守るため、早急に動物園の再開を目指しますが 経験も知識もなく、お金だけが飛
  • 愛猫レオンとシネマな毎日
  • 2012/12/19 9:44 PM
《幸せへのキセキ》 2011年 アメリカ映画 − 原題 − WE BOUGHT
  • Diarydiary!
  • 2012/12/31 6:46 PM


重要なお知らせ

ブログを引っ越しました!
記事「ブログを引っ越しました!」にて詳細。2017/4/21

search this site.

New entries

categories

Memo

04/21
【報告】 ブログの引越しです。 引っ越し先にはTB機能がないので(一応ある程度送る事は可能ではありますが)、コメントをいただけると嬉しいです。記事を移動中なのでそのまま移動完了までここは残しておきます。 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ハッピーボイス・キラー」「マイ・インターン」「コンテンダー」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「クライム・ヒート」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「BILLABONG ビラボン」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」「セルフレス/覚醒した記憶」「青空エール」「スター・トレック BEYOND」「インフェルノ」「特捜部Q Pからのメッセージ」「ミリオンダラー・ホテル」「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」「グッド・ネイバー」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「ハングリー・ハーツ」「ジェイソン・ボーン」「世界の果てまでヒャッハー!」「レジデント」「ラスト・ウィッチ・ハンター」「ザ・ギフト」「5時から7時の恋人カンケイ」「ミッドナイト・スペシャル」「ジョイ」「ハッピーログイン」「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」「後妻業の女」「ドント・ブリーズ」「バニーマン/殺戮のカーニバル」「呪怨館」「真夜中のパリでヒャッハー!」「モーガン プロトタイプL-9」「ダークレイン」「ジェーン」「少女」「インビテーション」「ピュア 純潔」「オー・マイ・ゼット!」「DEMON デーモン」「四月は君の嘘」「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」「ある天文学者の恋文」「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」「ナイトメア・ビーストと迷宮のダンジョン」「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」「ガール・オン・ザ・トレイン」「バレー・オブ・バイオレンス」「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
グースバンプス モンスターと秘密の書
美女と野獣

★ 現在観ている海外ドラマ:
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 高慢と偏見とゾンビ
    maki
  • 高慢と偏見とゾンビ
    せつら
  • 高慢と偏見とゾンビ
    maki
  • グースバンプス モンスターと秘密の書
    maki
  • 高慢と偏見とゾンビ
    yukarin
  • グースバンプス モンスターと秘密の書
    pu-ko
  • 高慢と偏見とゾンビ
    maki
  • グースバンプス モンスターと秘密の書
    maki
  • グースバンプス モンスターと秘密の書
    ヒロ之
  • 高慢と偏見とゾンビ
    宵乃

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR