パシフィック・リム


2013.12.14 Saturday


かかか、KAIJU!
ギレルモ・デル・トロ監督作品。巨大モンスターを「KAIJU」とよぶ事からも分かるとおり、かなり日本の特撮映画をリスペクトしています。どうやら昔日本の特撮をみてたようですよ(放送してたの?)。
対KAIJU兵器「イェーガー」には精神的負担の軽減からパイロットは二人、そのシンクロ率は作品の中でも重視されていて、二人の記憶を共有してしまうなどの面も。

特撮の設定を実写でやったらバカみたいだろうというのをハリウッド級の映像でやっちゃうから、ツッコミどころが多くて仕方ないのに、なんだか嬉しい笑みを浮かべてしまうのはなぜだろうか(必殺技を出す時、パイロットが技の名前を叫ぶとかさー)。なんか、ガチでやっちゃうとこが素敵だ。

ゴジラとかをやっぱり昔みてたから、こういうのにときめいちゃうんだよね。音楽もまたそれ(ときめき)に拍車をかける。怪獣オタクと数学オタク、オペレーターも濃くて素敵だ。司令官もだけど、ハーク(ハンセン父)もかっこよかったよねー。
物語は、捻りはなく一直線ですが、このイェーガーの設定だけでときめけちゃうから、私は満足だな。同じロボットものでも、「トランスフォーマー」シリーズみたいな素早い動きがないガチガチの動きが、いかにもロボットっぽくていいのよ。ロケットパンチに痺れたー。

森マコ役の菊地凜子さんも、あまり好きではないのですがこの作品では良かったと思う。また主人公側にあまり有名な俳優を持ってこなかった事も正解かも。興奮しすぎて記事が書けない(笑)もうとにかく単純に見ていて熱くなります。胸熱です。これ劇場で観たかったー。
超面白かった!男の子の夢と希望と憧れを一緒くたにした映画。ある意味で日本人の夢も叶えてくれた。でもこれは人を選ぶかな。ウルトラマンの好きな甥っ子は喜びそう。


【概略】
深海から突如現れた巨大エイリアン“KAIJU”が大都市を襲撃。絶滅の危機に瀕した人類は人型巨大兵器“イェーガー”を開発する。

SFアクション

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪

【物語・前半】
2013年、太平洋グアム沖の深海に異世界と繋がる割れ目が生じ、そこから現れたKAIJU「アックスヘッド」がサンフランシスコを襲撃。
米国は陸空軍の総攻撃で6日かけてこれを撃破することに成功するが、その後も別のKAIJUが次々と出現したため、環太平洋防衛軍 (PPDC) を設立し、人類の存続のためKAIJU迎撃用の巨人兵器イェーガーを建造。

2020年、米国アンカレッジをKAIJU「ナイフヘッド」が襲撃。イェーガーのパイロットであるローリーは、兄ヤンシーとともに「ジプシー・デンジャー」に乗ってこれを迎撃するが、戦闘で機体を大破したうえ兄ヤンシーが戦死する。しかしローリーは単独でナイフヘッドを撃破することに成功するのであった。

ここの霧の中から巨大ロボットのフォルムが徐々に近づいて…倒れるというシーンも印象に残る。

そんな中、世界各国の政府首脳陣は、イェーガー計画を中断し、巨大な壁を作る防御策に出ることをPPDCのペントコスト司令官に告げる。しかしその壁もKAIJUの侵攻の前では全く意味をなさず、人類は滅亡の危機に瀕していた。


5年後、パイロットを辞めて壁の建造に携わっていたローリーの元にペントコストが現れ、戦線復帰を求められる。
ローリーはペントコストとともに香港のPPDCの基地(シャッタードーム)へ向かい、かつての乗機「ジプシー・デンジャー」と、そして森マコと出会う。

マコは研究者ながら戦闘能力も高く、イェーガーの搭乗者に選ばれてもおかしくなかったが、ペントコストから搭乗を止められていた。

しかし、ローリーは二人で搭乗シミュレーションを行い、マコに搭乗者の資格があることを示すのだった。

【イェーガーについて】
イェーガーの頭部はコックピットで、操縦はパイロットの神経とマシンを接続する「ドリフト」という方法を取る。これで精神状態と運動能力がそのままイェーガーに反映される。

初期型のイェーガーは1名のパイロットにより操縦されていたが、KAIJUと戦うにつれその精神的負担が大きくなり、パイロットは2名となって、それぞれ右脳と左脳を司ることになった。
パイロット達はお互いの意識と記憶を共有することになるため、高度な運動能力・戦闘能力に加えて、信頼が不可欠とされる。そのためペアには親子、兄弟、夫婦と行った組み合わせが多い。

不慣れなパイロットは、相方または自身の過去の記憶を無意識のうちに追体験してしまう「ウサギ追い」というトラブルを引き起こしがちであり、これは劇中で森マコが体験した。

【ニュートとハーマン、テンドー】

怪獣オタクの生物学者と数学者、管制官。彼らがいるおかげでユーモアさがでていた。
ニュートとハーマンがKAIJUの脳の一部分とドリフトする事でKAIJUたちの目的と作戦のやり遂げ方がわかった。

テンドーは優秀なオペレーター。洒落っ気のある衣装と飄々とした性格が特徴。

【他のパイロットたち】


歴戦の勇士であるハンセン父がかっこいいっすなー。

【ハンニバル・チャウ】

香港を拠点に、KAIJUの死骸を解体し臓器を万能薬として売りさばく闇商人のボス。KAIJUの死骸を独占する条件でPPDCに資金援助をしている。ニュートがペントコストにいわれて新鮮なKAIJUの脳を求めて向かった先がここ。
胎児KAIJUに食われましたが、無事生還(エンドロール途中)。

【物語・後半】
2025年、香港をカテゴリー4のKAIJU「オオタチ」と「レザーバック」が襲撃する。

ペントコストは、残存する4機のイェーガーのうち「チェルノ・アルファ」「クリムゾン・タイフーン」「ストライカー・エウレカ」の3機を出撃させるが…「チェルノ・アルファ」と「クリムゾン・タイフーン」が破壊され、「ストライカー・エウレカ」もレザーバックの電磁波で機能停止に陥り、パイロットの1人であるハーク・ハンセンが怪我を負ってしまう。
そこで待機していたローリーとマコが「ジプシー・デンジャー」で出撃し、KAIJUを2体とも撃破することに成功する。

ここの一連のシーンが好きですねえ。イェーガーが空中に吊られて運ばれてるところもそうですし、コンテナを両手にもって、KAIJUをぶん殴るところとかも。巨大さとウルトラマン的な見方の戦いが楽しめるシーンでしたよね。船をもってぶん殴るパターンもありました。またチェーンソードがカッコイイのだ。


しかし喜ぶ間もなく、巨大なカテゴリー4のKAIJU2体「ライジュウ」「スカナー」が割れ目から出現する。
ペントコストは、残る2体のイェーガーで割れ目の破壊作戦を決行。負傷したハークの代わりに「ストライカー・エウレカ」に乗り込み、ハークの息子チャックと出撃する。

2機が海底の割れ目に到着すると、さらに巨大なカテゴリー5のKAIJU「スラターン」が出現。

「ジプシー・デンジャー」は「ライジュウ」の撃破に成功するが右腕を破壊されてしまう。また「ストライカー・エウレカ」は制御不能に陥ってしまったため、計画を最優先とし、「ジプシー・デンジャー」の道を切り開くため自爆するのだった。

ここの自爆シーンの後の「ジプシー・デンジャー」が剣をつきたて爆風に耐えるシーンもお気に入りです。

「ジプシー・デンジャー」は異世界へと繋がる割れ目へと飛び込む。
ローリーは「ジプシー・デンジャー」の原子炉を爆発させゲートを破壊、二人は無事に生還。地球は守られたのであった。


全体を整理するとこんな感じ。
回想シーンでの「オニババ」とかの映像も載せたかったのだけどいいショットが撮れなかった…
単純な曲調だからこそ、メインテーマ曲が頭から離れませんね!







スポンサーサイト


2017.03.30 Thursday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






★コメント一覧★
  • momorex
  • 2013/12/13 4:29 PM
最高でしたねっ!夏の興奮、再びです。
物語は単純で、ヘンにドラマ性が無いからアクションに没頭できる。より没頭するために、日本語吹き替えで観るのも手だそうですよ(素直な私は劇場2回目は吹き替えで行きました^^ 小学校2年の少年と一緒に。甥っ子さんもきっと喜びますよー)。

少し前の情報では、監督が続編の脚本を書いているところ、となっていたので、次回作は再来年くらいでしょうか。待ち遠しいですねー。


  • maki
  • 2013/12/13 4:36 PM
momorexさん こんばんは♪

ダーク・ファンタジスタのギレルモ監督が
このようなロボットものというのも最初は意外でしたが、そもそも私ギレルモ監督と相性がいいんですよねーHAHAHA

いやぁ大興奮でした
そうそう、物語が単純だからこそ世界観に没頭できるってのはありますよね
私は最初から没頭するため、吹き替えでみましたのでKAIJUは怪獣ときこえてましたが、今度は字幕で見てみたいと思います
これは、今年一番の作品かもしれないっと思ってますー

ウルトラマン人形でいまだ遊んでいる、クリスマスプレゼントも人形+ウルトラマンギンガのDVDの甥っ子は、絶対楽しめると思うので、これ絶対みせちゃいます★ もう強引にみせちゃうゾー!


  • 白木庵
  • 2013/12/13 7:32 PM
こんばんは。
ハンセン父、かっこよかったですよね。
キャプテン・フィリップスでも
すごくかっこいい役でしたよ☆


  • maki
  • 2013/12/13 10:40 PM
白木庵さん こんばんは♪

ハンセン父かっこよいですよねー
好み系の方でした
歴戦の勇士でありながらも迷える父という設定もよいです
キャプテン・フィリップスにもでてるんですもんね!チェックチェックです♪


  • ふじき78
  • 2013/12/13 11:02 PM
だが、やはり誰が何と言おうと一番はチェルノ・アルファ。


ウルトラマンはメキシコやプエルトリコでも放映されてたみたいですね。同じデルトロのベニチオ・デルトロもファンだそうですw 最近元気ないですけど本家ウルトラマンにもがんばってほしいものですね!


  • maki
  • 2013/12/14 9:05 AM
ふじき78さん こんにちは♪

「ストライカー・エウレカ」なんて最新イェーガーなのに活躍どころがほとんどなかったッ


  • maki
  • 2013/12/14 9:07 AM
SGA屋伍一さん こんにちは♪

メキシコでも!そうなんですねえ〜ウルトラマンって凄いな…
本家ウルトラマンはいま、ウルトラマンギンガがやっておりますね(甥っ子がファン)
仮面ライダーディケイドがそうだったみたいに、色々なウルトラマンに変われるのが、流行ってるんでしょうか!


ハンセン(?)親子の運命、ふつうだったら逆にしそうなものですが、なんかリアルというか、息子が「運、悪っ!」っておもいましたー。 


makiさんこんにちは♪TB&コメント有難うございました♪

これは自分にもドストライクな作品でしたけど、makiさんもすこぶるハマッたようですねw
やっぱり作ってる人がこういう特撮モノを理解してるだけに色々と『心得てる』部分が随所に感じましたし、日本の作品にリスペクトしてるとこもあってか、観てる人からすればこれはマジンガーZだっあれはエヴァだっなんて思えちゃう映像も興奮を掻き立ててくれるものの1つだったように思えます。
・・まあでも確かに観る人は選びそうですけど、自分は大好き^^CDも購入したしゲームでも遊んでる♪後はプラモデル化かなー(笑


  • maki
  • 2013/12/14 5:52 PM
ボーさん こんばんは♪

設定では、もともとハンセン父と組んでいたのは弟のほうで、弟の素行が悪かったのでペアからはずした、となっていたのですが
兄貴のほうも素行はバカだったと思います(笑)
劇中で教育のことをいってましたけど、うん、叩くべきですね
でもラストは息子の声を聞きながら目を閉じるお父ちゃんがかっこよかったー
子供を先になくすことほど親はつらいことはない、逆だからこそ引き立つシーンでもありましたね


  • クロツ大尉
  • 2013/12/14 6:03 PM
厨二病を拗らせたままオサーンになってしまった自分には燃える映画でした!! 「シンクロ率云々」ってのも某エヴァをいただいてるっぽいし…


  • maki
  • 2013/12/14 6:04 PM
メビウスさん こんばんは♪

私ももちろんドストライクでございました
昭和ロボアニメ、特撮、なんかを見てた人にはあれだわこれだわ楽しめる要素がたくさんありましたねー^^
むしろもう私のためにギレルモ監督がつくってくれたのかと勘違いしちゃうほどツボにはまりました。

CDもゲームもですか!フィギア化はどうでしょうね、でもジプシーなら欲しいかな
なんていうか、かっこよすぎない外見が、リアリティがあるんですよね
香港戦がとくにツボに入りまして、繰り返し見ました。KAIJUの姿をはっきり区別してみるには雨が邪魔だったり海水が邪魔だったりもしましたが、あそこはほんとにウルトラマン的な見方ができる戦いで、ウキウキしちゃいました
(でも、私のときはTVでウルトラマンやってないんですけどね…そのかわり宇宙刑事シリーズやってました)


  • maki
  • 2013/12/14 6:07 PM
クロツ大尉さん こんばんは♪

KAIJU対ロボット!
もうそれだけで燃えるです燃えるです!
しかも監督はギレルモさんで、面白くならないはずがない〜
あのテーマ曲だけ音源が欲しいなー


こんにちは♪
makiさん、いつもより気合い入ったレビューだ!!
監督はほんっとに日本の特撮やロボットアニメが好きなんだなーと思う作品でしたね。
これは結構テンション上がりましたわー


  • maki
  • 2013/12/16 8:45 PM
yukarinさん こんばんは♪

追記は2回目鑑賞の時にストーリー整理(するほどでもないけど)のために記述しました^^
ほんと、リスペクト愛を感じる作品で、よかったですよねー!
これでトランスフォーマーみたいなすばやい変形とかが出来ちゃうとゲンナリでしたが、ワンテンポ遅い動作なのがいかにも「ロボット」な感じでもう〜〜〜たまりません!
KAIJUの質感も特撮的で良かった!
こういうの大好き!yukarinさんもテンションあがりましたか!映画館で観たら凄かったんだろうなー
これは迷ったんですが、いつも通りレンタル待ちにしちゃったのが間違いですね


  • ヒロ之
  • 2013/12/17 12:12 AM
こんばんは!
ロボットは男の子の浪漫ですね。
面白かったです。
けど、難点を挙げれば、でかいのと暗いのとで戦っている過程がちょっと分かりづらかった点ですかね。
家のテレビではこの派手さに追いつけなかったようです(笑)
こういうのはスクリーンで見てこそなんでしょうねぇ。


  • maki
  • 2013/12/17 8:34 AM
ヒロ之さん こんにちは♪

難点は、雨水もしくは海水がつねに画面にある事も加えてください
あと、KAIJUのフォルムが、一体一体みていくときちんと違うのに、なんだか同じ敵と戦っているような気もしてきてしまう部分もかな
回想シーンの「オニババ」なんかはわかりやすかったですよねー 蟹さんですもん
でも2体同時に出現、3体同時出現となったときに区別がつきにくかったのも事実でした

私はいつもPCでも全体にしないで小さい画面のままで見てますが、それでも迫力はありました
ま、そのへんは慣れなんでしょうね
でも劇場でみたら凄かったでしょうね〜!10回くらい通っちゃうかも!?


  • pu-ko
  • 2013/12/17 2:36 PM
私は『トランスフォーマー』にも興味なくて、こういうのは苦手な分野だと思っていたんですが、観たらまぁ、この興奮はなに?ってくらいに、ワクワクニマニマしちゃいましたね〜。
ゴジラとかウルトラマンの世界に自分が入り込んだ感覚で熱くなるんですよね。オタクの監督に感謝でした。


  • maki
  • 2013/12/17 3:21 PM
pu-koさん こんにちは♪

私は中学生のときに「トランスフォーマー」でも「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」のほうにガッツリはまりまして。
サイバトロン側の指揮官 コンボイ(Optimus Primal)がゴリラなんですよ…一番好きだったキャラはダイノボットといって恐竜なんですけど、初のフル3Dアニメとして話題になったのもそうなのですが、とにかく声優陣によるアドリブが物凄くてですね、面白かったんですよー
そんな無駄な知識をpu-koさんに植え付けつつ、トランスフォーマーにもある程度思い入れがある事を伝えて見たりなんかして。

ロボットは浪漫!怪獣は夢!
それが対決しちゃうんだから見るしかない!興奮度マックスってなもんですよね
監督のリスペクト愛がこちらの感情と合致しちゃうものだから、もうとにかく胸が熱くなりました


  • 森子
  • 2013/12/17 10:06 PM
はじめまして(^O^)YANさんのブログからお邪魔します!
新作の更新早いですね〜ぇ
本作は劇場初日に観に行きました。そしてレンタルで5回見た所!デル・トロ監督の音声解説も聞いて日本の特撮、怪獣への愛を感じましたよ〜ぉ
見れば見るほど奥深かった…ストーリーは無いけど(^_^;)
本当のお目当ては主演俳優の大ファンなんですけどね!!菊地凛子がうらやましかった
日本語のセリフが不自然に入るのがおかしかったけど?メインは怪獣とメカですからねo(^-^)o


  • maki
  • 2013/12/18 8:56 AM
森子さん こんにちは♪

劇場初日に!いいですね
やっぱり見に行けばよかったぁ(今更、遅すぎです)
ストーリーは薄めですけど、だからこそ世界に没頭できるものがあるので、この作品では正解でしたね!
色々、固有の名前(ドリフトとか)もたくさん出てきますし、単純にやはりメインが怪獣とロボットとの対決!ですからねー
ドックに人がたくさんいてそれぞれ作業してるのとかもツボに入りましたし、なによりロボットの手作業感が最高でした!
一部、チェルノが人気を博してますが(笑)
やっぱりジプシー・デンジャーとストライカー・エウレカが主人公風でカッコイイと思います
KAIJUのフォルムがはっきりしない部分もありますが、フィギア化したらいいなー


力入ってますねええ。
すきなんだあ。
そりゃよかった。
なんだかmakiさんの真の一面を垣間見た気がするレビューですわ。


  • maki
  • 2013/12/28 6:28 PM
sakuraiさん こちらもありがとう

ハイ好きです!
理屈は関係なく、こういった熱くなれるものは大好きですね
まさに萌えと燃えが入り混じったところが実に実にナイスです
真の一面ですか…オタクです(笑)


  • YAN
  • 2014/02/05 5:26 PM
makiさん、こんにちは!
こちら、画像が多くて楽しぃ〜〜♪
映画だとちょっと暗くて見辛い感じがあって、
ハッキリとKAIJUやロボットの姿形が分からなかったので、
ホホ〜〜ッとしばらく眺めさせてもらいました☆

スケールの大きさや迫力に、とっても興奮しちゃいました。
純粋に戦いが面白かったです!
「熱くなる」・・・そうそう、そういう感じ☆


  • maki
  • 2014/02/05 6:56 PM
YANさん こんばんは♪

胸熱、萌え熱。
もう大好きです。
フィギア化しないかなーって思ってたら、フィギア化!するんですね
めちゃくちゃ欲しいんですが、一体6万円くらいするので無理です;
ああ、私が健常者できちんと働いてたらっ(絶対そろえてます)

音楽がまたとても良くて、単純なのに熱くなる感じが少年心を呼び覚ましてくれるんですよね(少年じゃないけど)


この作品は特撮で育った世代としてはうれしい作品ですね
制作スタッフたちの特撮愛が感じられます。
日本の特撮はアニメよりも先に世界に広まってましたからね〜


  • maki
  • 2014/02/09 10:04 AM
せつらさん こちらもありがとう

どうやら、そうらしいですね
特撮やアニメは最先端をいっているのに、
邦画がいまいち面白くないのは残念であります
もっと色々出来るのではと思いますが、資金なども関係してくるのでしょうね

映画としてはもう大好きですとしかいいようがない。愛が伝わる作品でした。


  • mia☆mia
  • 2014/07/29 9:39 PM
こんばんわ☆

すごい!!makiさんの記事の長さと深さから、この映画を大好きだってことが伝わってきます☆
ベストショットばっかですね♪

怪獣ものやロボものにあまりハマらなかったワタシですが、楽しめた作品です。

そうですかぁ。
ゴジラよりこっちがヨカッタんですね^^
makiさん家の部屋のドア(?)うちのマンションのリビングのドアと全く同じかも知れませぬ!


  • maki
  • 2014/07/30 12:10 AM
mia☆miaさん こんばんは♪

今更ながら自分の記事とコメントおよびレスを読み返して、如何に自分が燃え尽きたかがよーくわかりました
恐ろしい破壊力をもった映画だ、これは…(笑)
記事自体は短いんですが、忘備のために書いた追記(ストーリーあらすじ)が長いんですね
しかしそのおかげで(?)改めてこの作品のストーリーを理解して、よりいっそうファンになっちゃいました
特撮、怪獣、B級、ロボット、どれか好きな人は絶対はまる作品ですよね
私は4つともあてはまっちゃってます^;
ゴジラよりも断然コチラですね!ゴジラは後半のちらみせ映画ですしね〜こちらは出ずっぱり。
パシリムはもう好きすぎてよくわかんないです(笑)


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
『パシフィック・リム』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 菊池凛子、芦田愛奈、ギレルモ・デル・トロ監督が登壇しました。 3Dで見るにはかなり辛いわ 【ストーリー】  2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と
  • 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
  • 2013/12/13 10:05 AM
監督はギレルモ・デル・トロ 地球征服を目論み 海底の裂け目から出現したKAIJU(怪獣)と 地球の危機を救うため開発された 人型巨大ロボット、イェーガーとの 壮絶な戦闘を描いています。 KAIJU(怪獣)との戦いによって、 兄を亡くしてしまった ローリー(チャーリ
  • 花ごよみ
  • 2013/12/13 10:59 AM
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】人間が巨大ロボットに乗り込んで怪獣と戦う
  • うろうろ日記
  • 2013/12/13 12:09 PM
 公開二週目土曜日の夕方。この劇場自慢のimm soundを採用した、imm3Dサウンドシアターには20名弱位の閑散とした客入りである。
  • 新・辛口映画館
  • 2013/12/13 1:43 PM
2D字幕で鑑賞しました。2013年、突然謎の怪獣が太平洋の深海の裂け目から現れる。3つの都市がわずか6日間で壊滅。人類は一致団結し、科学や軍事テクノロジーを結集、怪獣に対抗可能な人型巨大兵器「イェーガー」を開発。しかし何体もの怪獣が出現し破壊を繰り返し、壮
  • はるみのひとり言
  • 2013/12/13 2:39 PM
イェーガー vs 怪獣… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308090003/ 【送料無料】パシフィック・リム ビジュアルガイドラ・ドゥース 限定3000部 [ デイヴィッド・S...価格:4,410円(税込、送料込) 【8/4 00:0
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2013/12/13 2:48 PM
監督の日本愛公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim監督: ギレルモ・デル・トロある日突然、未知の巨大生命体が、太平洋の深海の裂け目を通って異次元から
  • 風に吹かれて
  • 2013/12/13 3:23 PM
古き怪獣映画から発展させて近未来的にした人型ロボットとの対決を描いている。怪獣は海溝の中の異次元から出現するものすごく強く、対決するロボットもそれに負けないくらい巨大で威力がある。ガンダムやエヴァの世界を実写版でやってしまうとはハリウッドのスケールの
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
  • 2013/12/13 3:45 PM
2013年8月、太平洋の深海から出現した、謎の巨大生命体“KAIJU(カイジュウ)”によって、3つの都市が瞬く間に壊滅。 環太平洋沿岸(パシフィック・リム)諸国は、PPDC(パン・パシフィック・ディフェンス・コープ)を設立し、人型巨大兵器“イェーガー”を開発するが
  • 象のロケット
  • 2013/12/13 4:10 PM
IMAX 3Dで観てきましたよ。『トランスフォーマー』と違って、無駄なドラマ部分はあまり無く、とにかくKAIJUとのバトル!バトル!バトル!! こんな巨大なエイリアンとロボットは初めて見たよー。最初は「巨大なもの恐怖症」の自分は観続けることが出来るかちょっと心
  • momoな毎日
  • 2013/12/13 4:16 PM
公式サイト。原題:Pacific Rim。ギレルモ・デル・トロ監督、トラヴィス・ビーチャム脚本。チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、バーン・ゴーマン、ロ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2013/12/13 4:51 PM
15日のことですが、映画「パシフィック・リム」を鑑賞しました。 IMAX 3Dにて 世界各国を襲撃する謎の巨大生命体 kaijuを倒すべく 人型巨大兵器イェーガーを操縦するパイロットたちの戦いを描く これは面白かったの一言!  評判も良く、デル・トロ監督ということで
  • 笑う社会人の生活
  • 2013/12/13 5:54 PM
「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督が、謎の巨大生命体と人類が開発した人型兵器との壮絶な戦いを描いたVFX超大作。2013年8月11日、太平洋の深海の裂け目から超高層ビル並の巨体をもった怪物が突如出現し、サンフランシスコ湾を襲撃。「KA
  • パピとママ映画のblog
  • 2013/12/13 6:16 PM
PACIFIC RIM アメリカ 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、 ロブ・カジンスキー、マックス・マーティーニ、芦田愛菜、ロン・パールマン、他 “人類最後の望みは、この巨兵。” キター! たのしー
  • 肩ログ
  • 2013/12/13 6:43 PM
 【ネタバレ注意】  ジャンボーグA対大悪獣ギロン!  『パシフィック・リム』には冒頭から度肝を抜かれた。全編がこんな夢の対決で溢れているのだ。  映画『風立ちぬ』はそれだけでも充分素晴らしい作品だが、堀辰雄の小説も読んでいると、映画では少し触れ
  • 映画のブログ
  • 2013/12/13 6:43 PM
ツッコミ満載で興奮度は低い・・・。  
  • Akira's VOICE
  • 2013/12/13 7:01 PM
パシフィック・リム@よみうりホール
  • あーうぃ だにぇっと
  • 2013/12/13 7:25 PM
ギレルモ・デル・トロが怪獣映画を撮る。 もうこれだけで期待に胸がブレストファイヤ
  • 事務職員へのこの1冊
  • 2013/12/13 8:08 PM
【出演】  チャーリー・ハナム  イドリス・エルバ  菊地 凛子 【ストーリー】 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事
  • 西京極 紫の館
  • 2013/12/13 8:11 PM
 芦田愛菜ちゃん・・・泣きの演技が素晴らしかったです(笑)
  • 極私的映画論+α
  • 2013/12/13 8:15 PM
話題の巨大ロボットVS巨大怪獣の映画です。 自分が見たり聞いたり読んだりした限りでは、凡そ好意的な意見以外は入って来ないので、逆に期待値を思いっきり下げて見てきました。 一見して皆さん仰る通り日本製の特撮モノやらアニメやらからの影響、否、露骨な引用(
  • 【徒然なるままに・・・】
  • 2013/12/13 8:49 PM
初めて劇場予告編を観たときに、コレは絶対に日本の影響を受けた作品でしょと思ったのですが、やっぱりそのようで劇中に登場する巨大生物は日本でお馴染みの怪獣そのままに“KAIJU ...
  • カノンな日々
  • 2013/12/13 10:01 PM
五つ星評価で【★★★★近親憎悪のようなものかもしれんが】 IMAX3D吹替で鑑賞。 とりあえず評判を聞いて物凄くテンションがあがった。 そして、単なる「怪獣プロレス」 ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2013/12/13 11:19 PM
この夏はいつも以上にハリウッドのSF・冒険大作が集中し、なんだか夏祭りの屋台で手
  • SGA屋物語紹介所
  • 2013/12/13 11:23 PM
評価:★★★【3点】(10) 題材としては文句なく楽しいんだけど
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2013/12/13 11:43 PM
映画「パシフィック・リム」を鑑賞しました。
  • FREE TIME
  • 2013/12/14 12:57 AM
何たって、監督が ギデルモ・デル・トロ! 前作「パンズ・ラビリンス」の文学的なキモ怪しさは勿論、ユーモラス満載で超キモい悪役たちを最高峰に面白く演出した「ヘルボーイ」が素晴らしい。 実は彼、子供のころは初日に駆けつけるほど東宝物・大映物の特撮ファン。
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2013/12/14 1:28 AM
☆待望の『パシフィック・リム』、甥っ子を連れて朝一で観に行きましたよ。  とてもキチッと作られた作品だったので、荒削りな作品の持つ異常なテンションはなかったのですが、素晴らしい完成度に満足しました。  私は、「仮面ライダー」よりも「ウルトラマン」派の
  • 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
  • 2013/12/14 1:30 AM
 『パシフィック・リム』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判がよさそうなので、随分と遅ればせながらも見に行ってきました。  本作は、深海にできた時空を越える通路を通って他の天体(「異世界アンティヴァース」)から次々と送られてくる巨大な怪獣(“kaiju”
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2013/12/14 6:20 AM
『パンズ・ラビリンス』『ヘルボーイ』シリーズなどのギレルモ・デル・トロ監督による怪獣巨大ロボット映画『パシフィック・リム』。出演はチャーリー・ハナム、菊地凛子、ロン・パールマン、芦田愛菜、他、怪獣や巨
  • 映画雑記・COLOR of CINEMA
  • 2013/12/14 7:59 AM
ジャパニメーション独自の文化の一つとして進化してきた巨大ロボと、東宝大映円谷プロの特撮映画に出てきそうな怪獣が世界の危機を背景に対決するハリウッド映画。『パシフィック・リム』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ 日本のアニメや特撮映画が大好きで、周囲
  • そーれりぽーと
  • 2013/12/14 9:07 AM
バトル・シーンが暗くて、動きがよくわからない。 そのほかの点では、ものすごく楽しい!
  • 或る日の出来事
  • 2013/12/14 9:50 AM
★★★★ 製作:2013年米国 上映時間:131分 監督:ギレルモ・デル・トロ  深海にある時空の裂け目から、次々に現れて地球を襲う怪獣たち。これを向かい打つために全世界の英知を集めて創られた巨大ロボットとの戦いを描くSFアクションバトル作品である。  分
  • ケントのたそがれ劇場
  • 2013/12/14 11:15 AM
熱いぜ!この中二病的ヲタク魂! 「ウルトラマン」を始めとする怪獣モノで熱くなった魂が、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』を始めとする人型巨大兵器で燃えた魂が、『マトリックス ...
  • こねたみっくす
  • 2013/12/14 11:28 AM
【監督】ギレルモ・デル・トロ 【出演】チャーリー・ハナム/イドリス・エルバ/菊地凛子/チャーリー・デイ/ロブ・カジンスキー/マックス・マーティーニ/ロン・パールマン 【公開日】2013年 8月9日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 太平洋の深海から出
  • シネマをぶった斬りっ!!
  • 2013/12/14 11:43 AM
巨大ロボットVS怪獣、それは男の子ならば観てみたいと一度は思うもの・・・。 それ
  • はらやんの映画徒然草
  • 2013/12/14 12:01 PM
映画「パシフィック・リム」のブルーレイを見たのでレビュー記事を書いてみたいと思います。(ス
  • 翼のインサイト競馬予想
  • 2013/12/14 1:14 PM
'13.08.09 『パシフィック・リム』@丸の内ピカデリー 見たいと思って試写会応募しまくったけどハズレ・・・ DVDでもいいかなぁと思っていたのだけど、TLでの絶賛のtweetや、ギレルモ・デル・トロ監督の日本愛に感動! 別件の前売り券買いに行ったら、今作もあったので
  • ・*・ etoile ・*・
  • 2013/12/14 4:02 PM
監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子 【あらすじ】 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致
  • タケヤと愉快な仲間達
  • 2013/12/14 9:02 PM
パシフィック・リム ユナイテッドシネマ浦和 8/9公開 IMAX3D(字幕)にて鑑賞 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。 それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。 人類は一致団結して科学や
  • 単館系
  • 2013/12/14 10:44 PM
中露のイェーガーの噛ませ犬っぷりにはワロタ。
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2013/12/15 12:00 AM
世界は壊滅する、どこで死にたいか!?   ある日、太平洋の深海から突如巨大な生命体が出現した。“KAIJU”と名付けられた彼らは、大都市を次々と襲撃して容赦ない破壊を繰り返し、人類は滅亡の危機を迎える。  そこで人類は世界中の英知を結集し、人型巨大兵器“イ
  • CINECHANが観た映画について
  • 2013/12/15 12:08 AM
「パシフィック・リム」は太平洋の底から突如怪獣が出現した事により人類は絶滅の危機に瀕する。怪獣に対抗するために人類は2人がシンクロして操縦する巨大兵器を開発して対抗する ...
  • オールマイティにコメンテート
  • 2013/12/15 7:00 AM
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 8月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 18:10の回を鑑賞。2D:字幕版 8月15日(木) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン9にて 15:40の回を鑑賞。2D:吹替版
  • みはいる・BのB
  • 2013/12/15 10:47 AM
(原題:Pacific Rim) ----おっ、いよいよ再開だニャ。 そういえば、今日、来てくれたんだよね。 「うん。いわゆる初七日だしね。 四十九日まで待つのは フォーンの性格からしてもイヤかなと…」 ----で、最初はやはりあれ? 『パシフィック・リム』? 「そう。 延ば
  • ラムの大通り
  • 2013/12/15 8:43 PM
2013年8月11日、太平洋の深海の裂け目から怪物が突如出現し、サンフランシスコ湾を襲撃。「KAIJU」と名付けられたその怪物によって、わずか6日間で3つの都市が壊滅する。人類は存亡を ...
  • 気ままな映画生活
  • 2013/12/15 8:47 PM
鋼鉄のルチャドール。 こんなにも中二魂を刺激される映画があっただろうか。 未知の深海から出現する巨大怪獣!迎え撃つのは人型戦闘兵器! オタクを自認するメキシコの鬼才、ギレルモ・デル・トロが作り上げたのは、嘗ての日本製怪獣映画やロボットアニメのエッセ
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2013/12/15 10:20 PM
第318回「完全に駄作を観るつもりだったのですが・・・」 私が子供の頃(約30年ほど前)には多くの巨大ロボットアニメや特撮ものがテレビで放送されていた。合体・変形など少年だった私はワクワクしたものである。いつの頃からかそんな巨大ロボットものは影を潜め
  • しんちゃんの徒然なる映画日記
  • 2013/12/15 11:52 PM
『パシフィック・リム 3D』を吹き替えで観てきました。(今回いつもにも増してネタバレてます;;)パシフィック・リム - 映画.com実は何気にメッチャ楽しみにしていたんですよね〜夏休み作品ではコイツを楽しみにしていたといっても過言ではないです。まぁ個人的に・
  • 映画観たよ(^^)
  • 2013/12/16 12:37 AM
平成25年8月13日(火)。 映画:「パシフィック・リム」。 最強盛り上がって、力入った二の腕がなにげに筋肉痛(笑)。 小学生の頃、朝5時に起きて見ていた「宇宙刑事シャイダー」とか 「ウルトラマン」とか「ヤッターマン」とか 色んな戦い物が、ギレルモ・デ
  • ☆みぃみの日々徒然日記☆
  • 2013/12/16 9:53 AM
【PACIFIC RIM】 2013/08/09公開 アメリカ 131分監督:ギレルモ・デル・トロ出演:  チャーリー・ハナム/ローリー・ベケット(杉田智和)  イドリス・エルバ/スタッカー・ペントコスト(玄田哲章)  菊地凛子/森マコ(林原めぐみ)  チャーリー・デイ/ニュート
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2013/12/16 12:48 PM
「パシフィック・リム」監督:ギレルモ・デル・トロ出演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、ロン・パールマン、芦田愛菜 配給:ワーナー・ブラザース映画概要:201 ...
  • マー坊君の映画ぶろぐ(新装版)
  • 2013/12/16 6:24 PM
PACIFIC RIM 2013年 アメリカ 131分 アクション/SF/ロボット 劇場公開(2013/08/09) 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作:ギレルモ・デル・トロ 脚本:ギレルモ・デル・トロ 出演: チャーリー・ハナム:ローリー・ベケット イドリス・エルバ:スタッカー
  • 銀幕大帝α
  • 2013/12/17 12:10 AM
ギデルモ・デル・トロ監督の『パシフィック・リム』を観てきました。怪獣と、それに対抗する巨大ロボットがこれでもかのバトルを繰り広げる豪華絢爛なSFアクション映画です。パシ ...
  • シネマ・クレシェンド
  • 2013/12/17 2:37 PM
2013年・米/ワーナー=レジェンダリー・ピクチャーズ 配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:Pacific Rim 監督:ギレルモ・デル・トロ原案:トラビス・ビーチャム脚本:トラビス・ビーチャム、ギ
  • お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法
  • 2013/12/18 12:33 AM
<パシフィック・リム を観て来ました> みんなの大好きなロボットVS.カイジュー映画だぞお 原題:Pacific Rim 製作:2013年アメリカ 人気ブログランキングへ なんなんだ一体。どういうことなんだ。 公開前から前評判が高すぎて、逆に冷めるわ(苦笑)。 わ
  • ★紅茶屋ロンド★
  • 2013/12/18 5:07 PM
ラブレター、受け取りました。 のっけから「カイジュー」である。映画監督は大概おたくの人が多いが、G.デル・トロ監督も例外ではなかった。 カイジューに立ち向かうイェーガーの造形や操縦方法などは、どこかで見たような気もするが、脚本も兼ねたデル・トロ監督の
  • Con Gas, Sin Hielo
  • 2013/12/22 6:22 AM
パシフィック・リム〜 PACIFIC RIM 〜     監督: ギレルモ・デル・トロ    出演: チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー、マックス・マーティーニー、ロン・パールマン、クリフトン・コリンズJr.、バーン
  • 映画@見取り八段
  • 2013/12/25 8:57 PM
夏休み大作、第一弾!!!
  • 迷宮映画館
  • 2013/12/28 4:47 PM
「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督によるSFアクション大作。 環太平洋沿岸(パシフィック・リム)に出没する巨大怪獣と人型巨大兵器イェーガーとの 壮絶なバトルが描かれます。 コレは、痛快!想像してた以上の面白さでした! 日本のロボットアニ
  • 愛猫レオンとシネマな毎日
  • 2014/01/12 12:18 AM
13-67.パシフィック・リム 3D■原題:Pacific Rim■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:132分■料金:2、100円■観賞日:8月26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ□脚本:トラヴィス・ビーチャム◆チ
  • kintyre's Diary 新館
  • 2014/01/12 6:11 PM
明けましておめでとうございます。。。 って、既に20日も過ぎておりますが今年初のアップということで・・・ よ、よろしくお願いします(^O^) では、早速 見ました。 深海から突然、出現した巨大で凶暴なエイリアン“KAIJU"。 巨大なKAIJUと戦うため、人類は特殊
  • Sato's Collection
  • 2014/01/24 7:25 PM
この戦いは音楽で すっごくテンション上がるわ〜! PACIFIC RIM 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作:2013年 アメリカ 上映時間:131分 出演:*チャーリー・ハナム *イドリス・エルバ *菊地凛子 *チャーリー・デイ *ロン・パールマン *芦
  • RockingChairで映画鑑賞
  • 2014/02/05 5:27 PM
パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray](2013/12/11)チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ 他商品詳細を見る 【Pacific Rim】 制作国:アメリカ 制作年:2013年 深海から突然、出現した巨大で凶暴なエイリアン“KAIJU
  • miaのmovie★DIARY
  • 2014/07/29 9:28 PM
1 : 名無シネマ@上映中 : 2013/08/09(金) 15:37:35.89 ID:Sqa5NQBz人類最後の望みは、この巨兵。米公開 2013年7月12日 日本公開 2013年8月9日【監督】 ギレルモ・デル・トロ【出演】 イドリス・エ ...
  • 映画大好きだった^^まとめ
  • 2014/08/09 10:11 PM
凶暴な怪獣に対する、人類の巨大ロボット対戦… 劇場映えする大迫力日本では、ほとんど定番ジャンルの感じで見慣れた感ですが、ハリウッド流の解釈や味付け、演出の差が、ちょっと違ってて新鮮だったのでした。菊地凛子、なかなかの存在感。見事、ヒロインの日本人女性
  • のほほん便り
  • 2015/06/10 9:37 AM


search this site.

New entries

categories

Memo

03/24
ホライゾンゼロドーンを絶賛プレイ中。DVDおろそか^; 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「テロ,ライブ」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ハッピーボイス・キラー」「ファンタスティック・フォー」「マイ・インターン」「コンテンダー」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「クライム・ヒート」「ゾンビーワールドへようこそ」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「これが私の人生設計」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「エレクトラウーマン&ダイナガール」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「フィフス・ウェイブ」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「BILLABONG ビラボン」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」「グースバンプス モンスターと秘密の書」「セルフレス/覚醒した記憶」「青空エール」「スター・トレック BEYOND」「インフェルノ」「特捜部Q Pからのメッセージ」「ミリオンダラー・ホテル」「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」「グッド・ネイバー」「屍憶 -SHIOKU-」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「ハングリー・ハーツ」「ジェイソン・ボーン」「世界の果てまでヒャッハー!」「レジデント」「ラスト・ウィッチ・ハンター」「ザ・ギフト」「5時から7時の恋人カンケイ」「ミッドナイト・スペシャル」「ジョイ」「ハッピーログイン」「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」「後妻業の女」「真田十勇士」「ドント・ブリーズ」「バニーマン/殺戮のカーニバル」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)

★ 現在観ている海外ドラマ:
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 映画 ビリギャル
    Keithorith
  • 映画 ビリギャル
    Edgarnouse
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    maki
  • GANTZ:O
    maki
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    ヒロ之
  • GANTZ:O
    ヒロ之
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    maki
  • ネイバーズ 2
    maki
  • ネイバーズ 2
    morkohsonimap
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    morkohsonimap

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR