レヴェナント:蘇えりし者


2017.01.14 Saturday
【概略】
狩猟の旅の途中、ヒュー・グラスは瀕死の重傷を負う。彼は仲間に置き去りにされた上、最愛の息子の命を奪われてしまう。
アクション



復讐の先に、何があるのか。
本作を賞賛されてる方には申し訳ないのですが…。私はあんまり好きじゃなかった。映像は凄いしカメラワークも素晴らしい。でも、じゃあ何度も見たい映画かといわれたら、それはNO。だって単純に面白くないんだもの。
ほとんどのシーンは主人公が困難にあり、極寒の地で大怪我をしている状態で、台詞がなく、食料も手に入らないし、痛いやら寒いやらひもじいやら息子を殺されて悔しいやらで、「うー」とか「はぅぐ!」とかって身悶えてます。正直、この素晴らしいロケーションで、過酷で辛そうな演技を要求されたら、ディカプリオじゃなくても例えば敵役トム・ハーディなんかでも上手く演じられるんじゃないでしょうか…そう思ってしまう。だから、この映画は好きじゃないし、アカデミー賞に値するとは思えない。ディカプリオは頑張ったよ?でもだから何?って思ってしまう。ディカプリオは、もっと他の映画のときに賞をとるべきでしたね。
アクションや戦闘シーンも多いのですが、映画を仮想体験する媒体として考えたとき、映画自体は良くできてる。でもそれは主人公のかなりしんどい思いにシンクロするだけで、きっちり復讐を成し遂げても、そこに爽快感や感動は生まれないひたすらに重たい空気のしんどい映画だった。
簡単に良い所をあげてみる。
圧倒されるような北米の大自然の映像美。実話だったのかと驚ける所。
簡単に悪い所をあげてみる。
画面全体が暗い。主人公を放置するに至った結論が当然過ぎ(あのままでは全員が共倒れに)で、主人公にとどめを刺せずに放置した隊長が一番悪い。そのせいで主人公の息子が死ぬはめに。
ディカプリオのリアルな鼻水なんてので、「すげえwリアリティww」とか思ってる人はさすがにいないとは思いますが、そりゃ極寒の地なら人間誰でも鼻水はでるんだよ。どんな美女でもな。
死んだ動物の生肉や素手で魚を捕まえそのままかぶりつくシーン、死んだ馬の内臓を取り出しその中に入り暖を取るシーンなど、とにかく北欧の映画やインディアン映画でけっこう見たことあるシーンが多くて、あまり残虐で壮絶とは思わなかった。命が惜しくてちょっと知識のある人なら同じ事をするだろう。
生に対する執着心をこの映画は語っているわけですが、まるでB級映画の不死身主人公ばりにあれだけの怪我を負ってながらも死なずに生きていること自体ご都合すぎて奇跡。何ヶ月も療養しながらならまだしも、あんなすぐで回復力が凄すぎ。体腐りかけてたのに、走ってんだぜ、話してんだぜ。
この映画で一番印象的なのは大自然そのもの。ディカプリオではない。

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.04.24 Monday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






★コメント一覧★
私も好きじゃなかった。すごいのは認めるとしても「好きではない」ですね。普通ありえないし。


  • maki
  • 2017/01/14 9:03 PM
ボーさん こんばんは♪

全く同じくです
映像は凄いしカメラワークも素晴らしい
でも好きじゃない映画でした


  • ふじき78
  • 2017/01/14 10:18 PM
そうそう、主人公が不死身の理由がないんだよね。宇宙人と融合して、危機の時には変身して、それでも3分経ったらカラタイマーが点滅するみたいだったら良かったのかな。馬の腹から血まみれで出てくるウルトラマンとかちょっと見たい気もする。
作品に対しては敬意を払いますが(払っといてウルトラマンとか言うなよ俺)、やはりそんな好きな映画かと聞かれると首を傾げてしまいます。


  • maki
  • 2017/01/15 9:38 AM
ふじき78さん こんにちは♪

そうなんですよね〜作品は素晴らしいと思うのですが、「好き」ではありません。

まあ不死身の理由が
>息子を殺されて悔しいやら
ってことで、よしんば根性だけで息子の仇をとるということなら、ラストの復讐は意味ない…と悟るのも、うーん?て感じですし
どちらにせよ何ヶ月かたち傷が癒えてからの追討劇ならまだしも、あんな状態(自分で立てずに運ばれてた)ですぐに歩いたり、走ったりは、「蘇る者」としても蘇えりすぎだろって話なんですよ
馬の腹からウルトラマンが出てきたら、
色々な意味でちびってしまいます


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
そして彼はクマになった。
  • Akira's VOICE
  • 2017/01/14 11:14 AM
当ブログは2年前の年末映画ベスト10で、同スタッフの「バードマン」 を3位にいれていた。 サブタイトル=「中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快? 怪作!(12/18アップ)」 オフビート系な映画にもかかわらず、ここまで心を掴まされるとは、驚き
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2017/01/14 11:15 AM
 レオナルド・ディカプリオが念願のオスカーをとった作品で、過酷な自然に体当たりしたのは敬意を表しますが、個人的には「リリーのすべて」のエディ・レッドメインの演技のほうが印象的だったなあ。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:アレハンドロ・G・イニャ
  • 映画好きパパの鑑賞日記
  • 2017/01/14 11:30 AM
THE REVENANT 上映時間 156分 映倫 R15+ 監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本 マーク・L・スミス/アレハンドロ・G・イニャリトゥ 音楽 坂本龍一 出演 レオナルド・ディカプリオ /トム・ハーディ/ドーナル・グリーソン/ウィル・ポールター/ルーカス・ハース 18
  • to Heart
  • 2017/01/14 11:47 AM
2016/4/29、109シネマズ木場。 1番スクリーン。いい席のH列を選択。 * レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター。 ** 1820年代、アメリカ北西部。 毛皮会社のヘンリー(ドーナル・グリーソン)の一
  • ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
  • 2017/01/14 11:59 AM
レヴェナント:蘇えりし者
  • あーうぃ だにぇっと
  • 2017/01/14 12:15 PM
 入場料金00のチネチッタデーと重なった公開2日目、夕方。この映画館で一番大きいチネ8には6割位の客入りだ。上映にはクラブチッタが監修した独自の音響「LIVEサウンド」が導入された。
  • 新・辛口映画館
  • 2017/01/14 12:22 PM
厳しい極寒の大地でロケーションしたサバイバル劇は人間の存在の小ささと、主人公の壮絶な復讐への執念を浮かび上がらせる。満点の出来栄えだと思う。
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
  • 2017/01/14 1:18 PM
復讐は、神の手に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604220000/ 【輸入盤】Revenant [ レヴェナント: 蘇えりし者 ]価格:2365円(税込、送料無料) レヴェナント 蘇えりし者 [ マイケル・パンク ]価格:885円
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2017/01/14 1:27 PM
THE REVENANT 2015年 アメリカ 156分 アクション/ドラマ/アドベンチャー R15+ 劇場公開(2016/04/22) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 製作: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本: アレ
  • 銀幕大帝α
  • 2017/01/14 1:40 PM
【出演】  レオナルド・ディカプリオ  トム・ハーディ  ドーナル・グリーソン 【ストーリー】 アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラスは狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルドに置き去りにされてし
  • 西京極 紫の館
  • 2017/01/14 1:51 PM
圧倒的な自然 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/revenant 実話を基にした映画 原作: レヴェナント 蘇えりし者 (マイケル・パンク著/ハヤカワ文庫)監督: ア
  • 風に吹かれて
  • 2017/01/14 2:29 PM
トム・ハーディの悪にはワケがある 公式サイト。原題:The Revenant。アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督(本年度米アカデミー監督賞受賞)、音楽:坂本龍一。レオナルド・ディカプリオ(本年 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2017/01/14 2:33 PM
レオナルド・ディカプリが、アカデミー賞(主演男優賞or助演男優賞)ノミネート5度目にして、初めて主演男優賞を受賞。これで彼も、無冠の帝王を脱したわけですね。 初めてのアカデミー主演男優賞のレオ様の重厚な演技が光っているそんな話題作ですが、同じく今回のア
  • 勝手に映画評
  • 2017/01/14 4:08 PM
おすすめ度 ☆☆☆ サバイバル映画好き、ディカプリオ好き ☆☆☆☆☆ R+15 かなりグロテスクでショッキングな映像があり、苦手な人はご注意を。 1823年アメリカ北西部。 実話に基づくマイケル・パンクの小説を原作とし、大自然の中、死から蘇り、息子の復讐
  • ひろの映画見たまま
  • 2017/01/14 4:27 PM
凄いところは凄すぎて、あり得ず、かっこつけすぎ。眠くなった。
  • 或る日の出来事
  • 2017/01/14 6:19 PM
レオナルド・ディカプリオと、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督がタッグを組んだ話題作。狩猟中に瀕死(ひんし)の重傷を負ったハンターが、自分を荒野に置き去りにした仲間に復讐(ふくしゅう)するた
  • パピとママ映画のblog
  • 2017/01/14 6:31 PM
これは凄い! これでアカデミー賞取らなかったらオカシイよね。
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2017/01/14 7:56 PM
第401回「なぜ今更この作品を鑑賞したのだろうか?」 すっかり前回の「シビル・ウォー」から間が空いてしまいましたが、その理由はとても単純で劇場まで足を運ぶほど魅力的な作品が無いということでしょうか。それでもあまりにも空いてしまうのも・・・と考えて、何
  • しんちゃんの徒然なる映画日記
  • 2017/01/14 8:16 PM
 『レヴェナント 蘇えりし者』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)主演のディカプリオがアカデミー賞主演男優賞を受けたというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、夜、横になっている主人公のヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)が、
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2017/01/14 8:35 PM
評価:★★★★☆【4.5点】(11)(11) 極限という言葉が最も当てはまる映画。
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2017/01/14 9:05 PM
まず あの大自然の寒さの中、キャストの皆さん撮影に参加した皆さん 本当よく頑張ったなあ〜 大変だったろうなあ〜 レオナルド・ディカプリオ 演技も良かったわ〜何も喋れなくても、苦しさも充分伝わってくるし 目が物語ってます。。。これまでも何度も素晴らしい
  • ♪HAVE A NICE DAY♪
  • 2017/01/14 9:45 PM
▲トランプのキングに似てるレオ様。 五つ星評価で【★★★御立派な映画だが長い】 なげーよ これが一番の感想。 後はデカブリオしぶといけど、インディオの息子の父ちゃん ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2017/01/14 10:20 PM
『レヴェナント : 蘇えりし者』The Revenant監督 :アレハンドロ・G・イニャリトゥ撮影 : エマニュエル・ルベツキ出演 : レオナルド・ディカプリオトム・ハーディドーナル・グリーソン、他
  • 映画雑記・COLOR of CINEMA
  • 2017/01/15 12:17 AM
2016.05.04 『レヴェナント 蘇えりし者』@TOHOシネマズ市川コルトン もう何度も書いて申し訳ないけど、デカプーことレオナルド・ディカプリオ登壇のジャパンプレミア当選してた。枚数オーバーで入場できずその代わりとして貰ったムビチケを使って、快晴だけど風の強
  • ・*・ etoile ・*・
  • 2017/01/15 12:28 AM
復讐は神の手に委ねる。ゆえにそれまでは己の力で生き延びよ。 こんな映画を作られたら、世界中の才能が嫉妬を超えて失望するではないか。 バジェット、アイデア、センス。その全 ...
  • こねたみっくす
  • 2017/01/15 12:28 AM
  レヴェナント:蘇えりし者(2015)アメリカ 原題:The Revenant 監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本:マーク・L・スミス/アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演:レオナルド・ディカプリオ / トム・ハーディ/ ドーナル・グリ
  • アリスのさすらい映画館
  • 2017/01/15 1:11 AM
息をしろ、息をし続けて戦え  1823年、アメリカ北西部。狩猟の旅を続けている一団が未開の大地を進んでいく。  ヘンリー隊長をリーダーとするその集団には、ガイド役を務めるベテラン・ハンターのヒュー・グラスとその息子ホーク、グラスを慕う若者ジム・ブリジャー
  • CINECHANが観た映画について
  • 2017/01/15 2:13 AM
 THE REVENANT  19世紀、雪深いアメリカ北西部。ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は 原住民の妻との間にもうけた息子ホーク(フォレスト・グッドラッグ)と共に、狩猟 団の一員として原野を旅していた。  レオが6度目のノミネートに
  • 真紅のthinkingdays
  • 2017/01/15 9:36 AM
生きる理由はひとつ。主人公だから。 L.ディカプリオのアカデミー主演男優賞受賞は素晴らしいことである。全篇がサバイバルの本作では、童顔の印象もまったく消え失せた。 でも、この話は何と言えばよいやら。 大括りすれば、復讐の一念で生死の淵を彷徨い続ける人
  • Con Gas, Sin Hielo
  • 2017/01/15 6:26 PM
本当にいまさらながらではございますが、レオナルド・ディカプリオ、念願のアカデミー
  • SGA屋物語紹介所
  • 2017/01/15 7:52 PM
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 4月23日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:30の回を鑑賞。 字幕版。
  • みはいる・BのB
  • 2017/01/15 8:15 PM
『レヴェナント:蘇えりし者』---THE REVENANT---2015年(アメリカ )監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演: レオナルド・ディカプリオ 、トム・ハーディ 、ドーナル・グリーソン 、ウィル・ポールター 、フォレスト・グッドラッグ「バードマン あるいは(無
  • こんな映画見ました〜
  • 2017/01/15 10:48 PM
ディカプリオが主演男優賞、「バードマン」の監督さんってことで観てみました そーですなぁ・・・・ ストーリーは単純、というか それよりもあの過酷な中でどうやって生き延びたか?に重点が置かれているもよう(?) ディカプリオの演技は確かに大変見事です で
  • ゆっくり歩こ。
  • 2017/01/16 12:44 AM
1823年のアメリカ。ベテラン・ハンターとして狩猟集団のガイド役を務めるグラス。だが一行は先住民の襲撃を受け・・
  • rambling rose
  • 2017/01/16 12:28 PM
【THE REVENANT】 2016/04/22公開 アメリカ R15+ 156分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラッグ 復讐の先に、何があるのか。 STORY:アメリカ西部
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2017/01/16 2:03 PM
レオナルド・ディカプリオは年を取ってから(失礼!)の方が好きなので、彼がオスカーを受賞した事は、心からおめでとうを言うよりほかの気持ちは無い。むしろ遅い、遅過ぎた、という気持ちがある程だ。というか、何もこの「レヴェナント〜」で獲る必要があったのか?と
  • ここなつ映画レビュー
  • 2017/01/16 4:27 PM
ただただ、圧倒されっぱなし * * * * * * * * * * レオナルド・ディカプリオがついに念願のアカデミー賞主演男優賞をものにした作品。 ずい分前から劇場でも予告編が入っていて、 これは見なければ!!という気にさせられていました。 1800年
  • 映画と本の『たんぽぽ館』
  • 2017/01/16 7:33 PM
2015年・アメリカ/リージェンシー=ラットパック・エンタティンメント 配給:20世紀フォックス映画 原題:The Revenant 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ原作:マイケル・パンク
  • お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法
  • 2017/01/16 9:24 PM
レヴェナント:蘇えりし者 '15:米 ◆原題:THE REVENANT ◆監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ◆主演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、
  • C’est joli ここちいい毎日を♪
  • 2017/01/16 10:08 PM
25日のことですが、映画「レヴェナント:蘇えりし者」を鑑賞しました。 IMAXにて 狩猟中に熊に襲われ瀕死の重傷を負ったヒュー・グラス 狩猟メンバーのフィッツジェラルドはグラスを足手まといと置き去りにし 反抗したグラスの息子も殺害 かろうじて生還したグラス
  • 笑う社会人の生活
  • 2017/01/18 11:36 PM
死の先に、何を見出すのか? タイトルの「レヴェナント(Revenant)」には、「帰ってきた者」の他に「亡霊」という意味がある。 本作は19世紀初頭のアメリカで活躍した猟師にして探検家、ヒュー・グラスを主人公とし、彼がグリズリーに襲われ、仲間に見捨てられながら
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2017/01/19 10:15 PM
1823年、西部開拓時代のアメリカ。 ミズーリ川沿いを進むヘンリー隊長率いるハンターの一団は、狩りの途中でアリカラ族の襲撃に遭い、船を放棄し山沿いを歩いてカイオワ砦まで戻ることに。 ポーニー族の血を引く息子ホークと共にガイド役を務めるヒュー・グラスは、途
  • 象のロケット
  • 2017/01/21 7:23 AM
今年のアカデミー賞を総なめにした「レヴェナント:蘇りし者」を観てきました。 アレ
  • はらやんの映画徒然草
  • 2017/02/18 11:55 PM
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督アレハンドロ・G・イニャリトゥ ネタバレあり
  • プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
  • 2017/03/04 9:14 AM


重要なお知らせ

ブログを引っ越しました!
記事「ブログを引っ越しました!」にて詳細。2017/4/21

search this site.

New entries

categories

Memo

04/21
【報告】 ブログの引越しです。 引っ越し先にはTB機能がないので(一応ある程度送る事は可能ではありますが)、コメントをいただけると嬉しいです。記事を移動中なのでそのまま移動完了までここは残しておきます。 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ハッピーボイス・キラー」「マイ・インターン」「コンテンダー」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「クライム・ヒート」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「BILLABONG ビラボン」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」「セルフレス/覚醒した記憶」「青空エール」「スター・トレック BEYOND」「インフェルノ」「特捜部Q Pからのメッセージ」「ミリオンダラー・ホテル」「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」「グッド・ネイバー」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「ハングリー・ハーツ」「ジェイソン・ボーン」「世界の果てまでヒャッハー!」「レジデント」「ラスト・ウィッチ・ハンター」「ザ・ギフト」「5時から7時の恋人カンケイ」「ミッドナイト・スペシャル」「ジョイ」「ハッピーログイン」「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」「後妻業の女」「ドント・ブリーズ」「バニーマン/殺戮のカーニバル」「呪怨館」「真夜中のパリでヒャッハー!」「モーガン プロトタイプL-9」「ダークレイン」「ジェーン」「少女」「インビテーション」「ピュア 純潔」「オー・マイ・ゼット!」「DEMON デーモン」「四月は君の嘘」「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」「ある天文学者の恋文」「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」「ナイトメア・ビーストと迷宮のダンジョン」「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」「ガール・オン・ザ・トレイン」「バレー・オブ・バイオレンス」「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
グースバンプス モンスターと秘密の書
美女と野獣

★ 現在観ている海外ドラマ:
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 高慢と偏見とゾンビ
    maki
  • 高慢と偏見とゾンビ
    せつら
  • 高慢と偏見とゾンビ
    maki
  • グースバンプス モンスターと秘密の書
    maki
  • 高慢と偏見とゾンビ
    yukarin
  • グースバンプス モンスターと秘密の書
    pu-ko
  • 高慢と偏見とゾンビ
    maki
  • グースバンプス モンスターと秘密の書
    maki
  • グースバンプス モンスターと秘密の書
    ヒロ之
  • 高慢と偏見とゾンビ
    宵乃

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR