永遠の0


2014.01.02 Thursday


これは戦争ものじゃなくて、ヒューマンドラマでしょうね。
司法試験に落ちて進路に迷う健太郎は、祖母の葬儀の日に驚くべき事実を知らされる。実は祖母にはなくなった夫がいて再婚だったというのだ。 本当の祖父の名前は、宮部久蔵。60年前の太平洋戦争で零戦パイロットとして戦い、終戦直前に特攻攻撃により帰らぬ人となっていた。やがて宮部の事を調べていくに連れて、彼の生き様と真実に直面する事になるのだが…。
これはもう〜〜〜〜岡田君映画でしょう!穏やかな人物像と圧倒的なイケメンぶりが儚さも生んで、ラストの笑っているのか泣いているのかわからない猛る難しい表情も含めて岡田君カッコイイ映画になっていました。しかも私の好きなパイロットのあの帽子に制服姿でしょ、ミーハーな感じでときめいてしまいました。

それと共に零戦が上手く表現されていて、嬉しかったし良かったと思います。実際に劇中で言われていたとおり一時期は世界一ともいわれる長距離飛行の出来る凄い機体なのでした。それを上手く再現できていたと思います。映画としては下手に戦争の事について詳しくは言及せずで正解だったかもしれない。
ただ残念な事に、ラスト間際に過去と現在が交差した事を印象付ける、現代の上空に宮部が敬礼して零戦で去っていくのをみて涙する健太郎というシーンがあるのですが、あそこは要らないシーンだったかな。そのあとの、「なぜ(弾が)当たらないんだ!!」といった、最後の特攻のシーンが良かっただけに、尚更残念な部分です。あそこの最後の表情がまあ〜〜巧い!原作では上半身だけになった宮部を敵側が手厚く葬るというシーンがあるそうなのですが、そこがなかったのは幸いでした。
しかしそこまで感動する映画には正直なってないと思います(映画館からは涙にぬれるすすり声が聞こえてましたが)。ドラマに意外性がなく、よくあるベタな展開に落ち着いてしまっていた(岡田君が演じる宮部という人物は非常に好漢で悲劇性もあり制服姿や学帽系にも弱い私は萌えっとなってしまったのですが)事が原因かな。サザンの楽曲も宮部の心情に合わない。
ただ、必ず帰ってきます、たとえ死んでも、生まれ変わってでも君と娘の元に帰って来る、といった約束が切ないですね。
「臆病者」と言われても信念を貫く宮部の姿が素敵だった。この時代、部下に「死ね」とは言えても「生きて帰れ」なんて絶対に口に出せませんもんね。戦時中の悲劇や戦争の事については今更ながらなので書きませんが、私は幸い戦争体験者の祖父の話は聞くことができましたが、戦争の体験を聞くことは、ただ苦労を聞くことだけじゃなくて、かつての若い彼らがいかに生きて、未来を夢見ていたかにも繋がるのかなと思いました。空中戦の姿(背面飛行)や空母など、映画としては興味深い部分もあって、なかなか面白かったですし、良く出来ていたと思います。


【概略】
祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵の存在を聞いた佐伯健太郎。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。そして、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を健太郎は知ることとなり……。

ドラマ

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.03.30 Thursday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






★コメント一覧★
これはヒューマンドラマですよね。
岡田くんの演技が素晴らしかったですね。
原作は宮部のそんなシーンがあったんですね....でもこれはなくて良かったと思います。


あ、今年もどうぞよろしくお願いいたします!!


  • maki
  • 2014/01/02 6:52 PM
yukarinさん こんばんは♪

不発弾だったので宮部が特攻をかけたシーンですね
彼の上半身だけが外に飛び出してきて、米軍が手厚く葬るようにというシーンだったと思います
そんなシーンがあったらどうしようかと思いましたが杞憂で良かったです、ラストはあの表情で十分伝わってきましたよね


  • maki
  • 2014/01/02 6:53 PM
>yukarinさん

こちらこそ、
今年も宜しくお願い致します♪


  • ふじき78
  • 2014/01/02 11:25 PM
岡田くん上手かったですねえ。
ジャニーズの他のメンバーも役者やるなら見習ってほしいです。

でも、この映画で圧倒されたのは田中泯さん。


  • cyaz
  • 2014/01/03 9:00 AM
makiさん、おはようございます^^
遅くなりましたが、昨年はお世話になりました。

僕も戦争の話は祖父母からは聞けませんでしたが、
母の兄が戦死しています。
おまえは兄さんの生まれえ変わりだと、
良く母から言われてました。
偶然に名前も感じは違いますが同じです。
こういう映画を若い世代に多く、
観てほしいものです。
むしろ社会授業の一環として、
学生たちに観せるべきだと思います!
本年もよろしくお願いいたしますm(__)m


  • maki
  • 2014/01/03 6:11 PM
ふじき78さん こんばんは♪

ほんとですね!
岡田君も役者としてかなり成長し
巧いと思わず唸ってしまうレベルに達しましたね
ジャニーズの中では一番かっこいいと常々思っていたので最近の注目度は嬉しい限りです
大河もみなきゃですね!


  • maki
  • 2014/01/03 6:15 PM
cyazさん こんばんは♪

認知症だった祖父は去年亡くなったのですが、
まだそんなに症状が進んでいない頃、戦争の時の記憶が鮮明であったので、よくスリッパで殴られた話などをしてくれていました
cyazさんも、お母さんにとって、そのまたお母さんにとって、生まれ変わりと信じられて愛されてきたのですね
自分自身もですが、名前も大切にしないとですね
戦争映画こそ、戦争を知らない若い世代に見せるべきだと私も思います


ほぼ、百田さんの本は読んでいるのですが、なぜかこれだけ手にとってないのですよ。
なので、私にしては珍しく、まっさらな感じで見れたのが大きかったです。まじにガツンときました。
やっぱ物語を知ってると、受け止め方も違うだろうなあ〜と強く感じました。

巷では右翼礼賛の映画だとか言われてるみたいですが、決してそうは思わないです。
兵士に生きて帰れ!という戦争礼賛なんてあるわけないですよね。
まんま受け取って、読んで、見てもらいたいと思うのですが、なんでそんなにうがった見方をするのかなあと思いますわ。


  • maki
  • 2014/01/13 7:04 PM
sakuraiさん こんばんは♪

そんなうがった見方をする人もいるのですか
素直にみて、感動したらいいんじゃないでしょうかね…
政治的な話ではない、ましてや戦争ものでもない、普通のヒューマンものであると感じました

関係ないですけど、一緒に見に行った父が、
サランラップのCMをみるたび「宮部久蔵が歌ってるの違和感あるなあ〜」というので可笑しくてたまりません


makiさん、こんにちは。

岡田君、絶賛されているように・・・
良かったですね。この宮部がひどい
演技の人だったら単なる駄作になって
しまいますもんね。

最後のシーンについても同感です。
現代の街中を飛んでいく宮部の姿は
いらなかったんじゃないかな?

僕もそう思いましたね。


  • maki
  • 2014/01/19 9:10 PM
タケヤさん こんばんは♪

ですよねー
感動する合間にあるシーンなのでなんともいえないのですが(少なくとも私は不要と思った)、
例えばあそこまでがっつり宮部の姿をみせなくとも、遠くを飛んでいくゼロ戦という映像イメージでも良かったように思います。
まあ、ばっさり切ってくれたほうがよいのですけどね^;
ちょっと冷めちゃって、その後のラストの岡田君の表情が巧いので余計に「あそこは冷める」と思ってしまいました


  • YAN
  • 2014/11/24 6:30 PM
makiさんは岡田君のファンなんですねっ☆
表情が良くて、すごく熱演していたな〜って印象に残ってます。
でもmakiさんも泣けなかったのね。
けっこう冷静に観た感じでそれは意外でした。

戦争ものというより、ヒューマンドラマとして観た方がいいですよね。
命や愛情・友情を大切にしていた人間がいた・・・
それが難しい時代に・・・というお話でしたね。(省力し過ぎだけど)
エンタメな映像に仕上げてあって良かったです。


  • maki
  • 2014/11/24 7:11 PM
YANさん こんばんは♪

泣けたーって人は、涙腺緩いか純粋なんだなと思います
映画たくさんみてきて擦れた私なんかだと、
終盤のいいシーンドン引きで「これはないわぁ」と冷静に観察してる自分もいました
岡田くんは、日本俳優さんの中では抜群にカッコイイと思っています、それだけ^^
ジャニーズは嫌いだし、ファンってほどでもないけど、岡田君はかっこいいよね、と官兵衛も毎週みています★
もう終わっちゃうけどね

ヒューマンドラマだと思います
YANさんの省略した部分で的を得ている話だと思いますよ
見所は、角度の付いた零戦の描き方でした
ここは、秀逸
だいたいがいままでの零戦の描き方が一定の方向からだけとかだったので、零戦の描き方に関しては、「ほぉ〜」と思ったのでした


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
心に、生き続ける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312210001/ 【送料無料】永遠の0 [ 百田尚樹 ]価格:920円(税込、送料込) 【送料無料】【コミック・書籍全巻セット】【3倍】永遠の0(コミック版) 1-5
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2014/01/02 10:41 AM
わはは。 公式HPで自分の名前入りのポスター画像が作れるっていうんでやってみた♪ ま、そういうことです。 原作で さんざん泣いたので、 まともに作っていれば絶対泣いちゃうってわかっていたので、 映画が始まる前からハンカチ用意してました。 隣の人
  • よくばりアンテナ
  • 2014/01/02 10:57 AM
命を生む零。  
  • Akira's VOICE
  • 2014/01/02 11:23 AM
【出演】  岡田 准一  三浦 春馬  井上 真央 【ストーリー】 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵の存在を聞いた佐伯健太郎。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に
  • 西京極 紫の館
  • 2014/01/02 11:32 AM
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:45の回を鑑賞。
  • みはいる・BのB
  • 2014/01/02 1:12 PM
絶対に生きて帰ると妻子に言い残して戦いに出て行った祖父は、臆病者と罵られても明日の日本を心配し死んで未来へ向かう日本人に大きなメッセージを残してくれた。戦争映画として邦画史上に残る傑作だ。
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
  • 2014/01/02 1:38 PM
『永遠の0』 を試写会で鑑賞しました。 面白い映画でした 戦争ってなんだろうと考えてしまいますね。 【ストーリー】  祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦
  • 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
  • 2014/01/02 1:53 PM
最後の所は蛇足かな。
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2014/01/02 2:03 PM
百田尚樹の同名小説の映画化。 監督は山崎貴 主演は岡田准一。 この小説の主人公、 宮部久蔵を演じます。 孫の健太郎には三浦春馬。 井上真央、染谷将太、新井浩文、濱田岳等が共演。 健太郎(三浦春馬)が血のつながった 祖父である宮部久蔵(岡田准一)が、
  • 花ごよみ
  • 2014/01/02 2:45 PM
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ゼロ戦が旋回する姿や航空母艦が水上を走っている姿は   美しかった。そして宮部久蔵の人物像を追って行って判った事実は悲しいものでした。そして、祖母松乃と清子を支えた賢一郎や景浦
  • こみち
  • 2014/01/02 2:49 PM
永遠の0@イイノホール
  • あーうぃ だにぇっと
  • 2014/01/02 3:19 PM
臆病者の戦闘機乗り公式サイト http://www.eienno-zero.jp12月21日公開原作: 永遠の0 (百田尚樹著/講談社文庫)監督: 山崎貴  「リターナー」 「ALWAYS 三丁目の夕
  • 風に吹かれて
  • 2014/01/02 3:36 PM
生かされている命。それは永遠に続く。 宮部久蔵少尉の物語だけが特別ではない。日本の未来を憂い、信じた成果も挙げられずに散っていった多くの英霊たち全員にこのような語り継 ...
  • こねたみっくす
  • 2014/01/02 3:44 PM
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを実写版映画化した作品です。
  • 水曜日のシネマ日記
  • 2014/01/02 3:49 PM
年末にふさわしい大作映画だった。『男たちの大和』あたりからか、日本の戦争映画もずいぶんと趣きを変えてきているように感じていたが、この作品も、この時代に精いっぱい生きた歴史的には名もなき兵士の生き様と彼
  • たいむのひとりごと
  • 2014/01/02 4:16 PM
2013/12/21公開(2013/12/10試写) 日本 144分監督:山崎貴出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲 [Story]祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2014/01/02 4:36 PM
「永遠の0」は2004年に祖母を亡くした孫の娘と息子がかつて祖母の夫であった祖父の太平洋戦争での足跡調べていく事でかつて祖父がどんな人物であり、何を託して行ったのかを知 ...
  • オールマイティにコメンテート
  • 2014/01/02 5:00 PM
評価:★★★★☆【4,5点】(P)(10) 映画のラストで冒頭の葬儀シーンの重さを知ることに。
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2014/01/02 5:12 PM
映画「永遠の0」を鑑賞しました。
  • FREE TIME
  • 2014/01/02 7:20 PM
先に観に行った甥っ子(小学六年生)が絶賛していた『永遠の0』を観てきました。 ★★★★★ 戦争を知らない世代の日本人に命の尊さと戦争の愚かさを改めて訴え掛ける、とても大切なメッセージのこもった映画です。 こんな命の礎の上に戦後反映した国家の総理大臣が、
  • そーれりぽーと
  • 2014/01/02 8:29 PM
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。主人公の特攻隊員
  • パピとママ映画のblog
  • 2014/01/02 8:42 PM
試写会で観ました。原作未読、サザンの曲が流れる予告でもうお腹いっぱいで、映画はそこまで感動しないんだろうなとちょっと冷めた状態だったんですが・・・すごく良かったです!感動しました。ウルウルなりっぱなしでした。祖母・松乃の葬儀で実の祖父の存在を知った健
  • はるみのひとり言
  • 2014/01/02 9:40 PM
百田尚樹さんの同名ベストセラー小説を岡田准一さんの主演で『ALWAYS』シリーズなど手がけてきた日本のVFXの名手・山崎貴監督が映画化した作品です。今夏に零戦開発者の堀越二郎さん ...
  • カノンな日々
  • 2014/01/02 9:42 PM
太平洋戦争版黒田官兵衛? 公式サイト。百田尚樹原作、山崎貴監督。岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2014/01/02 10:11 PM
 岡田君・・・すごい役者根性です
  • 極私的映画論+α
  • 2014/01/02 10:41 PM
五つ星評価で【★★★★おそらくイビツな映画】 ラストについてのネタバレがあります。 原作未読。 これには泣かされる。 でも、私はひねくれ者だから、 映画としては変な作 ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2014/01/02 11:26 PM
映画「永遠の0」★★★★ 岡田准一、三浦春馬、井上真央、 濱田岳、新井浩文、染谷将太 、 三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、 田中泯、山本學、風吹ジュン、 平幹二朗、橋爪功、夏八木勲出演 山崎貴 監督 144分、2013年12月21日より公開 2013,日本,東宝 (原題/原作:百
  • soramove
  • 2014/01/02 11:37 PM
□作品オフィシャルサイト 「永遠の0」□監督 山崎 貴□脚本 山崎 貴、林 民夫□原作 百田尚樹 □キャスト 岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田 岳、新井浩文、染谷将太、       三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中 泯、山本 學、風吹ジュン、   
  • 京の昼寝〜♪
  • 2014/01/03 8:45 AM
はい、恒例の今年観賞した作品の振り返りを行います。 今年劇場に観に行った本数は1
  • はらやんの映画徒然草
  • 2014/01/03 9:52 AM
2004年、青年・佐伯健太郎は、自分が祖父と血の繋がりがなく、本当の祖父・宮部久蔵が第二次世界大戦で戦死していたことを知らされる。 宮部に興味を持った健太郎が、かつての戦友たちを訪ね耳にしたのは「海軍一の臆病者」という酷い評判だった。 …60年前の太平洋戦
  • 象のロケット
  • 2014/01/04 3:24 PM
130万部の同名の大ヒット小説の映画化。本日二本目。そして、今年(2013年)最後の作品です。 実は(と言うか、当然に)原作も読んでいて、今回の映画鑑賞のために再読してみました。泣きました(苦笑)。 その原作の感動がどこまで、映画で描かれていたtかというか、う
  • 勝手に映画評
  • 2014/01/04 6:08 PM
60年後に、届いた想い。 実に見応えのある、堂々たる力作である。 百田尚樹の原作はだいぶ前に読んだが、なんと文庫本のベストセラー歴代1位を更新する大ヒット作となったらしい。 長大な原作の映像化がどうあるべきか、おそらく既読者は色々言いたい事も多いだろ
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2014/01/04 7:17 PM
今年の本屋大賞で話題の百田尚樹原作のベストセラー小説「永遠の0」だから、気になっていたのだ。 とはいえ、ジャニーズアイドルとイケメン若手俳優の起用では、期待も薄いなぁーと思っていたのも正直なところ。 ところがっ!!こんなにいい映画だったとはっ!
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2014/01/05 12:29 AM
さて、こちら年末年始の戦争もの映画ですね 私は数年前に原作をすでに読んでいて、今回の映画も楽しみにしていました ちなみに原作の感想はこちら 読んだのが数年前だったため細部はうろ覚えでの鑑賞でした あらすじ 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父
  • にきログ
  • 2014/01/05 9:40 PM
★★★★ 製作:2013年 日本 上映時間:144分 監督:山崎貴  ちょっと視点を変えた戦争映画である。特攻隊員だったという実祖父の生きざまを孫からの視点で、現代と過去を交錯させながら綴っていく。「海軍一の臆病者」と呼ばれたゼロ戦搭乗兵だった祖父、それは
  • ケントのたそがれ劇場
  • 2014/01/06 1:16 PM
司法浪人の佐伯健太郎(三浦春馬)は、祖母松乃の葬儀で、賢一郎(夏八木勲)が実の祖父ではないことを知る。 本当の祖父は、太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵(岡田准一)であると教えられた健太郎は、姉の慶子(吹石一恵)に、宮部について調べてみようと
  • 心のままに映画の風景
  • 2014/01/06 4:50 PM
【今年1本目】 妻と約束していたので今年最初の映画はこれになった、ファーストディで109シネマズ湘南。 元旦のテラスモール湘南はすっごい大賑わい、孫への買い物をしたり、あらと&うっちーとこの王子への出産祝いをむちゃくちゃ思い入れ込めて(妻には「それでえ
  • No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.
  • 2014/01/07 12:35 PM
次男がこの作品を観たいと切望した時、原作未読の私は、戦争を美化した話だったら嫌だな、と思ってなかなかうん、と言えませんでした。 戦争は、怖い。でも戦闘機はカッコいい。単純な小学生男子の発想。特に戦闘物が好きな次男にしてみれば、ゼロ戦が戦闘する所、見
  • ここなつ映画レビュー
  • 2014/01/07 4:44 PM
 私の年になると、師走は何故か落ち着きません。仕事の方は峠を越しているのですが、何なんでしょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 永遠の0 【製作
  • こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
  • 2014/01/10 8:11 PM
泣いた!泣きおさめ。
  • 迷宮映画館
  • 2014/01/13 1:22 PM
この空に願う、未来――壮大な愛の物語。 製作年度 2013年 上映時間 144分 原作 百田尚樹 脚本 山崎貴/林民夫 監督 山崎貴 出演 岡田准一/三浦春馬/井上真央/濱田岳/染谷将太/新井浩文/三浦貴大/上田竜也/吹石一恵/山本學/橋爪功/夏八木勲 零戦搭乗員の悲劇を描いた百
  • to Heart
  • 2014/01/13 9:36 PM
永遠の0     監督: 山崎貴    出演: 岡田准一、三浦春馬、夏八木勲、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功 公開: 2013年12月21日 2013年12月25日。劇場観賞。 原作は百田
  • 映画@見取り八段
  • 2014/01/15 9:44 PM
最近映画館で観た映画なんですか?原作を読んで涙した、あの「永遠の0(ゼロ)」をようやく見ることができました  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵の存在を聞いた佐伯健太郎
  • じゅずじの旦那
  • 2014/01/16 9:39 AM
 『永遠の0』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争物の映画は正直あまり見たくはないのですが、評判がとてもいいものですから、映画館に出向いてみました。  物語(注1)は、司法試験に4回落ちている健太郎(三浦春馬)が、姉の慶子(吹石一恵)と一緒に、自分の血
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2014/01/17 6:28 AM
監督:山崎貴 出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、染谷将太、吹石一恵、風吹ジュン、橋爪功、夏八木勲 【解説】 零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の
  • タケヤと愉快な仲間達
  • 2014/01/19 8:48 PM
原作は未読。 だから純粋に映画関してだけのわたくしの印象・感
  • LIFE ‘O’ THE PARTY
  • 2014/03/06 7:45 PM
愛する者のために生きて帰りたい   司法試験に落ちて進路に迷う青年、佐伯健太郎。ある日、今の祖父とは血のつながりがなく、血縁上の祖父が別にいることを知る。  その実の祖父の名は、宮部久蔵。太平洋戦争で零戦パイロットとして戦い、終戦直前に特攻出撃により
  • CINECHANが観た映画について
  • 2014/04/22 1:32 AM
映画「永遠の0」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタ
  • 翼のインサイト競馬予想
  • 2014/08/29 8:25 AM
永遠の0 DVD通常版(2014/07/23)岡田准一、三浦春馬 他商品詳細を見る 【eien no zero】 制作国:日本 制作年:2013年 司法試験に落ちて進路に迷う佐伯健太郎は、祖母・松乃の葬儀の日に 驚くべき事実を知らされる。実は自分と祖父・賢一郎には血のつながり が無
  • miaのmovie★DIARY
  • 2014/10/31 5:10 PM
多くの犠牲の上に平和な現代があるんだ。 監督:山崎貴 製作:2013年 日本 原作:百田尚樹「永遠の0」 上映時間:144分 出演:*岡田准一 *三浦春馬 *井上真央 *濱田岳 *新井浩文 *染谷将太 *吹石一恵 *風吹ジュン *田中泯 *平幹
  • RockingChairで映画鑑賞
  • 2014/11/24 6:31 PM
3連休の真ん中です・・・
  • Break Time
  • 2015/01/21 8:30 PM


search this site.

New entries

categories

Memo

03/24
ホライゾンゼロドーンを絶賛プレイ中。DVDおろそか^; 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「テロ,ライブ」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ハッピーボイス・キラー」「ファンタスティック・フォー」「マイ・インターン」「コンテンダー」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「クライム・ヒート」「ゾンビーワールドへようこそ」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「これが私の人生設計」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「エレクトラウーマン&ダイナガール」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「フィフス・ウェイブ」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「BILLABONG ビラボン」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」「グースバンプス モンスターと秘密の書」「セルフレス/覚醒した記憶」「青空エール」「スター・トレック BEYOND」「インフェルノ」「特捜部Q Pからのメッセージ」「ミリオンダラー・ホテル」「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」「グッド・ネイバー」「屍憶 -SHIOKU-」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「ハングリー・ハーツ」「ジェイソン・ボーン」「世界の果てまでヒャッハー!」「レジデント」「ラスト・ウィッチ・ハンター」「ザ・ギフト」「5時から7時の恋人カンケイ」「ミッドナイト・スペシャル」「ジョイ」「ハッピーログイン」「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」「後妻業の女」「真田十勇士」「ドント・ブリーズ」「バニーマン/殺戮のカーニバル」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)

★ 現在観ている海外ドラマ:
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 映画 ビリギャル
    Keithorith
  • 映画 ビリギャル
    Edgarnouse
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    maki
  • GANTZ:O
    maki
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    ヒロ之
  • GANTZ:O
    ヒロ之
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    maki
  • ネイバーズ 2
    maki
  • ネイバーズ 2
    morkohsonimap
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    morkohsonimap

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR