スラムドッグ$ミリオネア


2012.11.30 Friday


今更ながらの鑑賞です。運じゃなく、運命だった。スラム街で育ったジャマールの純愛ドラマでもありました。
過酷な人生の中に希望があった。有名番組「クイズ$ミリオネア」の問題と、ジャマールの人生がリンクして、その人生の中に答えがわかるヒントが隠されてた。まあ普通なら「出来すぎ」と一刀両断するところですが、出来すぎは出来すぎなんだけど、演出のおかげかあくどさを感じないのが良かった。とにかくエネルギッシュでエンタメ性いっぱいの躍動感に溢れる映画でした。
実際のインドのスラム街、もっと悲惨な人生も数限りなくあるのだろう…しかしこの作品に媚びたような悲惨さはない。少年が取調官に語る半生は余りにも過酷で、孤児となってからは生きるためになんでもやった。
眼を潰して物乞いをさせるマフィアは実在するし、物乞いの組織だってある。なんでもあるのがインド、雑然とした活気に溢れる、そこがインドの良さのひとつなんだろうけれど、経済成長している片方で混沌としたスラムの現状が、砂漠のように渇いて広がっているのも確か。
ジャマールが少女ラティカを探し続けるひたむきな純粋性をもつがゆえに、兄サリームが裏社会の道へと堕ちて行くのはやっぱり悲しかった。大人にならざるを得なかった横暴で決していい兄とはいえない彼だけれど、弟を愛していたんですよね。きっとそれは誰よりも強く強く。
クイズ番組は過酷な人生を浮かび上がらせるための媒体で、実際にはインドの目を背けたくなるような影の部分を乗り越えていく強さを感じさせます。面白かったのは子供時代かな。ここは映像も良かった。実際にスラムに住んでいる子供たちが主役で、逞しい命の輝きに満ち溢れていた。
個人的にはそこまで絶賛される内容かなー?とは思いますが、巧みな演出と魅力的な音楽、生命力溢れる子供たちに、やられたかなとは思います。
関係ないけど、私は日本のこの番組、嫌いでした。ために時間かけすぎで。


【概略】
インドのスラム育ちのジャマールはクイズ番組に出場し、あと1問で大金獲得という段に到達。だが無学な彼は不正の嫌疑を受け、警察から尋問されるはめに。

ヒューマン

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.02.19 Sunday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






★コメント一覧★
  • YAN
  • 2012/11/30 4:44 PM
makiさん、こんにちは!
この作品をmakiさんがこれまで未見だったのに驚きました!
私はこれ、大好きなの〜〜☆\(^▽^)/
何と言っても子供達があんな悲惨な状況にいながら、
たくましくて生命力に溢れて前向きさを感じさせるのが素晴らしいわ。
それを見事な躍動感に乗せて見せていく演出が好きです。
社会性を持ちながら、娯楽性で楽しめる映画ですよね。
お決まりのダンスもあるし〜(≧ε≦)

あのクイズ番組のタメが嫌いでしたか(^▽^;)
私はクイズ番組ならどれも好きなんだけど、
この映画を観て、国は違えどクセのある司会者は同じって思いました。


  • maki
  • 2012/11/30 5:00 PM
YANさん こんばんは!

あの司会者のタメの長さと言ったらタメてる間にCM一本入るくらいですよ 長すぎっ
ドキドキ感も薄れますよ…
にやけ面も見飽きましたしねヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

この作品は「運命だから」の部分が、どうにも鼻をついてしまって未見でした。記事にも書いたけど、都合よすぎな展開がどうしても気になっちゃうんですよね、それは最後まで変わらなかったです
ヒントは人生の中にあふれてたっていっても印象的なシークエンスの部分に答えがあるばかりで、こんなにクイズの答えと合う人生があるわけないでしょって^;それとも主人公は記憶の天才なのか?とも考えちゃうくらい。そういうのが嫌なので見なかったんですよね
でも、子供時代のまっすぐな瞳と溌剌としたエネルギーは本当に素晴らしかったと思う、躍動感とパワーがありましたね!
個人的にはうんこまみれになりながらサインをねだってゲットするくだりが好きかもです
あのヤッター感は凄いわかるですヨ


  • latifa
  • 2012/11/30 6:20 PM
makiさん、こんばんは!

私も同じ!!!↓
>私は日本のこの番組、嫌いでした。ために時間かけすぎ

だいたい日本のテレビ番組は、良いところでCMを流し、次にまたCMの前に見た部分から戻って・・・ってのが多すぎる!!普段から私は怒っているんですっ!!!

そうかー、これを今ご覧になられたのね?
私はこれ数年前の今年のベスト映画にしちゃった記憶があります。お気に入りの映画です♪

ところで、さっきウッディアレンの新作映画の紹介がTVで流れていて、そこに、あのラティカの女優さんが出てました! 窓から見かける美女役で、一目惚れされる役でした^^ ウッディアレンの映画に出るなんて出世しましたね。


  • maki
  • 2012/11/30 9:09 PM
latifaさん こんばんは♪

わあ、同士がここに!(笑)
たまたまだったのかもしれませんが、私がみたときに一度のタメに2回CM流れた時があって、さすがに「おい!!」と思いました^;

それもあるのと、やはり展開が出来すぎってのが頭にあって、先延ばし先延ばしにしちゃってたんですよね。そういう作品、多いですよ。下手に予備知識をいれてしまってみた気になっちゃってる作品とか(笑)

結果的には良くできた作品だなというあたりです。絶賛は出来ないけれど、カオスとパワーを十二分に感じた作品でした。


makiさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

聞いたことがあるクイズ番組がタイトルにもなってますからてっきり『その辺り』がメインなのかな?と自分は鑑賞前に思ってたのですが、実際観てみるとあまり知る事が無かったインドの内情というか暗部などがジャマールの経緯と共に赤裸々に描かれてもいて、かなり骨太な内容にも見えましたね。それと鑑賞後に悲壮感をあまり感じなかったのも個人的には良かったですし、お約束のダンスでの〆も清々しさが溢れてて好きでございましたw

ホント今のインドは経済成長と言う面でも凄い勢いがある国の1つですが、でも光ある所にやはり闇もあるんでしょうねぇ・・。ジョジョ3部のインドの情景はとても神秘的に見えたものですが、本作を観るとやっぱし見方が変わっちゃいますね・・^^;


  • maki
  • 2012/11/30 10:09 PM
メビウスさん こんばんは♪

「バクシーシ、バクシーシ」ですね^^
ジョジョ3部でもいわれてましたが、あの混沌さがまたインドの魅力なんでしょうね
おっしゃられているように、経済成長の影には、やはりそれなりの暗部があるのでしょう
戦後の日本だって混沌とした時代があったのですから、成長著しいインドは同じくらい影の部分があるんだと思います
この作品はその暗部に正面から向き合い、そこで生きる逞しい子供たちの姿を捉えた素晴らしい作品でもありますよね
子供時代のときの、躍動感と生命力の溢れた、真っ直ぐな瞳の彼らをみていると、何が正しいのか正しくないのかわからなくなりますが、彼らが生きるためにはそうせざるを得ない環境がそこにある、ということなんでしょうね
〆のダンスは賛否あるようですが、私はOKでございました♪


  • kino
  • 2012/12/01 1:24 AM
この作品は、
運命だった!というように、タイミングがズバリだった映画でしょうね。
成長するインドパワーが暗雲を吹き飛ばすみたいな感じで、
社会不安がうずまく時に公開されたのが、良かったんだと思います。
今だと、そこまで評価されないし、
おくれて観ると面白くないかも知れないですね。


もはや懐かしい…
そういえば、日本での、あのクイズ番組は終わってる?


おはようございます。makiさん。

とってもリズムのいい、全体にまとまった映画でしたね。
アメリカ以外の映画を観ることって先ず無いけど
楽しめました。

日本のクイズ番組。確かに段々「ため」が長くなっていって、あの司会者のアップはもうイィよ〜。
って感じでしたね(笑)



  • maki
  • 2012/12/01 4:38 PM
kinoさん こんばんは♪

なるほど時勢もあったのかな
でも単純に「出来すぎ感」がスルー出来るか出来ないかのような気がします
私はどうしても気になってしまって^;
人生においてターニングポイントってあるでしょうが、その時点時点において全て記憶しているってあるのでしょうか
それがすでに「運命だった」といわれれば、そうなのかもしれませんが。それにしてもラストの問題、あまりにも簡単すぎましたね


  • maki
  • 2012/12/01 4:39 PM
ボーさん こんばんは♪

もうこの番組はやっていませんね
そういえばいつの間にか終わっていたような。
世界ではまだこの番組続いているのでしょうかね〜?


  • maki
  • 2012/12/01 4:56 PM
mia☆miaさん こんばんは♪

ホラーとかスリラーの映画をみていると、
意外とアメリカ外の作品をみているものですよ^^
地味にこんな国のものも!というのもありますし。
この作品はインド映画を世界興行と言う意味で成功させた作品ですよね
歌って踊るインド映画も楽しいけれど、一般の人に広くしたしまわれるかといわれれば、どうだろうってところもあるし。
そういう意味ではエンタメ性の高い作品だったと思います

日本の番組は、何でまだ続いてるのか不思議でならないってずっと思いながらスルーしてましたよ〜^;含みのある笑みのファイナルアンサー?が嫌みったらしくて!


こんばんは〜♪
makiさん、まだだったとは意外。
で、私もあの番組嫌いでした。理由も同じ(爆)嫌いだった人多いのね。クイズ番組は割と好きなんだけど、あのタメは実に不快だったなぁ。義母が好きで、TV消すわけにもいかないし、自分が消えるしかない(笑)

これは、パワーを感じるものがありましたねぇ。このエネルギッシュさ、監督がインド人じゃなくても変わらないところがいい。
スラムはまだあって、この映画の後、スラム出身の子役の子が大金取られた話とか色々ありましたねぇ。スコセッシが、取られないよう計らったとか。
主演の二人は、ハリウッド映画に出たりしてるけれど、あの子役達はどうしてるのかなぁと未だに気になってしまいます。


  • maki
  • 2012/12/03 8:23 AM
ちゃぴちゃぴさん こんにちは♪

意外と、あの番組嫌いだった人多いのね。
良かったわ〜。理由も皆さん同じのようで。
実際タメすぎだもんね、私も家族はみてるから、自分がTVの前から消えてました

ありましたね!そんな事も。青年時代よりも子供時代のほうが面白くって、エネルギッシュで爽快だっただけに、子役たちのその後が気になりますよね
そもそもどうやって子役たち決まったんだろう、オーディションかな?

いくら経済成長してもスラムは取り壊せられないでしょうね
あの中に幾万の人たちがまだ必死に生きているのだから


ほぼ、終わりだと思われてたダニー・ボイル、起死回生の一本で、見る方の期待度と関係していたかもしれないです。
ダニーさんだから、大したことないだろうな・・・気分で行ったような覚えが。
そしたら、お見事な出来。
やったー!ってガッツポーズしたくなる作品でした。
音楽もよかったなあ。


  • maki
  • 2012/12/04 10:43 AM
sakuraiさん こんにちは♪

音楽も良かったですよねー
スピード感のある、画面からエネルギッシュさが伝わってくるかのような音楽と映像で、とってもたくましさを感じました
インド映画をもっと気軽に、と言う意味では多分に成功している作品かと思います


  • 匿名
  • 2013/02/21 1:15 AM
日本に居ながら
似た様な経験しました。
裏社会の怖さを痛感しています。
監視? 携帯傍受??
を疑う程です…
未だ恐怖から解放される事はなく
毎日泣いてます…
何故自分が…
そればかりです…


  • maki
  • 2013/02/21 7:56 PM
匿名さん こんばんは

それはお辛い経験をしましたね
裏社会とは無縁に生きてきた私ですが、
日本でもやはり裏社会というものの闇が
存在しているのでしょうか


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
スラムドッグ$ミリオネア [DVD]◆プチレビュー◆インドを駆け抜ける夢物語は、残酷さとユーモアと愛のカオスだ。オスカー8冠の話題作。 【95点】 スラム出身の青年ジャマールは ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2012/11/30 10:10 AM
映画 「スラムドッグ$ミリオネア」
  • ようこそMr.G
  • 2012/11/30 10:14 AM
公式サイト。英題:SLUMDOG MILLIONAIRE。ダニー・ボイル監督、デヴ・パテル、フリーダ・ピント、マドゥール・ミッタル、イルファン・カーン、アニル・カプール。邦題の$は米ドル、映画は ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2012/11/30 10:32 AM
人生,それすなわち,ネバーギブアップ!  
  • Akira's VOICE
  • 2012/11/30 10:34 AM
この映画の事を知っただいぶ前から観るのをスゴク楽しみにしていたんですが、世間的にはアカデミー賞受賞でかなり話題作になっちゃいましたね。映画鑑賞前の情報入手はほどほどに ...
  • カノンな日々
  • 2012/11/30 11:15 AM
'09.05.04 『スラムドッグ$ミリオネア』@TOHOシネマズ市川コルトン これは見たかった! インド映画好きだし、ダニー・ボイルがインドを撮るとどうなるのかスゴイ興味があった。もちろんアカデミー作品賞受賞というのもあり。 「"クイズ$ミリオネア"に出演、正解を重ね
  • ・*・ etoile ・*・
  • 2012/11/30 12:10 PM
テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演した一人の青年の物語です。
  • 水曜日のシネマ日記
  • 2012/11/30 12:27 PM
『トレインスポッティング』『28週後…』など多彩なジャンルで観客を魅了する、鬼才ダニー・ボイルの最高傑作といわれる感動的なヒューマン・ドラマ。インドを舞台に、テレビのクイズ番組に出演して注目を集めたある少年が、たどってきた生い立ちと運命の恋を
  • サーカスな日々
  • 2012/11/30 1:04 PM
「おっぱいバレー」も、出身地北九州市が舞台だし、綾瀬はるかちゃんのおっぱいにも興味があったんだけど。 ここは、アカデミー賞8部門受賞の「スラムドック$ミリオネア」を選択。 綾瀬はるかちゃんがおっぱい見せるとも思えなかったし^^; 「UCとしまえん」は、い
  • いい加減社長の映画日記
  • 2012/11/30 1:52 PM
 SLUMDOG MILLIONAIRE  "Who Wants To Be A Millionaire?"  2006年、インド・ムンバイ。スラム育ちの青年ジャマール(デーヴ・パテル)は 人気クイズ番組に出演、最高賞金額獲得まであと一問...
  • 真紅のthinkingdays
  • 2012/11/30 3:37 PM
インド、ムンバイ。 ジャマール(デヴ・パテル)は、国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”に出演し、次々と難問をクリアする。 残り1問までこぎつけ、スタジオを後にしようとしたジャマールは、イカサマ容...
  • 心のままに映画の風景
  • 2012/11/30 4:46 PM
やっと観れた〜 多数の映画賞に輝き話題になったので、 期待もかなり大きかったんだけど、 評判に違わぬと思えた魅力溢れる作品でした! 監督:ダニー・ボイル 製作:2008年 イギリス・アメリカ...
  • RockingChairで映画鑑賞
  • 2012/11/30 4:47 PM
最高に面白かった。文句無しの5つ★最近見た映画の中でダントツ1位です。子供や心臓が弱い人が見て大丈夫! エロ・グロシーンが無いのも素晴らしいっ!! 一言で言うと、私のお気に入りの映画である「シテ...
  • ポコアポコヤ 映画倉庫
  • 2012/11/30 6:06 PM
SLUMDOG MILLIONAIRE イギリス/アメリカ 監督:ダニー・ボイル 出演:デヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント、 アカデミー賞8部門受賞ってすごいですなぁ “世界が選んだ〜”って書いてありますけど アカデミー会員が選んだんですよね・・・ エッ!
  • 肩ログ
  • 2012/11/30 7:02 PM
監督: ダニー・ボイル キャスト ジャマール・マリク☆デーヴ・パテル サリーム・マリク☆マドゥル・ミッタル ラティカ☆フリーダ・ピント プレーム・クマール☆アニル・カプール 警部☆イルファーン・カーン 幼少ジャマール☆アーユッシュ・マヘーシュ・ケ
  • あーうぃ だにぇっと
  • 2012/11/30 7:45 PM
運命とは神様が書いた粋な脚本。これはこの映画の内容だけでなく、この映画そのものにも当てはまるような気がしました。 第81回アカデミー賞で作品賞や監督賞を始め最多8部門を獲 ...
  • こねたみっくす
  • 2012/11/30 8:31 PM
『28日後...』のダイー・ボイル監督がインドを舞台にスラム育ちの青年の 波瀾万丈の生い立ちをクイズ番組を通じて描く。 アカデミー賞で最多8部門で受賞する快挙を成し遂げたヒューマンドラマ。日本でも放映されたクイズ$ミリオネア。インドの国民的番組である同番
  • だらだら無気力ブログ
  • 2012/11/30 8:59 PM
運じゃなく、運命だった。 製作年度 2008年 製作国 イギリス/アメリカ 上映時間 120分 映倫 PG-12 原作 ヴィカス・スワラップ 『ぼくと1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社刊) 監督 ダニー・ボイル 音楽 A・R・ラーマン 出演 デヴ・パテル/マドゥル・ミッタ
  • to Heart
  • 2012/11/30 9:05 PM
今年一番の注目作『スラムドッグ$ミリオネア』を観てきました。 ★★★★★ 興奮と感動がおさまらない。 急激な成長を遂げ、貧困と富が混沌とするインドが舞台。 本物のスラム街を駆け回る少年たち。 ドキュメンタリータッチでは撮っていないのに、まるでドキュメン
  • そーれりぽーと
  • 2012/11/30 9:21 PM
 (原題:Slumdog Millionaire )確かに面白かったが、この映画がアカデミー賞を8部門も受賞するほどアメリカで評価された背景の方が興味深い。アカデミー協会員に直接理由を聞くわけにはいかないので一応憶測になるのだが、おそらく主人公がささやかな夢を実現する
  • 元・副会長のCinema Days
  • 2012/11/30 9:24 PM
 暑い。  半袖でもOKな陽気の中、28日から公開と勘違いしていた『スラムドッグ$ミリオネア』を鑑賞。TOHOシネマズ梅田のシアター6は100席弱。アカデミー賞8冠でも、商業的には地味な扱いですね。 Story インド・ムンバイのスラム出身の少年ジャマール
  • 健康への長い道
  • 2012/11/30 9:25 PM
「Slumdog Millionaire」2008 UK     ジャマール・マリクにデヴ・パテル。 サリーム・マリクにマドゥル・ミッタル。 ラティカにフリーダ・ピント。 司会者プレーム・クマールにアニル・カプール。 警部に「その名にちなんで/2006」「ダージリン急行/2007」
  • ヨーロッパ映画を観よう!
  • 2012/11/30 9:42 PM
 エンディングのダンスシーンを観ながら、ジワジワと胸が熱くなってくるのを感じるような、すばらしい映画でした。コヨーテ泣きこそしなかったけど、思い出すたび、ジンワリきます。  ダニー・ボイル監督の映画を観ると、撮りたい映画と実際撮ってる映画との間に齟
  • キノ2
  • 2012/11/30 9:44 PM
【監督】ダニー・ボイル 【出演】デブ・パテル/フリーダ・ピント/マドゥル・ミッタル/アニル・カプール/イルファン・カーン 【公開日】2009/4.18 【製作】イギリス 【ストーリー】 少年ジャ...
  • シネマをぶった斬りっ!!
  • 2012/11/30 9:58 PM
1900万人がひしめき合う、インドのムンバイを舞台に、スラム育ちの無学の青年が、巨額の賞金が懸かるクイズ番組に挑戦する、ダニー・ボイル監督の異色作。 「スラムドッグ$ミリオネア」というタイトルは...
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2012/11/30 11:08 PM
ランキングクリックしてね ←please click 欲しかったのはお金じゃない 無欲でピュアな青年の物語 アカデミー賞 作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、録音賞、作曲賞、主題歌賞8部門受賞 ゴールデングローブ賞では4部門受賞などなど、数
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2012/12/01 12:13 AM
インドの現実。疾走。三銃士。
  • 悠雅的生活
  • 2012/12/01 12:33 AM
 もう、ほとんどの映画館で終了してしまっていますが、上映の最終日にスラムドッグ$ミリオネアをようやく観てきました。
  • よしなしごと
  • 2012/12/01 1:10 AM
彼が彼女の顔に唇を触れた瞬間、この映画に対する私の評価は上がった。 そうだ! きっと私も、必ず、そうする! まず、はじめは、彼女の唇にではなく、彼がしたように。 それを見せてくれた本作。それまで「普通かな」(☆☆☆)と感じていた評価は、「いいじゃん」
  • 或る日の出来事
  • 2012/12/01 1:31 AM
SLUMDOG MILLIONAIRE/08年/英・米/120分/劇場公開 監督:ダニー・ボイル 出演:デヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント、アニル・カプール <ストーリー> クイズ番組で賞金獲得まで残り1問となったスラム育ちの青年の、正解に至るまでの?秘密
  • 銀幕大帝α
  • 2012/12/01 1:37 AM
ムンバイのスラム育ったジャマールが、ミリオネアまで、あと1問と迫る! 無学の彼が、なぜ? 彼は、望まなくても、答えを知っていたのだ。 Q;スラム育ちのジャマールは、なぜミリオネアになれたのか...
  • KINO NO NOTE
  • 2012/12/01 1:38 AM
スラム出身の18歳の少年が、インドで大人気のクイズショー「クイズ$ミリオネア」に出場し、あと1問で最高額の賞金を獲得できるというところで逮捕された。 学校へも行ったことがないのに正解できるのはおかしいというのだ。 天才か? 犯罪者か? 運だったのか? 
  • 象のロケット
  • 2012/12/01 9:51 AM
スラムドッグ$ミリオネア [DVD](2009/10/23)デーブ・パテル、アニール・カプール 他商品詳細を見る【SLUMDOG MILLIONAIRE】 英国 2008年 アジア最大のスラム街・ムンバイで育った少年ジャマールは、世界的...
  • miaのmovie★DIARY
  • 2012/12/01 10:36 AM
やられた! この作品の完璧とも言えるほどの構成力に舌を巻きました。 さすがアカデ
  • はらやんの映画徒然草
  • 2012/12/01 11:24 AM
★★★★  さすがアカデミー作品賞受賞は、伊達ではなかった。低予算でシンプルなストーリーなのだが、とにかく文句なく面白いのだ。 インドの国民的人気クイズ番組で全問解答し、巨額の賞金を手にしたスラム街出身の青年ジャマール。なぜ貧困の中でゴミのように育っ
  • ケントのたそがれ劇場
  • 2012/12/01 11:48 AM
ファイナルのアンサー後の感動と蛇足 【Story】 テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される…。 評価 ★★★★☆(4.5P)
  • Memoirs_of_dai
  • 2012/12/01 12:37 PM
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 4月30日(木) TOHOシネマズ西宮OS スクリーン9にて 15:00の回を鑑賞。
  • みはいる・BのB
  • 2012/12/01 12:50 PM
今年度のアカデミー、作品賞を受賞した作品です。 作品賞になった映画は常にチェックしなくてはと、 使命感に駆られて劇場に足を運びました。
  • 気ままな映画生活
  • 2012/12/01 4:58 PM
2008年:イギリス映画、ダニー・ボイル監督、デーヴ・パテル主演。
  • 〜青いそよ風が吹く街角〜
  • 2012/12/02 2:47 AM
☆・・・あああ、これは素晴らしい作品であった^^;  私は、アカデミー賞なんてのは、『オーストラリア』(←これはこれで楽しい^^)みたいな「お祭り作品」に与えられるものとばかり考えていたのだが、この作品は、主人公がTV番組『ミリオネア』と言う番組に出
  • 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
  • 2012/12/02 9:09 AM
(原題:Slumdog Millionair) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。危険です。 でも言いたいです。鑑賞ご予定の方は、その後でお願いします。m(_ _)m 「某映画評論家氏の決めゼリフを借りれば 『これ、観なさい!』と、それだけ言って終わらせ
  • ラムの大通り
  • 2012/12/02 6:55 PM
2009年第81回アカデミー賞最多8部門(作品賞、監督賞(ダニー・ボイル)、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、主題歌賞)受賞。 そのタイトルから判るように、イギリス発祥の『Who Wants to Be a Millionaire?』(日本でのタイトル「クイズ$ミリオネア」)と言うクイズ番
  • 勝手に映画評
  • 2012/12/02 10:04 PM
監督:ダニー・ボイル CAST:デヴ・パテル、フリーダ・ピント 他 第81回アカデミー賞作品賞、監督賞 他受賞 スラム育ちのジャマール(デヴ・パテル)が、超人気番組の「クイズ$ミリオネア」に...
  • Something Better
  • 2012/12/02 10:24 PM
はりきって観てきましたぁ〜!アカデミー賞8部門受賞作品。舞台は、インドから離れることはなかった。クイズミリオネアという番組は、ワールドワイドなクイズ番組ですね。音楽も一 ...
  • 晴れたらいいね〜
  • 2012/12/02 10:56 PM
2009年4月19日(日) 20:50〜 TOHOシネマズ川崎7 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『スラムドッグ$ミリオネア』公式サイト 「ファイナル・アンサー」な司会者がみのもんた同様に感じ悪い、スラム出身の小僧の一攫千金なアカデミー賞受賞作。
  • ダイターンクラッシュ!!
  • 2012/12/02 11:44 PM
昨年末からとんだバタバタで、なかなか映画を観に行く事が出来なかった私。 ようやく時間がとれるぞ!と思ったら、もう引越し準備がMAXに。 最後の望みは、ロンドンまでのフライトだっ! 12時間のフライトなら4本は見られるもんね〜♪ 先ずは「スラムドッグ$ミ
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2012/12/02 11:52 PM
インド映画(といっても監督は英国人の英国映画)を見るのは「ムトゥ、踊るマハラジャ」以来。 1998年頃、この映画でちょっとしたインド映画ブームがあったけれど、 あれは一体なんだったんでしょう? ハンサムとは言えないインド人男優とエキゾチックな美人女優さ
  • 映画の話でコーヒーブレイク
  • 2012/12/03 12:57 AM
がつがつしていた頃のダニー・ボイルを彷彿!力が入る。
  • 迷宮映画館
  • 2012/12/04 9:47 AM
2008年/イギリス=アメリカ 監督:ダニー・ボイル 出演:デヴ・パテル    フリーダ・ピント 疾走感があって、始まったら最後までずっと集中して観てました。 なぜスラム育ちで教育を受けていない青年が、 クイズミリオネアの難問の答えを知ってい
  • えいがの感想文
  • 2012/12/06 5:36 PM
  運じゃなく、運命だった。 4月20日、MOVX京都にて鑑賞。待ち焦がれていた本作「スラムドッグ$ミリオネア」をようやく鑑賞しました。 第81回アカデミー賞最多8部門受賞という驚異的な受賞とあって、MOVX京都も大勢のお客さんでした。しかも、MOVXディという
  • 銅版画制作の日々
  • 2012/12/06 11:07 PM
スラムドッグ$ミリオネア 258本目 2009-19 上映時間 2時間 監督 ダニー・ボイル 出演 デブ・パテル フレイダ・ピント イルファン・カーン 会場 TOHOシネマズ府中 評価  ...
  • メルブロ
  • 2012/12/09 11:44 PM
「スラムドッグ$ミリオネア」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 映画の日ですから…。 7スクリーンもほぼ満員。 ベンジャミンをあれだき引き離して各賞かっさらっていった作品でうから一応みないと話にならない。 賞を取る前ってたしか、シャンテの短観上映の予定
  • てんびんthe LIFE
  • 2012/12/11 5:04 PM
その答えは運命が知っている  インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。この日、ムンバイ出身の青年ジャマールが、次々と難問をクリアし、ついにいまだかつて誰も辿り着けなかった残り1問までやって来た。  ところが、1日目の収録が終わりスタジオを後にし
  • CINECHANが観た映画について
  • 2012/12/24 12:31 PM
《スラムドッグ$ミリオネア》 2008年 イギリス映画 − 原題 − SLUMD
  • Diarydiary!
  • 2012/12/31 7:06 PM
アカデミー賞8部門を受賞した作品。 監督は「ミリオンズ」のダニー・ボイル、脚本は「フル・モンティ」の サイモン・ビューフォイによるイギリス映画です。 有名スターは出てこないし、舞台はインドだし、超低予算で作られた作品なのに オスカーを取っちゃいました!
  • 愛猫レオンとシネマな毎日
  • 2013/01/10 8:14 PM
(夜は) 先週の頭からインフルエンザを発症して苦しんでいたピロEKです 2013年1月7日(月曜日)のどに異変を感じるも、マスクを着けて出社。日中は特に悪化の兆しも無かったのですが、夜になって38.5度の発熱が続く。 なのに…翌日1月8日(火曜日)は、そのまま出社
  • ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
  • 2013/01/15 8:21 AM
ううーーーーーーあんなにステキな写真を撮られていたのにやっぱりオスカーの呪いは強力だったのかしら???くしくもわたくし言い当ててしまった??? 飛び込んできたのはこのニュース。 新作「しあわせの隠れ場所」で第82回アカデミー主演女優賞を受賞したサン
  • 映画に耽溺
  • 2014/09/05 12:47 PM
イギリス映画だけど、インド映画っぽいお約束で、最後は、出演者一同、束になって踊るんですね。 アカデミー賞最多8部門を受賞した、超話題作!! スラムも最底辺。とても貧しい生まれと育ちで、生きることに精一杯。それゆえ、必要に迫られ、身につけた生活の知恵
  • のほほん便り
  • 2015/11/19 9:10 AM


search this site.

New entries

categories

Memo

02/18
就業4日目で倒れるとか。。。。まあ世間の仕事の辛さとかもよくわかった気がします。私にはまだ無理なんだなあ。 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「テロ,ライブ」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「最後まで行く」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「悪のクロニクル」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「龍三と七人の子分たち」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「白髪妖魔伝」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「提督の艦隊」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ホーム・スイート・ヘル/キレたわたしの完全犯罪」「ハッピーボイス・キラー」「ファンタスティック・フォー」「悪魔は闇に蠢く」「マイ・インターン」「コンテンダー」「グォさんの仮装大賞」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「男ゴコロはマンガ模様」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「ヴァイキング・サーガ」「クライム・ヒート」「ゾンビーワールドへようこそ」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「これが私の人生設計」「鬼はさまよう」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「あいつだ」「超次元ソニックマン」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「のぞきめ」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「デッド・ウォーカー」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「インサイダーズ 内部者たち」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「エレクトラウーマン&ダイナガール」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「アメリカン・レポーター」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「フィフス・ウェイブ」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「花、香る歌」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「極悪の流儀」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「アウトバーン」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「リバイバル 妻は二度殺される」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「アブノーマル・ウォッチャー」「BILLABONG ビラボン」「超高速!参勤交代 リターンズ」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「ネイバーズ 2」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
さよなら子供たち

★ 現在観ている海外ドラマ:
BONES -骨は語る- シーズン10
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 映画 ビリギャル
    lubluodFoumb
  • Mommy/マミー
    maki
  • ダーク・プレイス
    maki
  • Mommy/マミー
    りお
  • ダーク・プレイス
    りお
  • ダーク・ハーフ
    maki
  • 侵入者 消された叫び声
    maki
  • 侵入者 消された叫び声
    ヒロ之
  • ダーク・ハーフ
    ヒロ之
  • Mommy/マミー
    maki

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR