博士と彼女のセオリー


2015.08.11 Tuesday
【概略】
1963年、ケンブリッジ大学で理論物理学を研究するスティーヴン・ホーキングは、中世詩を学ぶジェーンと恋に落ちるが、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症、余命2年と宣告される。妻となった彼女の支えで研究を進め時の人となるが、介護と育児に追われる彼女とはすれ違い、病状も悪貨していく。
ラブロマンス



宇宙理論に大きな貢献を果たしたホーキング博士と、その妻であったジェーンとの愛と絆を描く。
さすがに名前だけは知っていますよ、ホーキング博士。余命2年と宣告されたそうですが、今もご存命で研究をつづけていらっしゃるそうです。
物語は、ジェーンとホーキング博士の愛と絆、そしてその別れまでを描いています。そう、子供もいたのですが、離婚しているのです、この二人。ただ…単に相手が嫌だから離婚というわけではなさそうです。そこには大きな絆と愛情があったようです。難病ものでも伝記ものでもなく、むしろ愛の物語といえそうです。
ALS(筋萎縮性側索硬化症)なる難病にかかったホーキング博士、彼を演じるのはエディ・レッドメイン。ジェーンを演じるのはフェリシティ・ジョーンズ。この二人がとっても素敵なんですよ。
ジェーンの内面の強さやたくましさ、そして博士を想う愛情、どれもがとても鮮明で、次第に彼女が育児や介護により疲れていく姿も非常に巧みに演じられていました。またホーキング博士の、知的ながらもユーモアさも備えた賢くてチャーミングな、しかし愛する女性を自分で助けることもできない葛藤や苦悩だったりがとても繊細に描かれていたと思います。
二人は、とても懸命に真っ直ぐに生きた、素晴らしい人たちなのでしょうね。愛すればこそ、相手の事を思う。「命あればこそ希望がある」というホーキング博士の台詞も、非常に重く、それでいて的を得ている説得力のある言葉です。
難病であるALSの進行具合によって変わっていく博士の姿の演技は本当に素晴らしいです。とくに目の輝きは、実際に希望をもった人間が宿す、美しいそれなのでしょうね。
ジェーンはがいなければ、論文も理論も世に出ることがなかったんでしょう。そう考えると、運命って、出会いって凄いって思う。自分の学問など全てを看護につぎ込んだジェーンが、次第に無意識のイライラが募る、仕方ないことでしょうね。しかしジェーンは博士の理論を豆とポテトであらわしたり、代弁者であるかのよう。
聖歌隊で指導をしていたジョナサン…ここで複雑な三角関係になるものの、実際に体験した二人にしかわからないような、苦労だけじゃない大切なものがきちんとあってそれが伝わってくるからこそ、離婚してのちにジョナサンと再婚したジェーンに対して嫌な感情も沸かないし、今でも二人が繋がってるって思える。
単純な恋愛の駆け引きとかじゃなく、この作品は、「相手を思いやる」ラブストーリーでした。ラストの過去を振り返るところで、何故か猛烈に感動しちゃったよ。

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.02.19 Sunday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






★コメント一覧★
  • latifa
  • 2015/08/12 10:13 AM
makiさん、こんにちは!
>単純な恋愛の駆け引きとかじゃなく、この作品は、「相手を思いやる」ラブストーリーでした。

うん、うん、そうだったよね。
想像以上に良い映画だったわー。

>ラストの過去を振り返るところで、何故か猛烈に感動しちゃったよ。

私も、そこは、すごくジーンと来ちゃった。
たとえ別れることになっても、あの輝かしい時間は本当だった、って感じよね。


  • maki
  • 2015/08/12 10:45 AM
latifaさん こんにちは♪

ラストの走馬灯のように流れる、記憶の残骸が、
ほんとまさにそのとおりで、あの愛は、本物だった、そして今も…。
そんな感じの作品でしたね
なぜかホーキング博士映画が数本でてますが、
何かの記念なのでしょうか?
エディ・レッドメインさんの演技は凄かったですね〜


三人の子持ちで、かなり特殊な環境で育ってますが、あれくらい特殊だとグレたりできないでしょうなあ。


  • maki
  • 2015/08/30 10:54 AM
ふじき78さん こちらもありがとう

出来ないでしょうねえ
しかも、有名人の子供ですから、余計に
そう考えると子供たちも気の毒(いや、グレるのを助長させる考えではありません)


  • YAN
  • 2015/10/10 4:50 PM
makiさん、こんにちは!
ホーキング博士の名前だけしか知らなくて、
子供が3人もいた事や2人が別れた事に驚いちゃいました。
でも別れた今でも繋がっているって思える関係性でしたね〜
愛が宇宙的に より大きくなったように感じました。
こういう愛の形もあるんですね。

>二人は、とても懸命に真っ直ぐに生きた、素晴らしい人たち
それがよく伝わってきて、好感持てました。


  • maki
  • 2015/10/10 5:40 PM
YANさん こんにちは♪

私もそうですよ〜子供がいたなんて知らなかったし
結婚してたことすら…。
難病=独身という自分のフィルターが悲しくなりました
3人の奇妙な関係性、でも、大きな三角形でしたね
彼女も彼も必要だったというのは、凄く複雑ですが、タガに尊重しあっていた夫婦の関係性は素晴らしいものだったと予測できます
またホーキング博士の茶目っ気がねー


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
 車いすの天才物理学者ホーキング博士を描いた、アカデミー主演男優賞を受賞した話題作なんですが、伝記映画特有の話が散漫になっていたし、エディ・レッドメインの熱演はさすがですが、実在の障害者を演じるとオスカーは取りやすいことを考えると、世評ほど感動はしま
  • 映画好きパパの鑑賞日記
  • 2015/08/11 7:53 AM
公式サイト。イギリス映画。原題:The Theory of Everything。ジェーン・ホーキング原作、ジェームズ・マーシュ監督。エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ、チャーリー・コック ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2015/08/11 8:42 AM
もともととても期待していた作品ですが先日のアカデミー賞中継を観ていてさらに期待度が高まってしまいました。天才物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生とスティーヴン・ ...
  • カノンな日々
  • 2015/08/11 9:09 AM
主演のエディ・レッドメインの演技はまるで本当に病気になっていくようだ。妻ジェーンは夫の研究に打ち込むのを本当に理解しており、共同研究者のようなパートナーだと感じた。家族であるだけならもっと楽ができたと思うけど、あえて過酷な道を選んでいる。観客は博士の
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
  • 2015/08/11 11:17 AM
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 今週は“天才祭り”なのか(笑)
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2015/08/11 12:39 PM
「The Theory of Everything」2014 UK 1963年、英国。ケンブリッジ大学大学院で理論物理を研究するスティーヴン・ホーキングは、ある日パーティで中世スペイン詩を学ぶ魅力的なジェーンと出会う。ユーモアのセンスを持った彼女は才女でもあった。やがてあっという
  • ヨーロッパ映画を観よう!
  • 2015/08/11 12:42 PM
スティーヴンとジェーンの“時間” 公式サイト http://hakase.link 原作はジェーン・ホーキングの回顧録「Travelling to Infinity: My Life with Ste
  • 風に吹かれて
  • 2015/08/11 1:27 PM
車椅子の物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生を描いた人間ドラマ。将来を嘱望されながらも若くして難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した彼が、妻ジェーンの献身的な支えを得て、一緒に数々の困難に立ち向かっていくさまをつづる。監督は、第81回アカデミー
  • パピとママ映画のblog
  • 2015/08/11 4:52 PM
英題 THE THEORY OF EVERYTHING 製作年 2014年 製作国 イギリス 上映時間 2時間4分 原作 ジェーン・ワイルド『Travelling to Infinity: My Life with Stephen』 監督 ジェームズ・マーシュ 脚本 アンソニー・マクカーテン 出演 エディ・レッドメイン/フェリシティ・ジ
  • to Heart
  • 2015/08/11 5:07 PM
 3月末の拙エントリの冒頭で申し上げましたように、映画館が満員で見逃してしまった『博士と彼女のセオリー』を、ようやっと日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)本作(注1)は、アカデミー賞作品賞にノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきた
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2015/08/11 6:56 PM
広大な宇宙の片隅の一瞬の出来事でありながら、人生は貴重で美しい * * * * * * * * * * ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を抱えながら、 現代の宇宙論に多大な影響を与える研究に励んだ天才物理学者、 スティーブン・ホーキング博士と、博
  • 映画と本の『たんぽぽ館』
  • 2015/08/11 7:48 PM
スティーブン・ホーキング博士の半生を描いた『博士と彼女のセオリー』を観てきました。 ★★★★★ アカデミー主演男優賞のエディ・レッドメインは、普段から口をポカーンと開けていて表情が薄いイメージなので、才気あふれる役には合わない気がするという色眼鏡での
  • そーれりぽーと
  • 2015/08/11 8:35 PM
映画「博士と彼女のセオリー」を鑑賞しました。
  • FREE TIME
  • 2015/08/11 9:29 PM
面白かったです 4つ★
  • ポコアポコヤ 映画倉庫
  • 2015/08/11 10:23 PM
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月13日(金) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン7にて 16:00の回を鑑賞。
  • みはいる・BのB
  • 2015/08/11 10:24 PM
実話を下にした作品。 『車いすの天才物理学者』スティーブン・ホーキング博士の若かりし頃の姿と、ALSが侵攻していく最中、最愛の人を見つけ、立ち向かっていく姿を描きます。 この作品は、ラブストーリーですね。原題が『The Theory of Everything』と言うことで、
  • 勝手に映画評
  • 2015/08/11 10:40 PM
長々続いたアカデミー賞関連の感想もこれでようやく終わり…かな? 天文学者として名
  • SGA屋物語紹介所
  • 2015/08/11 10:54 PM
スティーヴンとジェーンの不器用なラブストーリー。 ブラックホールの消滅など現代宇宙論に多大なる影響を与えた「車椅子の天才物理学者」スティーヴン・ホーキング博士と、彼を ...
  • こねたみっくす
  • 2015/08/11 11:27 PM
天才物理学者として将来を嘱望されていたスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)がケンブリッジ大学の大学院に在籍中、詩を学ぶジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い、二人は恋に落ちる。だが直後にスティーヴンは難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症、
  • beatitude
  • 2015/08/12 12:30 AM
壮大なる愛の時間史。 おそらく世界一有名な理論物理学者、スティーヴン・ホーキング博士と彼の最初の妻ジェーンを主人公とした、実話ベースのラブストーリー。 1963年、彼がまだ難病ALSを発症する前、学生時代の二人の出会いから山あり谷あり、およそ四半世紀の家
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2015/08/12 12:05 PM
実在の天才博士が主役で、アカデミー主演男優賞ノミネート作で、同日公開。 「イミテーション・ゲーム」とはしご観賞です。 チューリングは知らない人だったけど、こちらのホー ...
  • 時間の無駄と言わないで
  • 2015/08/12 11:45 PM
「アメリカン・スナイパー」「ファックス・キャッチャー」「イミテ―ション・ゲーム」に次いで 今年のアカデミー賞関連作品4作目です。 ホーキング博士を演じた主演のエディ・レッドメインが主演男優賞受賞です。 「イミテーション・ゲーム」のカンバーバッチを抑えての
  • 映画の話でコーヒーブレイク
  • 2015/08/13 1:10 AM
1963年イギリス。 ケンブリッジ大学大学院で理論物理学を研究する青年スティーヴン・ホーキングは、同じ大学に通う女性ジェーンと付き合うように。 ところが宇宙のすべてを説明する理論の研究に第一歩を踏み出した頃、彼の身体に異変が起こる。 治療法のない“運動ニ
  • 象のロケット
  • 2015/08/13 8:21 AM
18日のことですが、映画「博士と彼女のセオリー」を鑑賞しました。 物理学者として将来を期待されるスティーブン・ホーキングは大学時 詩を学ぶ女性ジェーンと恋に落ちる しかし直後 ALSを発症 余命2年の宣告を受けてるがジェーンはスティーブンと共に生きることを決
  • 笑う社会人の生活
  • 2015/08/14 5:41 AM
1963年、イギリス。 天才物理学者として将来を期待されるスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)は、ケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩について勉強していたジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い、恋に落ちる。 その頃から体調に異変が起き始
  • 心のままに映画の風景
  • 2015/08/14 10:30 PM
理論物理学者 スティーヴン・ホーキング博士の若き日々〜先 を描く。 学生時代からはじまり、この映画のメイン・テ―マに直ちに突入。 それは、ホーキングとその妻になるジェーンの恋愛。 関係が深まったところで、ホーキングに悲劇が・・・ 彼は身体を蝕んでいく病
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2015/08/15 3:33 PM
映画館で観ました。天才物理学者、ホーキング博士の半生が描かれた作品です。大学院時代にALSを発症し、余命2年を宣告され。 それでも学生時代に恋に落ちたジェーンと結婚。2人が支え合って困難を乗り越えるお話・・・だったら感動話になってたと思うんですが。 博
  • はるみのひとり言
  • 2015/08/16 4:11 PM
覚悟と柔軟性の方程式。 「レ・ミゼラブル」で名前が大きく取りざたされてからスピード出世でのオスカー戴冠。と思いきや、E.レッドメインは実績十分の実力派とのことで、確かに難病の症状を繊細にかつ分かりやすく演じていた。納得の受賞である。 世界中に名の知れ
  • Con Gas, Sin Hielo
  • 2015/08/29 2:06 PM
『博士と彼女のセオリー』---THE THEORY OF EVERYTHING---2014年(イギリス )監督:ジェームズ・マーシュ出演:エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ 、チャーリー・コックス、エミリー・ワトソン、サイモン・マクバーニー、デヴィッド・シューリ
  • こんな映画見ました〜
  • 2015/09/08 1:29 PM
その世界の始まりと終わり。 愛するがゆえ。 THE THEORY OF EVERYTING 監督:ジェームズ・マーシュ 製作:2014年 イギリス 上映時間:124分 原作:ジェーン・ホーキング 出演:*エディ・レッドメイン *フェリシティ・ジョーンズ *チャーリー
  • RockingChairで映画鑑賞
  • 2015/10/10 4:51 PM
「セッション」 「博士と彼女のセオリー」
  • Akira's VOICE
  • 2016/01/04 10:17 AM
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年イギリス映画 監督ジェームズ・マーシュ ネタバレあり
  • プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
  • 2016/03/06 8:37 AM
まずは、スティーヴン・ホーキング博士を演じたエディ・レッドメインの演技力にも感服しましたが、(アカデミー賞受賞も納得です) 学生時代に出会い、難病と知り、余命2年と知って余計に恋が燃え上がり、結婚した妻ジェーンも素晴らしく、 決してキレイキレイな
  • のほほん便り
  • 2016/05/26 10:16 AM


search this site.

New entries

categories

Memo

02/18
就業4日目で倒れるとか。。。。まあ世間の仕事の辛さとかもよくわかった気がします。私にはまだ無理なんだなあ。 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「テロ,ライブ」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「最後まで行く」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「悪のクロニクル」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「龍三と七人の子分たち」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「白髪妖魔伝」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「提督の艦隊」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ホーム・スイート・ヘル/キレたわたしの完全犯罪」「ハッピーボイス・キラー」「ファンタスティック・フォー」「悪魔は闇に蠢く」「マイ・インターン」「コンテンダー」「グォさんの仮装大賞」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「男ゴコロはマンガ模様」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「ヴァイキング・サーガ」「クライム・ヒート」「ゾンビーワールドへようこそ」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「これが私の人生設計」「鬼はさまよう」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「あいつだ」「超次元ソニックマン」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「のぞきめ」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「デッド・ウォーカー」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「インサイダーズ 内部者たち」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「エレクトラウーマン&ダイナガール」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「アメリカン・レポーター」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「フィフス・ウェイブ」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「花、香る歌」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「極悪の流儀」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「アウトバーン」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「リバイバル 妻は二度殺される」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「アブノーマル・ウォッチャー」「BILLABONG ビラボン」「超高速!参勤交代 リターンズ」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「ネイバーズ 2」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
さよなら子供たち

★ 現在観ている海外ドラマ:
BONES -骨は語る- シーズン10
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 映画 ビリギャル
    lubluodFoumb
  • Mommy/マミー
    maki
  • ダーク・プレイス
    maki
  • Mommy/マミー
    りお
  • ダーク・プレイス
    りお
  • ダーク・ハーフ
    maki
  • 侵入者 消された叫び声
    maki
  • 侵入者 消された叫び声
    ヒロ之
  • ダーク・ハーフ
    ヒロ之
  • Mommy/マミー
    maki

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR