64-ロクヨン-前編/64-ロクヨン-後編


2016.12.18 Sunday
【概略】
かつては刑事部の刑事、現在は警務部・広報官の三上義信は、常にマスコミからの外圧にさらされていた。そんな彼が、昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」に挑む。
サスペンス



【概略】
三上は警察という組織の中で生きる個人としての葛藤を背負い込みながら、マスコミからの突き上げにあっていた。そんな中で家族の問題も抱えながら、「ロクヨン」事件の真相に迫り…。
サスペンス



犯人は、まだ昭和にいる。慟哭の結末を見逃すな。
「昭和天皇の崩御により、昭和64年はたった7日間で終わった。そして迷宮入りとなった少女誘拐殺人事件は、県警内部で「64(ロクヨン)」と呼ばれることになった。」この、本当にあってもおかしくないような題材がなによりも素晴らしい。横山秀夫さんの原作です(未読)。
出演者さんの演技が迫力あるのですが、警務部広報と記者クラブとのやりとり、刑事部と警務部との確執などもリアルに描かれるからそこに迫真さがうまれた。配役の巧さがなんともいえない。64と同じような少女誘拐事件がまた起きて、続くになる。
後編は、原作と違うラストだったらしい。永瀬正敏さんがメサキスポーツの幼い娘・早紀を車に乗せて、「ごめんな、おじさん道まちがえた。おじさんにも君より幼い娘がいたんだ」と言うシーン、切なかったな。主演の佐藤さんも良かったが、永瀬さんのほうが凄みがあって良かった。電話の声の主が現われるまで、電話をかけ続ける。その執念が犯人を突き止めただなんて、非科学的だけれど…でも。昭和に1人取り残された雨宮。彼の心情を思うと悲しみなんか通り越してしまう。

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.03.23 Thursday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






★コメント一覧★
  • morkohsonimap
  • 2016/12/19 7:24 PM
makiさん今晩は
原作に惚れ込んでNHKのドラマにこの映画としっかりと見てきましたが
映画はあきません、後編のラスト40分の蛇足の事件は一重に感動の押し売りでしかありません
無理矢理製作側の感動とはこうなんだよっていうのがすべてをぶち壊していたような
尺が足りなかったら、警察広報と記者クラブの対立点をもっと広げると
後半で生きてくるんだけどねぇ


  • maki
  • 2016/12/20 2:27 PM
morkohsonimapさん こんにちは♪

映画だけでみても、確かに後半尺が事件後の描かれ方としてはおまへは探偵か刑事かという活躍を見せる主人公はおかしいですよね
でも私個人的には雨宮を演じた永瀬さんの枯れた演技力にみせられてしまって悲しいままで終わってしまったけれども。
記者クラブとの攻防も、ほとんどが前編だけに至っていたので(二課長が頑張ってましたが)確かに言われてみれば中途なつくりだった気もしてます


  • latifa
  • 2016/12/31 8:23 AM
makiさん、いよいよ今日で今年も最後ですね、札幌は今年は大雪で色々大変でしょう・・。
また来年もよろしくお願いします!

これ、私も見ました。面白かったけれど、2話に分けるのは、辞めて欲しいような・・・。
>永瀬さんのほうが凄みがあって良かった。
確かに。私も渾身の演技、って思いました。
電話、かけ続けるっていう執念、すごく良かったのだけれど、でも、絶対電話に最初に出ないお父さんとかっているからなあ・・・。


  • latifa
  • 2016/12/31 8:28 AM
ごめんなさい!間違って違うのもTBしちゃいました!


  • maki
  • 2016/12/31 11:50 AM
latifaさん こんにちは♪

そうなの大雪で大変です
毎日雪かき!
3日間飛行機飛ばなかったりとか、
JRも動かないしで凄かったです

永瀬さんの演技良かったですよね〜
主役を食ってたかなと私は思いました
電話をかけ続ける執念と言う設定が凄く良くて
でも出ない人もいるだろうねえ^;


  • maki
  • 2016/12/31 11:54 AM
latifaさん>

TBは削除しておきました^^

また来年も宜しくお願い致しますね
良いお年をお迎えくださいね


makiさん 明けましておめでとうございます!

「64」、私も原作は未読です。
無言電話作戦は些か無理筋な気もしましたが、佐藤・永瀬・緒形トリオはなかなかの熱演でした。

昨年はお世話になりありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします。


  • maki
  • 2017/01/03 9:56 AM
夜影座さん 明けましておめでとうございます♪

確かに無言電話をかけ続けるのは無茶無謀だし
時間がたって犯人の声だって記憶曖昧になるだろうし…と思うのですが、
それでも「昭和に取り残された」犯人の声を唯一聞いている雨宮がそうした背景に涙が出ます
その執念に、深い悲しみに、心が打たれました

本年も宜しくお願い致します


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
本音でぶつかり合えば… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604210000/ 64(ロクヨン)(上)【電子書籍】[ 横山秀夫 ]価格:690円 64(上) [ 横山秀夫(小説家) ]価格:691円(税込、送料無料) 64(下) [
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2016/12/18 8:53 PM
ロクヨン事件の終結… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201606110000/ 映画「64-ロクヨンー前編/後編」オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2500円(税込、送料無料)
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2016/12/18 8:53 PM
『64 ロクヨン 前編』 を試写会で鑑賞しました。 実は昨年の9月のスニーク(モニター)試写会で前後編を鑑賞している。 【ストーリー】  わずか7日で終わった昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件、“ロクヨン”から14年が経過し、未解決のまま時効が近づい
  • 気ままな映画生活 −適当なコメントですが、よければどうぞ!−
  • 2016/12/18 8:58 PM
横山秀夫の小説「64(ロクヨン)」を映画化。 映画は2部作になっていて今回は前編。 佐藤浩市が主演。 主人公の警務部の広報官、 三上義信を演じます。 綾野剛、永瀬正敏、三浦友和、榮倉奈々、 瑛太ら豪華キャストが出演 監督は瀬々敬久。 通称「ロクヨン」とい
  • 花ごよみ
  • 2016/12/18 9:02 PM
豪華キャストも中身もてんこ盛り 公式サイト。横山秀夫原作、瀬々敬久監督。佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2016/12/18 9:18 PM
公私混同は都知事だけじゃない 公式サイト。横山秀夫原作、瀬々敬久監督。佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、柄本佑、窪田正孝、小澤征悦、金井勇太、椎名桔平、滝 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2016/12/18 9:19 PM
人物相関図(クリックで拡大) 原作は昨年読みまして、さらに昨年NHKのドラマでも放映されてましたが、 本当に面白い作品です。 映画版はやっぱり2時間くらいの長さでは収まらないから、 前・後編で別れちゃうんですね。 見応えあるだろうけれど、 正
  • よくばりアンテナ
  • 2016/12/18 9:20 PM
前編の記事はコチラ 前編があまりにも面白かったために、期待値が上がりすぎでした。 ただ、不安がなかったわけじゃない。 だって、前編ですでに原作本のストーリー3/4くらいは進んでるので、 後の1/4をどうやって後編で広げるんだろうかと・・・ もちろん
  • よくばりアンテナ
  • 2016/12/18 9:20 PM
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 5月7日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 13:50の回を鑑賞。
  • みはいる・BのB
  • 2016/12/18 9:20 PM
評価:★★★★【4点】(11) 警察内部の構造を知るうえで可なり為になる映画。
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2016/12/18 9:20 PM
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 6月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:00の回を鑑賞。
  • みはいる・BのB
  • 2016/12/18 9:21 PM
評価:★★★☆【3.5点】(11) 前編で貼られた伏線回収作業は綺麗に処理されたものの
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2016/12/18 9:22 PM
 横山秀夫のベストセラーの映画化で、原作もNHKドラマもみています。映画版は超豪華キャストの演技は満足だけど、日本人好みの手堅い泣かせに走っているのはいまいちでした。後編は原作と変えているらしいので、ちょっと楽しみかも。  作品情報 2016年日本映画 監
  • 映画好きパパの鑑賞日記
  • 2016/12/18 9:22 PM
【出演】  佐藤 浩市  綾野 剛  榮倉 奈々  瑛太 【ストーリー】 わずか7日で終わった昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件、“ロクヨン”から14年が経過し、未解決のまま時効が近づいていた。そのロクヨンの捜査に携っていた警務部秘書課広報室の広報官
  • 西京極 紫の館
  • 2016/12/18 9:28 PM
【出演】  佐藤 浩市  永瀬 正敏  緒方 直人  三浦 友和 【ストーリー】 県警の広報官・三上は記者クラブとの摩擦問題をようやく解決した矢先昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件を模倣した誘拐事件が発生し、県警内部の政治対立に翻弄され、再びマスコミと衝突して
  • 西京極 紫の館
  • 2016/12/18 9:29 PM
ある県警を舞台にして繰り広げられる誘拐事件や記者クラブと広報のやり取り、警察組織の対立など映画が何本かできてしまうような密度の濃い物語だ。前編だけを見たけど、邦画の今年のベスト3くらいには間違いなく入るだろう。傑作だと思う。
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
  • 2016/12/18 9:37 PM
昭和64年に起こった誘拐事件には警察の隠蔽体質があったことがわかっている。それを解明しながら、平成14年の模倣した事件も解決するのを期待していた。できれば最新の技術を使って綿密な捜査を貫く人間が出てきて、警察の闇を白日の元にさらしてほしかった。
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
  • 2016/12/18 9:38 PM
前編同士ほんに傑作。 私は、映画の中のキャラが立ってて役者がステキな映画が好きなのだ。 どっちも条件バッチリ。 ちなみにどっちも原作未読、派生物未鑑賞です。 ◆『ちはや ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2016/12/18 9:49 PM
『64 後編』 を鑑賞しました。 この映画は、モニター試写会で一気に見ている。 その時の後編の印象は悪かったが、今日観た後編はなかなか面白い。 やっぱり途中段階で音とかが入ってない状態のものだったのであろう。 モニター試写会の感想 前編の感想 【ストーリー
  • 気ままな映画生活 −適当なコメントですが、よければどうぞ!−
  • 2016/12/18 9:56 PM
横山秀夫のベストセラー小説『64』の映画化。 原作を読んだことがあるはずなんですが、ほぼ内容を忘れているので、実質初見と同等です(笑)。 いやぁ、少なくとも前編を見た限りでは、今年の邦画一番じゃないですかね。非常に重厚な内容で、中々良く脚本が練られて
  • 勝手に映画評
  • 2016/12/18 10:45 PM
『64 ロクヨン 前編』に引き続く後編。結末が、原作と異なっています。 前編が思ったよりも良かったので、期待していきましたが、う〜ん、敢えて変えた結末はどうなんでしょうね?わたし的には、ちょっとイマイチ。 って言うか、原作は読んだんですが、どう言う内容
  • 勝手に映画評
  • 2016/12/18 10:46 PM
2016/5/9、109シネマズ木場。 3番スクリーン。K列を選択。 **   佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、窪田正孝、 椎名桔平、滝藤賢一、奥田暎二、仲村トオル。 ** 昭和64年1月4日。 雨宮漬物の社長の小学生の娘、翔子が誘拐される。 警察の
  • ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
  • 2016/12/18 11:45 PM
そこに意地はあるのか。 これが親の意地なのか。これが刑事の意地なのか。これが地元の意地なのか。 全ては既に始まっていた。全ては既に三上広報官の知らぬところで終わりに向け ...
  • こねたみっくす
  • 2016/12/18 11:46 PM
そこに心はあるのか。 何とも日本的な重さが心にずしりと残る映画だ。しかし何とも日本的な感動がじわじわと心に響く映画だ。 まだ事件の核心に迫っている訳ではないのに、それで ...
  • こねたみっくす
  • 2016/12/18 11:46 PM
2016/6/12、109シネマズ木場、3番スクリーン。 公開直後とあって、良い席は早い段階から埋まっており、I列を選択。 *   佐藤浩市、瑛太、綾野剛、榮倉奈々、三浦友和、夏川結衣、 窪田正孝、滝藤賢一、奥田暎二、仲村トオル。 ** 冒頭前半のダイジェ
  • ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
  • 2016/12/18 11:47 PM
「64-ロクヨン-前編」は1989年1月1日〜7日のわずか7日間に起きた昭和64年の誘拐殺人事件を15年後の事項目前にした中で再びこの事件と刑事が向き合って事件解決へ動こう ...
  • オールマイティにコメンテート
  • 2016/12/19 12:03 AM
「64-ロクヨン-後編」は64-ロクヨン-前編の続きとなる作品で昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件と同じ手口の事件が起きた事により当時の事件が大きく動き出し真犯人へとたどり着いてい ...
  • オールマイティにコメンテート
  • 2016/12/19 12:03 AM
犯人は、まだ 昭和にいる。 上映時間 121分 原作 横山秀夫 脚本 瀬々敬久 久松真一 監督 瀬々敬久 出演 佐藤浩市/綾野剛/榮倉奈々/夏川結衣/緒形直人/窪田正孝/坂口健太郎/菅田俊/瑛太/吉岡秀隆/永瀬正敏/三浦友和 横山秀夫の傑作ミステリーを豪華共演で映画化したミ
  • to Heart
  • 2016/12/19 12:16 AM
 『64 ロクヨン 前編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)以前、原作小説を読んでとても面白いと思い、なおかつ佐藤浩市が主演の作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、昭和64年1月5日。  まず漬物工場が映し出され、併設されている
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2016/12/19 5:21 AM
 『64 ロクヨン 後編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『64 ロクヨン 前編』が素晴らしかったので、後編もと思って映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、雨が降りしきる中で公衆電話ボックス(注1)に入って電話をかけようとする雨合羽の男の姿が映し
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2016/12/19 5:21 AM
64−ロクヨン−前編@イイノホール
  • あーうぃ だにぇっと
  • 2016/12/19 6:32 AM
おすすめ度 ☆☆☆☆ 2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位の、横山秀夫原作の映画化。 骨太な作品で、1本の映画に収まらず、前・後編。映画界の事情で、ずらして公開という手法がとられている。 お陰で、一気に見ることができず、つらい思いも。 私は、原
  • ひろの映画見たまま
  • 2016/12/19 8:22 AM
豪華キャストを取り揃えた映画にロクなものはないけれど、この映画は違う。 皆さん本気でいい仕事をしていて、大物俳優だからといって脇役なのに突出してしまって話をぶち壊すこともなく、それぞれが見事にその役割を全うしているのが伝わってくる。 勿論、「このミス
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2016/12/19 9:59 AM
64の前編は何も起こらないから、後半から観てもいいのかもって言ってごめんなさい。 前編に見事に張り巡らされた伏線の数々。 この長い長い前置きがあってこその深い物語は、大きく広げた風呂敷をきちんと折り目正しく畳んで、最後にカバンにしまうところまでやって
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2016/12/19 10:00 AM
後編が待ち切れない。こんな気持ちは久々だ。昭和最後の7日間に起こった少女誘拐殺人事件。通称「64(ロクヨン)」。時効まであとわずか一年に迫った平成14年、事件は大きく動き出す…。そうか、昭和64年って、平成元年って、もはやこんなにノスタルジックな風景なのか
  • ここなつ映画レビュー
  • 2016/12/19 10:59 AM
「怒涛の前編、慟哭の後編」なのである。局の柱巻きに書いてあったのだから、間違いない。そうなんだろうな、と思いつつ、結局公開終了直前に鑑賞。いやもう本当に楽しみにしていたのだけれど、息子と予定を合わせるのが難しいシーズンなので。前編からの期待を裏切らな
  • ここなつ映画レビュー
  • 2016/12/19 11:00 AM
人気作家・横山秀夫の傑作ミステリー巨編を佐藤浩市をはじめとする実力派キャストの豪華共演で映画化したミステリー・ドラマ。監督は「ヘヴンズ ストーリー」「ストレイヤーズ・クロニクル」の瀬々敬久。 <感想>原作未読でTVドラマも見ていなかったのが悔やまれる
  • パピとママ映画のblog
  • 2016/12/19 6:53 PM
人気作家・横山秀夫の傑作ミステリー巨編を佐藤浩市をはじめとする実力派キャストの豪華共演で映画化したミステリー・ドラマ。本作は前後編2部作の後編。警察庁長官の来県を目前に発生した新たな誘拐事件で県警全体に激震が走る中、さらなるマスコミ対応に追われる広報
  • パピとママ映画のblog
  • 2016/12/19 6:53 PM
横山秀夫の小説は結構好きでして、映画化と言うお話が伝わって来る以前に原作は読んでいました 映画化するのなら警察広報の主人公三上は誰かなぁ なんて考えながら文字面を読み進 ...
  • 5385 (ごみばこ)
  • 2016/12/19 7:14 PM
映画館で映画を見られない特権は前後編一気にDVDで見られることでしょうか 土曜日と言うことで4時間かけて見ましたが・・・ 前編のエンドロールの前に後編の予告編いれていましたし ...
  • 5385 (ごみばこ)
  • 2016/12/19 7:17 PM
中間管理職は、つらいよ * * * * * * * * * * 本作はすでに本で読んでいて、しかも苦手な前・後編、ということで、 ややためらっていたのですが、それにしてもこの出演陣の豪華さはどうよ・・・って、 見れば見るほどこれは見逃せないという気持
  • 映画と本の『たんぽぽ館』
  • 2016/12/19 8:37 PM
父親の執念を見よ! * * * * * * * * * * 「64」お待ちかねの後編です。 先の昭和64年の誘拐事件とそっくりな誘拐事件が勃発。 単なる模倣犯か、それとも・・・? 本作の見所は、先の誘拐事件で娘を殺害された雨宮(永瀬正敏)と 三上(佐
  • 映画と本の『たんぽぽ館』
  • 2016/12/19 8:37 PM
その83「松谷警部と三ノ輪の鏡」はこちら。原作の、あの謎がすばらしかったのは、わずか7日間しか存在しなかった昭和64年の世相と分かちがたく結びついていたことだ。現代のわたしたちにとってすっかりおなじみの“あれ”がまだ一般的ではなかったことと、
  • 事務職員へのこの1冊
  • 2016/12/19 8:58 PM
64-ロクヨン-前編 '16:日本 ◆監督:瀬々敬久「アントキノイノチ」 ◆主演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、烏丸せつこ、小澤征悦、金井勇太、芳根京子、菅原大吉、柄本佑、椎
  • C’est joli ここちいい毎日を♪
  • 2016/12/19 10:09 PM
昭和の7日間に取り残された人を救ってやってくれ  わずか7日間でその幕を閉じた昭和64年。その間に管内で発生した少女誘拐殺人事件。いまも未解決のその事件を県警内部では“ロクヨン”と呼んでいた。  刑事部で長く活躍しロクヨンの捜査にも関わったベテラン刑事
  • CINECHANが観た映画について
  • 2016/12/20 1:12 AM
娘は小さな棺の中にいる  平成14年12月。時効まであと1年と迫った“ロクヨン”の捜査員激励と被害者家族・雨宮の慰問を目的とした警察庁長官の視察が翌日に迫る中、管内で新たな誘拐事件が発生する。しかも犯人は“ロクヨン”と同じように身代金2000万円をスーツケー
  • CINECHANが観た映画について
  • 2016/12/20 1:13 AM
2016/05/07公開 日本 121分監督:瀬々敬久出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、瑛太、永瀬正敏、三浦友和 犯人は、まだ昭和にいる。 STORY:わずか7日間でその幕を閉じた昭和64年。その間に管内で発生した少女誘拐殺人事件
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2016/12/20 1:44 PM
2016/06/11公開 日本 119分監督:瀬々敬久出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、烏丸せつこ、小澤征悦、金井勇太、柄本佑、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、瑛太
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2016/12/20 1:45 PM
上映時間 119分 原作 横山秀夫『64(ロクヨン)』(文藝春秋刊) 脚本 瀬々敬久/久松真一 監督 瀬々敬久 音楽 村松崇継 主題歌 小田和正 『風は止んだ』 出演 佐藤浩市/綾野剛/夏川結衣/緒形直人/榮倉奈々/窪田正孝/坂口健太郎/筒井道隆/小澤征悦/金井勇太/柄本佑/忍
  • to Heart
  • 2016/12/20 7:25 PM
前後編2部作の後編。 警察庁長官の来県を目前に発生した新たな誘拐事件で県警全体に激震が走る中、 さらなるマスコミ対応に追われる広報官、三上が迫る“ロクヨン”捜査の真相と、 現在進行形で展開していく新たな誘拐事件の衝撃の顛末とは   前編
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2016/12/20 11:14 PM
昭和から平成に変わる直前、1週間しかなかった昭和64年に起きた、戦後唯一の未解決誘拐事件。 実際の事件が基になった、ということで凄く興味あった1本。 「半落ち」などの原作者・横山秀夫の小説を、豪華キャストで映画化。 横山さんは、元群馬県の地方新
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2016/12/20 11:15 PM
時効が1年後に迫る「ロクヨン」の捜査員を激励するため、警察庁長官が県警を視察し、被害者の雨宮宅を慰問することになった。 その交渉役として三上は10数年ぶりに雨宮家を訪れるが、被害者の父・雨宮からは長官の訪問を断られてしまう。 そんな時、県内で「ロクヨン
  • 象のロケット
  • 2016/12/21 9:08 AM
平成14年。 「ロクヨン」と呼ばれる、昭和最後の年・昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件は、間もなく時効を迎えようとしていた。 かつて「ロクヨン」の捜査にもあたった県警の刑事・三上義信は、異動で広報室の広報官となる。 就任早々、訳あって交通事故の加害者を匿
  • 象のロケット
  • 2016/12/21 9:09 AM
1週間しかなかった昭和64年に起きた殺人事件にまつわる話と言うフレーズに興味を持って、『64-ロクヨン- 前編』を観てきました。 ★★★★★ 話が面白いのも有りますが、直前に観た『アイアムアヒーロー』と比べて、編集もカメラワークも非の打ち所が無く、テンポが良
  • そーれりぽーと
  • 2016/12/24 10:39 AM
早くも続きの公開!『64-ロクヨン- 後編』を観てきました。 ★★★★ ハイテンションで駆け抜けて描かれる前編が良過ぎた。 後編はテンポにムラが有り、前後編の区切るところを間違えたのかと思うような間延び感を感じてしまったところが残念。 面白いのには間違いな
  • そーれりぽーと
  • 2016/12/24 10:39 AM
2016年・日本/TBS=コブラピクチャーズ他 配給:東宝 監督:瀬々敬久 原作:横山秀夫 脚本:久松真一、瀬々敬久 脚本協力:井土紀州エグゼクティブプロデューサー:平野 隆企画:越智貞夫 2012年
  • お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法
  • 2016/12/26 11:11 PM
例によって原作は未読ですが、横山秀夫さん原作の作品らしく骨太のドラマとなっていま
  • はらやんの映画徒然草
  • 2016/12/29 10:11 PM
<ネタバレ部分があるので、注意してください> 前編は昭和64年に発生した誘拐事件
  • はらやんの映画徒然草
  • 2016/12/29 10:17 PM
NHKのドラマ版、原作小説を読んだ後しばらくして、この映画版をレンタルにて鑑賞しました。3つ★半
  • ポコアポコヤ 映画倉庫
  • 2016/12/31 8:27 AM
監督:瀬々敬久 出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、窪田正孝、金井勇太、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、小澤征悦、菅原大吉、坂口健太郎、宇野祥平、菜葉菜、嶋田久作、三浦誠己、黒川芽以、小橋めぐみ、芳根京子、萩原みのり、瑛太、椎名桔平、滝
  • タケヤと愉快な仲間達
  • 2017/01/09 5:53 AM


search this site.

New entries

categories

Memo

03/06
疲れたー。 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「テロ,ライブ」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ハッピーボイス・キラー」「ファンタスティック・フォー」「マイ・インターン」「コンテンダー」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「クライム・ヒート」「ゾンビーワールドへようこそ」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「これが私の人生設計」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「エレクトラウーマン&ダイナガール」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「フィフス・ウェイブ」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「BILLABONG ビラボン」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」「グースバンプス モンスターと秘密の書」「セルフレス/覚醒した記憶」「青空エール」「スター・トレック BEYOND」「インフェルノ」「インサニティ」「特捜部Q Pからのメッセージ」「ミリオンダラー・ホテル」「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」「グッド・ネイバー」「屍憶 -SHIOKU-」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「ハングリー・ハーツ」「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」「ジェイソン・ボーン」「世界の果てまでヒャッハー!」「レジデント」「ラスト・ウィッチ・ハンター」「ザ・ギフト」「5時から7時の恋人カンケイ」「ミッドナイト・スペシャル」「ジョイ」「ハッピーログイン」「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」「後妻業の女」「真田十勇士」「バイオハザード:ザ・ファイナル」「GANTZ:O」「ドント・ブリーズ」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)

★ 現在観ている海外ドラマ:
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 映画 ビリギャル
    WilliamGaits
  • 映画 ビリギャル
    Nataliazeple
  • シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)
    メビウス
  • シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)
    maki
  • シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)
    ふじき78
  • グッドナイト・マミー
    maki
  • グッドナイト・マミー
    たお
  • コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版
    maki
  • コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版
    maki
  • コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版
    ふじき78

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR