俺物語!!


2016.07.02 Saturday
【概略】
高校1年生の剛田猛男は、全く高校生に見えない顔面と巨体を持つ豪傑・硬派な日本男児。ある日、街中で危機に遭っていた女子高生・大和凜子を助けた猛男は、彼女にひと目惚れしてしまう。
ラブストーリー



全く高校生に見えない超イカツイ顔面と屈強な肉体をもつ男の中の漢(おとこ)が主人公の少女漫画を実写化。
鈴木亮平さんが主人公の剛田猛男を演じています。鈴木亮平さんの役作りは素晴らしいですね!漫画から飛び出たようなキャラクターでした。
猛男の、親友の砂川と、ヒロインの大和に対する一途で真っ直ぐな想い。すれ違いばかりの主人公とヒロインですが、外見じゃない!その心に惚れたのだっていうのが爽やかに伝わってくる作品でした。
見た目はごついゴリラ、でもその男気が、男子側からの人気になるのは当然でしょう。女子からは…やっぱり「いい人」どまりになっちゃうのかなあ。まあ青春高校生だからね。しかも親友はイケメン(らしい)モテ男なので、引き立て役に(見た目では)見えちゃうだろうし。
ヒロインの大和が、猛男の正義感のある真っ直ぐで優しい性格を見抜いて、好きになってくれてよかった、と心から思える作品になっていました。
猛男のキャラ性以外は、とくにこれといった捻りのない作品(すれ違い・勘違いばかりが続く爽やか青春もの)ですが、コミカルに楽しめる良作だと思います。
猛男がとってもいい男!まさに日本男児、私の好み。

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






アナーキー


2016.06.22 Wednesday
【概略】
麻薬王・シンベリンが牛耳るギャング軍団で抗争が勃発し…。
サスペンス



シェイクスピア劇「シンベリン」を現代に舞台を移して映画化したクライムサスペンス。
正直なところ、シンベリンは読んだ事なかったので、wikiってみたりした。
麻薬王シンベリン(エド・ハリス!)の後妻クィーン(ミラ・ジョボヴィッチ)は、自分の息子(アントン・イェルチン)と、シンベリンの娘イノジェン(ダコタ・ジョンソン)を結婚させ、利権の掌中を企んでいるのだけれども、イノジェンはギャングの一員であるポステュマス(ペン・バッジリー)と相思相愛の仲で勝手に結婚しちゃう。それをよく思われず放逐されたポステュマスは、イノジェンへの愛を弁舌で語ると、ヤーキモー(イーサン・ホーク)が「俺に会わせろ、誘惑してみせるから」と、賭けを持ちかけるのだが…。
愛と策謀、誤解は、シェイクスピア劇の醍醐味でもある。しかし…もうちょっとわかりやすく演出出来なかったのかな、原作へのリスペクトのせいなのか、各人の台詞が妙に文学的過ぎてちょ〜っと違和感ありです。ギャングと警察の抗争と若い男女の真実の愛、期せずして(シンベリンの二人の息子を誘拐して育てた男と出会い)イノジェンは兄弟たちに出会う事となるのですが…。
ヤーキモーの策略で不貞と誤解したポステュマスはイノジェンの死を願う。しかし手下が「これは誤解なんじゃないか?」と一計を案じるのです。そして彼女の偽装した死を知ったポステュマスは「自分が死ねばよかった。彼女じゃない」と悔いるのでした。
全てが解決するのはあっという間。クィーンは息子が殺されて気が狂い死んでしまい、クィーンにそそのかされていたシンベリンも警察にこれからもみかじき料も払うし平和の宣言もするのでした。
なんか仮死状態にする薬とか、ああシェイクスピアだなあというアイテムも出てきて、ちょっと萎えたけどね。まあまあ面白かったよ。

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






アフターデイズ・ボディ 彼女がゾンビと化した世界


2016.06.05 Sunday
【概略】
美女がゾンビになるまでの3日間を描いた『スリーデイズ・ボディ~』の新章。サマンサが生きる屍となった翌日、彼女の感染源である男・BJは性的暴行の容疑で指名手配される。一方、彼女と性交渉を持ってしまったライリーの体にも異変が起き始め…。
ホラー



絶世の美女サマンサが、生ける屍と化して街を混乱に陥れた事件の翌日。サマンサと性交渉をして病原菌をうつしたとされる男BJは、警察から性的暴行の容疑で指名手配となっていた。一方、サマンサがかろうじて意識を保っている時に関係を持ったライリーは、病院で性病の検査を受けるが、その結果は陰性だった。安堵するライリーだったが、その翌日からサマンサと同様に体に異変が起き始める―。
ま、絶世の美女かどうかは別として、レズビアンの女性がBJと性交渉をもったら生ける屍と化していった「スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間」サマンサの物語の続編。なぜに今頃…たいして面白くなかったのに。
ただのやりちん野郎だったライリーがなぜか本作では長生きして(ハーバーはキスしただけであんなことになったのに)最後BJをぶっ倒すという…。結局ゾンビっていうより、テロ。なんらかの病原菌を撒き散らしてたってだけなんですねー。やっぱりいまひとつ。

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






アイランド 時を盗む島


2016.05.19 Thursday
【概略】
不慮の事故で家族を失い、失意に陥ったKは、遺産として譲り受けた故郷の家を訪ねる。“毎晩のように幽霊が徘徊するため、この家には誰も住めない”と住民は言うが、Kは物ともしない。やがて誰も寄り付かない廃墟となったその家に住み始めたKは、噂通り毎晩家の中で謎の声を聞くこととなり…。
ドラマ



「ピーターパン」のジェームス・マシュー・バリーの戯曲を映像化したミステリースリラー。
ジェームス・マシュー・バリーはよほど「時が止まった」場所というのを描きたかったようですね?この作品では少女だけれど成人した姿で登場。
家族を失い自暴自棄となった男が、遺産として譲り受けた故郷の廃墟で暮らし始めるのだが、島人からの噂通り毎晩家の中で謎の声を聞くこととなる。果たしてその秘密とは!?ってな話ですねえ。
最初は死にに来ていたものの、結局は秘密を解き明かす事で、「生」に目覚める主人公という構図。
昔、ヨンジュという少女と地質学者の父親がある島へ入った。そこは次元が異なる島で、2万年前の岩から現代のコインが出たりと不思議な島だった。少女は失踪するが、1ヶ月後、ふいに何事も無く戻った。これを娘に話さないという約束で、船乗りの青年とヨンジュは結婚する事になった。
遅い新婚旅行のとき、ヨンジュは例の島(子供の頃父といった島)へいきたいと言い出し、それを夫はかなえてやるのだが、死者があの世へ行く時に通る「呼び島」だと船頭はいい、6歳の娘がいなくなった話をしだす。生者だから死者の国が返したのだろうといわれるが、彼女はまたもいなくなり…。20年が経過して戻った彼女の姿を覚えていた船の乗組員がいて動揺していたのだが、夫は3年島で待ったが、5年目に外国へ孫を連れて出て行った。それから亡くなったらしいが孫のゆくえは誰もわからない…。
突然20年前の姿で戻ってきた娘。母親は半分ぼけてるのか自分の娘とわからないし、父親は状況を理解していたけれども、娘は首をつって、死んだ。
しかし娘の霊は探し物をしさ迷っている。自分は彼女を助けてやらなければならない、と感じた主人公の男は、彼女に息子と夫が映っている写真を渡すのだが…。ああ、これは自分の事なんだね。キム・ジョンヒョク=K。「僕が誰だか、わかりますか」「とても親切なひと」
自分のルーツをみつけたことで、Kには生きる気力がわいてくる。子供の英語教室をつくったり、家の壁に母ヨンジュの好きだったクリーム色をぬったり、「まだ死なないの?」と何かと声をかけてきてた女性ヘリン一家と関わったり。
スリラー作品とみせかけて、ドラマでありました。

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






AIR/エアー


2016.04.17 Sunday
【概略】
地上での呼吸が困難になった近未来。人類復興のために優秀な遺伝子を残した人工冬眠施設である事件が起こり…。
SFスリラー



放射性物質により、地上での呼吸が不可能になった近未来。消滅寸前の社会を再建するため、地下の人工冬眠施設でコールドスリープ状態にされた優秀な遺伝子をもつ職員たちが眠っている。その維持管理を任された2人の技術者、バウアーとカートライトは、限られた酸素の中で、半年毎に目覚めながら、生存可能な最後の場所と冬眠中の職員たちを死守していた。が、何度目かに目覚めたとき、ハプニングで自分たちの睡眠装置の1つが壊れてしまう。2時間の酸素リミットに迫られつつ、生き延びるための突破口を模索するが…。
ノーマン・リーダス、ジャイモン・フンスー共演。
核による空気汚染で人類が地上で生きられなくなった世界で、安全な地下施設で人類の為に冷凍保存された人たちを管理するため定期的に目覚めて機械の故障等をチェックする作業員2人が主人公。
かたっぽのスリープ装置が壊れたことから、いきなり二人が争うわけではなくどうするかの突破口を探すという感じ。予備の部品を探してみたり、隣にあるはずの施設へいってみたり。
しかし結局は争うことになるのだ。緊迫感が少なめ。こんな施設に二人きり。精神がおかしくなっても仕方ないかも。隣の施設で毎回ログインしていたはずの施設が死滅していた…。生き残りが狂わないように毎回ログインしているという風にシステムが誤魔化していた。
そしてバウアーがスリープの事故を起こしたとき、居なかったカートライトの「嘘」、それを知ってしまったバウアーはカートライトを信じられなくなっていた。カートライトが夢で会うアビーは、彼の妻。だからこの仕事に志願した。人類救済に必要な博士たちの中の一員だったんだね。バウアーとカートライトは争い、最期にバウアーは「嫁さんを大切にしろ」といい横たわる。
その後、ラストではスリープから目覚めた人々の中でひとり、年老いたカートライトが若い妻アビーを抱きしめ涙する…というものでした。物凄い孤独だったろうね。アビーの幻影を追わなければ、また彼女と会える日までそれまで諦めずに居られる精神状態を保つ事は、妻子を失ったであろうバウアーでは無理だったろう。
ありがちっくな話で緊迫感もあまりなく、面白い作品ではないのですが、それなりに飽きずにみられたのは主演二人の演技によるものだろうと思います。

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






悪魔の倫理学


2016.03.10 Thursday
【概略】
とあるマンションの一室で、美しい女子大生ジナが殺害された。隣の部屋に住む警察官のジョンフンは、ジナに思いを寄せるが余り、彼女の部屋を日々盗撮していたのだった…。
サスペンス



偽善の警察官、残忍な闇金業者、傲慢な教授、狂気のストーカー、女子大生殺人事件に関わる下衆男たちの本性と事件の顛末を描いたサスペンス。
マンションの一室で女子大生・ジナが殺された。彼女を周りには盗聴してる隣人ジョンフン、不倫してる大学教授キム、ストーカーしてる元彼ヒョンス、金のために無理やり働かせる金貸しパクという男たちがおり、それぞれの存在を知った彼らは互いを陥れようとするが…。
登場人物たちは皆自分の理の為に行動する、この彼らのエゴイズムは傍から見ると滑稽でさえありますが、彼らの関係が、終盤意外な展開を見せていきます。コメディタッチ…というわけでもないのですが、どこかコミカルな部分のある作品でした。
「犯人は誰?」ではなく、それぞれ…プライバシーを妨害し続けていたジョンフン、傲慢に自らの思い通りにしていたキム教授、金のために彼女を動かし続けたパクたち「も」、死のきっかけを作ったという事で悪いでしょ?ってことなのでしょうが、(あ、殺した犯人はヒョンスです。なーんだ、簡単)それぞれがそれぞれを「許せない!ジナは俺のものだったのに!」とずっと偏執的に思い続けていてこんがらがったまま終わってしまうのが面白い部分でした。

いわゆる四つ巴のクライマックス。どんでん返しと思えるものは、なかったです。なので、キャッチコピーの中の「あなたの予想は必ず外れる」は「えーそうかー?」程度。確かに予想外の展開にはなりましたが、キム教授の奥さんが出てくるところもなんとなくステレオタイプっぽい演出に思えて…。
「嫉妬」殺された女子大生のジナと大学教授の関係を知って、元カレが怒り彼女を殺してしまう。
「金」多額の借金を抱えたジナが殺されたことで、借金取りが怒る。
「奪取」ジナの声を宝物にしていた変態警察官は、その宝物が奪われたことで怒りが爆発し、手製の拳銃を持って殴り込み。
「妻」夫の裏切り(浮気したとしても一度寝た女と二度は寝るな)が何より許せなかった。知り過ぎた借金取りを殺し、真犯人の元彼を逃がし、夫とは離婚。人類最強は金持ちの女!しかし、最後に…。
結局この教授は色を諦めておらず、強請ろうとしている目撃者女性も、危ない結末が待っていそうだ…ということかな。

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






MI5:世界を敵にしたスパイ


2016.03.02 Wednesday
【概略】
「MI5」シリーズ第3弾。タークス・カイコス諸島を離れたジョニーとマーゴットは、世界中の諜報機関から追われ、別々の行動を取ることに。そんな中、ふたりの娘・ジュリアンが妊娠しているとの知らせが入り…。
サスペンス



世界を敵にした元・英国諜報員は逃亡しながらも宿敵英国首相の秘密を暴いていく!
ジョニー・ウォリッカーシリーズ第3弾にして最終話。時の首相と対立し辞職したMI5の職員が、首相を辞職に追い込むまでの話です。
南の島を脱出し、マーゴットと共にヨーロッパで逃亡生活を続けるジョニー。二人は、英国の権力、米国の権力、それを包括する多国籍企業の大資本から追い詰められる。つまり「世界を敵に」している。だが、二人だけでなく、彼らの仲間やジョニーの身重の娘ジュリアンにまで迫る影が…。
二人の気がかりはフェリシティー・ジョーンズが演じる一人娘ジュリアンの事だった。案の定、娘は人質に取られ交換条件は「機密ファイル」。1作目で重要だった件の機密ファイルは、2作目で具体的になった。政権転覆を確実に起こせるくらい重要な爆弾になっているのだ。
まず、英国の二流新聞紙「インデペンデント」に、首相の不正資金に関する小さな記事が出る。ほんの一波紋。
ジョニーは、「インデペンデント」の敏腕編集長の家を訪れ、話をし、準備を行う。味方が増える。誰が敵で誰が味方なのかわからない状況下では大きな進展だ。水面下で行われる権力争いと、首相との全面戦争への下準備が主な内容。
娘ジュリアンが愛した男は本当はDJではなくMI5の人間だったり…(スパイ映画ではどうしようもない設定なんだろうなあ)。
MI5長官のジルは、部下にジョニーを追わせる一方で、将来に向けた布石をすでに打っていた…。さすがは長官だよね、首相との会見後にジョニーとカフェでお茶をするシーンがあるのですが、一筋縄ではいかない女性だなあと感じたよ。首相は辞任。ジョニーが勝ったのだが、単純に手を叩いて喜べる状況下でもない。
夜のロンドン、軽快なジャズに煙草。どこまでも渋い。

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






MI5:灼熱のコンスパイラシー


2016.03.01 Tuesday
【概略】
「MI5」シリーズ第2弾。元MI5のベテラン諜報員・ジョニーは、タークス・カイコス諸島に身を隠していた。ある日、ジョニーは見知らぬ男から食事に誘われる。翌日、その会食で知り合った男が死体で発見され…。
サスペンス



MI5:消された機密ファイル」の続編。ウォリッカーシリーズの2作目です。ビル・ナイも続投。CIAのクリストファー・ウォーケン。元恋人のヘレナ・ボナム・カーター。謎の美女にウィノナ・ライダー。英国首相は引き続きレイフ・ファインズ。
前作は大人の佇まいと渋さが光る作品で凄く雰囲気が良かったのを覚えています。本作でもビル・ナイの華麗な女性遍歴は顕在、ウイスキーと煙草、流れる心地よいジャズ音楽も。
MI5を辞め、偽名を使い、南海のタークス・カイコス諸島でひっそりと暮らす元エージェントのジョニー。そんな彼に、カーティスという見知らぬ男が声を掛け、彼が懇意にしている投資家たちとの食事に招く。ところが翌日、その中の一人が死体となって海岸に打ち上げられて…。
カーティスに協力する事になったジョニーが彼とバーで話すシーンでの互いの正体を知りつつ共闘しながら、互いの腹を探りあっている「駆け引き」が本作の見所。
相変わらず地味めのスパイ映画である。派手なアクションなんかは全くないんだけど、そのぶん円熟した俳優たちでじっくりと魅せる。
不況の中、この島に投資家たちが集まってくるのは理由があった。タークス・カイコス諸島は“タックス・ヘイヴン=脱税の島"と呼ばれていたのだ。グラッドストン社も慈善事業“ブリッジ"の資金保管用口座を作り、不正利益を得ていた。そのうえグラッドストン社の共同経営に名を連ねていたのは、ジョニーの宿敵・英国首相アレックだった。果たしてグラッドストーン社の慈善事業「ブリッジ」の意味とその真の狙いとは?という作品です。
前作のヒロインがきれいなレイチェル・ワイズでかつ話も面白かっただけに、本作はちょっと中盤でダレた部分があったなあ。後半は良かったです。用意周到なジョニーは最初から人脈作りもかねてたんだな。
ブリッジの正体はというと一種のシンジゲート。そして裏資金確保の口座作りなのでした。
ラストはマーゴットと共に身を隠すことになるジョニー。3作目に続く!

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






エクソシストVSダークウィッチ


2016.02.28 Sunday
【概略】
1589年、イタリア北部の町で六人の女性が無実の罪で処刑されるという忌まわしい事件があった。それから数百年後。同じ町で奇怪な失踪事件、怪奇な現象が多発。バチカンは修道士ガブリエルを派遣して…。
ホラー



森をジョギングしていた若い女性が転んだ拍子にTシャツの胸元が裂けてポロリ。洋物のAVのような演出(バーでのいかにもそれっぽいシーンあるし)、安っぽすぎの血飛沫。。。
全体の作りがチープすぎるんですね。映像も演技も酷いわー。
犬型モンスターがランニング女性を追い掛け回した挙句、羽根の生えた悪魔が女性の心臓を握りつぶす…というOPで、ある意味このチープさがイイ!味がある!って人も逆にいるであろうと思われる程度の出来なんですよね。したかったこと、やりたかったことは理解できる感じはそれなり。
実はこの町はかつて魔女狩りにより殺された魔女たちの魂が転生した女性たちにより支配されていて。「いよいよ時が来た!」とかのたまう派手なババアの指示で生贄として男たちを狩り始める魔女たち。
そんなこんなでこの田舎町にやって来たのはガブリエル神父。そう、エクソシスト!ただし科学者や異教徒や呪術師らと協力して悪魔と戦う活動のため、ちょっと浮いた存在のようで。しかし彼がこの町に来た目的は、魔女騒ぎではなくこの町の教会を治めるかつての相棒で悪魔との戦いの時に信仰心が揺らぎ全身を焼かれて包帯でグルグル巻きのミイラ男状態のミリオ神父に会う為だった。(つかこいつが黒幕だろ。。。。怪しすぎるだろ。。。。)

彼と町の様子の異変に気がつくのだが、行動を開始したガブリエル神父は善良な魔女と面会して事の真実を聞く事に。元々魔女たちは病を癒したりしつつ共に暮らしていた。しかし審問がはじまりその力を脅威と感じた男らが魔女狩りをして死に追いやったのです。そして怨みの力で蘇った魔女たちは、何者かの協力を得ていて…(そりゃミイラ神父だろ。。。。)。
ミリオ神父は悪魔祓いを失敗して体を焼かれた時、信仰を失ったのだー。

エクソシストバリアーVS業火!
大悪魔復活のための魔女たちの儀式を阻止するため、ガブリエル神父は町の古い教会から魔界へと入るが、多勢に無勢。と、そこへ仲間の科学者、異教徒、呪術師らがやってきて、次々と魔女たちを倒していくのであった!やっぱり持つべきものは仲間!だよね!
しかし時既に遅し、処女の心臓の血で大悪魔復活!「私の奴隷となれ。みじめな罪人たちよ!」
「終わりよ」「それは違う。闘いは始まったばかりだ」。神父らの本当の戦いはここから始まるのだった!
え−少年漫画的終わり方かよ!

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪






インシディアス 序章


2016.02.27 Saturday
【概略】
クインは亡くなった母との霊界交信をするため、霊能者・エリーズの下を訪れる。彼女はクインに霊が取り憑いていることに気付き…。
ホラー



気をつけて。一人に呼びかけると、全ての死者に聞こえてしまうから。
間接的な主人公はエリーズ(霊能者の人)。満身創痍のクインは主人公であり被害者。母親の霊に会いたいとエリーズに交霊を頼んだが…。
死者の住む世界の中でも、闇と光に分けられた世界がある。闇は生者がいくところではない。エリーズは夫の魂にコンタクトをとろうと、闇へいってしまい、そこから女の怨霊を一緒につれかえってしまった。だから「交霊は出来ない」。いつかその女に殺されるとわかってしまっているから。
エリーズは一度は彼女を助けようとするが、怨霊に殺されかかり諦めようとする。クイン家族は次に幽霊ハンター(特捜班)に頼むのだが、目の前でたちの悪い悪霊にクインが取り込まれているのを目撃、そのときエリーズがやってくる。交霊。このアパートに古くから住んでいる悪霊で「呼吸の出来ない男」。この怨霊は他の住民も殺していた。
エリーズは交霊を試み、「生きている人間のほうが死者よりも強い」をそのまんまもろに実行する。勿論、クインの亡くなった母親リリーや、亡くなったばかりの隣家の老女の助けを借りて。
全て無事に解決しおわった彼女は特捜班の男二人と組む事にする。エリーズにとりついてる悪霊はくだんの花嫁姿。ああ、このあと数年後に相対することになるあいつなんですね。

★ランキングに参加しています★
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければご協力お願いします♪







search this site.

New entries

categories

Memo

03/24
ホライゾンゼロドーンを絶賛プレイ中。DVDおろそか^; 借りてきたもの→「ベルリンファイル」「ウォールフラワー」「MUD マッド」「武士の献立」「アメリカン・ハッスル」「鑑定士と顔のない依頼人」「ダラス・バイヤーズクラブ」「偉大なる、しゅららぼん」「チョコレートドーナツ」「フルスロットル」「友よ、さらばと言おう」「ファーナス 訣別の朝」「テロ,ライブ」「監視者たち」「イン・ザ・ヒーロー」「ケープタウン」「イコライザー」「泣く男」「蜩の記」「リスボンに誘われて」「誰よりも狙われた男」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「トワイライト ささらさや」「エレクトリック・チルドレン」「オオカミは嘘をつく」「ショート・ターム」「ポイントブランク〜標的にされた男〜」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「嗤う分身」「あと1センチの恋」「プリデスティネーション」「きっと、星のせいじゃない。」「ビッグ・アイズ」「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」「ラスト・リベンジ」「ハッピーエンドが書けるまで」「ゼロの未来」「はじまりのうた」「マジック・イン・ムーンライト」「デッド・シティ2055」「誘拐の掟」「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」「靴職人と魔法のミシン」「パイレーツ」「駆込み女と駆出し男」「真夜中のゆりかご」「ロスト・リバー」「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「カリフォルニア・ダウン」「ハイネケン誘拐の代償」「しあわせはどこにある」「チャイルド44 森に消えた子供たち」「マーシュランド」「奪還者」「天使が消えた街」「共犯」「かけがえのない人」「アリスのままで」「ピエロがお前を嘲笑う」「クーデター」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」「恋人まで1%」「ハッピーボイス・キラー」「ファンタスティック・フォー」「マイ・インターン」「コンテンダー」「ナイトクローラー」「ジョン・ウィック」「マジックマイク XXL」「しあわせへのまわり道」「ふたつの名前を持つ少年」「コングレス未来学会議」「アデライン、100年目の恋」「愛しのグランマ」「名もなき塀の中の王」「黒衣の刺客」「ベル&セバスチャン」「さよなら、人類」「ぼくらの家路」「ヴェルサイユの宮廷庭師」「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドローン・オブ・ウォー」「ハイエナ」「グランド・ジョー」「図書館戦争 THE LAST MISSION」「白い沈黙」「エール!」「パパが遺した物語」「カリキュレーター」「ミニー・ゲッツの秘密」「バクマン。」「サバイバー」「恐怖ノ白魔人」「エイリネイト -侵略地区-」「ミケランジェロ・プロジェクト」「エベレスト」「クリード チャンプを継ぐ男」「アクトレス 女たちの舞台」「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」「Re:LIFE 〜リライフ〜」「ラスト・ナイツ」「ブリッジ・オブ・スパイ」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「笛を吹く男」「顔のないヒトラーたち」「モンスターズ 新種襲来」「尚衣院-サンイウォン-」「白鯨との闘い」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「ブレイキング・ゴッド」「メモリーズ 追憶の剣」「クリムゾン・ピーク」「リザとキツネと恋する死者たち」「クライム・ヒート」「ゾンビーワールドへようこそ」「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」「海賊じいちゃんの贈りもの」「殺されたミンジュ」「オデッセイ」「ブラック・スキャンダル」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「SPOOKS スプークス/MI-5」「サヨナラの代わりに」「ラバランチュラ 全員出動!」「リジェネレーション」「独裁者と小さな孫」「エージェント・ウルトラ」「X-ミッション」「マルガリータで乾杯を!」「監禁村」「サマー・インフェルノ」「完全なるチェックメイト」「サウルの息子」「最強サイボーグX」「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」「クロノス」「ドラゴン・ブレイド」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「SPY TIME-スパイ・タイム-」「ザ・ブリザード」「テラーハウス」「ニック/NICK ハードペイン」「ディーパンの闘い」「ハッピーエンドの選び方」「ディスクローザー」「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」「追撃者」「スリーピング・ボイス〜沈黙の叫び〜」「罠」「砂上の法廷」「パディントン」「ヴィクター・フランケンシュタイン」「SPY/スパイ」「僕だけがいない街」「最愛の子」「虹蛇と眠る女」「これが私の人生設計」「ぼくとアールと彼女のさよなら」「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」「特捜部Q キジ殺し」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」「パリ3区の遺産相続人」「狼は暗闇の天使」「リーザと十二月の神々」「ロスト・エリア -真実と幻の出逢う森-」「キャロル」「マギー」「ヘイトフル・エイト」「バチカン・テープ」「ゾンビ・ファイト・クラブ」「戦慄収容所」「アナザー」「リリーのすべて」「セブンス・サン 魔使いの弟子」「エレクトラウーマン&ダイナガール」「スポットライト 世紀のスクープ」「人生は小説よりも奇なり」「ニック/NICK ラスト・フューリー」「あるメイドの密かな欲望」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「ヒットマン エージェント47」「エヴェレスト 神々の山麓」「テラフォーマーズ」「マインド・エスケープ」「家族はつらいよ」「ルーム」「殿、利息でござる!」「スノーホワイト-氷の王国-」「ヘイル,シーザー!」「心霊ドクターと消された記憶」「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」「選挙の勝ち方教えます」「ベイビーブラザー」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「獣は月夜に夢を見る」「ミッシング・サン」「ペーパーマン PaperMan」「ヴィジョン/暗闇の来訪者」「エルサレム」「フィフス・ウェイブ」「ラザロ・エフェクト」「サウスポー」「復活」「二ツ星の料理人」「パレス・ダウン」「クリーピー 偽りの隣人」「アイ アム ア ヒーロー」「太陽」「ヒメアノ〜ル」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」「エクスポーズ 暗闇の迷宮」「ヘイヴンハースト」「ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち」「クーパー家の晩餐会」「ハロルドが笑うその日まで」「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」「私を忘れないで」「恋するインターン 〜現場からは以上です!〜」「ダークネス」「教授のおかしな妄想殺人」「ワタシが私を見つけるまで」「ライオット・クラブ」「荊棘の秘密」「シークレット・アイズ」「レジェンド 狂気の美学」「トマホーク ガンマン vs 食人族」「ダーティー・コップ」「二つの真実、三つの嘘」「ターザン:REBORN」「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」「きみがくれた物語」「ローマに消えた男」「ジェム&ホログラムス」「エクス・マキナ」「X-MEN:アポカリプス」「裸足の季節」「モンスター・ハント」「スーサイド・スクワッド」「メカニック:ワールドミッション」「人生は狂詩曲(ラプソディ)」「高台家の人々」「帰ってきたヒトラー」「罪の余白」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「ミラーズ 呪怨鏡」「好きにならずにいられない」「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」「秘密 THE TOP SECRET」「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」「モデル 欲望のランウェイ」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」「葛城事件」「コンカッション」「ベトナムの怪しい彼女」「ベネファクター/封印」「シング・ストリート 未来へのうた」「ミモザの島に消えた母」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「FOUND ファウンド」「マッド・ドライヴ」「キング・オブ・エジプト」「世界一キライなあなたに」「神様の思し召し」「ハドソン川の奇跡」「神のゆらぎ」「BILLABONG ビラボン」「コロニア」「ハイ・ライズ」「ベン・ハー(2016)」「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」「彼岸島デラックス」「ダウンヘル」「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」「デッド・オア・ラン」「血闘」「イーグル・ジャンプ」「キラー・インフェルノ」「グースバンプス モンスターと秘密の書」「セルフレス/覚醒した記憶」「青空エール」「スター・トレック BEYOND」「インフェルノ」「特捜部Q Pからのメッセージ」「ミリオンダラー・ホテル」「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」「グッド・ネイバー」「屍憶 -SHIOKU-」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「ハングリー・ハーツ」「ジェイソン・ボーン」「世界の果てまでヒャッハー!」「レジデント」「ラスト・ウィッチ・ハンター」「ザ・ギフト」「5時から7時の恋人カンケイ」「ミッドナイト・スペシャル」「ジョイ」「ハッピーログイン」「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」「後妻業の女」「真田十勇士」「ドント・ブリーズ」「バニーマン/殺戮のカーニバル」 他、自宅保管DVD


……………………………
TSUTAYA DISCASは、今や幻の(笑)Mプランで継続中だよ!
……………………………
★ 最近観た中でよかったのは:
シン・ゴジラ(2回目鑑賞:レンタルDVD鑑賞)

★ 現在観ている海外ドラマ:
名探偵MONK ファイナル・シーズン
デクスター ファイナル・シーズン
HANNIBAL/ハンニバル
ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突

New&old story

Powered by 複眼RSS

recent comment

  • 映画 ビリギャル
    Keithorith
  • 映画 ビリギャル
    Edgarnouse
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    maki
  • GANTZ:O
    maki
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    ヒロ之
  • GANTZ:O
    ヒロ之
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    maki
  • ネイバーズ 2
    maki
  • ネイバーズ 2
    morkohsonimap
  • ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
    morkohsonimap

recent trackback

links

Management

Rss. 更新情報

Rss. 更新情報

archives

Ranking








mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR