セッション


2015.09.24 Thursday
【概略】
名門音楽大学に入学したニーマンはフレッチャーのバンドにスカウトされる。ところが、そこで待ち受けていたのは常軌を逸した厳しいレッスンだった。
ドラマ



J・K・シモンズが狂気の鬼教師を演じたことで話題に。
シェイファー音楽院という名門音大に入ったニーマンはジャズドラマーを目指していたが、フレッチャー教授のバンドにスカウトされるのです。
ここでの指導が、平手打ち、物を投げるなどは全然可愛げのある行動で、差別表現、人格否定、さらには家族への攻撃など、とにかく浴びせられる罵倒の数々がキョーレツ。それでもついていくことにしたのは彼が名指導者であるからでしょう。私ならとてもじゃないけど無理。陰湿な指導行為過ぎてとてもじゃないけどついていけない。
流血しながらスティックを叩き、汗でドラムが濡れ、自尊心を傷つけられていく。見ている限り、才能の芽を伸ばしていこうというよりは、でてくる杭をうつような行動にしか見えません。確かに「しごき」で伸びる人もいますが、それって本来の自分を抑えての話でしょ。
実際フレッチャーに一度は切り捨てられたニーマンは、彼が学院にいられなくなるような証言をし、一度はジャズの道を諦める。しかし、あるとき街で学院から追放されたフレッチャーに出会い…。
ジャズドラムなので聞いていて心地いいが、ラストの攻防は痛快ではありました。クズ、能無しと復讐されたニーマンが、直後に最高のドラムを魅せる。この師弟の恩讐を超えた思いが音楽に乗るのでしょう。乗り越えた壁は大きいほど大成する。その時音楽はひとつになるのでしょうね。
嫌い目かなと思ったら意外とそうでもない映画でした。

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.03.30 Thursday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






★コメント一覧★
こんばんは。
フレッチャーの「密告したのはお前だな」に戦慄しました…。
ニーマンの謎のふてぶてしさも見てて不安になる要素だった気がします。
最後のCaravanは素晴らしかったですねぇ。


  • maki
  • 2015/09/24 9:18 PM
あずましのぶさん こんばんは♪

あそこでのあの台詞はドキリとしましたよねえ
密告したのが自分じゃないのになぜか私もドキッとしたりして、あの復讐方法は大人気ないと思いますが
(他の団員が気の毒)
そのあとの、ニーマンの独演からキャラバンは素晴らしかったですね
師弟の恩讐を超えた、一定の人しかつかめない頂点にあのとき到達できたのだと思います
二人にはそれがわかってた


  • ふじき78
  • 2015/09/24 11:01 PM
凄い映画だとは思うのだけど、「好きか?」と聞かれたら躊躇してしまいますね。


  • maki
  • 2015/09/25 10:29 AM
ふじき78さん こんにちは♪

基本、根性ものだからなあ…
私も好きか?と問われたら微妙な反応してしまうかも


  • latifa
  • 2015/09/25 10:35 AM
makiさん、こんにちは!
これ、若干上映時間が短い中、緊張感やら、はらはらドキドキ感やらがあり、かつ音楽も良くて、濃厚な人間ドラマ?を楽しめる映画でしたよね。

この映画を見た後、すぐ別の映画(ターミネーター5)で、J・K・シモンズが、優しい役をやっているのを見て、なんか不思議な感覚になっちゃいました。

その時の劇場の予告編には、主人公の青年俳優さんが、別の映画で、マッチョで強いアメコミ?キャラをやっていて、ぷふふ^^ってなりました。


  • maki
  • 2015/09/25 11:02 AM
latifaさん こんにちは♪

それ微妙な気分になりますねー
こっちの映画の印象がキョーレツだから
優しい役とかアメコミキャラとか(笑)
でもよくわかりましたねー
シモンズさんはわかるとはいえ、主人公ってなんか
パッとしないどこにでもいる大学生って感じの顔をしているじゃないですか^;華がないというか。(失礼)

こっちの作品嫌いっていってる方がいて、
そうかーそういう映画なのかーって思ってた節もあるので、意外と…私はそうでもなかったなって感じています。ジャズ音楽のせいかな?


音楽物や指導物、師弟関係や成長物語のようでいて、案外そんなものじゃないような作品でしたねぇ。
どっちかと言えば感情の殴り合い。根性とか抜きにして、好敵手同士の殴り合いみたいな一本で。


  • maki
  • 2015/09/25 7:17 PM
たおさん こんばんは♪

単純に意地の張り合い、ともいえる。
なんだかんだいいながらもフレッチャーは
ニーマンに可能性の芽を感じていたのでしょう
最後のニーマンが独演しているときのフレッチャーの表情が「それだ!」みたいで、
結局至高の音をどちらも探っていたのかと。


しごき(というか叱る)で伸びる子もいれば、褒めて伸びる子もいる。
本当は、人を見て指導法を考えなければならないんですけどねー
フレッチャーはしごき一辺倒。
これでは、本当は才能が有るのに潰れてしまった人もいるでしょうね。
アンドリューが、最後、なにくそ!と思ってくれて良かった。


  • maki
  • 2015/09/26 9:21 AM
りおさん こんにちは♪

しごきに弱いタイプなので、私は即右向いてさようならですが、ニーマンは耐えられるだけの「音楽をする理由」があったんですよね
さらっと優しい顔して情報引き出しての罵倒は、凄かったですねー、人格否定まで。
その分ラストのこのやろうと殴りあってるかのような反撃の独演は良かったです


いま思いだしたのですが、交通事故のシーンもすごすぎて。
フレッチャーというと「カッコーの巣の上で」での悪役(?)を演じたルイーズ・フレッチャーを思い出すのですが、フレッチャーって「強烈な人」の代名詞だったりして!?(笑)


  • maki
  • 2015/09/26 9:34 AM
ボーさん こんにちは♪

あそこのシーンもちょっとよくわからなかったのですが
楽本とりにいってなんで車にのるん?車においてきたっていってたような?と不思議でした
車にとりにいった→めんどうだから車で会場前まで移動しようとした ということなのかなあ


  • ヒロ之
  • 2015/09/27 12:49 PM
こんにちは!
途中までは苦手な内容(人物)だなぁと思いながら観てたのですが、ラストは意外と良かったです。
ニーマンもフレッチャーもお互いに身を引かない人間だからこそ、ああいうラストが生まれたのかも。
私なら、泣きながらお父ちゃんと帰ります笑


  • maki
  • 2015/09/27 8:38 PM
ヒロ之さん こんばんは♪

確かにねえ、みなさんやっぱりしごきを延々とみせられると、私も鬱映画かと思ってましたので
まさか最後に痛快に変わるとは思っても見ませんでした
変な映画ですよね
ニーマンもフレッチャーもお互い「どうだ!」と思っていたことでしょうね

基本的に自分が精神弱めなので、
しごきとか、恫喝とかに耐えられないので
私なら初回練習の時点で涙でさようならですね
ドラムもやめてしまうかも


makiさんこんばんわ♪

J・K・シモンズが演じてるフレッチャーの怖さは、アカデミー賞の時や他のブロガー様の感想などで聞き及んでいましたが、個人的には想像以上でしたね^^;テレビの画面サイズでも凄い怖さが伝わるのに、映画館のデカイスクリーンで罵られたらどうなってたんだろうと冷や汗タラリ。イス投げのシーンは体がビクッ!と脊髄反射してしまったのでした。

そうそう、あとラストの攻防は本当に痛快でしたね。復讐してなめるなこの野郎的なフレッチャーだったけど、更にその上を行き見せ付けたニーマン。
・・でもその前のジャズバーでフレッチャーがニーマンに語っていた内容を鑑みると、もしかしてあの復讐の手段もニーマンを極限まで追い詰める最後の布石だったのかなぁ?と考えてしまいます。


  • maki
  • 2015/09/28 9:59 PM
メビウスさん こんばんは♪

私も想像以上の怖さでビックリ。
「鬼教官」っていうか、完全にしごきじゃないですか〜
怖い(><)
私だったら…と誰もが考えてしまいますよね

互いにてめえこのやろうという意地のぶつかり合いと感情の昇華ですよね、フレッチャーの嬉しそうな笑み。
そういわれれば、メビウスさんのおっしゃるとおりだとしたら、完全にフレッチャーの手のひらの中。
恐ろしい!


  • yukarin
  • 2015/09/30 11:44 PM
アクション映画を見終った感覚でした 笑
まず私には無理ですねー
ラストの攻防はほんと痛快でした!


  • maki
  • 2015/10/01 9:22 AM
yukarinさん こんにちは♪

きっとそれはボクシング映画ですね(笑)
途中までカウントありで
立ち上がっての逆転KOだったことでしょう


  • morkohsonimap
  • 2015/10/26 4:50 AM
maki さん今晩は
いや前半のしごきのすさまじいこと
あの血のしごきがあったればこその
ラストの敵討ちができ、かつお互いの理解が可能だったようですね
結局は先生のパワハラスポコン指導は適格であったわけですねぇ


  • maki
  • 2015/10/26 10:51 AM
morkohsonimapさん こんにちは♪

ラストのフレッチャーの「それだ」みたいな顔が忘れられませんねえ
パワハラスポ根が合ってる生徒もいれば、合わない生徒もいるわけで、
その中でひたすらパワハラスポ根を求められても、実際の所は困っちゃいますね
ただニーマンに対しては、合っていたと言う事でしょう
映画ってラストのその後の続きの事は考えないものだけど、
でもこの「後」が怖い


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
名門音楽学校での狂気じみたレッスン、そして、その後の生徒と教師の確執を描く。 原題の『Whiplash』は、元々は曲名なんですね。なるほど。その曲が、アンドリューとフレッチャーの接点にもなるのですから、そうかと言う感じもします。邦題もそれで良かったのではない
  • 勝手に映画評
  • 2015/09/24 9:00 AM
映画 『セッション』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら76点にします。 ざっくりストーリー 世界的ジャズ・ドラマーを目指し、名門音楽学校に入学したニーマン(マイルズ・テラー)。伝説
  • ディレクターの目線blog@FC2
  • 2015/09/24 9:07 AM
おススメ度 ☆☆☆☆ ジャズ好きの方と書きたいところだが、ジャズマンには、不評のようです。 最後のジャズ演奏シーンは圧巻ですが、ようは、鬼教師によるしごきと、 しごきによって、上達していくドラマーの物語です。 この映画何がすごいのかというと、教師によ
  • ひろの映画日誌
  • 2015/09/24 9:08 AM
『セッション』 を鑑賞しました。 本当は新しくオープンした新宿で見たかったが、混んでるし、 有楽町のみゆき座はパスして、仕方なく六本木ヒルズで... 【ストーリー】  名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン(マイル
  • 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
  • 2015/09/24 9:22 AM
 ジャズ畑の人からは評判が悪いですが、それほど音楽にこだわらない僕からすると、最後まで興奮しまくりの傑作でした。登場人物すべてが狂気か嫌なやつというのも、近年にない作品ですし、何より、才能のない人間は死にものぐるいで努力しなければならないという事実を
  • 映画好きパパの鑑賞日記
  • 2015/09/24 9:32 AM
バードマンとは俺のことかとパーカー言い 公式サイト。原題:Whiplash(痛めつける)。デイミアン・チャゼル監督。マイルズ・テラー、J・K・シモンズ(本年度米アカデミー賞助演男優賞)、メ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2015/09/24 10:14 AM
  アマゾン 最安値 音楽   書籍   楽天 最安値 音楽   書籍
  • 映画に耽溺
  • 2015/09/24 11:29 AM
セッション@よみうりホール
  • あーうぃ だにぇっと
  • 2015/09/24 11:50 AM
 WHIPLASH  父子家庭に育ち、幼い頃からドラムに親しんでいたアンドリュー(マイルズ・ テラー)は、全米屈指の音楽大学、シェイファー音楽院に入学する。伝説の ジャズドラマーになる夢を抱いていた彼は、名物教授フレッチャー(J・K・シ モン
  • 真紅のthinkingdays
  • 2015/09/24 12:30 PM
狂気と狂気のぶつかり合い… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506160000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック セッション [ (オリジナル...価格:2,592円(税込、送料込) <
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2015/09/24 12:48 PM
一流ドラマーを目指して名門音大に入学したニーマン。ある日、フレッチャー教授の目に留まった彼は、教授の指導するバンドへの参加を告げられる。
  • rambling rose
  • 2015/09/24 12:49 PM
□作品オフィシャルサイト 「セッション」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ、        ポール・ライザー、オースティン・ストウェル■鑑賞日 4月19日(日)■劇場 TOHOシネマ
  • 京の昼寝〜♪
  • 2015/09/24 3:24 PM
監督: デイミアン・チャゼル    キャスト: マイルズ・テラー、J・K・シモンズ…
  • 映画@見取り八段
  • 2015/09/24 5:56 PM
サンダンス映画祭でのグランプリと観客賞受賞を筆頭に、さまざまな映画賞で旋風を巻き起こした音楽ドラマ。ジャズドラムを学ぼうと名門音楽学校に入った青年と、彼にすさまじいスパルタ的指導を行う教師の姿を追い掛けていく。メガホンを取るのは、『グランドピアノ 狙
  • パピとママ映画のblog
  • 2015/09/24 6:07 PM
第30回サンダンス映画祭でグランブリを受賞し先の第87回アカデミー賞でも注目を集めた作品です。名門音楽学校に入学したドラマーと彼の指導にあたる伝説の鬼教師が繰り広げる狂気の ...
  • カノンな日々
  • 2015/09/24 6:34 PM
サンダンス映画祭やアカデミー賞などの映画祭で 話題になったドラマーが主役の映画『セッション』 が公開されましたので観に行ってきました。 向かったのは新宿歌舞伎町に4月にオープンしたばかり のシネコン「TOHOシネマズ新宿」、屋上には大きな ゴジラの頭部のオブ
  • 映画B-ブログ
  • 2015/09/24 7:30 PM
 (原題:Whiplash)わくわくするほど面白い。音楽をネタにした作品だが、ここに描かれるのは単なるエンタテインメントとしての音楽ではなく、登場人物達を追い詰める狂気じみたモチーフである。常軌を逸した難行苦行の果てにある精神錯乱一歩手前の愉悦を、これほど
  • 元・副会長のCinema Days
  • 2015/09/24 7:31 PM
評価:★★★★【4点】(P) 物語の97分間は圧巻のラストのための伏線であった。
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2015/09/24 7:35 PM
楽しみにしてました 凄かったわ〜〜〜〜〜! 面白かった〜〜! 助演男優賞を獲ったJ・Kシモンズさん 大納得!しました主演でもいいんじゃないの? 鬼教師フレッチャー 黒のTシャツが似合ってる・・・ 腕の筋肉もこの役には必要だわ! 怖いもん〜ジェスチャーも怖い
  • ♪HAVE A NICE DAY♪
  • 2015/09/24 7:43 PM
血みどろドラマー * * * * * * * * * * 名門音楽学校で世界的ドラマーを目指すアンドリュー・ニーマン(マイルズ・テラー)。 伝説の教師と言われる、フレッチャー(J・K・シモンズ)の指導を受けることになります。 しかし、常に完璧を求めるフ
  • 映画と本の『たんぽぽ館』
  • 2015/09/24 7:55 PM
【出演】  マイルズ・テラー  J・K・シモンズ 【ストーリー】 名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャーだった。ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を
  • 西京極 紫の館
  • 2015/09/24 8:40 PM
★ネタバレ注意★  観終わった瞬間、思わずホゥとため息が漏れました。  緊張感が凄まじかった。この映画は音楽映画と言うよりサスペンスだと思いました。  デイミアン・チャゼル監督のアメリカ映画です。  さきのアカデミー賞では、助演男優賞(J・K・
  • キノ2
  • 2015/09/24 9:06 PM
五つ星評価で【★★★★なんつーか悔しいけど、面白さ自体は否定できない】 ネタバレです まず、あのラストは好きではない。 勿論、主人公が負け犬のままなんてのは言語道断だ ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2015/09/24 11:02 PM
ドラム版『フルメタル・ジャケット』という評価に偽りなし! ただ映画を見ているだけなのに、まるで自分自身も時間制限なしにドラムを叩かされているような、この全身に襲い掛か ...
  • こねたみっくす
  • 2015/09/24 11:05 PM
昔っから、バンド組んだとしたらボーカルか「ドラムやりたい」ってずーっと思ってたわたし。 すいません。考え甘かった アカデミー賞作品賞ノミネート、(助演男優賞 J・Kシモンズ、録音賞・編集賞受賞) サンダンス映画祭でのグランプリと観客賞受賞ほか。
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2015/09/25 12:13 AM
J・K・シモンズはそりゃオスカー獲るわ。 もうサイコっぷりが堪らない。 罵声飛ばしたり、ピリピリと指導したりと目が離せない。 音楽学校の先生なのにハートマン軍曹みたいだも ...
  • 時間の無駄と言わないで
  • 2015/09/25 12:34 AM
 『セッション』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)アカデミー賞作品賞などにノミネートされ、結果としては、助演男優賞(J・K・シモンズ)、脚色賞、編集賞を獲得した作品ということで、映画館に出向きました。  本作(注1)の冒頭では、主人公のアンドリュー・ニ
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2015/09/25 5:20 AM
正直、ここまで面白いとは思わなんだ。 体育会系教師 vs 弟子 のバトル、という構造を聞いただけで、よくある予定調和の物語を想像していたので。 これでやっと、なぜアカデミー賞で5部門にノミネートされ、それも「作品賞」「脚色賞」含む、というのに、ナットク
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2015/09/25 6:54 AM
私が直す。私が壊す。 世代が知れる話だが、スパルタといってまず思い出されるのが戸塚ヨットスクールである。昭和の時代は、運動部は水も飲まずに過酷な練習に取り組むのが当たり前であったが、犠牲者が出たヨットスクールの事件が行き過ぎた指導として捉えられるよ
  • Con Gas, Sin Hielo
  • 2015/09/25 9:22 AM
28歳の監督さんが、実体験を織り込んで作ったそうで、すごい・・。4つ★
  • ポコアポコヤ 映画倉庫
  • 2015/09/25 10:31 AM
監督 デイミアン・チャゼル 主演 マイルズ・テラー 2014年 アメリカ映画 107分 ドラマ 採点★★★★ アホって文字を擬人化したようなウチの小6の長男。ただアホならではの吸収力の良さからか、所属しているブラスバンドでのスネアドラムの腕前は、大人混合の他
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2015/09/25 6:55 PM
血と汗がしたたる 公式サイト http://session.gaga.ne.jp 製作総指揮: ジェイソン・ライトマン 偉大なジャズドラマーを夢見て、全米屈指の名門、シェイファー音楽院に入学したニーマ
  • 風に吹かれて
  • 2015/09/25 7:41 PM
魂を、叩きつける! ?恐ろしいまでの緊迫感が持続する、超クールな音楽映画。? 全米No.1の音楽大学を舞台に展開するのは、たった一人の天才を育てたい教師と、偉大な音楽家になりたいと願う生徒の、“指導”なんて緩い言葉は全く相応しくない、壮絶な“音バトル”だ
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2015/09/26 12:28 AM
■ TOHOシネマズ みゆき座にて鑑賞セッション/WHIPLASH 2014年/アメリカ/107分 監督: デイミアン・チャゼル 出演: マイルズ・テラー/J・K・シモンズ/ポール・ライザー/メリッサ・ブノワ/オースティン・ストウェル 公式サイト 公開: 2015年04月17日 一
  • 映画三昧、活字中毒
  • 2015/09/26 12:56 AM
ほぼ、嫌い。
  • 或る日の出来事
  • 2015/09/26 6:53 AM
27日のことですが、映画「セッション」を鑑賞しました。 名門音楽学校へと入学し 世界的ジャズドラマーを目指すニーマンは鬼教師として名をはせるフレッチャーの指導を受けることに 完璧な演奏を引き出すためには罵声、暴力をも辞さぬその指導は次第に狂気じみていき…
  • 笑う社会人の生活
  • 2015/09/26 9:52 AM
J・K・シモンズが本年度アカデミー助演男優賞受賞した本作。 やっと見ることができました。 期待に違わぬド迫力! 最後の最後まで息をつかせぬ展開に、のめり込みました。 本作が3部門(助演男優賞、録音賞、編集賞)しか受賞していないとは!? それどころか、主演男優
  • 映画の話でコーヒーブレイク
  • 2015/09/26 9:08 PM
名門校シェイファー音楽院に入学した19歳のドラマーのニーマンは、フレッチャー教授が指揮するスタジオ・バンドにスカウトされる。 喜んだのも束の間、待っていたのは完璧を求める狂気のレッスン。 泣いて帰ったニーマンは、肉が裂け血の噴き出す手に絆創膏を貼り、ひ
  • 象のロケット
  • 2015/09/27 8:30 AM
WHIPLASH 2014年 アメリカ 107分 ドラマ/音楽/青春 劇場公開(2015/04/17) 監督: デイミアン・チャゼル 脚本: デイミアン・チャゼル 出演: マイルズ・テラー:アンドリュー・ニーマン J・K・シモンズ:テレンス・フレッチャー ポール・ライザー:ジム
  • 銀幕大帝α
  • 2015/09/27 12:52 PM
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月30日(木) シネ・リーブル神戸 スクリーン1にて 12:30の回を鑑賞。
  • みはいる・BのB
  • 2015/09/27 1:38 PM
シネモンドで「セッション」を観てきました。 公式HP ドキュメンタリー映画かと思っていたのですが違ってた・・・。 名門シェイファー音楽院へ入学したニーマンはドラマーとしてフレッチャー教授のバンドにスカウトされる。 一流音楽家への道が開けた、と喜び、
  • まぜごはん
  • 2015/09/27 4:04 PM
【監督】デイミアン・チャゼル 【出演】マイルズ・テラー/J・K・シモンズ/メリッサ・ブノワ/ポール・ライザー/オースティン・ストウェル/ネイト・ラング 【公開日】2015年4月17日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 名門音楽大学に入学したニーマンはフレッチ
  • シネマをぶった斬りっ!!
  • 2015/09/28 7:13 PM
ジャズドラマーを夢見て、全米屈指の名門であるシェイファー音楽院に入学したニーマン(マイルズ・テラー)は、鬼教師として名をはせるフレッチャー教授(J・K・シモンズ)の目に止まり、彼のバンドにスカウトされる。 自信と期待を胸に練習に参加したニーマンだった
  • 心のままに映画の風景
  • 2015/09/28 8:27 PM
【WHIPLASH】 2015/04/17公開 アメリカ 107分監督:デイミアン・チャゼル出演:マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、ポール・ライザー、メリッサ・ブノワ、オースティン・ストウェル、ネイト・ラング <完璧>を求めるレッスン。二人のセッションは誰もみたことがない
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2015/09/30 11:39 PM
(原題:Whiplash) ----この映画って アカデミー賞作品賞にノミネートされていたんだよね。 観る前は、それほど乗り気じゃニャいみたいだったけど、 戻ってきたら大興奮してた。 「そうなんだ。 思っていたのとは、 まったく違っていて…。 タイトルが『セッション』
  • ラムの大通り
  • 2015/10/05 10:41 PM
初日に観て来ました。もう何も言わない。とにかく観て! 新入生ドラマーと鬼教師の猛特訓。火花散るバトル緊迫感が半端ないです。 極限に達する瞬間を体感出来たって感じでした。興奮した。 終わった時、ブラボーって言いたい気分でした↑ランキング参加中   
  • はるみのひとり言
  • 2015/10/12 4:38 PM
おいらはドラマー ヤクザなドラマー おいらが叩けば嵐を呼ぶぜ ドラマーとそれを教える先生とのシノギを削るお話でしたねぇ 私の偏った勝手なポリシーのせいで ただでさえ映画館で ...
  • 5385 (ごみばこ)
  • 2015/10/26 4:46 AM
このブログの中では人気が高い、映画のお節介な解説シリーズ。 今回は『セッション』。 この映画はあえて様々な解釈や考察がなされるように作られています。 私もふと疑問に感じた事を調べようとネットで検索かけてみたところ・・・、出るわ出るわ、色々な論点で山
  • グドすぴBlog
  • 2015/11/05 2:36 AM
映画「セッション」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画「セッション」予告編動画あらすじは音 ...
  • 翼のインサイト競馬予想
  • 2015/11/27 9:35 PM
JUGEMテーマ:映画館で観た映画 ​■あらすじ 名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン。 そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャーだった。 ひたすら
  • 映画鑑賞&洋ドラマ& スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記
  • 2015/12/14 11:07 PM
「セッション」 「博士と彼女のセオリー」
  • Akira's VOICE
  • 2016/01/03 12:02 PM
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督デイミアン・チャゼル ネタバレあり
  • プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
  • 2016/03/01 9:32 AM


search this site.

New entries

categories

Memo

03/24
ホライゾンゼロドーンを絶賛プレイ中。DVDおろそか^; 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「テロ,ライブ」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ハッピーボイス・キラー」「ファンタスティック・フォー」「マイ・インターン」「コンテンダー」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「クライム・ヒート」「ゾンビーワールドへようこそ」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「これが私の人生設計」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「エレクトラウーマン&ダイナガール」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「フィフス・ウェイブ」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「BILLABONG ビラボン」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」「グースバンプス モンスターと秘密の書」「セルフレス/覚醒した記憶」「青空エール」「スター・トレック BEYOND」「インフェルノ」「特捜部Q Pからのメッセージ」「ミリオンダラー・ホテル」「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」「グッド・ネイバー」「屍憶 -SHIOKU-」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「ハングリー・ハーツ」「ジェイソン・ボーン」「世界の果てまでヒャッハー!」「レジデント」「ラスト・ウィッチ・ハンター」「ザ・ギフト」「5時から7時の恋人カンケイ」「ミッドナイト・スペシャル」「ジョイ」「ハッピーログイン」「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」「後妻業の女」「真田十勇士」「ドント・ブリーズ」「バニーマン/殺戮のカーニバル」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)

★ 現在観ている海外ドラマ:
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 映画 ビリギャル
    Keithorith
  • 映画 ビリギャル
    Edgarnouse
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    maki
  • GANTZ:O
    maki
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    ヒロ之
  • GANTZ:O
    ヒロ之
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    maki
  • ネイバーズ 2
    maki
  • ネイバーズ 2
    morkohsonimap
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    morkohsonimap

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR