ノア 約束の舟


2014.09.17 Wednesday
【概略】
ある夜、ノアは眠りの中で、恐るべき光景を見る。それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神の宣告だった。大洪水が来ると知ったノアは、妻ナーマと3人の息子、そして養女イラと共に、罪のない動物たちを守る箱舟を造り始める。やがてノアの父を殺した宿敵トバル・カインがノアの計画を知り、舟を奪おうとする。壮絶な戦いのなか、遂に大洪水が始まる……。
史劇・ドラマ



ただの宗教映画ではないので、案外と日本人のほうが受け入れやすいのかも。聖書として正しい解釈という意味ではないということです。福音を伝えるというよりは、エンタメ史劇になっています。
一般的な「ノアの方舟」を簡単にいっちゃえば、人間が堕落しきったため一旦リセット!というような解釈だと思う。この作品では迷えるノアを映し出すことによって、神からの啓示がいかにおぼろげで誤解を受けやすいものかというのも良く出ていたと思う。なにせ啓示だって、星が流れたとか夢に見たとかそんな曖昧なものだろうから、ヤハウェが降臨して今後の世界形成について教えてくれるわけではないので、そりゃ何が正しいのか、迷うことだろうと思う。
神はノアを「正しい人」だとして選んだわけではない。ノアは原罪を継いでいる、愚かな、ただの人間である。でもだからこそ、迷い、戸惑い、決断し、反逆し、嘆き、哀しみ、愛する事の出来る人間でもあるのだ。
敬虔なクリスチャンの間では、預言者について意図的に偽りを伝えるのは冒涜だと言う人もいる。確かに、冒頭の一文からして違う。そんなに聖書に詳しくない私でも、あれ?と思う所はたくさんあったので、そりゃ詳しい人は憤慨するかもしれません。でもこれは正しい宗教映画ではない、そこはきちんと「理解して」観ていないとね。
旧約聖書の創世記を知的に描いたジョン・ヒューストン監督の「天地創造」から50年たち…そりゃー勿論期待していましたよ。黄金比で作られた舟の描写とか、洪水の様だとかね。ただね、監督の言もあるように、なかなか面白い新解釈だったと思いますが、スペクタル史劇とはなっていなかったのは少し残念。
私が気づいた部分だけでも(かなり細部にわたって)深意があるとみえました。気になる点をいくつか。
舟に乗る人数は映画では5人だが息子たちの妻も入れて実際は8人である。
聖書では無垢なるノアの一族だけは助かるよう天使が命じているものの、本作ではノアが繰り返し自問するように、ノアの子供たちが人類最後である事を一種呪いのようにして描かれている。「人は生きるに値すべきか」と悩み悩み悩みまくるノア、このイメージは従来のノア像にはありませんでしたね。
トバルカインの殺害を介し「人間は自分の意志によって生きるのだ」という意志が次男のハムの中に芽生える事が示唆され、大洪水後にハムが一人旅にでることになるのだけれども、聖書では、酔ったノアの介抱をハムが怠ったためノアがハムの息子のカナンを呪うのである。これは今でも論争されている部分で、ノアという人間を評価する点においても重要な部分であるともいえる。
作られた舟に最初に乗り込むのは「鳥」次に「蛇」で、これは暗に天地(天使と悪魔)を表しているものなのかな?
また、ノアの舟造りを手助けし家族を守る役目を果たすのが堕天使である番人「ウォッチャー」。彼らはもともと光の者ですが、結果として光となり天に還っていきます。石というものは永遠たるものの象徴ともいわれていますね。全編にわたってユング的思考みたいなもの…を強く感じました。
ノアは人類を絶滅させるのが使命だと思いこんでいます。それは人類が罪を背負っている生き物であり誰しも悪というものを持っていると思っているからであって、まあ実際の所そうなのですが、本作での神は人類の絶滅までは望んではいなかったとはっきり言えると思います。それは、ノアが見たヴィジョンからも断言できると思います。神の目的は「善きもの」を残すということ。しかし思いこんでいるノアは双子の孫をも手にかけようとしますが…出来なかった。これが、カインとアベルのように血縁による殺人という悲劇を繰り返すことなく、ノアが「善なるもの」となった瞬間だったのではないでしょうか。それまで彼はグレーの部分にいたんじゃないかな。
これ以上は長くなるので割愛しますが、原罪をもつ人間を、「善なるもの」として神=創造主はその存在を許した。それは、悪であっても善であるというように二面性をもつことを許されているということなのではないでしょうか。ノアは神に人というものを託され、愛と慈悲を選んだとイラが諭すシーンがこの映画のノアの役割だったのでしょう。
人間というものは実に複雑に創られているものだ、と思います。

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.03.23 Thursday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






関連する記事
★コメント一覧★
  • mia☆mia
  • 2014/09/17 5:46 PM
この映画、もうDVDが出たんですね。早いナァ。

神の御心を啓示によって見出す・・・。
捉えようによってどうとでも変わることですもんね。
ノアの苦悩は少しは分かるような気がします。

大洪水で映画は終わりかと思いきや、そのあとがけっこう長かった。

深く見ればトコトン難しい映画でしょうが、ただ単に映像を楽しむだけでもOKですよね(^^♪


  • maki
  • 2014/09/17 7:53 PM
mia☆miaさん こんばんは♪

むしろ、洪水以降が話のメインでしたね
とかく悩む悩む決断してまた悩むノア
結局忌むべき双子さえ殺せず、その時点でイラが
いっていたとおり、慈悲を選んだのでしょう
ビジョンでは下に下りず上にもあがらず、
真ん中の水の中に居たノア
グレーゾーンに居たのではないかと思ってます
彼の決断しだいで、本当に人間はほろんでいたのかも…と


  • ミス・マープル
  • 2014/09/24 9:17 PM
宗教に全然疎いので、中盤以降はダレダレでした。
ノアが何に悩むのかは理解できましたが、「使命」を
果たさないことへの疑問は残りましたし、ハムの心を
くみ取る親としてのノアの心にもややモヤモヤ。
とりあえず長いです。


  • maki
  • 2014/09/25 4:51 PM
ミス・マープルさん こんにちは♪

結局使命を果たせず、
そこに意義を見いだせずに、葡萄酒漬けになってましたよね(笑)
神と人との間のバランスをとる役目だったのかなあとも思います
彼がもしあの時双子を殺していたら、そのときこそ
本当に人間は滅んでいたと思うから


  • YAN
  • 2014/12/18 5:49 PM
makiさん、こんにちは!
神はノアを善なる者として選んだんじゃなくて、
使命を果たす人として選んだ・・・って言ったのはノア自身で、
冒頭のナレーションで善なる者だから選ばれたように見えました。

でも、現代の人間の姿を知っている監督からすれば、
人間は善も悪も両方持ち、愛する事も争う事もする者なので、
ノアがグレーの部分にいたというmakiさんの考えは分かりやすいです。
ノアも息子達も人間臭かったですね〜


  • maki
  • 2014/12/18 6:37 PM
YANさん こんばんは♪

冒頭のナレーションは、カインとアベルの関係がわかっていないとこの物語がはっきりいって全くわけわかんないって状態になるのを避けた説明でしょうね
はっきりとは名言しない神のお告げを、
どう解釈したのか、という部分がメインだったと思います
YANさんの違和感→岩感には笑っちゃったけど、
たしかにえーあんたたちが舟つくるのかよ!とは思いましたね(笑)それじゃあ早く作業も進むわけだ
ハムが人間としての部分を強く持ってしまうところも、皮肉的でした


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
ノア 約束の舟@TOHOシネマズ日本橋
  • あーうぃ だにぇっと
  • 2014/09/17 10:55 AM
公式サイト。原題:Noah。ダーレン・アロノフスキー監督、ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、エマ・ワトソン、レイ・ウィンストン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2014/09/17 12:19 PM
人間ドラマとして甦る箱舟伝説! 額面通りの教義的な側面はあるものの、一大スペクタクル、アクション、ヒューマンドラマと見どころの詰まった娯楽作であった。 本作は、『レスラー』(08)、『ブラック・スワン』(10)とクセのある名作を連打する奇才ダーレン
  • 相木悟の映画評
  • 2014/09/17 12:32 PM
【NOAH】 2014/06/13公開 アメリカ 138分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース その舟に、すべての希望は託された。
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2014/09/17 12:57 PM
『ノア -約束の舟-』 を鑑賞しました。 4度目の正直でやっと日本橋のスクリーン6以外になりました。 今日はスクリーン8でTCX、DOLBYATMOSです。 でも、TCXのスクリーン目一杯じゃないので、ガッカリです。 せめて追加料金取るなら、スクリーンサイ
  • 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
  • 2014/09/17 1:09 PM
人類存亡の旅へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406130001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】映画『ノア 約束の舟』 [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2,808円(税込、送料込) 【楽天ブック
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2014/09/17 1:23 PM
聖書に書かれているノアの物語をかなり脚色して、旧約聖書の他のエピソードで語られる要素も盛り込んで大胆な解釈にしたと思う。ノアは神に従う無垢な人ではなくて、善悪を併せ持つ弱い存在にしている。ノアも家族も人間的なのが日本人には共感できる。
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
  • 2014/09/17 1:35 PM
私が幼少の頃に初めて知った旧約聖書のお話が「ノアの方舟」でした。たぶん物語として絵本やアニメにしやすいから触れる機会があったのでしょう。予告編では初の映画化みたいなこ ...
  • カノンな日々
  • 2014/09/17 4:13 PM
ポスター A4 パターンA ノア 約束の舟 光沢プリント()写真フォトスタンド APOLLO商品詳細を見る 【Noah】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 ある夜、ノアは眠りの中で、恐るべき光景を見る。 それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去
  • miaのmovie★DIARY
  • 2014/09/17 5:30 PM
「ノア 約束の舟」監督:ダーレン・アロノフスキー(『ブラック・スワン』)出演:ラッセル・クロウ(『マン・オブ・スティール』『ブロークンシティ』)ジェニファー・コネリー( ...
  • マー坊君の映画ぶろぐ(新装版)
  • 2014/09/17 6:05 PM
評価:★★★☆【3,5点】(11) 一見、家族思いだが実はちゃぶ台返しの頑固親父。
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2014/09/17 7:31 PM
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 6月14日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 15:10の回を鑑賞。
  • みはいる・BのB
  • 2014/09/17 8:37 PM
旧約聖書の創世記に記された「ノアの箱舟」の物語を実写化した大作。大洪水による世界滅亡を知らされた男ノアとその家族が、ある重大な使命を全うしようと巨大な箱舟の建造に乗り出していく。メガホンを取るのは、『ブラック・スワン』などの鬼才ダーレン・アロノフスキ
  • パピとママ映画のblog
  • 2014/09/17 9:16 PM
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    旧約聖書のノアの箱舟が原作である「映画 ノア 約束の舟」。   大筋のストーリーは、知っていましたが   細かい部分は映画を鑑賞して知りました。   &am
  • こみち
  • 2014/09/17 9:17 PM
 『ノア 約束の舟』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編を見て興味を持ったので映画館に行ってみました。  本作(注1)のはじめの方では、アダムからノアまでの系譜が辿られた後(注2)、成人したノアに対して父のレメクが「アダムの子孫のお前が仕事を引き継
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2014/09/17 9:46 PM
旧約聖書・創世記に出てくる「ノアの方舟」伝説を映像化。 キリスト教に疎い日本人には、正直、創世記の物語はちんぷんかんぷん。まぁ、アダムとイブの話は、少しは聞いたことが有るとして、カインとアベルは、その名前位は聞いたことがあるかもしれないけど、何をした
  • 勝手に映画評
  • 2014/09/17 10:08 PM
ノア 約束の舟〜 NOAH 〜     監督: ダーレン・アロノフスキー    出演: ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース 公開: 2014年6月13日 2014年6月
  • 映画@見取り八段
  • 2014/09/18 12:01 AM
'14.06.14 『ノア 約束の舟』@TOHOシネマズ日劇 『トランセンデンス』試写会(感想はコチラ)の後、今日はTOHOの日で1,100円で映画見れるじゃないかと気づいた! 調べてみたらTOHOシネマズ日劇の『ノア 約束の舟』に間に合う!ってことで急遽見に行くことに! 終わって急
  • ・*・ etoile ・*・
  • 2014/09/18 12:10 AM
 NOAH  旧約聖書 『創世記』 より。堕落した人間たちに怒った神は、大洪水を起こし て人類を滅ぼそうとする。啓示を受けたノア(ラッセル・クロウ)は、自らの家族 と全ての動物たちのつがいを乗せるため、方舟を作り始める。  才人ダーレン・ア
  • 真紅のthinkingdays
  • 2014/09/18 7:15 AM
2014年/アメリカ/138分 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ラッセル・クロウ    ジェニファー・コネリー    エマ・ワトソン    レイ・ウィンストン    アンソニー・ホプキンス
  • 偏愛映画自由帳
  • 2014/09/18 8:09 PM
★★★ 製作:2014年 米国 上映時間:138分 監督:ダーレン・アロノフスキー  旧約聖書に記された「ノアの箱舟」の物語を実写化した超大作で、主役のノアにはラッセル・クロウが扮し熱演している。夢の中で神のお告げを聞き、やがて世界を飲み込むほどの大洪水が
  • ケントのたそがれ劇場
  • 2014/09/18 8:30 PM
「π」「レクイエム・フォー・ドリーム」「ファウンテン」「レスラー」「ブラック・スワン」の ダーレン・アロノフスキー監督最新作は誰もが知る「ノアの箱舟」をテーマにした大作。 ダーレン監督は本人曰く、クリスチャンではなく信心深くないユダヤ教
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2014/09/18 10:27 PM
『ポンペイ』同様、映像は凄くて見応えあった。
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2014/09/18 11:28 PM
『ブラック・スワン』で観る者を戦慄させたダーレン・アロノフスキー監督の最新作は、
  • SGA屋物語紹介所
  • 2014/09/20 8:23 AM
なんかイマイチだったなぁ。 エマ・ワトソンは美人さんだったけど、映画自体には予告編以上の盛り上がりもなく。 ファンタジーだと思って観てるから、岩男が出ようが謎の野イチゴ ...
  • 時間の無駄と言わないで
  • 2014/09/20 11:18 AM
日曜礼拝で聖書も正しく勉強している方のレクチャーつきで、いつもの月1川崎IMAXへ。 キリストの教えはきちんと1本筋が通されているようだけど、肉付けの部分がつっこみどころ満載で・・・・・
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2014/09/20 3:52 PM
「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキーの新作が「ノアの方舟伝説」を題材に
  • はらやんの映画徒然草
  • 2014/09/20 9:23 PM
2014年6月14日(土) 14:45〜 品川プリンスシネマ8 料金:1100円(夫婦50割引き) パンフレット:未確認 狂信者。 『ノア 約束の舟』公式サイト 流石は変態ダーレン・アロノフスキー。普通の宗教叙事詩ではない。一筋縄ではいかない。 舟に乗ってからの狂信者
  • ダイターンクラッシュ!!
  • 2014/09/21 3:05 PM
ある夜、男ノアは眠りの中で恐るべき光景を見る。 それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神のお告げだった。 大洪水が来ると知ったノアは、妻ナーマと3人の息子、養女イラと共に、つがい(雄と雌の一組)の動物たち
  • 象のロケット
  • 2014/09/21 3:33 PM
それぞれの葛藤 公式サイト http://www.noah-movie.jp 監督: ダーレン・アロノフスキー  「ザ・ファイター」 「ブラック・スワン」 ある夜、ノア(ラッセル・クロウ)は眠りの中で
  • 風に吹かれて
  • 2014/09/22 9:26 AM
2014年・アメリカ/パラマウント=リージェンシー 配給:パラマウント 原題:Noah 監督:ダーレン・アロノフスキー脚本:ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデル製作:スコット・フランクリン、ダーレ
  • お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法
  • 2014/09/22 11:09 PM
JUGEMテーマ:洋画 「ノア 約束の舟」 原題:Noah 監督:ダーレン・アロノフスキー 2014年 アメリカ映画 138分 キャスト:ラッセル・クロウ      ジェニファー・コネリー      レイ・ウィンストン      エマ・ワトソン    
  • マープルのつぶやき
  • 2014/09/24 9:19 PM
堕落した人間たちを一掃するため、世界滅亡を意味するような夢を見たノア(ラッセル・クロウ)は、神の啓示と信じ、家族と共に汚れなき生き物たちを守るため箱舟の建設を開始する。 舟の完成が近づくと、どこからともなく生き物たちが次々と舟に乗り込んでくるが、
  • 心のままに映画の風景
  • 2014/09/26 1:26 PM
見ました。 ある夜、ノア(ラッセル・クロウ)は眠りの中で、恐るべき光景を見る。それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神の宣告だった。大洪水が来ると知ったノアは、妻ナーマ(ジェニファー・コネリー)と3人の息
  • Sato's Collection
  • 2014/09/28 9:46 AM
第349回「壮大な物語のはずなのに、なんだろう・・・」 批判を恐れずに言ってしまえば私は無神論者である。信仰している宗教も無い。そんな私が小学生の頃、近所にキリスト教を信仰しているおばさんがいた。その人の勧めで短い期間だったが「聖書」について学んだこ
  • しんちゃんの徒然なる映画日記
  • 2014/09/28 11:14 PM
14-49.ノア 約束の舟■原題:Noah■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:138分■料金:1,100円■鑑賞日:6月14日、TOHOシネマズ日劇(有楽町) □監督・脚本・製作:ダーレン・アロノフスキー□脚本:アリ・ハンデル◆ラッセル・クロウ◆エマ・ワ
  • kintyre's Diary 新館
  • 2014/10/01 11:18 PM
14日のことですが、映画「ノア 約束の舟」を鑑賞しました。 ノアはある夢を見て それが神のお告げであり世界が大洪水に飲まれ滅びる悟り、家族と共に巨大箱舟を作りを始める しかし、ノアの父を殺した宿敵カインらは力づくで箱舟を奪おうとする争いの最中に大洪水が始
  • 笑う社会人の生活
  • 2014/11/24 11:08 PM
意外と人間臭いノア家族 NOAH 監督:ダーレン・アロノフスキー 製作:2014年 アメリカ 上映時間:138分 出演:*ラッセル・クロウ *ジェニファー・コネリー *レイ・ウィンストン *アンソニー・ホプキンス *ローガン・ラーマン *エマ・ワト
  • RockingChairで映画鑑賞
  • 2014/12/18 5:52 PM
鬼才ダーレン・アロノフスキー監督作品。ダーレン・アロノフスキーは何処へ行こうとしているのだろう?一度何処か遠〜い所へ行ってしまって、ありゃりゃと思っていたのが帰って来て。胸を撫で下ろしたのも束の間、今度は「巨匠」の方へ旅立って行く貴方。素晴らしい作品
  • ここなつ映画レビュー
  • 2015/01/06 9:58 AM
人は救うに足るか  ある夜、ノアは恐ろしい夢を見た。それは、堕落した人間たちを一掃するため、地上を大洪水が飲み込むというものだった。  これを神の啓示と悟ったノアは、妻と3人の息子たち、それに蛮族に襲われ負傷しているところをノアに助けられ養女となった
  • CINECHANが観た映画について
  • 2015/04/03 2:52 AM


search this site.

New entries

categories

Memo

03/06
疲れたー。 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「テロ,ライブ」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ハッピーボイス・キラー」「ファンタスティック・フォー」「マイ・インターン」「コンテンダー」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「クライム・ヒート」「ゾンビーワールドへようこそ」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「これが私の人生設計」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「エレクトラウーマン&ダイナガール」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「フィフス・ウェイブ」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「BILLABONG ビラボン」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」「グースバンプス モンスターと秘密の書」「セルフレス/覚醒した記憶」「青空エール」「スター・トレック BEYOND」「インフェルノ」「インサニティ」「特捜部Q Pからのメッセージ」「ミリオンダラー・ホテル」「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」「グッド・ネイバー」「屍憶 -SHIOKU-」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「ハングリー・ハーツ」「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」「ジェイソン・ボーン」「世界の果てまでヒャッハー!」「レジデント」「ラスト・ウィッチ・ハンター」「ザ・ギフト」「5時から7時の恋人カンケイ」「ミッドナイト・スペシャル」「ジョイ」「ハッピーログイン」「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」「後妻業の女」「真田十勇士」「バイオハザード:ザ・ファイナル」「GANTZ:O」「ドント・ブリーズ」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)

★ 現在観ている海外ドラマ:
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 映画 ビリギャル
    WilliamGaits
  • 映画 ビリギャル
    Nataliazeple
  • シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)
    メビウス
  • シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)
    maki
  • シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)
    ふじき78
  • グッドナイト・マミー
    maki
  • グッドナイト・マミー
    たお
  • コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版
    maki
  • コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版
    maki
  • コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版
    ふじき78

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR