シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)


2017.03.22 Wednesday
【概略】
「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明が総監督・脚本を手掛けた12年ぶりの日本版『ゴジラ』。突如として出現した巨大不明生物・ゴジラと対峙する日本の姿を、リアリティを追求したストーリーとドキュメンタリータッチの演出で描き出す。
SFアクション



新作レンタルで借りてきました〜。一回目は映画館(「シン・ゴジラ」感想)、これは2回目の鑑賞になります。
エヴァ臭、アニメのようなカット割り、「あれは日本人(わたしたち)のゴジラではない」…など、色々と粗や不満は多い作品であることには変わりない。
しかし、現代の視点で怪獣を「災害映画」とし、ストーリーを「政治的」な演出にするこだわり。これは、確かにかなり良く出来ていた。ゴジラを現代的感覚で実際にいたとして真面目にやるとこうなるのだろうな。とくに次々と対策本部が開かれ…有識者会議が行われ…会議室は次々と違う場所で…の一連の流れとか、そういう面に関しては実に日本政治的で、リアルであった。
ハリウッド版ゴジラは「ちゃんとしたゴジラ映画」でした。じゃあ日本版新作はとすると、幼生ゴジラはただの奇怪な化け物のようなヴィジュアル。中盤の闊歩するだけのラジコンゴジラは角度によっては格好いいが、ヤシオリ作戦も「完璧な生命体」ゴジラが、たかだか電車の突撃で転倒し、ゴジラの口の中に冷却装置を入れるシーンは「おいそんな無防備あるかい」と失笑しちゃう、とか、ツッコミどころは多数あれど。
自衛隊が本気でゴジラを仕留めにかかっても出来ず、国連安保理の核兵器を使うと言う流れの中、核は絶対に使ってはいけない兵器だと認識している人が多かったのが救い。続編、PART2はいらない。恋愛とか感動する要素がなかった点は良かったよねえ。
怪獣映画というより災害政府対策映画として描いた点は評価されてよし。個人的には怪獣映画が観たかっただけで(酷評してる人はみな多分同じように怪獣としてのゴジラ映画がみたかったのでしょう)初見(劇場鑑賞時)よりはかなり面白くみれたよ。いや面白いね!と思ったし。鑑賞時の求めるものの違いなのかな。初見はどうしても怪獣映画としての暴れるかっちょいいゴジラを求めちゃうからね。これが特撮映画だって事を忘れちゃいけないよね。

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






スポンサーサイト


2017.04.24 Monday

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






関連する記事
★コメント一覧★
  • ふじき78
  • 2017/03/23 1:28 AM
今度公開される「キングコング 髑髏島の巨神」がそういう欝々とした感情を吹き飛ばすような怪獣映画らしいので期待してます。


  • maki
  • 2017/03/23 8:16 AM
ふじき78さん こんにちは♪

キングコング面白そうですよね〜エンタメと言う意味で。
わかりやすい怪獣映画っぽいですしー
父はこの映画を脳損傷で劇場に見に行ったのにほとんど覚えてなかったので、「俺初鑑賞だわ」といい、やはりヤシオリ作戦の口ぱっくりゴジラを真似して「ないわー」と言ってました
観客側が戸惑ってる は 確かにあると思います


makiさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

昨日再度鑑賞しましたが、自分も一度目の少し刺々しい個人的主張はなりを潜めて面白く観る事は出来ましたね。シンゴジは怪獣映画でもありますけど少し方向性は違うというのも理解はしましたので、それを踏まえてまた鑑賞したらあの長々な会議風景も『テンポいいじゃん』なんて思う場面もあったりで^^;

・・けどエヴァがちらつくのは相変わらずでしたw


  • maki
  • 2017/03/24 6:38 PM
メビウスさん こんばんは♪

そうそう、初見と違い
方向性がわかっていてみるのとでは、やはり意見が変わってきますね
怪獣を災害ととらえて政府内部を描いた描写は面白く感じます
まあ確かにエヴァはね〜^;

>ゼロドン
キツネの皮だけでなく、各種 骨、皮など、袋の拡張に使えそうなので取っておきますね
メインストーリーを進めるのをつい躊躇してしまう作品ですねw


こんばんは!
TBありがとうございました。
劇場とレンタルと2回観られたんですね。
何時もの「ゴジラ」だと思って観ちゃうと、あれ?と感じるものはあるかも。
私は事前にネットで会議ばかりで海外受けが非常に悪いという情報を得ていたので、そういう内容なんだと割り切って鑑賞したお陰か、会話主体の中にも日本の政府がどういう考えで持って事をおさめようとお偉いさん達が動き回っているのかを耳と目で楽しむ事は出来ました。
怪獣決戦なゴジラもいいですけど、こういう事態に巻き込まれたとき、日本はどう対処するのか、そういったドラマ性に重点を置いたゴジラもたまにはいいかも、ですかね。


  • maki
  • 2017/03/26 7:37 PM
ヒロ之さん こんばんは♪

ヒロ之さんがおっしゃっていることは、
まさに、私が初見と2回目とで
感想が違う事と同じ事を言っていると思います
初見はやはり怪獣王ゴジラがどう魅せてくれるのか、
そこに期待値があがってしまいますが、
そこに期待してしまうと、このストーリーです
台無しになってしまうんですよ
2回目は初見を踏まえて「政府内部の災害対策映画」と捉えられたせいか、ゴジラはひとまずおいといて、面白くみられたんですよね
ゴジラだけに焦点をあててしまうと、幼生とか酷すぎwwwとなってしまうのは否めませんが。


★コメントする★






   
この記事のトラックバックURL



★トラックバック一覧★
映画 『シン・ゴジラ(2D)』(公式)を昨日のファーストデイに劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 作品を十分に楽しんで頂くために、いつもの「ざっくりストーリー」は自粛します。 庵野秀明監
  • ディレクターの目線blog@FC2
  • 2017/03/22 8:13 PM
莫大な製作費をかけていると想像できる出来栄えで、自衛隊の陸海空や米軍のミサイルも登場する。さらに日本政府の危機管理体制も取材を念入りしたようなリアルな描写がされている。これは福島原発事故を彷彿とさせるもので、もし東京に原発があったらどうなるかのシュミ
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
  • 2017/03/22 8:17 PM
「君の名は。」もそうですが、夏公開の映画をまだ劇場で観ることが出来るというのは凄いことです。Blu-rayが出たら定期的に見直してしまいそうですが、劇場ではこれがおそらく最後の機会、都合で4回目の観賞となりました。しかしこの映画の情報量の多さは、5回や10回
  • 【徒然なるままに・・・】
  • 2017/03/22 8:39 PM
評価:★★★★☆【4.5点】(11)(10) 思い切ってアレンジしてきた本格ゴジラ映画ここに見参!
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2017/03/22 8:43 PM
 【ネタバレ注意】  前々回、前回とガメラについて述べてきたのは、ゴジラを語るためでもあった。東宝のゴジラ映画第29作となる『シン・ゴジラ』が、おそらくゴジラ映画史を覆す傑作だろうと思われたからだ。ガメラシリーズの変遷を振り返ることで、ゴジラシリーズ
  • 映画のブログ
  • 2017/03/22 9:01 PM
こんなに面白いとは思わなかったなぁ。
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2017/03/22 9:01 PM
「シン・ゴジラ」はゴジラシリーズ12年ぶりの新作映画で突如東京湾アクアラインに現れたゴジラに対して未知の巨大生命体と日本政府の攻防が描かれるストーリーである。正体不明 ...
  • オールマイティにコメンテート
  • 2017/03/22 9:48 PM
公式サイト。庵野秀明総監督、樋口真嗣監督、尾上克郎准監督。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、市川実日子、犬童一心、柄本明、大杉漣、緒方明、片桐はいり、神尾佑、國村隼、 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2017/03/22 10:02 PM
公式サイト。庵野秀明総監督、樋口真嗣監督、尾上克郎准監督。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ。「シン・ゴジラ〜むしろ原発事故パロディ」の追記。ところで、あのまま固まって ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2017/03/22 10:03 PM
『シン・ゴジラ』 を鑑賞しました。 あれ、平日の昼間なのに意外と盛況(笑) サボってる人多いな... 【ストーリー】  東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起
  • 気ままな映画生活 −適当なコメントですが、よければどうぞ!−
  • 2017/03/22 10:21 PM
シン・ゴジラ@ユナイテッドシネマ豊洲
  • あーうぃ だにぇっと
  • 2017/03/22 10:46 PM
【出演】  長谷川 博己  竹野内 豊  石原 さとみ 【ストーリー】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生
  • 西京極 紫の館
  • 2017/03/22 10:51 PM
 公開初日昼の回。このシネコン一番大きいスクリーン7には、お子さんから大人まで300名弱位の客入りだ。
  • 新・辛口映画館
  • 2017/03/22 11:17 PM
▲「こんなに目が小さい奴に二代目西川きよしを襲名させる訳にはいかん!」 五つ星評価で【★★★★★何故だか分からない。だが、面白いのだ】 ネタバレ注意 見終わっての第 ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2017/03/23 1:29 AM
▲この次の第五形態で手足を引っ込めてジェット噴射で回転しながら空を飛びます(違) 引き続きネタバレ注意 その1では何で面白いのかに対して、 「人間パートで溜めたスト ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2017/03/23 1:30 AM
映画が始まり、まず恐ろしい「既視感」に囚われる。 それは、数年前に日本国民が経験したこと。 やたら会議があり、予想通り「会議は踊る」 役所間のメンツの調整で、何も決まらないうちに事態がどんどん悪化する。 「想定外」という言葉が連発される。 (海水
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2017/03/23 3:03 AM
スクラップ・アンド・ビルド… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201607290000/ シン・ゴジラ音楽集 [ 鷺巣詩郎 ]価格:3240円(税込、送料無料) (2016/7/25時点) 映画秘宝 2016年 09月号 [雑誌]価格:1080円(税
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2017/03/23 6:36 AM
なかなか良かったです
  • 極私的映画論+α
  • 2017/03/23 8:02 AM
ユニークでおもしろい。
  • 或る日の出来事
  • 2017/03/23 9:30 AM
色々と物凄くて思考が活性化! 見応えありまくり!  
  • Akira's VOICE
  • 2017/03/23 10:25 AM
 とにかくすごい、ここ何年かの邦画大作で最高傑作ともいえる作品。ただし、日本政府対ゴジラという点に集中しており、個人が描かれていないのっぺり感と、政治家、官僚への作り手側の信頼が、現在の保守的な風潮と妙にマッチしているのが、何となく怖く感じられました
  • 映画好きパパの鑑賞日記
  • 2017/03/23 12:46 PM
現代の日本に巨大怪獣ゴジラが出現。パニックに陥る者、立ち向かう者。大いなる脅威に直面した人々の行方は……。(Movie Walkerより)いやいや、面白かった!!!!評価は高いけど、ゴジラだしと高を括って2Dでいいやと観に行ったら、初っ端から前のめりだ。時々
  • beatitude
  • 2017/03/23 3:09 PM
「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの庵野秀明が脚本と総監督、「のぼうの城」「進撃の巨人」の樋口真嗣が監督と特技監督を務め、世界的怪獣キャラクター“ゴジラ”を日本版としては12年ぶりに復活させた特撮アクション大作。謎の巨大不明生物“ゴジラ”の出現という未曾有の
  • パピとママ映画のblog
  • 2017/03/23 4:45 PM
【総監督】庵野秀明 【出演】長谷川博己/竹野内豊/石原さとみ/市川実日子/高良健吾/津田寛治/高橋一生/塚本晋也/柄本明/大杉漣/他 【公開日】2016年7月29日 【製作】日本 【ストーリー】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で
  • シネマをぶった斬りっ!!
  • 2017/03/23 7:47 PM
「いま日本にゴジラが襲来したら」と言う事を描いた作品。 こう言う作品好きです。内閣府(防災担当)が制作協力したこともあり、“防災”と言う視点からの、ある意味シミュレーションになっていると思います。実際、制作に際しては、様々なところの見学や関係者とのイ
  • 勝手に映画評
  • 2017/03/23 9:36 PM
庵野映画である。 それが証拠に、劇場で売っている記念グッズのジグソーパズルだってTシャツだって、ゴジラとエヴァが戦っている絵なのだし、公式サイトでは既にエヴァにゴジラの尻尾が生えた合体フィギアも販売されていたり・・・・ いいのよ、だって庵野監督作品な
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2017/03/24 12:11 AM
【SHIN GODZLLA】 2016/07/29公開 日本 120分監督:庵野秀明 (総監督)、樋口真嗣出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、松尾諭、市川実日子、余貴美子、國村隼、平泉成、柄本明、大杉漣 現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)。 STORY:東京湾アクアトンネ
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2017/03/24 5:21 PM
ニッポンの夏、ニッポンのゴジラ * * * * * * * * * * このテの作品はもう見ない、などと言いながら見てしまうというのは、 やはりこれが「ゴジラ」だから。 子供の頃から見ているゴジラには、 多分多くの同年配の方がそうであるように、ただな
  • 映画と本の『たんぽぽ館』
  • 2017/03/24 8:48 PM
脚本と総監督は 「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明。 メインキャストは長谷川博己、 竹野内豊、石原さとみ。 一瞬の出番にも多くの俳優が キャスティングされていて楽しめました。 キャストは総勢328人ということです。 初め登場したゴジラは 虫みたいで
  • 花ごよみ
  • 2017/03/24 11:38 PM
新種使徒・呉爾羅、首都襲来! この作品は怪獣映画としては素晴らしいかも知れない。ただ『ゴジラ』シリーズとしては軽すぎるうえに、完全に「新世紀エヴァンゲリオン」だ。 だか ...
  • こねたみっくす
  • 2017/03/24 11:47 PM
★★★★ 製作:2016年日本 上映時間:120分 監督:庵野秀明  シン・ゴジラのシンとは、新であり、真であり、神でもあるという。まさにそのタイトル通りの映画であった。またゴジラがまるで『エヴァンゲリオン』の使途のように見えたのも、庵野秀明作品の証であろ
  • ケントのたそがれ劇場
  • 2017/03/25 11:03 AM
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 7月30日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 13:55の回を鑑賞。 4DX・2D。 8月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 17:25の回を鑑賞。 2D。 8月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 1
  • みはいる・BのB
  • 2017/03/25 2:09 PM
SHIN GODZLLA 2016年 日本 119分 SF/特撮/ミリタリー 劇場公開(2016/07/29) 監督: 庵野秀明(総監督) 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.』 樋口真嗣 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』 脚本
  • 銀幕大帝α
  • 2017/03/25 9:05 PM
ゴジラの咆哮の下、会議は踊る。 驚きの傑作、もとい究極の自主映画とも言うべき大怪作である。 12年前、「ゴジラ FINAL WARS」で北村龍平が完膚無きまでにぶっ壊し、更地になったゴジラ映画の世界観を見事にリビルド。 「もしも現代日本に怪獣が現れたら?」とい
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2017/03/25 10:49 PM
羽田沖で、東京湾横断道路アクアトンネルが崩落する事故が発生。 内閣総理大臣・大河内はじめ閣僚たちが対策を協議するが、原因は不明のままだった。 やがて、海上に謎の巨大不明生物が現れ“ゴジラ”と名付けられる。 若き内閣官房副長官・矢口らが情報収集と対策に
  • 象のロケット
  • 2017/03/26 12:28 AM
いつか来る、決断のとき。 そもそもの興味はそれほど高いわけではなかったが、評価が予想外に高いようなので観てみようと足を運んだ。 事前に入ってきた情報は、ゴジラよりも立ち向かう人間側にスポットが当たっているということ。確かに「総勢〇人の豪華キャスト」
  • Con Gas, Sin Hielo
  • 2017/03/26 12:40 AM
NO! 核兵器  公式サイト http://www.shin-godzilla.jp 監督: 庵野秀明  「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」 東京湾アクアトンネルで、崩落事故が発生。首相官邸での緊急会議
  • 風に吹かれて
  • 2017/03/27 9:54 AM
映画「シン・ゴジラ」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(今回は多少ネタバレがあるので注意してね。)YouTube シン・ゴジラ 予告 ...
  • 翼のインサイト競馬予想
  • 2017/03/28 10:11 PM
2日のことですが、映画「シン・ゴジラ」を鑑賞しました。 アクアトンネルが崩落する事故が発生 緊急会議で内閣官房副長官・矢口は海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する 海上に巨大生物が出現し鎌倉に上陸。政府は自衛隊に対し防衛出動命令を下し “ゴ
  • 笑う社会人の生活
  • 2017/04/03 1:41 AM
十二年も沈黙を保っていた本家日本のゴジラ映画が、ハリウッド版の成功を受けて再始動した訳ですが、何を血迷ったのか、東宝は実写映画での成功者とは言えないアニメ畑の庵野秀明に脚本・総監督の白羽の矢を立てた。 この週末旅行の予定を入れていたので、全く期待はし
  • そーれりぽーと
  • 2017/04/17 11:59 PM


重要なお知らせ

ブログを引っ越しました!
記事「ブログを引っ越しました!」にて詳細。2017/4/21

search this site.

New entries

categories

Memo

04/21
【報告】 ブログの引越しです。 引っ越し先にはTB機能がないので(一応ある程度送る事は可能ではありますが)、コメントをいただけると嬉しいです。記事を移動中なのでそのまま移動完了までここは残しておきます。 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ハッピーボイス・キラー」「マイ・インターン」「コンテンダー」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「クライム・ヒート」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「BILLABONG ビラボン」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」「セルフレス/覚醒した記憶」「青空エール」「スター・トレック BEYOND」「インフェルノ」「特捜部Q Pからのメッセージ」「ミリオンダラー・ホテル」「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」「グッド・ネイバー」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「ハングリー・ハーツ」「ジェイソン・ボーン」「世界の果てまでヒャッハー!」「レジデント」「ラスト・ウィッチ・ハンター」「ザ・ギフト」「5時から7時の恋人カンケイ」「ミッドナイト・スペシャル」「ジョイ」「ハッピーログイン」「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」「後妻業の女」「ドント・ブリーズ」「バニーマン/殺戮のカーニバル」「呪怨館」「真夜中のパリでヒャッハー!」「モーガン プロトタイプL-9」「ダークレイン」「ジェーン」「少女」「インビテーション」「ピュア 純潔」「オー・マイ・ゼット!」「DEMON デーモン」「四月は君の嘘」「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」「ある天文学者の恋文」「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」「ナイトメア・ビーストと迷宮のダンジョン」「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」「ガール・オン・ザ・トレイン」「バレー・オブ・バイオレンス」「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
グースバンプス モンスターと秘密の書
美女と野獣

★ 現在観ている海外ドラマ:
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 高慢と偏見とゾンビ
    maki
  • 高慢と偏見とゾンビ
    せつら
  • 高慢と偏見とゾンビ
    maki
  • グースバンプス モンスターと秘密の書
    maki
  • 高慢と偏見とゾンビ
    yukarin
  • グースバンプス モンスターと秘密の書
    pu-ko
  • 高慢と偏見とゾンビ
    maki
  • グースバンプス モンスターと秘密の書
    maki
  • グースバンプス モンスターと秘密の書
    ヒロ之
  • 高慢と偏見とゾンビ
    宵乃

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR