オール・ユー・ニード・イズ・キル


2014.11.12 Wednesday
【概略】
謎の侵略者により滅亡寸前となった世界。同じ日を繰り返すループ能力を持つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタに鍛えられる。
SFアクション



謎の侵略者「ギタイ」からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。
軍のPR活動に従事していたケイジ少佐が最前線に送り込まれ、開戦5分で命を落とす。だが次の瞬間彼は出撃前日に戻っていた。その時から同じ日を無限に繰り返すケイジ。やがて彼は最強の女性兵士リタと出会う…。
最初は雑魚にもやられていても、何回も繰り返す(ループする)ことで、プレイする人のスキルがあがっているという昔のアクション・ゲームを思い出させられますよね。そう、死にゲーです。この気持ちは日本的なのかな?
まさにこのゲーム的という感覚のとおり、何度も同じ日を繰り返し、失敗し、学んで繰り返すことで、他の人には救世主とも思われていくようになるケイジ。しかしこれは孤独で哀しい作業ですよ。
同じ日をループして誰かを救うというネタ自体は鉄板で、色々映画にアニメに漫画に小説にとありふれたものなのですが、それを実にわかりやすく映画化していると思う。
リセットする事で無価値になった「死」も、冷ややかな意味合いのタイトルもなかなかエグい。
いつ終わるかという不安もあるなか、女戦士リタに鍛えられ、序盤の弱々しいトムちんはラストではもういず、そこには戦士として成長した男がいるのである。実戦経験ゼロで「ひゃあ〜」と慄いていただけだった男が、戦場での記憶を繰り返し蓄積しながら敵の本陣へ迫っていくという、ちょっと変わったループもの。「自分を変えることができれば世界を変えることが出来る」という監督の思いが伝わるようでした。なかなか面白かった〜。

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.03.23 Thursday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






★コメント一覧★
makiさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

死にゲーを実写化するとホントこんな感じになるんでしょうね〜^^;そういうゲームってプレイヤーにとっては作業と言うか苦行にもなるとこがあり、途中で無駄な事だと少し挫折してしまうケイジの気持ちが理解できるイチゲーマーでした。

あと他の作品とかでは結構最強なトムですけど、本作のケイジは貧弱でしたね。正にレベル1。レベル99になるまで何回ループしたのやら・・w


  • maki
  • 2014/11/12 6:02 PM
メビウスさん こんばんは♪

そうそう、レベル1のトムちんの「ひゃああ〜」が
爆笑ものだったんですよ
他の作品ではすでにレベル55くらいから始まってるから、
ギャップ笑いってやつですね

私も昔は死にゲーもプレイしてましたが
さすがに、もう、無理ですね
あれはファミコンだったから、若いから出来たんだと思いますw
ロックマンも死にゲーでしたが、私は地味に魔界村も…(笑)へたくそなもんで。


makiさん、こんばんは!
こちらにもお邪魔しました♪

ボクはおもいっきしファミコン世代だというのに、
ロックマンも魔界村もほとんどプレイしたことがないという、
変わったお子ちゃまだったもんで、
本作の死にゲー的感覚がいまいち理解できませんでした。
ドラクエすら2で終わっているという変な奴でして、
こういうゲーム的映画に乗れる素養がどうやら足らないようですね(笑)

でも、トムちんのヘタレぶりはおおいに楽しませてもらいましたよ♪
次はどんな死に方をするのかワクワクして観ていましたから(笑)


  • ふじき78
  • 2014/11/12 8:37 PM
これ、敵がどこからどう見ても分かりあえない事が一目で分かるのがええわあ。


  • maki
  • 2014/11/12 8:59 PM
スパイクロッドさん こちらもありがとう

確かに、
普段ゲームしない方、昔あまりプレイしなかった方だと、
死というものが無価値になった世界観で、
その死を簡単に「傷ついたから撃ち殺す」ヒロインとか
そういう意味でのブラックな見方…
この作品のうがった見方(ゲーム的感覚の面白さ)が
出来ないというのは、ありますね…

でも戦闘経験ゼロの主人公のヘタレぶりが、
繰り返す事によって「次はこう」という風にみえてくる
全体の戦争の構図が面白かったりはしますよね


  • maki
  • 2014/11/12 9:02 PM
ふじき78さん こんばんは♪

確かに本作の敵宇宙人は分かり合えない敵でしたー
でも…エンダーのゲームみたいに
愛しちゃうこともありえますよ?(笑)


makiさん、こんばんは。

すごいなあ、理解をしっかりされてたんですね。
僕なんか最初の方なんか特にこんがらがっちゃって・・・

最近のSFは僕の頭には難しいです(笑)


  • pu-ko
  • 2014/11/14 7:41 AM
前半のへタレなトムちんが斬新でしたね。
死に様がコメディ仕様なのも楽しかった。
ラストに少し整合性がない気がしたんですが、私が理解できてないだけかな。


  • maki
  • 2014/11/14 4:57 PM
タケヤさん こんにちは♪

これは、ループモノですが
ミッション:8ミニッツみたいな、頭を使うものじゃなくて
単純にゲーム的な感覚でみれば、わかりやすいと思います
死はいくらでもリセットできるアクションゲームとして考えれば。
繰り返す事で、操作してる人が上手くなっていくという、
まさに死にゲーです
(死ぬ事前提で繰り返して攻略していくゲーム)


  • maki
  • 2014/11/14 4:59 PM
pu-koさん こんにちは♪

レベル1トムちんは爆笑ものでしたね
「ひゃあ〜」は鼻から噴出すものがありました
ラストは、ラスボスの体液を浴びた事で、
時間が捻じ曲がって勝利したことだけが真実になっていましたよね
あそこは私もあれ?とは思いましたが…
この作品でそこをつくのは野暮かなと思いなおしました


死んで全てをリセットしてやり直すことでレベルを上げるというゲームをやり慣れている人には、多分何ともないのでしょうけど、ゲームをやり慣れないわたしはちょっと疲れちゃいました。
弱いトムってなかなか見ることがないので、新鮮でしたね〜


  • maki
  • 2014/11/15 1:01 PM
りおさん こんにちは♪

そうですね、弱いトムは貴重かも知れません
そういう意味でも、やはり序盤の「ひゃあ〜」は
笑えてしまいます


  • ヒロ之
  • 2014/11/17 11:54 PM
こんばんは!
一回死んで、「あ、あそこはああすればいいのか」と再チャレンジするってのは一種のアクションゲームやアドベンチャーゲームに近いものがありますよね。
何度も同じ場面ばっかりやっていると苛々してきますけど(笑)
昔でいう、途中セーブ出来ないファミコン版のマリオとか。
ケイジも多分、同じ事を何度もやらされているので、早く次に行きたいという感情が顔に出ていて、そういう点は面白かったです。
これ、繰り返し部分を省略せずに全部描いたら何時間の映画になるんでしょうかね。


  • maki
  • 2014/11/18 12:55 PM
ヒロ之さん こんにちは♪

そうですね、死にゲー的感覚でした
これって日本人のファミコン世代特有の感覚なのか
外国でもそうなのかわかりませんけど。
マリオで説明するのが一番わかりやすいですよね
穴に落ちて、次は穴を回避したらクリボーにやられて…って風に。
次第に、諦めるところは諦める部分が出てくるところも、面白かったです(「俺生きてるぜー!と叫んでる男を助けないとか)
ほんと、何百回と繰り返したんでしょうね
ループを6時間とか見せられてても、私は楽しめただろうなと思う作品でした(これも、他人の動画プレイの死にっぷりと成長を笑う楽しみ方)


私、ゲーム世代じゃないもんで、(ばあさんです)いまいちぴんと来なかったんですが、いかにもゲーム的なんですね。
それはそうと、なかなか面白く見ました。
トムちんが、めきめきいい。
情けない初めの様子から、どんどんスキルアップして、自信満々になってく風情がとっても似合ってました。
すぐさま本読みましたが、面白かったですよ。
原作の方が納得です。
今、TVの「選TAXI」はこれがヒントかな〜って思ったりして。


  • ミス・マープル
  • 2014/11/18 4:30 PM
トムのスキルアップ風景がショートッカットで描かれていたのにそれでも入り込めましたね。
死んだら一からやり直し、という発想が面白いです。そうだ、
むかしマリオで何度死んだことか。それでもめげずに全クリを目指したもんです。
機動スーツを着るとがに股歩きなるのが、ちょっと笑えました。


  • maki
  • 2014/11/18 6:49 PM
sakuraiさん こんばんは♪

そのスキルアップしていく様子が、まさにゲームでの
プレイするヒトのレベルが上がっている、というもので
死にゲーと呼ばれるものに良く似ています
死んで、理解する。そして次はそれを回避する。その繰り返しでラスボス前まで延々と繰り返す作業であり、
苦行でもありますが、みごと達成したときの感覚は、
それはもういいあらわせられない充実感なんですよねー
気づくと、物凄いプレイ時間を要しているのが多いのですが、昔の…とくにファミコン時代のアクションものが、その傾向が高かったです


  • maki
  • 2014/11/18 7:03 PM
ミス・マープルさん こちらもありがとう

マリオとかだと、ゲームをあまりしない方でも
わかりやすいですよね
あれも簡単な死にゲーでした
機動スーツがなんかごつくて滑稽でもありましたね
ただ実を伴うとあんな感じになるのでしょうね
バッテリー切れとか(笑)
弾切れはないのかなあ??


こんばんは!

ゲーム的な面白さは正直よく分かりませんでしたが、序盤でオロオロしているクルーズは確かに可愛らしかったです(^^)。


  • maki
  • 2014/11/20 9:54 PM
夜影座さん こんばんは♪

うあー勿体無い
この「ゲーム的感覚の面白さ」がわかってるのと
わからないとじゃ、格段に面白さが違いますよねー(><)
レベル1トムですね
私も「ひゃあ〜」に大笑いしたくちです。


  • YAN
  • 2014/12/05 6:21 PM
makiさん、こんにちは!
マリオと同じような感覚でしたね。
繰り返す事でこちらも学習して強くなる。
でも途中でセーブ出来なくて何度も最初からスタートって
かなり大変だし疲れるよね〜
だからトムも分隊の仲間を軽くいなしたり
曹長への説明も省いたり、
だんだん手短に進めるようになっていくのね(≧ε≦)

これはゲームを操作する側じゃなくて、
身体を使って進んでいく側の物語なので、
本当に孤独で哀しい作業だと思いました。
そんな中でも同士のリタとの関係が
プラトニックとラブの間のいい感じでステキだった☆


  • maki
  • 2014/12/05 8:28 PM
YANさん こんばんは♪

仲間を助けなかったり…説明を省いたり…
次第に「効率」を考える、
ゲームをプレイする「中の人」の考え方ですよね
これは面白かったなあ!
トムちんの映画としても、SFとしても久々のヒットじゃないでしょうか(個人的に)
リタとの近づきすぎない恋愛感情も、良かったです
そのへん、わかってるなーと思います


  • mia☆mia
  • 2015/07/15 8:47 PM
こんばんわ。古い記事におじゃまします♪

何度目かのループはかなり省いてて、退屈せずに見られました。でも、見る者はその間に何度も何百回も繰り返したんだということが分かりましたね。

この作品を書いた人も、その「死にゲー」の達人なんでしょうね(´_ゝ`)

トム・クルーズのファンでは無いのですが、何故かいつも応援してしまいます。
いつまでもアクションガンバってほし!!



  • maki
  • 2015/07/16 8:37 AM
mia☆miaさん こんにちは♪

あれ、mia☆miaさんトムのファンかと思ってましたよ
私はトム・クルーズ(笑)って感じなので、あれですが。まあ年齢同様しわは増えているもののいつまでも若くアクションしてほしいものですよね

死にゲー要素がわかっててみるのとみないとじゃ大違いの面白さの本作、mia☆miaさんはどちらだったのでしょうか
(かつての)死にゲープレイヤーがこれをみたら、
ほんとマジで、わかる…!!と、トムのいちいちの行動が共感して笑えてしまって、かなりおもしろ!となるのです
友人の死ですら最初はガクーンときてたのが、見捨てるものは見捨てる(助けられないものは切り捨てる効率的な考え方)という判断をするのが、残酷であり面白い部分です


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
 娯楽映画や娯楽小説は、私たちを心地好く現実逃避させてくれる。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の痛快な面白さの根底にあるのも、虫がいい現実逃避である。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の原作は日本の小説『All You Need Is Kill』。"kill"と
  • 映画のブログ
  • 2014/11/12 9:12 AM
Come Find me When You Visit The Louvre! 公式サイト。原題:Edge of Tomorrow。桜坂洋原作、ダグ・リーマン監督。トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2014/11/12 9:22 AM
 日本のラノベ(桜坂洋作)をハリウッドで大作映画した作品で、ワンアイデアがダグ・ライマン(リーマンから表記が代わった)監督の演出と、トム・クルーズのはまり方があいまり、なかなかできた娯楽作に。SF好きなら見て損はしない傑作です。  作品情報 2014年
  • 映画好きパパの鑑賞日記
  • 2014/11/12 9:28 AM
オール・ユー・ニード・イズ・キル@TOHOシネマズ日本橋
  • あーうぃ だにぇっと
  • 2014/11/12 9:33 AM
原作が日本の桜坂洋さんによるライトノベルというキャッチコピーで大々的に宣伝されているトム・クルーズ主演のSFアクション・ムービー。たしかにハリウッドで採用されるようなSF監 ...
  • カノンな日々
  • 2014/11/12 9:58 AM
平成26年7月1日(火)。 映画:「ALL YOU NEED IS KILL」。 監  督:ダグ・リーマン 原  案:桜坂洋 美  術:オリヴァー・スコール 音  楽:クリストフ・ベック 編  集:ジェームズ・ハーバート キャスト: ウィリアム・
  • ☆みぃみの日々徒然日記☆
  • 2014/11/12 10:20 AM
ライトでヘビーな優良SF戦記ではあるのだが…?! タイムループをモチーフに奥深いテーマ性を示す戦争アクションに成りえた筈が、なんともはや惜しい逸品であった。 本作の原作は、桜坂洋による日本産ライトノベル。日本でも一般的な知名度が高いとはいえない当作が
  • 相木悟の映画評
  • 2014/11/12 10:59 AM
広報担当の将校が地球外生物との最終決戦の場に突然放り込まれて、同じ行動を繰り返していることに気がつく。人間側の葛藤は丁寧に描かれているのに、侵略者はまるで機械みたいだ。この映画の主要テーマは人間の学習能力の向上なのか。
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
  • 2014/11/12 11:05 AM
作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度も戦闘するうちに技術を身に付けていくさまを描く。監督は、『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs. スミス』などのダ
  • パピとママ映画のblog
  • 2014/11/12 11:42 AM
やっぱりラブストーリーでした。  
  • Akira's VOICE
  • 2014/11/12 12:02 PM
映画 『オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)』 (公式)を本日、先行上映にて劇場鑑賞。採点はちょっと緩めで、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。なお、桜坂洋氏の原作ライトノベル『All You Need Is Kill』は未読。
  • ディレクターの目線blog@FC2
  • 2014/11/12 12:04 PM
2014/7/6、109シネマズ木場。 良い席は早々と満杯で、中央通路2つ前の列を選択。 前過ぎず、迫力は倍増。 *    トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン。 * 近未来。 ヨーロッパ等に落下した隕石、と思ったも
  • ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
  • 2014/11/12 12:07 PM
□作品オフィシャルサイト 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 □監督 ダグ・リーマン□脚本 クリストファー・マッカリー、ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース□原作 桜坂洋□キャスト トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ブレンダン
  • 京の昼寝〜♪
  • 2014/11/12 12:27 PM
日本のライトノベルが原作で主演をトム・クルーズ が務めるSFアクション映画『オール・ユー・ニード ・イズ・キル』が公開されましたので観に行って きました。 こちらは3D作品で3D字幕版を観ましたが、面白かった ので次の週に2D字幕版をリピート、計2回鑑賞と なりま
  • 映画B-ブログ
  • 2014/11/12 12:30 PM
謎の侵略者の攻撃によって窮地に陥ってしまった人類。そんな中、軍の広報担当ケイジは、ある事から兵卒として最前線へと送られてしまう。
  • rambling rose
  • 2014/11/12 1:49 PM
【監督】ダグ・リーマン 【出演】トム・クルーズ/エミリー・ブラント/ビル・パクストン/キック・ガリー/ドラゴミール・ムルジッチ/シャーロット・ライリー 【公開日】2014年 7月4日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 近未来。地球は謎の侵略者からの攻撃を受
  • シネマをぶった斬りっ!!
  • 2014/11/12 3:55 PM
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 を鑑賞しました。 トム・クルーズの来日から覚めやらぬうちの先行上映はだから 客入りはまずまずでした。 が、なぜか、おっさんばっかり! 日本橋がどうなのか いや、周りは女性のが全体的には多かったが、映画の内容なんでしょ
  • 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
  • 2014/11/12 3:55 PM
ループの先にあるものを目指して… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406290000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】All you need is kill [ 桜坂洋 ]価格:626円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつで
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2014/11/12 4:00 PM
原題 Edge of Tomorrow 製作年 2014年 上映時間 113分 原作 桜坂洋『All You Need Is Kill』(集英社スーパーダッシュ文庫刊) 脚本 クリストファー・マッカリー/ジェズ・バターワース/ジョン=ヘンリー・バターワース 監督 ダグ・ライマン 出演 トム・クルーズ/エミリ
  • to Heart
  • 2014/11/12 7:01 PM
評価:★★★★☆【4,5点】(11)(11) エミリー・ブラント演じるリタのキャラに魅了されっぱなし!(笑)
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2014/11/12 7:31 PM
2014年/アメリカ/113分 監督:ダグ・リーマン 出演:トム・クルーズ    エミリー・ブラント ■概要 原題は『Edge of Tomorrow』。桜坂洋氏のライトノベル『All You Need Is Kill』を原作とした、アメリカ製作によるSFアクション大作です。監督は『ボー
  • 偏愛映画自由帳
  • 2014/11/12 7:39 PM
近未来SFアクション。 トム・クルーズ主演。 日本のライトノベルが原作。 まさしくゲーム感覚。 何度でもやり直しちゃうRPGで経験値をたっぷり積んでラスボスにのぞむっていう(・∀・) ニヤニヤ 楽しめました。 異星人が侵略してきて、二等兵とし
  • よくばりアンテナ
  • 2014/11/12 7:43 PM
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 一匹の敵を倒したトムさんは、死ぬと同じ
  • うろうろ日記
  • 2014/11/12 7:44 PM
今朝は、曇りがちな天候でしたが・・・
  • Break Time
  • 2014/11/12 8:05 PM
死と覚醒のループ * * * * * * * * * * ハリウッドのSF系アクション作品はどうも見る気がしない ・・・などと言いながら性懲りもなく本作を見たのは、 原作が日本のライトノベルということと、 まだやっぱり、すっかり諦める気にはならない・・
  • 映画と本の『たんぽぽ館』
  • 2014/11/12 8:29 PM
五つ星評価で【★★★ぶひょひょひょひょんって宇宙人は大好き】   時間を操れる敵に勝てるのか。 時間を操れるなら、ドラえもんじゃないけど、もっと上手く操れるだろ、 って ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2014/11/12 8:37 PM
オール・ユー・ニード・イズ・キル '14:米 ◆原題:EDGE OF TOMORROW ◆監督:ダグ・リーマン「フェア・ゲーム」「ボーン・アルティメイタム」 ◆主演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、キック・ガリー、ドラゴミール・ムルジッチ、シャーロ
  • C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
  • 2014/11/12 9:35 PM
日本作家桜坂洋のSFライトノベル「All You Need Is Kill」をハリウッドで映画化。原作は読んでいないので、原作との際は示せません。一部には、『原作』ではなく『原案』との表記もあるので、結構ストーリーが違うのかもしれませんね。 SF作品としては、なかなか面白い
  • 勝手に映画評
  • 2014/11/12 10:29 PM
近未来。地球は謎の侵略者からの攻撃を受け、そのあまりの戦闘力の高さに人類はなすすべもなかった。ウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は決死の任務にあたるが、敵にダメージを負わせることなく戦死。しかし気付くと時は出撃前に戻っていた。少佐はタイムループ
  • beatitude
  • 2014/11/12 11:31 PM
日本の桜坂洋のライトノベル(同名)が原作。 主演、トムちん。(原作若い男だけど、、、) 監督は、「ボーン・アイデンティティー」(つまらん)、「Mr.&Mrs. スミス」(ブラピとアンジー夫婦になる前の夫婦喧嘩)、 「ジャンパー」(まぁまぁ)などのダグ
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2014/11/13 1:35 AM
ミッションを必ずクリアする男トム・クルーズ 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow 原作: All You Need Is Kill (桜坂
  • 風に吹かれて
  • 2014/11/13 8:23 AM
しょっぱなからネタばれするが…
  • 或る日の出来事
  • 2014/11/13 8:35 AM
注・内容、ラストに触れています。『オール・ユー・ニード・イズ・キル』Edge of Tomorrow原作 : 桜坂洋監督 : ダグ・リーマン(ダグ・ライマン)トム・クルーズ、エミリー・ブラントビル・パ
  • 映画雑記・COLOR of CINEMA
  • 2014/11/13 10:07 AM
原作本はけっこう前から家にありました(息子が読んでた) 映画化されると知って・・・ 読もうかな、と思っていたけれどとても読んでるヒマがなく 息子が言うに、「原作はあんなオッサンじゃないよ」と トム・クルーズ、もう立派なおじさんですもんね^^; いっ
  • ゆっくり歩こ。
  • 2014/11/13 10:27 AM
 EDGE OF TOMORROW  近未来。エイリアンの侵略により、地球人類は滅亡の危機に瀕していた。米 軍広報官ウィリアム・ケイジ(トム・クルーズ)は、実戦経験の無いまま、ロンド ンで最前線に送られてしまう。戦闘開始後、あっけなく戦死するケイジだっ
  • 真紅のthinkingdays
  • 2014/11/13 12:23 PM
日本の同タイトルの小説を原作として、トム・クルーズ主演、ダグ・ライマン監督で映画
  • はらやんの映画徒然草
  • 2014/11/13 7:44 PM
NYステイ時、この映画が公開直前で、けっこう広告にヒットした。 原題は、Edge of Tomorrow。 どうも?同時間軸を何度タイムループしてる主人公たちの話らしいな、と。 同時間軸ループなSFというと、当ブログ的にぱっと思い出すのは2作品。 ひとつは、ビル・マ
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2014/11/13 7:57 PM
結局、何回死んだのかな?
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2014/11/13 9:00 PM
【出演】  トム・クルーズ  エミリー・ブラント  ビル・パクストン 【ストーリー】 近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイ
  • 西京極 紫の館
  • 2014/11/13 10:35 PM
勇者さまが、できるまで。 地球が、突如として未知のエイリアンの侵略を受けた近未来。 戦闘中に戦死したはずの主人公は、目覚めるとその前日に時間が巻き戻っている事に気付く。 そして延々と繰り返される、同じ一日の覚醒と死。 なぜ彼は、時空の無限ループに陥
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2014/11/13 11:05 PM
良くも悪くもライトノベル原作。独特の世界観とキャラクターは面白いが、伏線のない物語は何も印象に残らない。 桜坂洋先生の原作をハリウッドが実写映画化したことで大いに話題 ...
  • こねたみっくす
  • 2014/11/13 11:08 PM
監督:ダグ・ライマン 出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 【解説】 作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾
  • タケヤと愉快な仲間達
  • 2014/11/13 11:40 PM
劇場公開を見逃した本作。DVD発売は今月12日のようです。 韓国行の飛行機の中、小さなモニターで鑑賞。 こういうアクション系は大画面で見たいところですが、贅沢は言えません。 そして…約2時間の飛行時間なので、着席するなり見始めたのですが…、 機長のごあいさつ
  • 映画の話でコーヒーブレイク
  • 2014/11/14 12:43 AM
オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014)アメリカ原題:Edge of Tomorrow監督:ダグ・ライマン 出演:トム・クルーズ/エミリー・ブランント/ビル・パクストン/ブレンダン・グリーソ ...
  • シネマ・クレシェンド
  • 2014/11/14 7:42 AM
気晴らしに「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。見事に気晴らしできました。やはりトム・クルーズはいいなあ。盤石の気晴らしを提供してくれる。難しい事を何も考えなくていい。安定したスリルとアクション。しかし、実際には物理学的には難しい話なのである。もちろ
  • ここなつ映画レビュー
  • 2014/11/14 1:25 PM
近未来の地球。 謎の侵略者“ギタイ”の攻撃によって、人類は滅亡寸前にまで追い込まれていた。 軍の広報担当として危険を遠ざけてきたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、一兵卒として最前線へと送られてしまう。 戦闘スキルゼロのケイジは、強大な
  • 心のままに映画の風景
  • 2014/11/14 3:02 PM
■ 試写会にて鑑賞オール・ユー・ニード・イズ・キル/EDGE OF TOMORROW 2014年/アメリカ/113分 監督: ダグ・ライマン 出演: トム・クルーズ/エミリー・ブラント/ビル・パクストン/ブレンダン・グリーソン/ノア・テイラー 公式サイト 公開: 2014年07月04
  • 映画三昧、活字中毒
  • 2014/11/14 10:18 PM
日本人のライトノベルが原作、トムちん最新作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を3Dで観てきました。 ★★★★★ 凄く良くできたタイムループ映画。 トムちん演じる主人公は軍の少佐だけれど、広報一本でここまで来て戦闘に関しては全くの素人という設定。 この映
  • そーれりぽーと
  • 2014/11/14 11:01 PM
熱烈なトムちんファンのお向かいさんの予定に合わせて、ずーっと待っていたトムちん映画をようやっと観られたyo♪ 評判がそれほど高くないようだったので、ちょっと期待度を下げて行ったら、結構楽しめちゃった。
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2014/11/15 12:21 AM
★★★★ 製作:2014年 米国 上映時間:113分 監督:ダグ・ライマン  なんと桜坂洋のSF小説『All You Need Is Kill』が、トム・クルーズ主演のハリウッド映画になって逆輸入されてしまった。当初主演はブラッド・ピットが予定されていたが
  • ケントのたそがれ劇場
  • 2014/11/15 3:39 PM
「日本のライトノベルを、ハリウッドがトム・クルーズ主演で映画化!?」と聞いたとき
  • SGA屋物語紹介所
  • 2014/11/15 9:40 PM
2014年7月13日(日) 19:20〜 109シネマズ川崎7 料金:2300円(IMAX3D) パンフレット:未確認 これまた使い古されたループもの 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』公式サイト 最近では「ミッション:8ミニッツ」、毛色は違うが「バタフライ・エフェクト
  • ダイターンクラッシュ!!
  • 2014/11/15 10:38 PM
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を2D字幕で観てきました。 日本原作と話題ですが未読です。。でも、先行でやってたから観てきちゃった(^^)/ 宇宙からの侵略者に立ち向かうんだけど、何度も時間を繰り返して攻略方法を探るというストーリ。 英雄リタにエミリー
  • 映画観たよ(^^)
  • 2014/11/16 11:46 AM
謎の侵略者“キタイ”の攻撃で滅亡寸前になった近未来の地球。 米軍のメディア担当で戦闘経験ゼロのウィリアム・ケイジ少佐は、将軍の命令に背いたため前線に送り込まれ、あっけなく命を落としてしまう。 意識を取り戻したケイジは、自分が不可解なタイムループの世界
  • 象のロケット
  • 2014/11/16 9:04 PM
原題: Edge of Tomorrow 監督: ダグ・リーマン 出演: トム・クルーズ 、エミリー・ブラント 試写会場: ワーナー・ブラザース試写室 公式サイトはこちら。(2014年7月4日公開) ある日、決死の任務に就くことになったウィリアム・ケイジ少佐は、本格的な戦闘
  • Nice One!! @goo
  • 2014/11/17 8:52 AM
【EDGE OF TOMORROW】 2014/07/04公開 アメリカ 113分監督:ダグ・ライマン出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 、ジョナス・アームストロング、トニー・ウェイ、キック・ガリー、フランツ・ドラメー、ドラゴミール・
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2014/11/17 3:15 PM
EDGE OF TOMORROW 2014年 アメリカ 113分 SF/アクション 劇場公開(2014/07/04) 監督: ダグ・ライマン 『ジャンパー』 製作総指揮: ダグ・ライマン 原作: 桜坂洋『All You Need Is Kill』 出演: トム・クルーズ:ウィリアム・ケイジ エミリー・ブラン
  • 銀幕大帝α
  • 2014/11/17 11:49 PM
もう先行上映ありましたけど・・・翌日の試写会で観ました。謎の生物ギタイの侵略が進み、世界は滅亡寸前に追い込まれてました。軍の広報担当だったケイジ少佐は、危険を逃れようとしたため上官の怒りを買い、戦闘の経験もないのに新兵として最前線の送り込まれてしまい
  • はるみのひとり言
  • 2014/11/18 1:05 AM
最近のトムちんは、本当にいい!
  • 迷宮映画館
  • 2014/11/18 1:18 PM
JUGEMテーマ:SF映画 一般 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 原題:Edge of Tomorrow 監督:ダグ・リーマン 2014年 アメリカ映画 113分 キャスト:トム・クルーズ      エミリー・ブラント       ビル・パクストン      
  • マープルのつぶやき
  • 2014/11/18 4:31 PM
トム・クルーズ&エミリー・ブラント主演の近未来アクション。 異星からの侵略者ギタイがヨーロッパを占拠する中、各国連合軍は起死回生の上陸作戦を計画する。最前線での取材を拒否したケイジ少佐(トム・クルーズ)は、脱走兵として二等兵に降格され上陸作戦の先陣
  • まてぃの徒然映画+雑記
  • 2014/11/18 11:24 PM
☆これまで何度も語っていることだけど、私は、時間ループネタの小説を書いたことがある。  世に色んな時間ループ題材の作品があり、最近では「まどか☆マギカ」が心に残っているが、この『オール・ユー・ニード・イズ・キル』も、きっちりと作り上げられた傑作と言え
  • 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
  • 2014/11/21 9:51 AM
第352回「最近、期待し過ぎていたから・・・今日は。」 ここのところ、自分の中で勝手に盛り上がってしまい、いざ観ると思ったほどでは無くてガッカリするという作品が続いています。今回の作品「オール・ユー・ニード・イズ・キル」も数ヶ月前に観た予告編で私の大
  • しんちゃんの徒然なる映画日記
  • 2014/11/24 12:03 PM
戦場のまどか☆マギカ。 ループもので思い出す最近の作品が「魔法少女まどか☆マギカ」だ。 暁美ほむらが鹿目まどかを救うために何度も時間を行き来したように、本作の主人公・ケイジ少佐は異星から来た「ギタイ」と戦い続ける。 死んでもリセットして戦い続けるこ
  • Con Gas, Sin Hielo
  • 2014/11/25 12:33 AM
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 7月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:20の回を鑑賞。
  • みはいる・BのB
  • 2014/11/25 9:25 PM
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画「オール・ユー ...
  • 翼のインサイト競馬予想
  • 2014/12/03 4:39 PM
敵がかなわないものは人間性 EDGE OF TOMORROW 監督:ダグ・ライマン 製作:2014年 アメリカ 上映時間:113分 原作:桜坂洋「All You Need Is Kill」 出演:*トム・クルーズ *エミリー・ブラント *ビル・パクストン *ブレンダン・グリーソ
  • RockingChairで映画鑑賞
  • 2014/12/05 6:22 PM
28日のことですが、映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を鑑賞しました。 侵略者と人類の戦闘中 ケイジ少佐は戦死。しかし死んだはずのケイジが意識を取り戻すと周囲の時間は戦闘が始まる前に戻り 不可解なタイムループから抜け出せなくなる 戦いと死を何度も繰
  • 笑う社会人の生活
  • 2014/12/13 1:12 AM
本来、年賀状書いたり、大掃除しないといけない時期 最近は(普段なら)ほとんど書かないブログ記事を書くという現実逃避行動に出ているピロEKです そんな訳で映画観賞記録 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (監督:ダグ・リーマン、出演:トム・クルーズ
  • ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
  • 2014/12/30 9:15 AM
監督 ダグ・ライマン 主演 トム・クルーズ 2014年 アメリカ/オーストラリア映画 113分 SF 採点★★★ 難易度が高めな上にミスってもリセット出来ず、コンティニューがないくせに残機が一機。ゲームだったらこれ以上ない鬼畜さですよねぇ、人生って。クリア出
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2015/01/16 9:29 AM
今日という日は初めてだ、予測がつかない  謎の侵略者“ギタイ”の攻撃によって、人類は滅亡寸前にまで追い込まれていた。  そんな中、軍の広報担当だったケイジ少佐は、ある時司令官の怒りを買い、一兵卒として最前線へと送られてしまう。しかし戦闘スキルゼロの彼
  • CINECHANが観た映画について
  • 2015/04/05 1:51 AM
【ALL YOU NEED IS KILL AKA EDGE OF TOMORROW】 制作国: アメリカ  制作年:2014年 謎の侵略者“ギタイ”からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。 戦闘スキルゼロのケイジ少佐は最前線に送り込まれ、開戦5分で命を落と す。だが次の瞬間、彼は出撃
  • miaのmovie★DIARY
  • 2015/07/15 6:41 PM
日本のSFライトノベルを原作に、ハリウッドで映画化、という情報への興味から見てみました。 主演は、なんと、トム・クルーズ!だったのですね。あらま、びっくり この手のタイム・リープものは、日本エンタメの十八番で、「時をかける少女」や、コミックでは、ハ
  • のほほん便り
  • 2016/05/11 2:12 PM


search this site.

New entries

categories

Memo

03/06
疲れたー。 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「テロ,ライブ」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ハッピーボイス・キラー」「ファンタスティック・フォー」「マイ・インターン」「コンテンダー」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「クライム・ヒート」「ゾンビーワールドへようこそ」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「これが私の人生設計」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「エレクトラウーマン&ダイナガール」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「フィフス・ウェイブ」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「BILLABONG ビラボン」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」「グースバンプス モンスターと秘密の書」「セルフレス/覚醒した記憶」「青空エール」「スター・トレック BEYOND」「インフェルノ」「インサニティ」「特捜部Q Pからのメッセージ」「ミリオンダラー・ホテル」「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」「グッド・ネイバー」「屍憶 -SHIOKU-」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「ハングリー・ハーツ」「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」「ジェイソン・ボーン」「世界の果てまでヒャッハー!」「レジデント」「ラスト・ウィッチ・ハンター」「ザ・ギフト」「5時から7時の恋人カンケイ」「ミッドナイト・スペシャル」「ジョイ」「ハッピーログイン」「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」「後妻業の女」「真田十勇士」「バイオハザード:ザ・ファイナル」「GANTZ:O」「ドント・ブリーズ」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)

★ 現在観ている海外ドラマ:
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 映画 ビリギャル
    WilliamGaits
  • 映画 ビリギャル
    Nataliazeple
  • シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)
    メビウス
  • シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)
    maki
  • シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)
    ふじき78
  • グッドナイト・マミー
    maki
  • グッドナイト・マミー
    たお
  • コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版
    maki
  • コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版
    maki
  • コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版
    ふじき78

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR