寄生獣


2015.05.06 Wednesday
【概略】
普通の高校生・泉新一は人間を捕食する新種の寄生生物(パラサイト)に突如襲われた。新一の脳を奪うことに失敗したパラサイトは、右手に寄生してしまい…。
SF



原作は言わずと知れた漫画界の傑作。私も持ってて集めてましたもん。深いメッセージ性と心理描写に、好きな漫画タイトル10個挙げれで、確実にいまだにこれ入ります。というわけでかなり「まじに実写とかやめれ…」な状態でしたが、みてみたらやっぱり…。
まあとにかく邦画だなあ、というのが最初に思った事で。原作漫画を読んでる方からみると、どうしても違和感を感じてしまう部分がたくさんあったろうな!うん私も!
ミギーの声は、もっと低いだろうとか、そういうのは個人的な思い込みではあるものの(少なくとも阿部サダヲじゃない)削ったエピソードの中には胸を打つものがあったりするのですが、映画オリジナルの改変部分に魅力がほとんど感じられない。面白いとか、「そうだよな」とか思う所は、ほとんど原作に忠実になってるところであって、それは原作が面白いからだろう。
前半での格好いい新一は石を投げるシーンだろうというのが家族間の通説で、なんでそこが鉄パイプ弓だったのかとか、母親が殺されたのを機に新一は一皮向けると言うか雰囲気が一気に変わらないといけない、後藤さんのイメージが原作とかなり違うのでこんなの後藤さんじゃない、とか、細かい部分がとにかく気になった。原作のあるものは、なるべく映画のオリジナルのところに目を向けようとするのが正解なんだろうけれどもねー、これは仕方ないね、だって原作が好きなんだもん。
特に変更が大きい「ミギー」「母子家庭」「宇田さん&ジョーの登場なし」がなー。無機質感のある「生物」のミギーは、もっと穏やかで冷血な語り口調だと思っていたのだが、映画をみるとひょうきんで子供のような感じがあった。これは意図的に監督が新一との掛け合いを作りたかったそうなのだが、そんなものは必要ない。父親がいないというのも、鉄で出来ているんじゃないのかというミギーと混じりあった結果の自分の葛藤をあまり感じられずのままであった。宇田さん&ジョーは、たくさんいるパラサイトの中でのある意味での同種、自分以外の寄生生物への理解者との出会いは、物語を深いものにしたと思うのです。
とはいえ、いいところもあげてみます。「コンパクトにうまくまとめた感」。ほんといえば、2時間30分になってでもいいから、上記の部分や、他の細かい部分に修正をお願いしたいところです。ただねー原作漫画読んでない人がみてみたらどうか、意外と、面白いと言う意見が多いのではないか。そう思われそうな「コンパクトにまとめた感」があったんですよ。
所詮はこの壮大な物語を、2部でまとめるのは無理なこと。原作好きからの不満は多いとは思いますが(私もあげていったら限がない)邦画だしこんなもんじゃない、っていわれるのも、いいんだか悪いんだか。

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.03.30 Thursday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






★コメント一覧★
  • ふじき78
  • 2015/05/06 9:53 AM
ミギーと新一は凄く力のある役者さんがやっているので納得はするのだけど、やっぱり第一印象が違う。心臓をやられた新一がミギーによる補修を受けた後の外的変貌と内的絶望の表現が圧倒的だった原作と比べるとやっぱり弱いと思います。


  • maki
  • 2015/05/06 10:44 AM
ふじき78さん こんにちは♪

印象が違いますよね
染谷くんの仏頂面と言ったら悪いのですが、全てに反抗期っぽい顔つきも新一ですといわれるとなんか違うし…。
心臓をやられたシーン、ふじきさんの記事でも「そうそう」と思ったんですが、傷が浅いのも気になりました。
またあそこは新一の重要な転換期であって、犬の件もそうですが、葛藤がないのがさらりとしすぎかなと感じました
全体的に、根本よりやっぱりちょっと斜め方向にいってると思います


makiさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

思い入れが人一倍だとやはり見方やこだわりも大きく変わってきますよね。ただでさえ邦画の漫画&アニメ実写は原作を劣化させてるものが多いだけに、『実写』と聞いただけで拒否反応出てしまうのもまた現状ですもんねぇ^^;

それに宇田さん&ジョーや、寄生生物を感知していた加奈なども出てくれればもうちょっと面白くなってたかもしれないし、ドラマ性も深まってたかもしれませんね。2部作じゃなく3部作なら忠実度ももう少し高まってかなと?


  • yukarin
  • 2015/05/06 11:24 PM
こんばんは。
原作ファンからすればかなりのダメ出しがあったでしょう^^;
私は未読なのでミギーが可愛いな〜とか、わりと楽しんで観られました。知らないで観たほうがよさそうですね。


原作に思い入れが強いとなかなか
(そのまま映像化)という風には
なりませんよね。

それはすっごく分かります。
実際、makiさんのレビュー読むまで
それ程違いがあるという事を知りませんでした。

ただ原作を知らない僕から言いますと
非常に面白かったです。


  • maki
  • 2015/05/07 8:04 AM
メビウスさん こんにちは♪

そうですよね、やっぱり思い入れの違いで、見方は変わってきますよね
原作ありきの作品は当たり前だけど原作が100点
邦画の場合はそこからどのくらい間引かれるかって事になるのが残念であります
この作品は原作自体が普通の漫画と違って500点くらいありますので、特に厳しい見方になってしまいました
見た時期はそれぞれ違うのですが父と弟も、私に「期待するでない!」と言って来てたので、期待はしてなかったけどそれでも…でしたねえ
ただ邦画として考えた時にエンドロールに小島秀夫さんの名前を発見したり、スクエニが絡んでいたりで、ああモーションとかピクチャー面は結構しっかり頑張ってた(邦画にしては)んだなあと思いました


  • maki
  • 2015/05/07 8:08 AM
yukarinさん こんにちは♪

映画(完結編まで)を見てから原作を読むというのも一興かもしれません
どこがどれくらい違うのか、深い心理がどれだけさらりと描かれていたのか、どこが同じだったのか。
「5匹いる」ってところに後藤さんがいなかったのが映像的には残念ではありましたが、後半ちらりと写す(「この種を食い殺せ」)ことで、溜めがあったんでしょうねー


  • maki
  • 2015/05/07 8:12 AM
タケヤさん こんにちは♪

原作を知らないで見るのは、全然いいとおもうんですよ
ただ、この作品のよさが本当の意味でわからないと思うんです
出来れば、完結編をみたあとで、原作漫画の読破をしてみれば、傑作漫画と謳われるこの作品のよさを改めて確認できると思います
ちなみに原作との相違はまだまだたくさんありますし、犬をゴミ箱に捨てるシーンも、余韻が全然足りません(唐突です)名台詞もなければ主要キャラも削られています


  • ヒロ之
  • 2015/05/07 10:45 PM
こんばんは!
原作に思い入れがあると、どうしても駄目な部分が目に付いちゃいますよね。
私はこれ、TV版しか観てないのですが、その時点で皆さんから「ちゃんとしたレンタル版を観た方がいい」とアドバイスを受けましたので、いずれまた改めて見直したいと思います。
TV版でカットされたであろう、グロシーンが気になってますので。
そのときにまた改めて評価を見直した記事を書くつもりです。
あ、原作漫画は未読です。
面白そうなのでこちらも全部読んでみます。


  • maki
  • 2015/05/08 5:08 PM
ヒロ之さん こんにちは♪

TVの編集版では、やはりカットされた部分があるので、
私は見ずにレンタル待ちました〜
案の定、でしたね

まあ、邦画、だな…という感じですね
原作が素晴らしいので、どうしても実写化には抵抗がありました
原作漫画は愛蔵版がでてるので、そちらで是非とも読んでみてください!
多分印象が変わるかと。


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
おススメ度 ☆☆☆ SF青春映画&漫画好き ☆☆☆☆ 謎の寄生生物と共生することになった高校生・泉新一の数奇な運命を描いた岩明均の伝説的人気コミック「寄生獣」の映画化。(連載終結から20年が経つ、一時はアメリカに映画化権があった) 寄生生物(パラサイ
  • ひろの映画日誌
  • 2015/05/06 8:44 AM
謎の寄生生物と共生することになった高校生・泉新一の数奇な運命を描いた岩明均の伝説的人気コミック「寄生獣」実写映画化した2部作の前編。ある日、人間の脳を乗っ取って肉体を操 ...
  • 気ままな映画生活
  • 2015/05/06 8:48 AM
『寄生獣』 を試写会で鑑賞しました。 完結編は来年の4月公開 今から待ちどうしい 【ストーリー】  海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。そのうちの1匹が至って普通の高校生・泉
  • 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
  • 2015/05/06 9:23 AM
 岩明均の90年代の人気漫画を実写映画化。山崎貴監督らしく手堅く仕上げており、ホラー系が好きな人だったら見て損はしないかと思います。ただ、人を食べる生物の話なので、グロが苦手な人はご注意を。  作品情報 2014年日本映画 監督:山崎貴 出演:染谷将太、深
  • 映画好きパパの鑑賞日記
  • 2015/05/06 9:24 AM
評価:★★★【3点】(F) 染谷くんは映画の中で毎回逞しく成長していく。
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2015/05/06 9:26 AM
五つ星評価で【★★★殊更に悪い訳ではないのだが、何か一つマンガのように親身になれない】    なんでっすかねー、と答が出てないのだが、 普通に考えて上出来に近い筈なんだ ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2015/05/06 9:50 AM
面白いが、性急で勿体ない。  
  • Akira's VOICE
  • 2015/05/06 10:22 AM
 『寄生獣』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)2部作の前半に過ぎないということで躊躇しましたが、まずは見てみようと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の主人公・新一(染谷将太)は、母親(余貴美子)の女手一つで育てられてきた高校生。  ある日、彼
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2015/05/06 10:24 AM
「寄生獣」は岩明均原作の寄生獣を映画化した作品でパラサイトが人間の脳を乗っ取り人を食う事件が頻発し、その中で脳を乗っ取られず右手にパラサイトが寄生した青年がパラサイト ...
  • オールマイティにコメンテート
  • 2015/05/06 10:45 AM
人間の数が100分の1になっても、戦争や犯罪はなくならないと思う。なぜかというと、歴史がその証拠なのだ。2000千年前から人類は全然変わっていない。人間の脳に寄生して人間だけを食べるパラサイトに、対抗する高校生が戦いを挑む。ユーモアもありアクションもあり、ス
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
  • 2015/05/06 10:47 AM
寄生獣 ユナイテッド・シネマ浦和 11/29公開 海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に 擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。 そのうち ...
  • 単館系映画と舞台
  • 2015/05/06 11:04 AM
この種を、食い殺せ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411290001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】キネマ旬報 2014年 12/1号 [雑誌]価格:918円(税込、送料込) 【寄生獣 ミギーのぬいぐるみマスコッ
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2015/05/06 12:32 PM
監督: 山崎貴    キャスト: 染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、東出 …
  • 映画@見取り八段
  • 2015/05/06 12:47 PM
映画 『寄生獣』 (公式)を先日、試写会にて鑑賞。なお、原作も関連書籍は未読、テレビアニメも未見。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー ある晩、海辺に“パラサイト”と言う小さ
  • ディレクターの目線blog@FC2
  • 2015/05/06 2:03 PM
『寄生獣』を観てきました。 今朝眠気眼で「ボクらの時代」を観ていたら、寄生獣キャスト3人で談笑してた。 観るつもりなかった作品ですが、なんとなくヒマなので最終で観てきたんす。 ※番組は脱線だらけで「寄生獣」の話は何も出ませんでしたが;; そんなこんなで
  • 映画観たよ(^^)
  • 2015/05/06 3:17 PM
2014/12/31、109シネマズ木場。 年末の休暇を利用して怒涛の4連発でやっと最低ノルマの年間50本に到達しました。 またもスクリーン5。F列を選択。 観客のほぼ全員が成人男性でした。 **    染谷将太、橋本愛、余貴美子、国村隼、東出昌大、深津絵
  • ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
  • 2015/05/06 3:36 PM
今朝は、朝から雨模様で・・・
  • Break Time
  • 2015/05/06 3:39 PM
一心同体なのに二人三脚。 あの伝説のコミック「寄生獣」がついに映画化された!ニューライン・シネマでも映画化出来なかった作品を山崎貴監督がついに実写化した!もうこの興奮 ...
  • こねたみっくす
  • 2015/05/06 3:48 PM
 退屈せずに終わりまで観ることが出来た。もっとも、本作は“パート1”であることは鑑賞前から承知していたので、これ一本で完結していなくても腹は立たない(まあ、それを知らなかったら少しはムカついたかもしれないが ^^;)。時間潰しにフラリと映画館に入って向
  • 元・副会長のCinema Days
  • 2015/05/06 4:12 PM
岩明均さんによる同名人気コミックを『永遠の0』の山崎貴監督が実写映画化した2部作構成のSFアクション・ムービーです。作品の存在というかこのタイトルだけは知ってましたがどんな ...
  • カノンな日々
  • 2015/05/06 4:39 PM
1990年代に一世を風靡(ふうび)した岩明均の人気コミックを実写化したSFサスペンス。人体に寄生しながらほかの人間を食らう生物パラサイトたちを相手に、そのうちの1匹を右手に宿した高校生が壮絶な戦いを繰り広げる。メガホンを取るのは、『永遠の0』などの山崎貴。主
  • パピとママ映画のblog
  • 2015/05/06 5:35 PM
【出演】  染谷 将太  深津 絵里  阿部サダヲ(ミギー:声)  橋本 愛 【ストーリー】 海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。そのうちの1匹が至って普通の高校生・泉新一に寄生
  • 西京極 紫の館
  • 2015/05/06 7:08 PM
寄生獣 '14:日本 ◆監督:山崎貴「STAND BY ME ドラえもん」「永遠の0」 ◆出演:染谷将太、深津絵里、橋本愛、東出昌大、岩井秀人、山中崇、オクイシュージ、池内万作、豊原功補、新井浩文、ピエール瀧、大森南朋、北村一輝、余貴美子、國村隼、浅野忠信、阿部サ
  • C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
  • 2015/05/06 7:57 PM
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 人が未開の生物に乗っ取られ人を食べる凶
  • うろうろ日記
  • 2015/05/06 8:11 PM
公式サイト。岩明均原作、山崎貴監督。染谷将太、深津絵里、橋本愛、東出昌大、北村一輝、余貴美子、國村隼、浅野忠信、大森南朋、池内万作、豊原功補、オクイ シュージ、山中崇、 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2015/05/06 8:19 PM
これ、二部作だったのか!?
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2015/05/06 9:14 PM
岩明均のコミックを 山崎貴監督が実写映画化。 2部作の前編です。 試写会で見ました。 主演は染谷将太。 深津絵里、橋本愛、東出昌大らが共演。 人間の脳を乗っ取り寄生し、 宿主に擬態。 そして他の人間を食う生物パラサイト。 脳を奪うことに失敗したその中の1匹
  • 花ごよみ
  • 2015/05/06 9:53 PM
【監督】山崎貴 【出演】染谷将太/深津絵里/阿部サダヲ/橋本愛/新井浩文/岩井秀人/山中崇/ピエール瀧/豊原功補/大森南朋/北村一輝/國村隼/浅野忠信 【公開日】2015年4月25日 【製作】日本 【ストーリー】 右手に寄生生物ミギーを宿す高校生・泉新一は、要注
  • シネマをぶった斬りっ!!
  • 2015/05/06 10:08 PM
慎ましく、喰い尽せ。 人間の脳を乗っ取り、捕食する謎の寄生生物が出現した世界で、ひょんな事から右腕だけを乗っ取られてしまった高校生を描くSFサスペンス。 90年代のアフタヌーン系を代表する、岩明均の傑作漫画、初の実写映画化である。 元々人気も高く、映像
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2015/05/06 10:52 PM
2014/11/29公開 日本 PG12 109分監督:山崎貴出演:染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、東出昌大、 豊原功補、大森南朋、北村一輝、余貴美子、國村隼、浅野忠信 日常は、ある日とつぜん、食べられた。 岩明均原作の人気コミックを映画化したSFサスペンス。人
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2015/05/06 11:21 PM
待ってました! 山崎監督、VFXたくさん! 染谷将太主演 予告でいろんなシーンを観てしまったせいで新鮮味には欠ける部分もありましたが ミギーが笑えて面白かった  ペットみたいな動きで可愛い気もしてくる 寄生された田宮良子  ものすごーーく冷静で恐
  • ゆっくり歩こ。
  • 2015/05/07 12:04 AM
みんなの命を守らなければ  ある日突然、地球に謎の寄生生物“パラサイト”が出現した。パラサイトは人間の体内に侵入すると脳を食べてその人間の身体を乗っ取り、他の人間を次々と捕食していく凶暴な知的生命体だった。  そんなパラサイトの増殖は、人間社会に気づ
  • CINECHANが観た映画について
  • 2015/05/07 1:31 AM
 まさかまさかの十三大橋&阪急電車(笑)
  • 極私的映画論+α
  • 2015/05/07 6:27 AM
監督:山崎貴 出演:染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、東出昌大、池内万作、オクイシュージ、山中崇、大森南朋、余貴美子、豊原功補、北村一輝、國村隼、浅野忠信 【解説】 1990年代に一世を風靡(ふうび)した岩明均の人気コミックを実写化したSFサスペンス
  • タケヤと愉快な仲間達
  • 2015/05/07 6:28 AM
□作品オフィシャルサイト 「寄生獣」□監督 山崎 貴□脚本 古沢良太、山崎 貴□原作 岩明 均□キャスト 染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本 愛、東出昌大 ■鑑賞日 11月29日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、
  • 京の昼寝〜♪
  • 2015/05/07 8:21 AM
2014年 日本 109分 ホラー/SF/ドラマ PG12 劇場公開(2014/11/29) 監督: 山崎貴 『STAND BY ME ドラえもん』 原作: 岩明均 脚本: 山崎貴 主題歌: BUMP OF CHICKEN『パレード』 VFX: 山崎貴 出演: 染谷将太:泉新一 深津絵里:田宮良子 阿部サダ
  • 銀幕大帝α
  • 2015/05/07 10:38 PM
今年も残り一週間! できるだけ連日更新してがんばっていきたいと思います。今日ご紹
  • SGA屋物語紹介所
  • 2015/05/07 10:46 PM
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 11月29日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 14:00の回を鑑賞。
  • みはいる・BのB
  • 2015/05/09 12:35 AM
劇場予告編が、あまりに原作漫画と完全に同じカットの連続で、期待が膨らんでいた『寄生獣』を公開日の朝イチで観てきました。 ★★★★ 何度も原作を読んでいる程大好きな漫画の映画化だけど、上映時間の問題を考慮した上で、ファン目線で真正面から受け止めて観ても
  • そーれりぽーと
  • 2015/05/09 1:30 PM
★★★☆ 製作:2014年日本 上映時間:109分 監督:山崎貴  原作のマンガ『寄生獣』が初めて連載されたのが1988年。従ってもう四半世紀以上前の作品ということになる。 このマンガは、宇宙から飛来した謎の生物が人間に寄生して、次々に人間を襲ってゆくと言
  • ケントのたそがれ劇場
  • 2015/05/10 6:55 PM
巷では評価があまり高くなさそうだったので、期待値を下げて鑑賞したら、なんのなんのカンペキですわ。 原作ファンから見ても、原作やアニメでもたもたした部分はスッパリカットし、この漫画が名作として名高い所以ともなる『壮大なテーマ』がしっかり息づいている傑作
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2015/05/11 8:30 AM
普通の高校生・泉新一は、未知の生物に右手を食われた。 地球の生態系に突然現れたこの生物は通称・パラサイト、なんと人間を食料とする新種の寄生生物〜人間の脳を食い、その人間の身体に寄生する知的生物〜だった。 新一と奇妙なパラサイト“ミギー”は、共存せざる
  • 象のロケット
  • 2015/05/16 1:31 AM
前日に「神さまの言うとおり」を観てしまったため、ちょっと既視感があったなあ。 最
  • はらやんの映画徒然草
  • 2015/05/16 7:55 AM
試写会で観ました。謎の生物「パラサイト」が突如出現。人間に寄生し脳を乗っ取り社会に溶け込みます。その内の1匹が高校生の新一に寄生しようとするが失敗し、仕方なく右手に寄生。ミギーとして新一と共存することになり・・・。原作は読んだことないんですが面白かっ
  • はるみのひとり言
  • 2015/05/16 2:32 PM
第376回「これはこれで、いい作品なのだと思う。」 さて、今回の作品「寄生獣 完結編」も私から言わせれば、最近多くブログに登場する「乗りかかった舟」的な作品である。原作が描く壮大なテーマをどうしても1本にすることができず、2部作となった。(どうしても
  • しんちゃんの徒然なる映画日記
  • 2015/05/24 7:10 PM
特に映画館で鑑賞するほどでも ないかなとも、思っていましたが 染谷くん出演作を見続けてる事と 『ゴーン・ガール』とハシゴ
  • ほし★とママのめたぼうな日々♪
  • 2015/06/09 9:16 PM
神の右手、悪魔の右手。 前後篇という構成は諸刃の剣である。特に前篇を観て期待が膨らめば膨らむほど、後篇はよほど巧く収めなければ却って不満が溜まることになりかねない。 本作の前篇は、侵略者の登場から新一の覚醒までを見応え十分に描くとともに、新たな闘い
  • Con Gas, Sin Hielo
  • 2015/06/20 5:59 PM
役者ってすごいなあ〜と。
  • 迷宮映画館
  • 2015/07/15 2:43 PM
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・山崎貴 ネタバレあり
  • プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
  • 2016/08/22 9:09 AM


search this site.

New entries

categories

Memo

03/24
ホライゾンゼロドーンを絶賛プレイ中。DVDおろそか^; 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「テロ,ライブ」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ハッピーボイス・キラー」「ファンタスティック・フォー」「マイ・インターン」「コンテンダー」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「クライム・ヒート」「ゾンビーワールドへようこそ」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「これが私の人生設計」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「エレクトラウーマン&ダイナガール」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「フィフス・ウェイブ」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「BILLABONG ビラボン」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」「グースバンプス モンスターと秘密の書」「セルフレス/覚醒した記憶」「青空エール」「スター・トレック BEYOND」「インフェルノ」「特捜部Q Pからのメッセージ」「ミリオンダラー・ホテル」「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」「グッド・ネイバー」「屍憶 -SHIOKU-」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「ハングリー・ハーツ」「ジェイソン・ボーン」「世界の果てまでヒャッハー!」「レジデント」「ラスト・ウィッチ・ハンター」「ザ・ギフト」「5時から7時の恋人カンケイ」「ミッドナイト・スペシャル」「ジョイ」「ハッピーログイン」「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」「後妻業の女」「真田十勇士」「ドント・ブリーズ」「バニーマン/殺戮のカーニバル」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)

★ 現在観ている海外ドラマ:
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 映画 ビリギャル
    Keithorith
  • 映画 ビリギャル
    Edgarnouse
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    maki
  • GANTZ:O
    maki
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    ヒロ之
  • GANTZ:O
    ヒロ之
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    maki
  • ネイバーズ 2
    maki
  • ネイバーズ 2
    morkohsonimap
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    morkohsonimap

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR