死霊館


2014.02.05 Wednesday


戦慄の実話。ジェームズ・ワン監督なのできっと不気味な人形がまた出てくるよと思ってたら、出てきた!(笑)

特別特殊な演出はされずに、「インシディアス」同様、シンプルなオカルトホラーとして楽しめる出来になっている。
デッド・サイレンス」もそうですが、ワン監督のホラーとは相性がいい。けれどインシディアス第二章でホラー畑から引退らしく、残念であります;
古典ホラーのような演出が、じわじわと静かに恐怖を高める要因にもなって、うん、好きですこういうの。ジャケ裏には実際のペロン一家とウォーレン夫妻の写真もあって、期待値が高まるッて状態からスタート。怖いです…。そして面白い。すっかり映画に没入してみながら感想書くのわすれちゃってた。

少しずつ積み重なる恐怖。
家にとりついていた霊は最早家族にとりついている。ウォーレン夫妻が関与した事で霊は怒り、いっそう攻撃性を増す。ロレインが逃げる途中でひっかかってなくしたペンダントのせいで娘のジュリーさえも狙われることになるのが嫌だよねえ。
発端は、セイラムの魔女裁判で処刑された女性の親戚の女性バスシーバが、自分の子供を魔女の儀式の生贄にして呪いの言葉を吐いて自殺したことによる。「この土地を奪うものは未来永劫呪ってやる」

魔女が母親にとりついて、子供を殺す気であるということがわかるのだが、母親を家から出せない事により、今すぐ悪魔祓いをする必要があった。神父を待つ時間がなく、エドが悪魔祓いをすることになるのだが…。

人の持つ愛という感情は、悪魔の呪いにさえ打ち克つ力をもつ。母親の家族を愛しているといった「家族が私のすべて」という台詞が伏線になっていた。
あの雰囲気ある庭の木に首吊る足だけの映像が、色々と連想させてなかなか良い。地下室でも、ぐるりと回転する首吊り足が現われてましたね。あと地味に霊に「皆殺しにしてやる」とかいわれるのって恐怖だよね!

ジョーイ・キングちゃん(「ホワイトハウス・ダウン」とか)が娘役の一人として出演してましたねー。かわいい。


【概略】
1971年、ロードアイランド州ハリスヴィル。野中にポツンと建つ古びた一軒家に、ロジャーとキャロリンのペロン夫妻と5人の娘たちが引っ越して来た。一家は新しい生活に胸を躍らせるが、翌朝から様々な異変が一家を襲い始める。室内は外よりも寒く、死臭が漂い、家中の時計が全て3時7分で止まり、キャロリンの身体には原因不明の痣が浮かんだ。“何か"の存在を確信したキャロリンは、数々の心霊現象を解決して来たウォーレン夫妻に助けを求める。

ホラー

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.03.30 Thursday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






★コメント一覧★
家に憑いていたはずが最後には人に憑き、「引っ越してもどうにもならない」って絶望ですね^^; 『インシディアス』もそうでしたよね。
これが本当だろうとそうじゃなかろうと、この家族を助けなくては!と命を削って立ち向かっていくロレインに感動いたしました!
『デッド・サイレンス』も好きです。冒頭の夫婦のシーンが最高。あれは人形だらけでしたね^^


  • maki
  • 2014/02/05 8:42 PM
momorexさん こんばんは♪

「出没」「攻撃」「憑依」と、三段階に至るまでの過程がじんわりとした古典的恐怖演出であおられていて、とても良かったですね!
家族が全てだという母親の気持ちを、同じ母親であるロレインが察して命を削ってでも助けようとする、夫妻の姿勢は素晴らしかったです
またそれを無理なく演じていた二人の演技もよかった。

「デッド・サイレンス」も大好きなのですが、あれはコンセプトの「人で人形を作る
」といった部分に非常に私好みのセンスを感じたのでありました


  • ミス・マープル
  • 2014/02/05 9:08 PM
三段階の説明がその通りに映像化されていくところがうまいです。
血や肉片やものすごい形相がなくても十分怖くなれるのだと実感しました。
あのオルゴールはめっちゃ不気味ですね。
あんなもの持ってちゃいけません。


  • maki
  • 2014/02/06 9:51 AM
ミス・マープルさん こんにちは♪

あのオルゴールは普通に不気味でしたね
あのグルグルがまたいけません ピエロが出てくるところもマイナスっ

非常に丁寧なつくりで、まさに三段階を経てのラストでしたが、面白い出来になっていましたね!これで、実は呪いは終わってなくてその後皆殺しとかになってたら興ざめしてたかもしれません


これは、じわじわ怖かったですね!
本物の人形の写真を見ると、表情は怖くなくて普通のものなんですが、映画的に怖くしたんでしょうね〜。


  • maki
  • 2014/02/06 3:58 PM
ボーさん こんにちは♪

実際のアナベル事件のお人形は手作り感あふれる普通のお人形なんですよね
やっぱりそこはワン監督ですから(笑)人形も怖くないと!


  • pu-ko
  • 2014/02/07 2:12 PM
えーー?監督ホラーから引退?それはちょっとショック。
怖さの演出も好きだったのになぁ。次はどんなの撮るんでしょうね。
これはすごく楽しめました。


  • maki
  • 2014/02/07 6:48 PM
pu-koさん こんばんは♪

これもとても面白かったですよね。
出来ればワン監督にはこれからもホラーで私たちをビックリさせてほしかったですが…。
監督は「ワイルド・スピード」7作目を撮る事になったらしいですね
でもケビン・ベーコン主演の狼の死刑宣告を撮っていますから、アクションもいけるんだと思いますね


  • ヒロ之
  • 2014/02/09 5:30 PM
こんにちはー。
ストーリーがとてつもなく面白かったです。
展開もさくさく進むし、夢中で見てしまいました。
それとやっぱり家族をなんとか助けようと奮闘するウォーレン夫妻の優しさでしょうね。
あれをずっと見せられたせいか、ラストは物凄く感動しちゃいました。
ウォーレン夫妻は他にも色々と怪奇な体験をされているみたですし、彼らをまた主役にした別の作品を見てみたいと思いました。


  • maki
  • 2014/02/09 6:11 PM
ヒロ之さん こちらもありがとう

さすがに、観客を引き込むコツを得てますよね
ワン監督のホラーはとても好きなのですが(SAWも面白いのは一作目だけだし)、これも大好きな作品になりました。
古典的演出が品のよさをかもし、こっそりワン監督自身も出演している(こっそりではない)のがいいですね。
実際の事件にかなり忠実につくられているとのことで、見ている側もホラー的緊張を常に保っていられる良作と思います
公式サイトのロレインさんのメッセージも素晴らしいものでした。


こんにちは♪
人形出てきましたねー(笑)
ベタな話ですけどなかなかの怖さでした。
監督にはもっとホラー撮ってほしいのに〜
やはり最後は家族愛という所がいいですね。


  • maki
  • 2014/02/18 12:42 PM
yukarinさん こんにちは♪

ホラーはやっぱり王道のものが一番怖いですね
引っ越した先の家に…なんて昔から使われてきたホラー設定ですが、これは最後が家族愛で救われるのも合って、ウォーレン夫妻を応援したくなりました


  • ふじき78
  • 2016/11/18 1:26 AM
あんな怖い家で、かくれんぼさせるって思い付きが凄いよなあ。犬が思った通り可哀想な目にあってしまうのはなー。もう家に入らない時点で分かったから、ちょっと可哀想になってしまった。


  • maki
  • 2016/11/18 11:18 AM
ふじき78さん こんにちは♪

シリーズ一作目
これも大作と感じる出来栄えだったなあ
二作目もとっても良かったです!

ワンちゃんはたしかに可哀想でした;


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
死霊館@ワーナーブラザース映画試写室
  • あーうぃ だにぇっと
  • 2014/02/05 7:46 PM
公式サイト。英題:The Conjuring(手品または招魂)。ジェームズ・ワン監督、ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、ロン・リヴィングストン、リリ・テイラー、シャンリー・キャズ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2014/02/05 7:51 PM
出没-Infestation、攻撃-Oppression、憑依-Possession ―。悪魔が人を乗っ取るこれら恐怖の手順にさらされた、ある一家と悪魔研究家の戦い。この映画が実話ベースとは知らなかった。登場する悪魔研究家は、あの超有名な「アミティヴィルの恐怖」の家を診た夫婦。でも
  • momoな毎日
  • 2014/02/05 8:13 PM
評価:★★★★【4点】(P) 今やミステリーホラー界の第一人者の異名をとるワン監督の
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2014/02/05 8:34 PM
JUGEMテーマ:Horror「死霊館」原題:The Conjuring監督:ジェームズ・ワン2013年 アメリカ映画 112分キャスト:ヴェラ・ファーミガ     パトリック・ウィルソン     リリ・テイラー     ロン・リビングストン悪魔研究家のエドと透視能力を持つ妻ロ
  • マープルのつぶやき
  • 2014/02/05 9:09 PM
【出演】  ヴェラ・ファーミガ  パトリック・ウィルソン  ロン・リヴィングストン  リリ・テイラー 【ストーリー】 1971年アメリカ・ロードアイランド州、両親と5人の娘たちが古びた一軒家に引っ越してくる。しかし、毎朝母親の体にあざができ、一定の時間に止まる
  • 西京極 紫の館
  • 2014/02/05 9:23 PM
『ソウ』シリーズや『インシディアス』を手がけたジェームズ・ワン監督が『インシディアス』のパトリック・ウィルソンを再び主演にして1971年にアメリカで実際に起きた奇怪な事件を ...
  • カノンな日々
  • 2014/02/05 9:46 PM
地下室のシーンでマッチや裸電球だけといったわずかな光源だけで撮っていると思われるカットがある。これデジタルカメラで撮れたのだろうか。フィルムで撮ったにせよ、以前だったら大変だっただろう条件を技術の進歩が何か軽々と乗り越えている印象です。 数多い幽霊屋
  • prisoner's BLOG
  • 2014/02/05 10:01 PM
『死霊館』 を試写会で鑑賞しました。 プレスを最後にいただいたんですが、こういう怖い映画は忘れたいのでいりませんよ(笑) 【ストーリー】  1971年アメリカ・ロードアイランド州、両親と5人の娘たちが古びた一軒家に引っ越してくる。しかし、毎朝母親の体にあざが
  • 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
  • 2014/02/05 11:17 PM
悪魔さん怖すぎ。勘弁して下さい。  
  • Akira's VOICE
  • 2014/02/06 10:15 AM
ランキングクリックしてね ←please click 40年もの間、関係者全員が口を閉ざし続けたある一家に起きた実話を 「ソウ」「インシディアス」のジェームズ・ワン監督が発掘し映画化 タランティーノが、早くも選んだ今年の10本のうちの1本 元々
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2014/02/06 10:58 AM
かなり怖かったぞー。
  • 或る日の出来事
  • 2014/02/06 1:54 PM
THE CONJURING アメリカ 監督:ジェームズ・ワン 出演:ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、ロン・リヴィングストン、リリ・テイラー、シャンリー・キャズウェル、ヘイリー・マクファーランド、ジョーイ・キング、他 ““心霊現象の大半は科学的に解明でき
  • 肩ログ
  • 2014/02/06 3:20 PM
ホラーは苦手なんだけど、予告で何度も見てなんか気になってて。怖いと評判みたいなので、なかなか見る勇気がなかったけど、「恋するリベラーチェ」の試写会前にちょうど時間が合ったので勢いで見て来ました。一人で見るし、人少なかったら怖いな〜と思ってたんだけど、
  • はるみのひとり言
  • 2014/02/06 5:02 PM
『死霊館』 "THE CONJURING” (2013・アメリカ・1h52) 監督 : ジェームズ・ワン 出演 : パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ、ロン・リヴィングストン、リリ・テイラー、シャンリー・キャズウェル、ヘイリー・マクファーランド、ジョーイ・キング、マ
  • Koh now do Cha ca takin'
  • 2014/02/06 8:18 PM
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 10月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:25の回を鑑賞。
  • みはいる・BのB
  • 2014/02/06 9:08 PM
その恐怖は、実在する。 現代ハリウッド随一のホラーマイスター、ジェームズ・ワン監督が、1971年にロードアイランド州で実際に起こった事件を基に映画化したオカルト・ホラー。 購入した古い屋敷で怪奇現象に襲われた一家は、数々の心霊事件を解決していた著名な心
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2014/02/06 10:14 PM
2013年10月19日(土) 19:00〜 109シネマズ川崎6 料金:1000円(ポイントカード会員感謝の日) パンフレット:未確認 古臭いが故に目新しい。正統派オカルト映画。 『死霊館』公式サイト 元来「ソウ」の監督の奴なのだが、その後撮ったホラーは、あまり奇を
  • ダイターンクラッシュ!!
  • 2014/02/06 11:12 PM
土地を奪った者は皆殺し   エドとロレーヌのウォーレン夫妻は、数々の心霊現象を解決してきたゴーストハンター。  そんな夫妻のもとに、ある日ひとつの相談が持ち込まれる。それは、ロードアイランドの人里離れた一軒家に引っ越したペロン一家が不気味な怪現象に悩
  • CINECHANが観た映画について
  • 2014/02/07 2:02 AM
死霊館(2013)アメリカ原題:The Conjuring 監督:ジェームズ・ワン 出演:ヴェラ・ファーミガ/パトリック・ウィルソン/ロン・リヴィングストン/リリ・テイラー日本公開:秋 1971年、 ...
  • シネマ・クレシェンド
  • 2014/02/07 2:13 PM
なかなかに怖くてイイ!
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2014/02/08 12:42 AM
(原題:THE CONJURING) ----もう。 夏も終るというのに、 ニャんでこんな怖そうな映画を? またまた眠れなくなるじゃニャい。 「うん。 これは、 『ワイルド・スピード』シリーズの新作を任せられたことでも話題の ジェームズ・ワン監督の新作ホラー。 フォーンも
  • ラムの大通り
  • 2014/02/08 12:08 PM
1971年、アメリカ・ロードアイランド州。 両親と5人の娘たちのペロン一家は庁Eて古ぁE軒家へ引っ越してきた。 彼らにとっては夢のマイホEムだったが、室?EE外よりも寒く死臭が漂い、夜になると何老Eが部屋にめEて来ると娘たちは口、E訴える。 ペロン夫妻に助けを求め
  • 象のロケチE
  • 2014/02/09 10:30 AM
THE CONJURING 2013年 アメリカ 112分 ホラー PG12 劇場公開(2013/10/11) 監督: ジェームズ・ワン 『インシディアス』 出演: ヴェラ・ファーミガ:ロレイン・ウォーレン パトリック・ウィルソン:エド・ウォーレン ロン・リヴィングストン:ロジャー・ペ
  • 銀幕大帝α
  • 2014/02/09 5:26 PM
   “心霊現象の大半は科学的に解明できる”と証言する著名な学者が、キャリア史上唯一100%本物と認めた事件。 結局この前観た「悪いやつら」は記事アップ出来ず、、、、。昨日観た死霊館を書くことにしました。ジェームズ・ワン監督作品の代表
  • 銅版画制作の日々
  • 2014/02/09 11:50 PM
全米が泣いた・・・かも。 調べたら、今年は「エクソシスト」から40年にあたるらしい。 当時はオカルトブームなんて言われて、映画は半ば社会現象になった。撮影中に不可解な事故が起きたなんてことが、話題性に輪をかけた作品もあった記憶がある。 ただ、ブームと
  • Con Gas, Sin Hielo
  • 2014/02/11 9:39 PM
【THE CONJURING】 2013/10/11開 アメリカ PG12 112分監督:ジェームズ・ワン出演:ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、ロン・リヴィングストン、リリ・テイラー “心霊現象の大半は科学的に解明できる”と証言する著名な学者が、キャリア
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2014/02/18 12:34 PM
『ソウ』シリーズなどで有名なジェームズ・ワン監督が、アメリカで実際に起きた出来事を基に描くオカルトホラー。不可解な怪現象に悩まされる一家の相談を受けた心霊学者の夫妻が、調査に赴いた館で壮絶な恐怖を味わう。実在の心霊学者ウォーレン夫妻には、『インシディ
  • パピとママ映画のblog
  • 2014/04/04 7:53 PM
死霊館〜 THE CONJURING 〜     監督: ジェームズ・ワン    出演: ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、リリ・テイラー、ロン・リヴィングストン、シャンリー・カズウェル、ヘイリー・マクファーランド、ジョーイ・キング、マッケンジー・フォイ、カ
  • 映画@見取り八段
  • 2014/04/17 4:45 AM
ポスタ- A4パターンA 死霊館 光沢プリント()写真フォトスタンド APOLLO商品詳細を見る 【THE CONJURING】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 1971年、ロードアイランド州ハリスヴィル。 野中にポツンと建つ古びた一軒家に、ロジャーとキャロリンの ペロン夫
  • miaのmovie★DIARY
  • 2014/10/21 4:25 PM
「・・・おかずです」 「・・・ずーこです」 「2人揃って」 「映画に耽溺〜〜」 「したいけど」 「けど〜〜〜」 「これは・・・・」 「これはだわよね〜〜〜!!!!」 「ううっ」 「ううううっ」 「もうねえ秋の夜長独りでこれはじっくりと」 「・・・う
  • 映画に耽溺
  • 2014/12/27 2:40 PM
監督 ジェームズ・ワン 主演 ヴェラ・ファーミガ 2013年 アメリカ映画 112分 ホラー 採点★★★★ 私が住んでる家と同じ敷地内に一軒の廃屋が。元々は私の両親が「店舗兼住居じゃなにかとしんどいから家建てんべ」と建てた2階建ての一軒家なんですけど、そこに
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2015/05/14 7:46 AM


search this site.

New entries

categories

Memo

03/24
ホライゾンゼロドーンを絶賛プレイ中。DVDおろそか^; 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「テロ,ライブ」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ハッピーボイス・キラー」「ファンタスティック・フォー」「マイ・インターン」「コンテンダー」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「クライム・ヒート」「ゾンビーワールドへようこそ」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「これが私の人生設計」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「エレクトラウーマン&ダイナガール」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「フィフス・ウェイブ」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「BILLABONG ビラボン」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」「グースバンプス モンスターと秘密の書」「セルフレス/覚醒した記憶」「青空エール」「スター・トレック BEYOND」「インフェルノ」「特捜部Q Pからのメッセージ」「ミリオンダラー・ホテル」「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」「グッド・ネイバー」「屍憶 -SHIOKU-」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「ハングリー・ハーツ」「ジェイソン・ボーン」「世界の果てまでヒャッハー!」「レジデント」「ラスト・ウィッチ・ハンター」「ザ・ギフト」「5時から7時の恋人カンケイ」「ミッドナイト・スペシャル」「ジョイ」「ハッピーログイン」「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」「後妻業の女」「真田十勇士」「ドント・ブリーズ」「バニーマン/殺戮のカーニバル」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)

★ 現在観ている海外ドラマ:
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 映画 ビリギャル
    Keithorith
  • 映画 ビリギャル
    Edgarnouse
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    maki
  • GANTZ:O
    maki
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    ヒロ之
  • GANTZ:O
    ヒロ之
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    maki
  • ネイバーズ 2
    maki
  • ネイバーズ 2
    morkohsonimap
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    morkohsonimap

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR